銀歯,映画「ファストフード・ファストウーマン」,ステーキ

国会前「森辞めろ」座り込み。村上正邦の証人喚問に合わせてすごい人。
予算委員会が始まる1時過ぎに着いたため、連合の団体は撤去し始めた。
明け方までかかってアピール原稿を書いたのだが、披露できず。

歯医者。上右奥歯の白い詰め物が欠けてしまったので銀歯に。
「それほど目立たないですよ」と言われたが、大笑いするとキラリ。
気になる。

渋谷シネマライズ「ファストフード・ファストウーマン」。
もうすぐ35歳の、ニューヨークのカフェで働く女の悲喜こもごも。
34歳には見えない。でもかわいいおとぎ話。

渋谷西武ヴィモーダ館、VIA BUS STOPの店長にクレーム。
「5年前に買ったジョン・ガリアーノのジャケットのリボンが取れた。
修理を依頼したら、『取引止めたので在庫がない、代わりを探してみる』
と言って、翌日には『探したが無い』。本当に探したの?
『同じような布を持ってくれば直す』とか『50兒擁ぐらいあれば』とか
いい加減&無責任では?」
「全く同じにはなりませんが、布はこちらで探して修理いたします」
しっかり頼む。

宮崎学氏の出版記念パーティーで知り合ったYさんと新宿。
ステーキをご馳走してもらう。四方山話。




2001年02月28日(水)

シルバー人材センター

一昨年、区のシルバー人材センターで簀の子ベッドを作ってもらった。
材料費込みで3万円弱。1日で完成。

今回は出窓と同じ高さの台(棚)を作ってもらう。
6万円、4日もかかるというのでビックリ。

今朝6時半頃帰って来たO君は、
酔って「会社の後輩のT君はゲイだ」と何回も言う。

今日も深夜1時過ぎに帰宅。
明日から10日までオーストラリア出張。T君も一緒だ。

出張中シドニーでは大規模なゲイパレードがあるらしい。
ホテルを取るのに苦労するくらい集まるとか。
映画「プリシラ」の世界?

「何でT君はゲイだってわかったの?」と聞いたら
「ゲイじゃないよ」。
どっちでもいいがO君の貞操が心配だ。


2001年02月27日(火)

三井アーバンホテル,「幇という生き方」

宿泊した三井アーバンホテル大阪は、HP「旅の窓口」で指摘されているように
本当に壁が薄い。隣室の人が、まるですぐ隣で寝起きしているように感じた。
清掃が行き届いていなくてバスルームの毛も気になった。

寝不足なのに寝苦しかった。二日酔い。

東京に戻って「森辞めろ」の座り込み。着いたら終わった。
お昼には辻本清美さんや宮崎学氏も来たらしい。
次回は私も一言言えるようにしたい。

今回関西突破塾の必読文献「幇という生き方」読了。

中国、ベトナム戦争、殺人、幇、知らないことがいっぱいある。



2001年02月26日(月)

関西突破塾「M老大(ラオター)」

大阪。2時から特別ヴィデオ上映があるというのに、全然間に合わず。
地下鉄乗り換えを間違ったりして3時過ぎ到着。

M老大は大きな目の紳士。
ゴルゴ13のような人を想像していたが、「この人が?」という感じ。

青幇(ちんぱん)と紅幇(ほんめん)という伝統的な中国の任侠組織について。
日本のやくざとの違い。
やくざは「親子関係」「親分には絶対服従」だが幇(ぱん)は「兄弟関係」。

M老大が戦後のアジアで経験した数々の戦闘場面について。
宣伝された「ベトナム戦争」とは違う、M老大の見た闘い。

壮絶な人生は、他では絶対に聞けない話だった。

2次会では乾杯をして間近でお話させていただいた。
「顔、きれいですね」
「イヤ、ここ陥没しました」。
よく見ると額の生え際に大きな傷跡が見えた。

「我慢、耐えること」が生き延びる・勝つ秘訣。
痛いのも、恥ずかしいのも、お腹が減ったのも耐えられない、
我慢出来ない私は蚊並にあっけなく殺されたい。
 
2001年02月25日(日)

