Y: T:

日刊オバちゃん白書 --婆ウォッチングのミラーサイトになりました--
* いんふぉめ〜しょん *
2001.3.18〜 走りっぱなし

腰が痛くなるほど 2008年06月30日(月)



いっぱい寝た!
睡眠の質はあまりよいとはいえない。
なにしろ1時間おきに目が覚める。
それも、腰や首の痛みで。
なぜだかわからないが、自然に寝返りができなくて
姿勢を変えるために目を覚ましてしまう。

これでデ○スかなんか飲んで寝た日にゃ、
朝起きた時はカラダ中ギシギシいうんだろうな。

しょっちゅう目覚めて姿勢を変えているのに
起き上がると足首が固まっていて、普通には歩けない。
こういうことは車に乗っていてもよく起こる。
困ったなあ。

*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*

いっぱい寝たらさぞかしすっきり、と思いきや
起きた時からず〜〜っと頭痛。
これはもしかしたら首の痛みに関係があるのかもしれない。
午後のリーグ戦のために頭痛薬を飲んでおく。
最近は薬を我慢しなくなった。
副作用でカラダがどうにかなる前に寿命がくるべ?

*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*

カジさんに、ダニとり「○ォートレ○ン」というスポット薬をつけたら
思いっきり嫌われてしまった。
いや、そのあと30分ぐらい、絶対近寄ってこないの。
それに、絶対に言うことを聞かないの。

なんとか散歩に誘い出してご機嫌を取り結んだのだった。
デブ、と笑われて以来、おやつでは釣っていません。






カイカイ by 携帯 2008年06月29日(日)



全身、じんましん。
頭皮にまで出るのは久しぶりだ。
疲れているなあと感じる。
じんましんの薬がなくなってしまった。
明日は朝イチで病院だな。





汗だくなのに 2008年06月28日(土)



午前も午後も外で大汗を流したのに
お風呂に入るときに体重を量ると・・・変化なし。
いえ、正確には、体脂肪率はストンと落ちました。
体重そのものに変化がないと、喜ぶ気持ちにはなれねーな。

草取りをしたり、チューリップの球根を掘りあげたり、
花壇を部分的に作り直したり・・・と
「作業の跡が目に見える」ことをしたので
明日の朝、カーテンを開けて
いつものように窓から庭を見るときに
今日の仕事の成果を一望できるはず・・・楽しみ。





作りたいっ! 2008年06月27日(金)



水曜日の「こしぇ〜る」活動日は
相方がノロでダウン、ワタシ一人が黙々とミシン踏んだ。
彼女の意見を男取り入れて作ったのは、ペッタンコの小物入れ。
これが、かねてから作りたいと思っていた数珠入れにピッタリなのだ。

作り方は簡単だし、布を選ぶといろいろなシーンで使えそうだし、
デザインのバリエーションも相当に自由が利く。
アタマにポッポッと浮かぶデァインのものを
次々に作っていきたいのだが、日中はアレコレに追われるし
夜はすぐに眠くなるし・・・

今日は今日で、本をしこたま買い込んでしまった。
その中にはワタシとしちゃあ珍しい、ダイエットの本も。
これを読んで実践し、報告する場所があるので
是非とも今夜のうちに読み始め、明日から実行したい。

ミシンを踏むことができるのは・・・明日の朝?
畑に出る前の1時間とか、そういう時間をうまく使わないと
何も作らないまま何日も過ぎてしまいそうだ。





なんでこんなに忙しい? 2008年06月26日(木)



3月をもってピリオドを打ったことがふたつあって、
それと同時に始めたことがやはりふたつ。
差し引きゼロなのであって、前と変わらないはずなのに。

ああ、しかし・・・
始めたことのひとつ「家庭菜園」は1週間に1回ってわけではないものね。
1日2つ以上のスケジュールを入れないと決めたのだけれど
畑仕事はスケジュールに入れていない。
「晴れたらいつも」だもの。

それに、父とワラビ採りに行ったり、義母とお茶したりして遊んで、
そこにもってきて義父のことが重なって・・・
これじゃ忙しいのもアタリマエか。

まる1日(では足りないんだけれど)ミシンを踏みたいなあ。
作りたいものがたくさんあるのだが、
このままではアイデア倒れになってしまう。
何も予定のない日に、たまたま雨でも降ってくれたら。

あ、そうすると義母から「お茶しにおいで〜」と電話が来るか。
義母はまだまだ(というか、これからずっと)心のケアが必要なので
誘われたらできるだけ断りたくない。
今のうちに教わっておきたいことも、山のようにある。

