21世紀猫の手日記
DiaryINDEXpastwill


2011年08月30日(火) 価格上昇自慢?(苦笑)

アタイのもっている○○が○○円で買ったのに○○円になっていた。

……という話である。

そう、人生最大の価格上昇率だったのは、”ディーバ”のビデオだった。
この監督は2作ぐらいで死亡しており、アマゾンではMAX12万5千円。
そのときは鼻血を噴きそうになったが、売らなかった。

現在はDVDがあるので、おそらく、暴落ではないだろうか……。

近所の古本屋が存在していた時、棚の上に放置されていた駿河城御前試合
……、山口先生のシグルイで一気に読みたい人が増え、上昇。
たしか、再販されて暴落。シグルイも完結したしね。
うん、正直、あの話で15巻いくとは思わなかった。

5巻くらいで次のエピソードいくのかな〜と、構成上の期待をしていた。
南条先生寄り思考だったのだが、若干がっかり。


で、最近確認して3倍くらいになっていたものがある。

高校生の頃、古本屋を巡っていて、サンケイ新聞出版局の第二次世界大戦
ブックス…定価500円だが、300円くらいで並んでいた。

いま、確認したら900円のものがあった!!おおお!金相場か!?
しかし、ありがたくない。なぜなら、検索したのは、そのシリーズで
自分が持っていないものだからだ。くくく……。

そして、何か銭に困ったら売ろうと思った、フンコロガシのじーさまから
巻き上げた大言海。4巻に索引つきで全5巻……。
古本屋のサイトを見たら昭和期のものなら8400円の2割引。
となると……売値は、あの厚い本が一冊千円以下!?
↓↓↓テンション下がるな〜〜〜〜……。

個人的には価値は15万円ほどかと期待していたんだが……。
やはり、閑な時に読もう……。


2011年08月28日(日) ……近所のアパートは家相が悪い?

うぅ〜む。ここ数日窓を開けて生活しているせいか、
その、ウチの窓にそこのアパートの音が、絶妙の反射で聞こえて
来るのだが………。

いやまぁ、去年は近所の人が通報した、絶叫”皆殺しにしてやる〜!!”
事件というのがあった。
新聞には載らなかったが、内容が不穏すぎて警察呼ぼうかどうか、
部屋はどこだとか……
となりのねぇちゃんとベランダで顔をあわせておもわず相談したのだ。

相談しているうちに、別の人が警察を呼んだのである。

その話はさておき、そう、ここ数日、近所の家相が悪いんじゃないかと
思われるアパートから、大声がひびく。


それが、子供を叱っているようなのだが、同じ言葉を4時間ほど
くりかえしていたり、朝10時頃からだったりで、ZAZAは
起こされてしまうのが2ど3度とあった。不気味である。

20代もしくは30代の女性の声で、かなりヒステリックというか、
ぶっちぎれているというか、正直声のトーンだけでも”やばっ”…な
感じで……。

いや、単に、ふつーに心の病で薬が今合わなくて……というような
一過性のものでもないようなのだ。

何か、怒鳴り散らすタイプの虐待だったらどうしよう?


いやぁ…それが、今日はなんかその同じ言葉繰り返す間に、
きゅっ、とか、ぐっという合いの手が入って。しゃっくり連続しつつ
興奮状態なのか、考えたくないが児童虐待なのか。わからん。
……状況がわからないので怖いのだ。

以前そこのアパートは、住人の旦那のDVで大騒ぎになり、パトカーが
頻回に来ていたりとか、長く住んでいる者しか知らないちっちゃい事件が
結構あるのだ。

それが、家相悪いんじゃないのか?とかZAZAが思う原因である。
入るテナントは連打で潰れていたしな〜。


今度、叫びを聞いたら、部屋の特定と親子なのか一人なのか、できる範囲で
確認してみようと思う。なかなかねぇ、同じアパートの住人だと
通報しにくいしね。一人でシャウトしてるんなら、ほっておく。
めんどくさいから、あきらめる。

おせっかいかもしれないが、とりあえず私がだらだら寝ていたいときに
起こす奴は何人たりとも許さん。(そこか!?)
しかも、今日、日曜だし……ぬぅ。よくもおこしやがったな、である。


2011年08月26日(金) 皆、無茶を言う……

……というわけで、私のプラモデルを見た方や、リアル設計図をみて
エンジンどーしよーと悩む姿を見た方からの感想。

○これ、走らないの?