目白「ラ・フレスク」,御徒町「寛八」

田中真紀子がオーナーのフレンチ「ラ・フレスク」。
高校からの友人S子とランチ。

近くに住んでいるので車で迎えに来てくれた。
「事故った」と言われ、見ると左ドアミラーが割れて、
ドアノブ?辺りが大きくへこみ塗装が剥げている。
「動くから大丈夫」とのことだが。

アナゴのテリーヌ、メジナのバルサミコソース、ミルフィーユ。
フロアスタッフは前回私が注文したものを覚えていた。
「一杯だけ」と言って3杯もワインを飲むS子。
子育て中で休んでいるが料理教室をやっている彼女も気に入ってくれた。

「話を聞かない男、地図が読めない女」の話など。
私は読んでいないが、その本で言われていることは性差ではないと思う。
「真理ちゃんは男性気質なのよ」。
そう?地図はよく読み違うけど。

晩ご飯はO君と御徒町の鮨「寛八 本店」。
ご主人は魚や仕事の解説をしてくれて楽しい、粋な人。
お寿司も素晴らしいがかぼちゃ汁、煮豆など、虜になる。

蕎麦の話になったら、ご主人も浅草大黒屋の常連であることが判明。
お二方とも非常に研究熱心な仕事人。

失業中に贅沢すぎる一日だった。
2001年02月24日(土)

犬つなげ,森辞めろ

駅近くの公園で、小さな犬に追いかけられて
少女たちがキャーキャー逃げまどっていた。

動物が苦手な私は、離れているから大丈夫だと思って
小走りで公園を抜けようとした。

犬がこちらに向かって勢いよく走ってくる。
「キャー!キャー!」今度は私が一人で逃げる。
リュックを振り回してもクソ犬は逃げない。もう一匹近寄ってくる。
笑って見ている人たち。助けて!!

飼い主が歩いて近寄りバカ犬を抱き上げた。
笑いながら「逃げるからですよ」とほざく。

「ちゃんとつないで下さい!迷惑です!」と絶叫するもまだ笑っている。

急いでいたのでそのまま公園を去り、駅に駆け込んだ。
駅前の交番に行ってお巡りに注意させよう、と思って改札を出る。
切符が無駄になると気付いて「間違って出てしまいました」
と言ってもう一度入れてもらう。
気が動転していた。恐怖、怒り、屈辱感。

犬は大嫌い。
「うちの子は大丈夫ですよ」とか言って犬をつながない人間はもっと嫌い。
近所にはそういう「おイヌ様な人」が多い。
矢イヌにされたくなかったら、つないでおけよ。(って言ったら脅迫罪?)

犬より嫌いな森首相。
「森さん、はよ辞めぇな」国会前座り込み。宮崎学氏の召集で駆けつける。
川田龍平&悦子親子、社民党保坂議員、学生たち20人ぐらい。

昼間は暖かかったが日が沈むと寒い。辞めるまで続けるらしい。
集まる人数が広まればいいのだが。

宮城県連が「こんなんだったら私が総理大臣やった方がましよ!」
と主婦が叫ぶCMを作ったが、小学生が「僕でも出来る!」というのはどうか。
あるいは「鮫(の脳味噌)、蚤(の心臓)、オットセイ(の下半身)」が
「俺がやる!」と言って喧嘩してるとか。
2001年02月23日(金)

「働くことがイヤな人のための本」

今朝読了。
「『よく生きる」とは『幸福に生きる』ことではないことを知ること、
それが決定的に重要なのだ。」

岡本太郎「自分の中に毒を持て」にも同じようなことが書いてあった。

映画「突破者太陽傳」高橋玄監督のHP、昨日の日記。
「常々思うことだが、仕事とカネ稼ぎは違う。
仕事とは、その人間が人生において果たす役割をいうのだ。
または果たそうとする意志に準じた行動のことである。
一方、カネ稼ぎには役割も意志も要らない。」

水泳教室。クロール、背泳ぎ。うまく行くのは5mほど。
あとは苦しくて手足がバランバランになる。

池袋リブロで「幇という生き方」入手。
他にも読みたい本いっぱい。
カネ稼ぎはお休みしているのに何故か忙しい。
2001年02月22日(木)