忙しいのもシアワセのうち、と割り切りますか。





眩しいことを… by 携帯 2008年06月25日(水)



このへんの方言で「まつっぺ」というのだそうだ。
両親ともに県南出身ということもあって、
そのことばを知ったのが四年ほど前。
もちろん使うことなどできやしません。


今夜のライブ、座席の選択を誤った。
待ち時間に本でも読もうと、他の席より明るい場所を選んだら
本番が始まってもそこだけ落とさない照明の真ん前。
つまり、眩しい。

演奏中ほとんど、下を向くか、目をつぶっていた。
……一瞬眠ったかも(v_v)





吠える犬 2008年06月24日(火)



家の南側に広がる畑の、奥隣のお宅で飼っているシバ系ミックスの犬は
朝と夕方の1日2回、約1時間にわたって猛烈に吠えまくる。
どうも飼い主は、毎日散歩しなくちゃと思っているようなのだ。
犬にしてみれば、雨だろうと嵐だろうと雪だろうと
その時刻近くになると、散歩の時間だよ〜〜と吠えるわけだ。

この犬、救急車のピーポー音にも敏感に反応して
「ウォォ〜〜〜〜ン」と遠吠えする。
また、気の弱い子らしく、畑で作業するババや義兄に対しても
「怪しい! 怖い!」とバウバウ吠える。
吠えポイントがはっきりしている点で、わかりやすいといえる。


さてカジさんは、というと・・・最近、ババには吠えなくなった。
義兄はちょっかいを出すので、
「この人に吠えると遊んでもらえる」とインプットしたらしい(困)

また、吠えずにはいられないのが、郵便配達と宅急便。
ガスの検針のオバちゃんは、たまたまワタシがそばにいて
一緒にカジさんの相手をして以来、吠えなくなった。

最も困っているのが、甘えて吠えることである。
外から部屋の中を見て、ヒンヒンキャンキャンと
アタマに響くような甲高い声で泣きわめくのだ。
これに根負けして空いてをしてしまうと
「騒げばかまってもらえる」と勘違いされるので
心を鬼にして無視するのだが・・・
そしてもちろん、諦めて黙ったらすかさず「グーッド」と褒めてやるのだが。

そのうち、「グーッド」で黙らんかな〜などと
ちょっぴり期待しちゃっているのである。


そういえば、テリトリー外ではめったに吠えることがない。
吠える必要がないってことなのかもしれない。






もうすぐ片付く 2008年06月23日(月)



義父危篤以来、ずーっと先送りになっていたいろんなことを
少しずつではありますが、こなしております。
なんとか6月中には当初のプランに追いついておきたいところ。
ってか、あと1週間しかないじゃないの(^-^;A

明日もひとつ片付くことになっています。
自動車保険の継続手続きが、葬祭関連で伸びてたからね。



それが普通なのかどうかわからないけれど、
忙しいとか、タイヘンだとかいう、その渦中にいるときよりも
ようやく渦の外に出ることができたときのほうがしんどい。
もう日常の時間の流れで動いているのに、なぜかキツい。

なんでかな〜と思いつつ、「動けんものはしゃーない」と
開き直ってグータラしているわけですが。

畑にいるとき、カジさんと遊んでいるときは
めんどくさいことを忘れられます。
それにプラス、ボウリングもまずまず。

どうもイカンのが音楽です。
ババの畑の用事があったので、前回の爺バンドをサボりましたが、
無理してでも行こうという気持ちにならなかった。
優先順位が下がりました。

簡単には処理できない事が起こって(怒)
自分をその中に置きたくない気持ちも、正直なところ、ある。
いつまでも目を背けているわけにはいかないので
消極的ながらも動き出さねばとは思うのですが。






仰々しい合唱団 2008年06月22日(日)



早くからその声は聞こえていたが、
久しぶりに訪れると、その声はまさしく「合唱」になっていた。

以前は「高松合唱団」と命名したことのある、
オオヨシキリの芦原を廻る散歩コース。
その「ギョギョシ、ギョギョシ」という声が
「仰々しい」と聞こえることから
「仰々しい合唱団」と命名し直したのだけれど・・・

あまりにも直球でしたか?