……ミニ四駆じゃないですから……
ミニ四駆にプラモの皮を被せたらはしるのか……いやぁ、
言うは易き、行うは難し。

○CCDカメラ乗せてラジコンにできないの?それで仕事したら?

……え〜と、君は探偵ナイトスクープにでた、リアルラジコンカー
(障害者用に乗用車をカスタムしてリア車をラジコンで運転、
一回目は教習所で教官のせて、おもいきりぶつけた、2回目は……)
の回を見ていたのか!?
……ナイトスクープ面白いぞと言い続けてきた弊害なのか!?

たしかに、あれで仕事できたら楽しすぎるが、職場は段差の宝庫なので、
リアルに階段登れるラジコンでカメラ搭載なら、火星探査車にならないか?
なんか……米軍とかが偵察用に使うようなものになるのではないだろうか。

私の知力と技術力ではきっぱり無理だと思うが、自分でラジコンつくるのも
いいかもなとちょっと思ってきた。

○ジオラマにしなよ!紙とか素材とかなら教えてあげられるよん

フィーゼラーシュトルヒ(飛行機):未組み:のパッケージイラスト
を見せて、ロンメルのアフリカ軍団シリーズで行きたいんだよねぇ
…という話をしたら、建築士の免許を持つ友達が、管制塔とか建物を
作って砂漠の飛行場を作れとけしかけてきました。

飛行機を置く為に、ファックスや置きっぱなしのプリンターの箱などを
処分して土地(場所)を作ったので、そういう話に。

建築士の学校では、平面図と側面図から建物の模型を作ったり
したんだそうです。砂の素材やアスファルトっぽい紙もあるとか。

しかし、有事の際、避難所に通帳とか保険証じゃなくて、
ジオラマ持って体育館に行き、一部の子供に人気で大人からは
そんなものが大事なのかと、大顰蹙を買いそうだが……。

情景シリーズ、北アフリカの砂漠の滑走路……。う〜ん……。


2011年08月20日(土) 伐採、はじめての冠水道路……

あまり帰りたくはなかったのだが、庭木を切るというので、しぶしぶ
実家へ2泊3日も帰って来た。
桜を切ると父(蟹)がいっていたからだ。

庭の桜の愛称は”さくら銀行”なぜかというと
木の周りに支店のちび細桜がぽこぽこ発生しているからだ。

さくら銀行は、種類は千島桜。花と同時に葉っぱもでてきて、白く地味な
花で、花びらの周りに空間がおおくきっぱり貧相な花である。
全然キレイじゃない。おまけに実ときたら、カリカリ梅のごとく果肉が
少なく、味は…ッ…にがすっぱしぶまずっ!げーっ!ぺっぺっぺ!
……もう、リアクション芸人の方に食べていただきたい、胃に入れたら
腹を壊すと思う。

実際、庭に来た野鳥すら食べないのである。

せめて、キレイな枝垂桜とか、おいしい佐藤錦とか、そこそこ味のいいもの
にならないかと常々思っていた。そのうえ、根が張って桜を中心に2mほど
何も植えられない。生えるのは雑草と支店のみ。邪魔だ。

この桜を切る為なら、そりゃもう喜んで帰る……と帰ったところ、
のこぎりの状態がいまいちなのと、小さい電ノコでは、枝が太すぎて
切れないということで、桜以外を切るはめに。桜は固いからなぁ。
ぬぅうう。返す返すも残念。

で、それいがいはだらだらと過ごし、帰りは一時的に大雨の中を
通過した。大粒豪雨短時間。雷がなり稲光がぴかっ。
でも、20kmほど先の海のほうを見ると、雲が薄くなっていて、
青空が少し見えたから、1時間もたたないでやむだろうと思った。