映画「昼下がりの情事 古都曼陀羅」,ミリバール

奥歯の詰め物が欠けてしまったので歯医者。
銀歯は嫌だが白い詰め物は金額10倍。

渋谷ネパール料理「カンティプール」。
麻酔で痺れる口で豆カレーとナン。
美味しかったが生クリームが無い方が良い。

1973年の日活ロマンポルノ「昼下がりの情事 古都曼陀羅」。
官能的なのを期待していたのだが、若くて真っ黒な風間杜夫が
初々しいのが可笑しい、それだけだった。

旭屋書店、TSUTAYA、ブックファースト。
「幇という生き方」宮崎学著を探すがどこにもない。
25日までに読まなければいけないのに。

中島義道の新刊「働くことがイヤな人のための本」を買ってミリバール。
渋谷に行ったら必ず立ち寄るバー。
マグロアボカドサラダが大好きだが今日は我慢。
2001年02月21日(水)

ボヤン賞パーティー,檸檬屋

外国人留学生のための日本語文学新人賞「ボヤン賞」の
記念パーティーに出席。
1時間ほど遅刻、選考委員の宮崎学氏には挨拶できず。

内モンゴル人のボヤンヒシグさんの挨拶は面白かった。
「私が賞を渡す側になるとは。私も本当はボヤン賞がほしい」。

第1回受賞者田原(ティアン・ユアン)さんが
受賞作品「日本の梅雨」を朗読。

「梅干し好きの日本人は梅の樹によじ登って
青梅を揺り落とす
梅の実の雨粒であるかのように
ボトボトひっきりなしに落下するのである」(後略)

中国訛りの日本語が、ボトボト落ちる梅をいきいきとイメージさせる。

選考委員の中村和恵さんが
「普通の文学賞のパーティーとは全然雰囲気が違う」と言っていたが
手作りのあったかさが伝わるパーティーだった。

ボヤン賞事務局でもある居酒屋「檸檬屋」へ。
ご主人の住枝さんが全員を紹介してくれる。

パーティーには間に合わなかった黛まどかさんも登場。
「私は荒川洋治さんが男として好きなんです」との自己紹介に
みんなが「おおっ」。

檸檬屋に行くと根が生えてしまい、電車があるうちに帰れない。
3時の門限には間に合うようにタクシーで帰宅。
2001年02月20日(火)

新聞

久しぶりに家に籠もってたまった新聞を読む。

佐藤淳という人物が芸能プロのオーディションに落ちた若者に
「受かった」と嘘を言い、金を脅し取って逮捕されたという記事。
音楽会社勤務の佐藤アツシ?と思ったが別人。


2001年02月19日(月)

魚栄、稽古屋

缶ビールの空き箱をゴミ箱にしているのだが、ずっと前から破れてボロボロ。
O君は何とかすると言いながらもう何ヶ月も何もしない。
堪りかねて指摘したら逆ギレ。

「ずっと家にいるくせに掃除をろくにしない」というのは本当のことだが。

気を取り直して、O君と椎名町駅近くに最近出来た居酒屋「魚栄」。
酔っぱらいがクダを巻いていて閉口。
焼酎お湯割りの梅干しが真っ赤っ赤。こういう梅干しを使っている店は初めて。

口直しに普段は行かない店に行ってみようと焼き肉「牛角」、
居食屋「和民」、どちらもいっぱい。

串焼き&おでん「稽古屋」。トマト巻きが好き。
2001年02月18日(日)

歯医者、ライター講座遅刻,ゲロ女

右上奥歯が欠けてしまったので歯医者、のつもりが遅刻。
来週の予約を取り直す。

Ebis303でVIA BUS STOPのセール。
\250,000のスカートが\10,500というのもあった。
講座の時間も迫っていたが、検討の末青いスカートを購入。

講座には1時間程遅れてしまった。
教材「江夏の21球」については、宮崎学氏の関西突破塾でご本人の話を聞いた。
江夏さんは本当に野球を愛する人。私にはわからない。
私は何が書きたいのだろう?

