Y: T:

日刊オバちゃん白書 --婆ウォッチングのミラーサイトになりました--
* いんふぉめ〜しょん *
2001.3.18〜 走りっぱなし

紙袋 2012年09月30日(日)



カサコソと音がして、中にもぐりこむことができて、
カタチが変わるという、3拍子揃った面白さ。
DSCF1016.JPG

このあと、ぺけちんがドッカと乗って潰してしまったけれど。


薬をちゃんと服用させたい麦に限って、
一番先に戦線離脱してしまう。
DSCF1026.JPG

足りているからではなくて、
単に集中力がないから、ということが判明。
洗面所に戻ると、オトナ用のカリカリを食べている。
麦に薬を飲ませる工夫、もう少し考えよう。
仕方ない、ネコ缶の世話になるかな。。。





青少年は高みを目指す 2012年09月29日(土)



ほんとうは、洗面所に入り浸りになって
ずーっと子にゃんズと遊んでいたいのですが。。。
長時間留守にする時のことを考えると、
ネコたちだけの時間を多くしておいたほうがよいのかな、と。

よく遊び、
DSCF1006.JPG

よく遊ぶ。
DSCF1009.JPG

どんどん高い所に上がれるようになって、
でも、降りることができなくて、
ランドリーラックの一番上で2匹、
固まって寝ていた・・・ってことが2日続けてありました。

朝夕のゴハンタイム以外にも
様子をみることは、まだまだ必要です。






おなかを空に 2012年09月28日(金)



子にゃんズにミルクかけカリカリを食べてもらう方法として、
飢え、とまではゆかないものの、
ある程度、胃を空っぽにしておき、
贅沢を言わせず、与えた分すべてを食べさせるようにしてみた。

おなかがすいていると、すぐに食べ始める。
米だけ、自分のが終わると、隣の皿に進出。

薬をふりかけている麦ごはんは、
一旦完食してほしいので、少なめ。
薄いオレンジ色の薬部分を全部なめたところで
少しだけ、カリカリを足してやる。
よしよし、好調。

まだ、鼻ズビだけれども、
元気いっぱいに運動会しているので
あんまり心配はしていないでーーす。






気が散る麦 2012年09月27日(木)



子にゃんズを大人たちから離して食事させています。
麦の薬が終わるまでなんですが、
その、肝心の麦がねえ・・・・

いち早く食器に顔を突っ込むのは、米。
米が食べているのを見て「アタチも〜」と食べ始めるのは粟。
麦は、ふたりがムッチャムッチャ食べていても、
周囲が気になって、食べ始めることができません。
何度も戦線離脱→捕獲→強制収容を繰り返した挙句、
米粟がいい加減食べ終わるころにやっと、
「やっぱ食べることにした」と、座りなおすのです。

とっくに自分のを食べ終わった米が
「薬味のもウマそうだ」なーんて顔を突っ込みそうになるので
そこは私が横から手を出して引き離す、と。


粟は左目が二重マブタ(に見える)
DSCF0996.JPG






麦の鼻グズ 2012年09月26日(水)



簡単にさくさくっと治らないのは、
薬をうまく飲ませられないからです。

子にゃんズはみんなそうだけれど、
単独ではゴハン食べてくれません。
薬を飲ませる都合で、麦だけ連れ出して
うまうまな薬入りゴハンを食べさせようとしても、
落ち着かない様子であたりを見回し、
ゴハンには目もくれずに探索を始めてしまう。

離乳食のときのように、
3人分のゴハンを用意し、うち、麦のを薬入りにして
3人同時に拉致って「ゴハンだよ」とやるかな。

早朝シフトのある日はそれもなかなか難しいけれど、
ちょっぴりでも口に入ってくれたらいいと思うので
明日からやってみるにゃ〜〜ん。






砂を掻かずにいられない 2012年09月25日(火)



この動作は遺伝子レベルでインプットされているのかもしれない。

DSCF0981.JPG

それはそれは必死の形相で砂を掻くのですよ。

健気でもあり、かわいい。





健康でした 2012年09月24日(月)