そして、市内に入って、某ロイズの店の前が冠水していた。
20センチくらいある車道の縁石が堤防みたいになって、
100m弱かもうすこしかなぁ……、車道が湖になっていた。

これが、人生初冠水道路であった。局地的豪雨とニュースでよく
言っている理由がわかった。水没している車道を走ろうかな〜
と思ったけど、深さがわからないので歩道を走った。

靴にこれ以上水が入るのがイヤだったからだ。
…雨に濡れるといつも思う、ぬれねずみと言うが、濡れ猫とか濡れ犬とか
言わないよな〜なんでだろ。


2011年08月16日(火) L6/40製作中 爆笑エンジン製作

で〜、その、壇上に立つ先生方の話をきいて
「バカじゃねぇのか?コイツ」と頻回に思う原因の一つが、
死んだじーさま……フンコロガシのじーさまが偉大だったからじゃないか。
そんな気もする。

あれと比べたら他の先生は可哀想かもしれんが……。
深い方向に色々と考える人というか、ひねくれたZAZAでも、
もぅ尊敬するしかないというか、降参するしかないというか、
フンコロガシのじーさまはなんか、生まれ変わっても私には太刀打ちできん
レベルだった。

そして、そのじーさまを越えてるな、と思った人は1人かなぁ……。
いや、越えてないな、比較的近所?くらいかしらねぇ……。


とかなんとかいいつつ、イタリア軽戦車製作は続く。

……プロペラシャフトから車輪を回すパーツはあるんだけど、
エンジンがない。本物の詳しい図がブックレットにはついている。

これは……エンジンとか、燃料タンクとか、スピードメーターとか
燃料計とかラジエーター、クーリングファンとかは、リアル設計書みたい
なのを見て自作しろと!?後部エンジンの蓋を開けなきゃないのが
わからないとはいえ……う〜ん。

悩んだ末雨が降っているので、プラ板とかを買いに行かずに、
アルミホイル丸めて、タバコの箱の一部分と、プラモの使わない
棒状のはしっこ部分でエンジンを。
なぜかあったダンボールを小さく切って燃料タンクらしきものを。

……とりあえず、メタリックグレイで塗ってみた。

うん、小学生の工作レベルだが、30mくらい離れて見れば
エンジン……ぽいかな……。

4気筒のバイクのエンジンの部品を入れたほうが、それっぽいんだろうけど
そんなにプラモ余ってないしな。

ま、蓋を開けなければわからないから、(ダメダメですね)それっぽい
感じでごまかしてみた。でも、この適当なエンジンもなかなか笑えるから
これでOKにしちゃう。

………これは忘れた頃に開けたら大爆笑だな。


2011年08月13日(土) カーロ・アルマート L6/40……製作中

「あなたはどうして生まれてきたのですか?」……「しぶしぶ」
「どんな理由で?どんな原因で生まれたのですか?」……「うっかり」
真剣に考えるとわからないはずなのだが、どうも自分の生命に関しては、
由来は「何かの手違いで、うっかりそんざいするはめになってしまった」
……という、若干悲しい答えしか浮かんでこない今日この頃。

まちがっても「両親の愛の結晶です」とか「幸せになるために生まれた」
……などとは到底思えない。とほほ、この得体の知れない「しまった」とか
「まちがった」とか「場違い?」感はすでに幼稚園の頃からあり、現在まで
続いている。これは私だけなのか、他にも多数の人々が抱いているのか、
不明である。

最近お馬鹿が極まってきたような気がして、改善できる範囲で改善しようと
思っていたら「バカの理由」アルムボムッレ・スマナサーラ サンガ新書
045 役立つ初期仏教法話12……というのを、本屋で見つけて、基本的に
まちがった事は書いていないだろうと購入。