終了後受講生数名と「ひょうたん茶屋」。
「小学生の時、先生に『あなたのために地球は回っているんじゃないのよ』
って言われたけど、私のためじゃなくて何のために回るの?と思った」等と話す。

O君と浅草蕎麦「大黒屋」。いつもにも増してつゆが濃い。

池袋駅改札近くで厚底靴ギャルがすれ違いざま、ビシャーッと吐いた。
彼女はすぐ立ち直って歩き始めたが、私の紙袋にはゲロの飛沫が点々と。
「ファック!」
厚底靴で立ったまま吐いたもんだから、2mは飛び散ったんじゃなかろうか。

家に帰って、見るとお気に入りのパンツにも、靴にもゲロゲロゲロ。
「きったねー」とO君。
もう!でも怒り狂えないのは若き日の自分にも覚えがあるから。
飲み過ぎ注意、吐くのはトイレか、屈んで低い姿勢でね。
2001年02月17日(土)

映画「ホテル・スプレンディッド」「リトル・ダンサー」

VIA BUS STOPより電話。
Jガリアーノジャケットの紛失したリボンは在庫がないので、
同じような布を探して来れば作るとのこと。
30万円もしたのに邪険な対応だ。

リボンがクリーニング店にあるかもしれないと問い合わせたが無かった。

特殊漫画家根本敬と電波系ダスト・ハンター村崎百郎の映像夜間ゼミ、
中途入学は立ち見とのことで断念。
根本さんに誘われていたのに残念。

シネスイッチ銀座は金曜日がレディースデイ900円。

「ホテル・スプレンディッド」は汚くて暗いホテルの話。
女性の作る料理は美味しくて病気の患者たちを健康にするっていうんだけど
男性の料理もどっちもまずそうにしか見えない。
「健康健康」と騒いで人に押しつける奴ほど不健康で胡散臭い
というのはよくわかる。

「リトル・ダンサー」は大人気。リトル・ゲイのお友達もかっわいい!
「人生は厳しいけれど、踊りは楽しい」というのは
「ダンサー・イン・ザ・ダーク」と一緒。
リトルダンサーの方が甘いし明るいが、どちらも好き。
藤間洋乃介さんにもお勧めしたい。
2001年02月16日(金)

水泳教室,渋谷・原宿

水泳教室3回目。表裏バタ足、クロール。
バタ足は何とかなっても、手・息継ぎと一緒になると滅茶苦茶。

渋谷西武モヴィーダ館 VIA BUS STOP。
ジョン・ガリアーノのジャケットのリボンが取れてしまったので修理。
Jガリアーノと取引が無くなり、修理可能かわからないとのこと。
高かったのに。どこで取れてしまったのか?

ザ・ギンザ原宿の閉店セール。
飾り付き白カシミアカーディガンに惹かれた。
\118,000の半額では手が出ない。失業中だもの。
閉店セールなんだからもっと大盤振る舞いしてほしい。

辞めた会社で一時HP制作をしていた、
WEBデザイナー亜瑠花さんが参加している展覧会。
Gado Gadoというデザイングループ制作のふわふわちびクッションなど。

会場のデザインフェスタ・ギャラリーは
古いアパートをおもちゃ箱に塗り替えたような汚い、賑やかな空間。
好き放題にやってる学園祭といった雰囲気。

一人で目白トラットリア・スタジオーネ。
ホットワイン、芝海老のカルパッチョ、トマトスパゲティ。

帰る途中で亜瑠花さんに遭遇。「見てきたよー」。
2001年02月15日(木)

ロフトプラスワン

「噂の真相」岡留安則編集長、宮台真司、香山リカの3人が
「バレンタインに愛を語る」。

宮台氏は速水さんに「性愛を誰に語るんだ、私に語れ」と怒られたらしい。
「だいたいこんな日にロフトプラスワンに来る奴らってどんな人なの」とも。

終了後Tさんという男性と話。
「カラオケに行きませんか」と誘われたが断る。
治療の一環なんだとか。

帰って「バレンタインデイキイッス♪」(国生さゆり)と
O君に迫るも「眠い」と相手にされず。
2001年02月14日(水)

女性委員会OG会

昨年末辞めた会社で労働組合の執行委員をしていた。
私は組合の上部団体(CSG東京地連)の女性委員会副委員長だった。

ワインセミナーや勉強会をしたり、
田中康夫ちゃんや宮崎学親分を招いて講演会を開いたり、
いろいろな会社の女性と交流できて楽しい活動だった。

今日はOGと現役メンバーの飲み会、日本橋「びすとろ屋」。

みんな頑張ってる働く女性たち。
母になった人、結婚した人、結婚する人、合コンに精を出す人。
近況報告も楽しい。

帰り、山手線で池袋に行くはずが、京浜東北線に乗って気がついたら大宮!
折り返しは東十条止まりだったので、赤羽で埼京線に乗り換えて最終で池袋へ。
池袋からは30分以上かかって歩いた。
そんなに飲んだかなあ?