しばし立ち止まってその声を聞く間、
カジさんはおとなしくシット・ステイしていた。


さらにその帰り、いつもの場所でカモシカ2頭に遭遇。
あれって、飼っているわけじゃあないよね。
前に会ったときは、カジさんも静かに見ていたのに
今日は何が気になったんだか、
「ソッチにいくっ!」と強気の姿勢。
もちろん必死で押さえ込んでいたけれど
カモシカたちはこちらをしばらく見たあと、
林の中へ消えて行った。





(;-_-)困ったねえ by 携帯 2008年06月21日(土)



炎天下の畑作業のせいだと思うんだが、
頭痛が激しくて、動けなくなる。
薬の効き目もイマイチだし、
何か妙案はないもんでしょうかね…





明日から by 携帯 2008年06月20日(金)



ババが畑に復活です。
今日、もしかしたら来るかなと思ったけど、
各種手続きが終わらなかったらしい。

インゲンさんが、もう限界ですぅ〜と叫んでいるし、
サトイモが雑草にまかれつつあるし、
ワタシ一人じゃ、草取りぐらいしかできない…
そう訴えたら、
じゃ、明日あたり行ってみようかとなったわけ。
朝の早い時間帯だとありがたいなあ。





勢いはどこへ? by 携帯 2008年06月19日(木)



忙しいさなかに、二日続けてバッグを作ったのに
さてその忙しさが一段階ついて
少しばかり時間に余裕が出てきたら
ミシンに触ろうという気持ちが
すうっと引いてしまったのだ。

作ろうと思うモノや、アイデアはあるから
きっかけさえあれば取り掛かれるのに
差し迫った何かがないと動かないもんなのね。





喉にきたか by 携帯 2008年06月18日(水)



朝晩に限り、喉に痛みがある。
そろそろ緊張がほどけてくるころだと思うから、
身体症状が出てきてもおかしくはないだろう。
特に、ワタシは「当事者」とも言えない、微妙な立場。
つまり、待ち時間ばかりがやたらと多く、
やることはそんなに多くないのだ。

最も疲れるパターンだと思いません?
(一番タイヘンなのは常に自分という、勝手な思い込みか)

それにしても喉は痛い。
寝ましょ寝ましょ……っと。





事後処理 2008年06月17日(火)



スーパージェイソンブラザーズは、それぞれノートパソコンを前に
向かい合わせになって、名簿づくりをしている。

そして呼び出される義母・・・イヤ〜な予感。

兄「ちょっと、今から名前を読み上げるから、どんな関係か言って。
  ○野○男さんは?」
婆「えっと、あの人はね・・・お爺サンの兄の・・・」
兄「はいはい、爺さん関係ね」

全部言わせないのである。

兄「誰の関係なのかを分類してるんだから、余計な情報はいらないのっ」


こういったキツいやりとり(正確には一方的なのだが)を聞いていられなくて
ワタシや義姉はそそくさと台所に引き上げるのだ。

葬儀の前にも、その席順を巡って、かなり激しい応酬があった。
たまりかねた義姉はついに、義兄を手でさえぎって
「まず全部聞いてから」
と口を出した。
これがワタシには(まだ)できない。

全ての事務処理が終わるまではまだかかりそうだ。
その場にいるの、イヤだなあ・・・
畑に逃げ込んでしまおうかね。





またまた余震〜 by 携帯 2008年06月16日(月)



多少の揺れには驚かなくなったけれど、
ここがたいしたことなくても
震源地付近では大きく揺れた可能性もある。
だから、少しの揺れでも速報を見るようにしている。
震度などの速報がなければ、
たいしたことがないと判断できる。

さきほどの揺れは長かった。
まだ落ち着かない日々は続きそうだ。





信じられない 2008年06月15日(日)



義父のことがあってバタバタしていたので、新聞を読んでいなかった。
通夜が終わってや〜っと帰ってきて一息ついて見た朝刊の記事にびっくり。

あることで逮捕されたのは、知り合いと同姓同名の人。
よくよく見ると、年齢も同じ、住所も・・・たしかあの近辺。
そう思って名簿を見ると、まさにその通りだったのである。
まだ「容疑」の段階だとは思うのだが、いったいどういうことなんだろう。

もしかしたら、何かの行き違いとかいうことで、
今ごろは容疑が晴れて家に戻ったかなあ。
なにしろ葬祭会館の中にいると、情報が全く入ってこない。
たまにワンセグでニュースを見れば、地震関連がほとんどだ。
もちろんそっちも気になるが(まだときどき揺れるので)
地震の大騒ぎの間にも、事件や事故は起こりつづける。