大動物のお医者さんとこで、健康チェック。

粟の目は完治。
米は一番よく食べるので、体重も一番に重い。
麦はちょっと鼻グズだったので、薬を飲むことに。


いずれ、みんな元気で、健康上の問題はなし。
病院中の「カワイイ」を独占してまいりました。

来月末に、ワクチン接種できそうです。
手術は生後半年が目安だとか。
ちょうど、年明けになるので、
1週にひとりの割合でやりましょう、ということに。





生後2カ月になりまして 2012年09月23日(日)



つかの間の平和。
DSCF0960.JPG

寒くなってきたので、
猫団子がよく見られます。

6匹がぐちゃっと固まる光景はまだ。

今、多いのは
【まる・麦・米・粟】のグループ(写真)
【ぺけ・ぽん】のグループ(ランドリーラック2階)

*-+-*-+-*-+-*-+-*-+-*-+-*-+-*

写真で見てもなんとなくわかるように、
粟の目は左右の大きさが微妙に違います。
やはり、開ききらなかったか。
明日、大動物のお医者さんとこに行きまして
「完治」のお墨付きをもらってくる予定。
そのあとは、1圓鯆兇┐燭箸海蹐妊錺チン接種。
年が明けたら、不妊手術というスケジュールです。






安上がりなヒトたち 2012年09月22日(土)



とにかく午後中、コレで遊んでました。
捨てようと思って小さく縛ったビニールひも。
このシッポは・・・米。
DSCF0937.JPG

後ろにあるのは、トイレ掃除に使おうと思ったビニール袋。
取られちゃったので、掃除には別のを使いました。

狭くて。
でもあったかくて。
カメラ目線は粟。
DSCF0942.JPG

*-+-*-+-*-+-*-+-*-+-*-+-*-+-*

子にゃんズは風呂場でよく遊びます。
風呂に落ちてもだいじょうぶなようにと、
水を張らないようにしていたんですが、
きょうはついに、ホントに落ちてしまいました。
自力では上がれない深さです。
相当、みゃーみゃー鳴いたものと思われるのですが、
私は全く気がつきませんで・・・ヾ(゚д゚;) スッ、スマソ

助け上げたときは、声が枯れていました。
が、とにかく無事ではありました。
これからも、風呂後の水抜きは必須です。






薬は残っているけれど 2012年09月21日(金)



粟さまの目はほとんど元通りと言ってよさそう。。。
DSCF0903.JPG

米コンとくらべると、十分に開いていない気もするが・・・
DSCF0905.JPG

それは、抱きあげられたことに抵抗して、
目がつりあがったからではないでしょうか。
ほら、耳が外側に向いて倒れているし。

麦と粟は、ちょっと見ただけでは区別できないくらいになりました。
体重を計ると、80グラムぐらいの差はあるのですが、
今の時点ではもう問題にならない重さ。
まだ目薬を点眼するので、捕まえなくてはなりません。
「アンタはどっち?」
とひっくり返して見ないとわからんちんですよ。
(麦=♂、粟=♀)






ネコベッド人気! 2012年09月20日(木)



麦米粟の中心にいるのは、なななんと、元女王ぽん様。
どうしたというのだ?
DSCF0895.JPG
ちなみに、新女王はたぶん粟です。


まる様参戦。
DSCF0896.JPG
狭い狭い狭い。


で、ペケママはどうしているかというと、
ひとりゆったりランドリーラック2Fで寝ております。






整いました! 2012年09月19日(水)



居住スペース。
右は壁、左は洗濯機、奥は勝手口の扉(使っていない)
DSCF0893.JPG
ぽんちゃんがいるのは、中段。
上段にはあれこれモノが入っています。
そして下段には子ネコベッド。
なぜかまる婆がどっかりと・・・

異常なかわいさの麦。
DSCF0888.JPG

洗濯機と洗面台の間に、食事スペースがあります。
遊ぶスペースはフロア全部。






黄金時代 2012年09月18日(火)



毎日がほんとうにエネルギッシュな子ニャンず。
できることなら、ず〜〜っと洗面所に入り浸って
麦米粟と遊んでいたいです。

長く見ていると、ほんの2〜3分見ていたぐらいではわからない、
それぞれの性格の違いとか、遊び方とか、
いろんなことが見えてきます。

主に組み合っているのは麦粟で、
麦が戦線離脱すると米粟になるとか、
麦は長男の甚六タイプであるとか、
米はスロースターターだが長距離ランナーだとか、
粟はオンオフがくっきりしているとか。