O君と11日の件、「何で怒ったか?忘れた」。やっぱり。仲良し。


2001年02月13日(火)

「こぶとり物語」アップ、海外天

昨日から今朝9時過ぎまでかかって「こぶとり物語」を書き上げた。
HPにアップするのがまた一手間。14時過ぎに起きて続き。

今日も掃除はパス。

O君が昨日もらった豆をご飯に入れて炊いてくれた。もう怒っていない。
何で昨日はあんなに機嫌が悪かったのか聞きそびれた。
聞いたらまた喧嘩になるかもしれない。

二人で池袋「海外天」、ゆり根とエビの炒め物が美味しかった。

家に帰って話そうと思ったが、O君は寝てしまった。

昨日届いた岡本太郎の「ゆったり椅子」。赤くてかわいい。
我が家のダイニングにやっと椅子が4脚そろった。



2001年02月12日(月)

こぶとり物語,シャマイム,喧嘩

「こぶとり物語−子宮筋腫、私の場合」の続きを執筆。
手術を決意するところから手術まで。
この後が大変&おかしい。13日までにアップ予定。

江古田のイスラエル料理店「シャマイム」。

1,000円のお釣りのところ、わざと5,000円札を出すご主人。
「違いますよ」と言ったら「正直だね」と微笑んで、
売っていた豆をくれた。

作り方を聞いたら面倒なので買うのを止めたのだが。
いい人だ。作らざるを得ない。

帰りにその豆のことで?だったか?私が何か言ったら
「しゃべるのが面倒くさい」とO君。
「静かでいいや」と言ったら、それきり口を利かなくなった。
そんなに怒らせるようなこと言ったっけ??

一人で黙って映画を見て寝てしまう。
じっくり執筆できていいが、楽しくはない。



2001年02月11日(日)

ノンフィクション・ライター講座,太古八

先週欠席してしまった、ノンフィクション・ライター野村進氏が講師の
「実践ノンフィクション・ライター講座」第2回。

また30分ほど遅刻。
丁度「取材の際遅刻は厳禁」という話をしていて恐縮。

内容は基礎的な心構え、マナーからテクニック的なこと、
エピソード、参考文献の紹介などで非常に丁寧。興味津々。

終了後飲み会。ゼネコン勤務を経て農業系ライターのAさん、
上京してゲストハウス滞在1週間のYさん、漫画喫茶勤務のTさん、
料理関連本編集Iさん、花器輸入会社勤務で中国残留孤児子女の女性他数名と。

前回のレジュメも見せてもらった。
毎回受講することを決めた。

O君と太古八。壬生菜お浸し、牡蠣フライ、鮪刺し、蛸刺し、牛タン味噌漬け、
鰈煮付け、春野菜味噌汁、ちりめんじゃこ飯、吸い物、お新香。

緑さんからメール。6日に送った本を「読みました」と。
私がロンドンにいた頃、エアメールが届くのに5日はかかっていたが。
2001年02月10日(土)

山下整形外科クリニック

昨年11月23日に会社の階段を転がり落ちて怪我した手首がまだ痛い。
労災扱いなので治療費の心配はないのだが、いつまで続くのか。

新聞読んで、メールを書いて一日が終わる。

2001年02月09日(金)

水泳教室、富永桂展

水泳教室第2回。ずーっとバタ足、表裏。少し上達した。

富永桂展「you can't catch me..」the Gallery SAATCHI&SAATCHIにて。
サーチ&サーチの社長Gさん夫人Sさんのお招きで、
オープニングパーティーに出席。

作品は白いソファ&モニタのあるリビングルーム。
Gさんがモニタの中で逃げ回っている。
それで「you can't catch me」か。

今回は緑さんの個展の会場として、ギャラリーのロケハンも目的。
写真をいっぱい撮った。

会場としての面白さもさることながら、
なんとまあ素敵なオフィス。こんな環境で働いてみたいものだ。
あまりにもおしゃれ。初めて人の会社を羨ましいと思った。

パーティーにはいろんな人が来ていて面白かった。

すごく肌の綺麗な女の子がいたので
「おいくつですか?」と聞いたら「13歳、中1です」と言う。
「恐らく会場で最年少ね!」と話していたら
熊谷真美さんが来て「この子は妹の娘なの」。
ということは松田優作の娘さん。