バンド関係者のお母様の訃報にも接したし(火葬は同じく明日)
ここ数日のうちに、いろんなことがエラい勢いで過ぎて行く感じ。






地震だけど 2008年06月14日(土)



葬祭のあれこれは粛々と進行、らしいです。

すぐに義母の様子を確認するため電話、
変わりないという声を聞いて安心したので
今度は実家に電話・・・これがすでに繋がりません。

ムスメたちも新幹線が止まっているために
いつ帰ってこられるかわからない・・・

余震も何度かあって、震源地が違うものもあるようです。
連鎖なのかな。

ワタシはちょうど台所で洗い物をしていますた。
自分の部屋の様子を見に行くと、
モノがみんな落ちて散らかって・・・
おっとそれは揺れる前からだった。

震度6だのといっている地区に、大きな被害がありませんように。

(09:25)





誰にも看取られず 2008年06月13日(金)



婆は畑、兄嫁は病院(自分が受診)、ワタシは文章教室、
ムスコたちはそれぞれ仕事・・・

で、病院から連絡を貰った義兄をトップに、
さぁ〜〜っと連絡網がまわって
ワタシのところに来たのがお昼ごろでした。

義母は「急ごうと思っても足が前に動かなかった」
と言ってました。
そういうもんなんですね。





やったぞ、ワタシ 2008年06月12日(木)



文章教室のネタを書き上げましたヽ(´ー`)ノ
今回のテーマはズバリ、カジさんです。
犬自慢にならないように気を使ったつもりだけれど
客観的に見たらどうなのかな・・・

書いたものを声に出して読んでみると、
ツッコミどころ満載であることに愕然とします。
直したほうがいいなあと思うのに、
どう直したらいいかがわからないことにも落胆します。
まあ、だからこそ教室に通って教えていただくわけですが。

それにしたって、あまりにも「書きっぱなし」なので
今から少しだけ手を入れて印刷し直すことにしよう。






滞るワタシ 2008年06月11日(水)



mixiにチラと書いたけれど、義父の危篤以来、自分の中で
「収まるべきところに収まるべきものが収まっていない」
という、不安定な気持ちをずっと抱えています。

でもね、せめて送るべきものをとっとと送るとかさ、
少なくとも義理を欠くようなマネはすべきじゃないですね。

最近はおば友の日記やブログを訪問することも少なくなり、
読んだとしても読み逃げ・・・
思うことはナンダカンダあるのに、言葉がするっと出てきません。

例年だと七夕イベントの相談をしているころなのだけれど、
いつ何がどうなるかわからない状況では
「約束」ができないので、声をかけるのをためらいます。

こんな停滞した空気を、夏の暑さとともに
身にまとっていなくてはならないかもしれません・・・
すっきりした秋を迎えたいなあと、
梅雨にも入っていないうちから思う昨日今日です。
(東北地方はまだなのよ)






活動日 by 携帯 2008年06月10日(火)



本日、手作り婆の会「こしぇ〜る」の活動日。

二人して、数寄屋袋にどっぷりとハマってしまい、
基本の大きさのあとは大、特大、小と
サイズ違いを作っては自画自賛している。

やりたいことは山ほどあるけれど、
もうこれ以上に範囲を広げない、無理しない、
数寄屋袋とエコバッグ、せいぜいその周辺にしとこう…
というのが、一致した見解。

気楽にやっていくことを重視しようとしている。
できるだけ長く続けたい気持ちもある。

毎回、企画の話し合いをし、記録もしている。
ただのお喋りで終わらせない、小さな積み重ね。
いつか実を結ぶといいなあ。





ミルその後 2008年06月09日(月)



目やにのために塞がっていた目はようやく開きました。
しかし、まだ鼻をグズグズいわせています。
今日は昼頃に暖房便座から降りて水を飲んだ後、
二階のパソコン横にある棺桶ベッドの中で丸くなり、
食事の時間になっても、出てこようとしませんでした。

毛艶はよろしくなく、タマ様と同じ程度のボサボサ加減。
ビロードのようになめらかな○やぽんと比べると
乾いた土に障っているような感じです。

しかしながら、目がわずかながらよくなってきたように
今後、少しずつ回復しないとも限りません。
そのためには、まず食事と水を定期的に摂らないと。
自力で動こうとする気配がなければ、
抱きかかえて運んでやらなくてはなりません。
タマ様に続いて、要介護その2です。






今日もまた by 携帯 2008年06月08日(日)