排泄前にわっかりやすくハイテンションになるのは麦。
風呂場の高い所に上がって降りられなくなって、
そのままそこで寝てしまうのは米。
母を飛び越えるくらいびょんびょんとジャンプするのは粟。


米×粟
DSCF0881.JPG
粟は負けているように見えますが、違います。
米を誘いつつ、麦にちょっかいを出している。






やれ嬉しや 2012年09月17日(月)



絶妙な距離感、なにより「これは寝る場所」という認識。
この子たち、天才かもよ。
DSCF0864.JPG

しかし、すぐに狭くなりそうな予感。
でもでも、もうじき寒くなるしね。
そしたら、ぎぅぎぅにくっついて寝るよね。
どの足が誰の? っていうくらいに
みっちみちになって、熱効率がよくて、
その中に手を入れたらもう出したくなくなる。

そうだなあ、あと1ヶ月もしないうちに
そんな日がくるんじゃないかな。





不人気のわけは? 2012年09月16日(日)



ネコベッドを買ってきたんですが。
一度、ぺけちんがニオイをかぎに来た。
・・・・
以後、無人。

あんまりだ。
あんまりなので、粟を放りこんでみた。
しかし、すぐに出て行ってしまった。
DSCF0858.JPG

夜になって、こそっと見に行ったら、
まるひとりでぎゅうぎゅうだった・・・


トイレの前の床のほうがいいそうです。
DSCF0849.JPG

オバさん、がっかりよー





このなかにひとり 2012年09月15日(土)



風呂場をトイレにしたのは、どこのどいつだ〜〜い?

シャワーでも、と風呂場に下りると、
片隅に細い、しかし立派なブツが。

ちょっとぉ〜、お客さぁん、困りますよぉo(`ω´*)oプンスカ


少しずつカリカリの量も増えているので、
トイレットペーパーでつまみ上げることは容易でしたが
これ、毎日やられたらかなわんなあ。

どこの酔狂な方が「ウチの子に」と言ってくださるかわからないし、
このへんの躾だけはバッチリやっておきたいところ。
風呂場を遊び場として開放するのを、とりあえず控えてみるかな・・・





紙コップ 2012年09月14日(金)



風呂椅子の次は、紙コップが大モテです。
軽くて、カサコソ音がする。
転がすと怪しい動きをする。
顔を突っ込むのもまたよし。
ちょっとつぶすと、ますます妙な転がり方になり、
シッポがピンと立って目が輝きますな。

たいてい、風呂場で遊ぶので、
洗濯機の下にもぐっちゃた〜なんてこともない。
飽きもせずエンドレスで遊んでいるようです。

運動会やってるのは、二階にいてもわかります。
何か軽いもの(麦米粟)がカタクタと動き回り、
ときどきドンガラガッチャと何かにぶつかる音がして、
風呂場のカッポンパッカンが聞こえて。

その調子。

*-+-*-+-*-+-*-+-*-+-*-+-*-+-*

今日は米ちゃんのネイルケアをしました。
要するに、爪切りね。
一度に全員はできません。
寝起きを狙わないと、動いて危ないから。
あんまり抵抗しなかったな。
最初の印象って大事ですね。
これからも嫌がらないかもしれません。

粟の左目は、ひとまわり小さいように感じられます。
気のせいなのかもしれないし、
そのうち治るのかもしれないけれど、
このままでもいいっていう気もしています。
全く困っていないみたいだしね。
目薬は、残量が3割ぐらいになりました。
飲み薬より先になくなりそう。





ゼアブーム 2012年09月13日(木)



ヤツらが今、とてつもなくハマっているのは、

「風呂椅子の下に潜り込む」

プラ製で、下に子猫がギリギリ潜り込めるくらいの隙間があり、
水はけのために、上にも穴が開いている。
狭い所に入りたい欲求も満足させられる上に、
ほどよい閉そく感もあり、ネコにとってはベストな状況。

勝手に遊んでくれて、とってもよいんですが、
夜中にパッコンカッポンと音が聞こえてきます。
風呂床のタイルに風呂椅子が当たって出る音。

ちなみに風呂はいつも空にしています。
一応、ふたをしてはいるけれど、
なんのハズミでズレないとも限りません。
落ちて上がってこられないだけなら、
そのうち助けられるけれど、
水があったら確実にアウトだから。