認識の問題と無智に関しては、役に立つ。お釈迦様は哲学者だねぇ。
すごいね。えらいね。

……自分が全部理解したとは思えないが、「自分の考えは絶対正しいです」
という立場で物を言っている奴の話を聞くのがつらい理由がわかる。
なんか……イヤだよな、そーゆう奴のする話しって、話題関係なく。
(いや、信念があって良いというとらえ方が、一般的なんだろうな。
そういう受け止め方が乳児の頃からできていれば、しまった感は
持たなくてすんだんじゃないかと思う)

自分がその正しさに陥っている状態が、一番いけないというのもわかる。
そのあたりは経験ありか(苦笑)。よくよく、疑って他方向から考えて
見る状態が望ましい。

認識の話はZAZAの言葉でいうと「全ては流動的」…ああ、やぱし……。

どうも、自分の長年の「しまったあっ!」感の原因は、どこでインプット
したのかが不明だが、どうもお釈迦様の説いた考え方がどこか基本的に
あるのかもしれない。
今まで自分が出会った学校の先生方のほとんどの話を聞いて、感想が
「こいつバカか?(学問的なところはさすがにためになるけど)」が、
9割以上なのだ。なぜ、そう感じるのかは不明だった。

……ZAZAはきっぱり頭の良い方ではないが、壇上に立つお方を見て
そう思うのは、自分が慢心して井戸の中の蛙であることに気づいて
いないか、あら捜しか賢い人をねたんでいるのか?自分?と悩んでいた。

いや、もしかすると、単に自分の心根が想像以上に荒んでいるだけなのかもしれないのだが……。


ソレはさておき、プラモに夢中。現在製作中のL6/40はロンメルの
アフリカ軍団の足を散々引っ張った、イタリア軽戦車(2人乗り)である。
トラックの荷台に乗ってしまうのだ。装甲は薄く、キャタピラの幅も
狭くて、砂漠でスタックしまくり大変なことに……。

このキットの良い所は、テクニカルデティールとモスクワ近所の軍事博物館
で撮影したブックレットがついているところw。戦車の中の細かいところ
がよくわかる。が、その細かい所を自作するかどうかはどーかな〜?


2011年08月08日(月) 台湾みやげをいただいた。

母からの台湾のお土産はTシャツと、金色の線が沢山入っている
水晶の腕輪。
500円くらいで買ったそうだが、私には1万円くらいに
見える。腕輪は母とおそろいである。うむ、ありがとう。

……なんか、相当台湾は物価が安いらしい。

夜市に2回も行ったそうだが、ガイドさんに”屋台のものは食べないで”と
言われたそうな。日本人が食べると腹を下すらしい。
しかし、食べ物の屋台がかなりいろいろあって、朝の4時頃まで賑わって
いたそうな。アヒルの舌や蛙の卵が食材として並んでいたという。

皮をむいた蛙なら、なんか食べても良いかな……とか思うけど、
た、卵はなぁ(苦笑)腹壊しそうだなぁ。

千と千尋の神隠しのモデルになった場所も見てきたそうな。

母はあまり写真を撮ってこなかったので、イマイチである。
一番多い写真が、台湾の鉄道ってw乗り鉄か!
3列シートが2列あってかなり広くて乗り心地はよかったそうな。
シート間がひろかったよ。
さすが、日本製。

あまり帰りたくないのだが、つい帰って来たのである。
お盆休みにも帰ってこいという。

ありがたいのだが、面倒だ(苦笑)。
休みくらいごろごろだらだらとしていたいぞ。

しかし、まぁ、父が庭の木を切るのを手伝えと言うので、
剪定は大好きだからしぶしぶ帰ることにする。
松を四角くするぞ〜、桜も容赦なく切るぞ!
(桜の枝ぶりに関しては常々不満を抱いていた、
こいつを切る為なら帰ってもいい、今まで桜を切ろうとすると
散々止められていたからな〜むふぅ〜〜〜〜やるぞぉ〜)