最近、携帯更新が多く、パソコンからでも短文なのは
連日の菜園作業で疲れて眠くなるのが早く、
そこをがんばって起きている根性がないため。

加えて今夜は腹痛がきている。
ワラビの食べ過ぎかな〜
お腹が痛いと体力消耗するから
ますます眠くなるんだよね。





梅、実る 2008年06月07日(土)



我が家の梅がだいぶ大きくなってきました。
いつ採ろうかと義母に相談したら
「あと2〜3日」だそうです。

棒の先にS字フックを取りつけて
「枝引き寄せ機」を作っておかなくては。
それと、氷砂糖とホワイトリカーと・・・

梅酒用に青梅として採るのは半分ぐらい。
梅干しにする分は、もっと色づいてからになります。





ある意味健康的 by 携帯 2008年06月06日(金)



夜8時を過ぎるととたんに眠くなる。
夜になったらやろうと思っていたことが
どれもできないまま、ベッドに倒れ込む感じ。

確かに、朝型になりつつあると感じる。
年だと言わないで〜〜
(自覚はあるのよ)





10でアホになる by 携帯 2008年06月05日(木)



セカイのナベアツが、小学生の間で大流行り。
球技クラブのお子様たちとて例外ではない。

準備運動・ストレッチのときに、
3の倍数でいちいたアホになられるのは
想定はしていたが、想像以上だった。

よし、それならと、
「ナベアツのみなさん、今日は10でアホになりましょう」
とやってみたら大成功。

いつもはダラダラと小さい声で号令かけていたのが、
声を揃えて大張り切りでカウントし始めた。

おそるべし、テレビの影響力。





久々のバンド by 携帯 2008年06月04日(水)



相も変わらず中身の薄い練習をしてきた。
どうしたら「オモロイ演奏」になるかなんて、
考えている人は一人二人なんだろうな。
それ以外は、自分の音を目立たせることと
音符を追い掛けることに必死で
周りでどんなことやってるかなんて聞いていない。

しかし、そういうワタシが何をしているかといえば
「このコードではどの音を使ったらカッコいいか」
なんて考えたりしてるわけだから
どっちもどっちで、同じ穴の貉だ。

「こういう練習じゃアカンのでは?」
なんちゅう差し出がましいことを言わない分、
ちょっとだけ大人かな〜(v_v)





今日もミルちゃん 2008年06月03日(火)



ミルクちゃんの目をティッシュで拭くと、
何やら茶色いドロンとしたものが取れます。
見た感じでは、黄色い目やにが出ているのですが
時間を置いて茶色に変色するのかな。

あまりしつこく拭くと逃げられるので、
ときどき、表面をさらっとなでる程度です。
そんな程度でもやってやらないと
目が塞がってしまうので、気を抜けません。

グラのほうはだいぶいいようです。
少なくとも、両方の目玉が見えるから。

そういえば、タマ三郎も目やにをいっぱい出したことがあります。
老化によるものなんでしょうね、きっと。
年をとるほど、手をかけてやらなくちゃいけなくなるのは
人間と同じなんだなあと思いました。





冴えない2匹 2008年06月02日(月)



ミルちゃんもグラちゃんも、目が半分しか開きません。
いつもナミダ目で、目やにが出てくっついている感じ。
動きも緩慢で、寝てばかりいます。
カジさんにちょっかい出されても、反撃どころか動けない。
反応がないので、カジさんもつまらなそうに引っ込みます。
するとまた、でろり〜んと寝てしまう。

2匹とも、毛艶は悪くないので
それほど深刻なことではないと思うのですが
なにせご高齢ですからねえ。
これまた「いつ何がどうなってもおかしくない状態」なわけ。

ちなみに、新・棺桶ベッドはミルちゃんが占領しています。
グラちゃんのためにもう一個置いてあげたらいいか。

おっ?
今、タマ三郎が割り込みましたが、
横になることができず、座ったままです。
ひとまわり大きな箱を用意しなくては。
毛布のギフトボックスが丁度いいんだけどな〜





間引きながら 2008年06月01日(日)



ホウレンソウや山東菜がずいぶん育ってきました。
込み入ったところから間引いて食べています。
採ったばかりだと柔らかくて甘みがあって美味しい!

トマトやピーマンももうすぐ花が咲きそうだし、
こうして、がんばった分がカタチとして見えるのは
菜園のおもしろさでもあります。









ほーむぺーぢ 一覧 前の日 次の日 続・ウォッチング