食べるの、上手になりました。
お皿の色も決まりました、、、が、
この大きさのお皿はあと1週間使えるかどうか。
S0120815.JPG
左から、麦(青)・米(ピンク)・粟(白)です。
粟のお皿が白なのは、薬の色がオレンジなので、
ちゃんと全部なくなったかを見るため。

昨日までちょっとずつ残していたのに、
今朝からはきれいにナメ尽くすようになりました。
少しずつカリカリの粒を増やさなくちゃね。

子猫用のちっこいカリカリです。
ネコ缶は今のところモンプチ1日1缶。
朝夕×3匹なので、開けたら6等分にしておきます。
ミルクの粉とカリカリをトッピング。

2週間ぐらいかけて、カリカリメインに移行の予定。






ベッド急がなくちゃ 2012年09月12日(水)



もう、ぎぅぎぅですから。
DSCF0760.JPG


もう、このまま目が半開きでもいいよ。
かわいいから。
ま、たぶん治ると思うけどね。
DSCF0768.JPG


近い近い近い近い近い
デジカメのストラップにじゃれつく・・・誰?
DSCF0774.JPG





なんでやねん! 2012年09月11日(火)



大動物のお医者さんに
「驚くべき回復」と言わしめた、粟の目。

今日になったら、上瞼も腫れているんですけどっ!
DSCF0755.JPG

私は目撃した。
粟が、目薬の直後に
いっしょーけんめい顔を洗っているのを。
目薬を洗い流した上に、新たな雑菌を入れた模様。
1〜2日様子を見て、治らなければ
エリザベスカラーのお世話にならにゃいかんかもしれない。


大人気のおもちゃ。
ワカナさんのお下がりですが。
DSCF0756.JPG

キラリンと光るところ、
コロコロ転がるところ、
軽いので持ち運び自由なところ、
受けポイントは多い。

まる婆さんまで、手を出すんだから。






おっきく改善 2012年09月10日(月)



大動物のお医者さんに
「目が開いたらカワイイですね〜」と言われたが、
目ヤニでくっついていたころから、
充分にかわいかったですから!

DSCF0747.JPG

何ヶ月もかかるかと、覚悟していたそうです(お医者さんが)
1週間でここまできれいになるとは、と驚いた様子でした。

目薬も、飲み薬も、もう少し続けましょうということで、
体重が増えた分の薬を、2週間分、もらってきました。
まだあと2週間は、しっかり過保護にしようと思います〜






むっちむち 2012年09月09日(日)



まる様
上下運動をあまりやらないお方です。
危機に備えて、蓄えすぎ。
DSCF0740.JPG


粟ちゃん
だいぶよくなったと思うけれども、
治っても、完全には開かないのかもね。
覚悟しておこうっと。
DSCF0730.JPG

それでも、すんごくカワイイ。
麦の完璧な男前とは違った、
穏やかなかわいらしさがありますな。





フテ寝 2012年09月08日(土)



直前に、目薬差してます。
「ピギャ〜ン」と高鳴きして、ペケママをハラハラさせ、
ひとり、トイレの中で寝入ってしまう粟。

DSCF0727.JPG

砂は入っていますが、トイレとしては人気がなく、
だーれも使ってくれません。
場所が悪いのかな。
でも一応、砂の上にマットを敷いています。

ゆくゆくは、トイレを片付けてしまって、
大きめのベッドを置いてやることにしよう。
ってか、猫タワーを置きたいんだけど。
 (稼がなくちゃね〜〜)

この後、米と麦も合流。
3匹固まって寝るのは、兄弟ならではというか。






米に拒否られる 2012年09月07日(金)



昨日今日と、米は離乳食に口をつけません。
「腹減ってねーし」
ってな感じですかな。
少々、気難しいお子様のようです。
ペケママが食べているのを見て、興味を持ったようなので、
いきなりカリカリデビューするかもしれません。

麦と粟は、離乳食カモ〜ン、な子たち。
濃い目に溶いたミルクに、香り付けのネコ缶少々。
ふやかしたカリカリは不評でしたので、
順次、切り替えるようにしたいと思っています。