え〜と……。プラモもってって作ってもいいかなぁ〜?
お盆休みはプラモ作ろうと思って、もう注文しちゃったんだが……。



2011年08月03日(水) 無駄にアクティブ。

父の糖尿病は毎日のウォーキングで、かなりいい状態を維持しているらしい。
しかし、歩いて暑くなると涼しさを求めてスーパーに入り、甘いお菓子を
買ってくる。一人で食べるのはイヤだから母にも勧める。

母はそのせいで、コレステロールが上がり、父が甘いものを買ってくると
”なんでそんなもの買ってくるの!”などと怒っている。
まぁ、叱られない為に共犯者を作るのは、私もよくやるので気持ちは
わからないでもない。台車にのって遊びたい時は、誰かに押させるもんな。

それはさておき、馴染みのビニールハウスでイチゴを栽培している農家が
ある。毎週のように、ゴロンとして甘味たっぷりのイチゴを父は買いに
行っていた。
……まぁ、果物ならお菓子より多少母からの風当たりも弱くなるからであろう。

少し前のことだ。ハウス栽培のイチゴも旬を過ぎ、売るにはアウトだが
食べる分にはまだ大丈夫!ジャムにしなさい!とその農家の方から、
イチゴを大量にいただいたそうな。そのままで食べれそうなものは、
母の友達に配り、余った分は、父がジャムにした。

……リアルジャムおじさん(苦笑)というか、パティシエ状態である。
ジャムは車庫のペンキ塗りにしに実家に帰った際、舐めさせてもらった。
(…パンにつけなよ…)甘すぎず、固すぎず、ほどよい固形感もあり、
結構おいしかった。なんか、腕をあげているのである(爆笑)。
ふつーに道の駅とかで売っていても、違和感が無い感じだった。


そして、母から電話があった。

台湾から帰って来たそうな。

……この暑い中、なぜ更に暑いところへ行くのか……。
飛行機で4時間、若い人におすすめだそうだが……。

暑かったんじゃないのかと聞くと、やはり暑かったそうで……。

両親は何年たっても、微妙に謎の存在だ。ううむ……。


2011年08月01日(月) 日記の下の広告欄が……

もんごる部長さんのはげ!はげ〜!!などと書いていたら、
一時期日記の下の広告欄が、♪お医者さんに相談だ♪的な脱毛症の
進みゆく図だった。

もんごる部長さんはな〜〜〜耳の穴よか下のラインからしか生えてない。
きっぱり手遅れである。

いや、それより原田ショックがまだ続いていて、日常生活がなんとも
やるきが出ないのだ。

最近読んだ、怪談実話系6は微妙に不発だったし……。
いいところは、ま、竹書房のFKBシリーズを読んでいる人は楽しい
かも、か。1〜5までは結構楽しかったんだが……。
といいつつ来年も買うのだろうなぁ。

なんとなくついでに、京極夏彦の「妖怪の理妖怪の檻」と
柳公司「ジョーカー・ゲーム」(どっちも角川文庫)と
田辺聖子の「私本・源氏物語」(文春文庫)をうっかり購入。

妖怪の理は……妖怪好きだからねぇ。でも、頭はつかう。
興味ない人には、全くの睡眠導入剤と化すであろうぞ。
人には勧めない。井上円了てそんな分類してたんだ。なるほどなぁ……。


ジョーカー・ゲームは…話の設定は大好きだが、(WW尭本軍の
スパイ養成機関)白か黒かと問われると、う〜ん、わりとどうでもいい
話か。スパイ探しとか犯人探しとか、誰でもいいじゃないか(苦笑)と
思って読むからダメなんだろうな。

読むほうがダメ人間だと、そんな感想になってしまうのだった。


源氏物語が一番面白かった。そう、教科書の他にこんな副読本だったら
古典の授業を”落とさない”以外の目的で楽しく読めたろうになぁ……。


それにしても、この日記も原発反対とか、情報操作反対とか、書いたら、
原発関係の下請け事業のネット監視的な何かにひっかかるのだろうか?
……ネット上にある日記とかまで、チェックされたりすんのかなぁ?

そのうち、メールとかもチェックされる世の中になったらイヤだな〜。

せ、せめて脳内だけでも自由を。


zaza9013

My追加