粟には薬を飲ませなくてはならないため、
お残しがないように、少なめに皿に入れます。
これはほんとに少ないので、即完食。
そのあと、まだ欲しがるようなら、
麦と一緒に大きめのお皿をナメさせます。

こちらはたいてい残ってしまうので、
まだ授乳を続けているペケ母さんに
後始末をしていただいています。
猫ミルクを溶いているのでね。
これは授乳中のママにもよいのですって。

あと3〜4日、今の離乳食を続け、
次第に、小粒の子猫用カリカリをふやかして混ぜ、
様子を見ながら、その割合を変えてゆき、
9月中には完全にカリカリに移行できたらいいなあ。
(それは私がラクだから〜〜〜ですけど)

ペケ母さんが子猫を放っておく時間が増えました。
子猫は子猫だけで固まって寝ていることが多いかな。
でも、1日に数回、このように・・・(´∀`*)ウフフ
DSCF0714.JPG






沁みるらしい 2012年09月06日(木)



1日に3〜4回、点眼するように言われて
こういうことだけマジメな私は
せっせとお世話しているのだけれど。。。

抱き上げられると何をされるかがわかったらしい。
そして、目薬はちと沁みるらしい。
服の裾にくるりんと包んで、手足をゆるく固定し、
電光石火よりはちょっと遅い感じで
ぽちんぽちんと滴を落とすと、
頭をイヤイヤと振るので、薬が飛び散ってしまう。

昨日までは、しっかり薬がつかないとダメでしょ、と
さらにポッチンと落としていたけれど、
今日からはもう、追い打ちをかけるのはヤメ!

だってさ、目に見えて改善しているもの。
ほんの少しであっても、薬効というのはあるものなのだ。
飲み薬もきちんと飲ませているしね。

下瞼の腫れが半分ぐらいに引いた(と思いません?)
DSCF0698.JPG

このまま目薬を続けて、もう2〜3日もしたら、
私を見ただけで逃げるようになっちゃうかもな〜〜






わかってきた 2012年09月05日(水)



子にゃんズが一度に食べられる量って
ほんとうにちょびっと。
粟のゴハンは薬入りなので、2匹と1匹に分かれます。
DSCF0687.JPG


今日のアップは米ちゃん。
めっちゃ迷惑そう・・・
DSCF0693.JPG





上達しました 2012年09月04日(火)



目薬を差すのが、じゃなくて、
粟ちゃんがゴハンを食べるのが。

昨日は介助つきだったのが
DSCF0680.JPG

今日はこのとおり。
DSCF0685.JPG

明日あたり、体重を測ってみようかにゃ〜〜ん♪






過保護にします(哀ノД`)゚ 2012年09月03日(月)



大動物のお医者さんとこに行ってきました。
ナントカカントカいう、要するに風邪みたいなもので、
子猫が失明するいちばん多い原因で、
抗生物質入りの目薬と飲み薬での治療が必要、とのこと。
DSCF0677.JPG

ペケママを恋しがるので、隔離まではしませんが、
1日に3〜4回、別室で治療&ゴハンということになりました。
1ヶ月ちょっとにしては、小さすぎるんだそうです。
貧血も見られるので、食べることが治療になる、とも。

というわけで、いきなりですが、今日から離乳食。
子猫用のカリカリをふやかして、猫ミルクを濃く溶いて混ぜる。
米と麦はウニャウニャ言いながらよく食べました。
DSCF0679.JPG

しかし、粟ちゃんは、口元まで持って行かないと食べられません。
じゅうぶんに見えていないのかもしれない、と言われました。
薬を混ぜる必要もあり、ひとりだけ、私のお給仕での食事です。

3〜4日、家で治療しながら様子をみて、
改善しなければ薬を変えることになっています。






寝起き 2012年09月02日(日)



力なく仰向けの麦。
美形じゃのぅ〜〜
DSCF0673[1].JPG

他の子たちは飲んでます。
空腹具合にも個性が出てきたか。






活発米 2012年09月01日(土)



爆笑米 ギャハハハ(≧▽≦)
DSCF0665[1].JPG

レンズを向けると「なになに、それなに〜」と寄ってくるので
臨場感のある絵になることが多く、タイヘンですじゃ〜







ほーむぺーぢ 一覧 前の日 次の日 続・ウォッチング