Sさんが言うには彼女は歌がうまいらしく、
今日は真美さんにエレキギターを買ってもらったとのこと。
将来が楽しみ。とってもかわいいので頭をナデナデした。

Sさんの友人で、緑さんの友人でもあるということが
最近判明したというRさんと、Sさんと3人で中国料理カンメイホウ。
O君おすすめの店。美味しかった。

パーティーの後みんなが流れた西麻布のバーへ。
15人ほど集まっていた。

以前Sさんの誕生日パーティーで、
私のジャケットのポケットに、他人がその人のメガネを間違って入れた。
私は知らずに帰宅した。
Sさんづてに宅配便で送ってくれと言われて送ってあげたのに、
本人から一言もなかったので憤慨したということがあった。

件の女性が来ていて「メガネは壊れてて使えませんでした」と言うので
またムカッ。私のせいか?!
「済みませんでした」と一言あったので機嫌を直す。
悪い人ではない。私も気をつけようっと。

今宵はいろんな人と知り合えて楽しかった。Sさんに感謝。

2001年02月08日(木)

映画「EUREKA」

映画の日割引1,500円。

少年が出頭した後も旅を続けることなど出来るものか?
事情聴取だ、捜査だと警察がついてくるのでは。
マスコミだって追い回すに違いない。

映画を作った後、事件があって監督はどう思っただろう?

私は「この映画は嘘!」と強く感じてしまった。
2001年02月07日(水)

ハローワーク,BROTHER,東花房

慶応病院。
予約時間に遅刻。時間内に来たって何時間も待たせるんだから
文句を言わずに受付してほしい。

内診、超音波。
子宮筋腫がまた出来ているかもしれない、固くなっているとのこと。
体を冷やさないようにしないと。

ハローワーク、第1回認定日(失業状態の確認)。
次回は5月、それまで失業手当はもらえない。

映画「BROTHER」。武の映画は「みんなやってるか?」以来。
「その男凶暴につき」は救いの無い話だったけど
「BROTHER」は、最後ちょっぴりいい話。

東花房で会社三田会の送別会。

Nさんに「これから何するの?」と聞かれたので「会社残酷物語を書きます」。

「とはいうものの楽しかったことばかり思い出して
感謝の気持ちが大きくなってきました。
みなさんも良い思い出作ってください」と挨拶。

一人一人からメッセージ、イルムスの写真立てとバスグッズ、花束をもらう。
有り難い。

Tさんが、Kさんの版画を持って来てくれる。
Kさんの日本版画会展入選作品「シンガポール」、感激。

自分が主人公の飲み会は楽しい。
官僚の接待漬けなど受ける方も何が面白いのかと思うが、こういう感じ?

帰宅すると、昨年送別会でもらったアマリリス開花。でかい。


2001年02月06日(火)

引きこもり

1月分家計簿。O君の門限破り罰金が34,000円!
失業中の私にとっては貴重な収入源だが、嬉しくない。
2001年02月05日(月)

幻の名盤解放同盟と「放送禁止歌ショウ」

H.P.FRANCEで買った水着のサイズを直す。
裁縫は苦手。裾がビロビロになってしまった。

同居人O君と落合南長崎の「ユーラシア」。
ボルシチが美味しかった。

O君は風邪気味なので一人でBOX東中野。
森達也「放送禁止歌ショウ」。
ピンクレディーの「SOS」が放送禁止とは驚いた。

上映後幻の名盤解放同盟のトーク。
紹介された曲のうち何曲かは聞いたことがあった。

梅宮辰夫の「男のシンボルさまさまだぜー!」は笑った。

勝新が映画「人斬り」で三島由紀夫に「何流ですか?」
と聞かれて「杉山流だよ」と答えたら「やっぱり」と言ったとか。
(杉山流は鍼灸術)

フランス人のコステスというミュージシャンの
「新鎖国上下」「皇后陛下」「部落民」等。日本語。
ユダヤ人差別問題で訴えられ、疲れ果ててパプアニューギニアにいるらしい。

終了後根本敬、湯浅学、船橋英雄さんにご挨拶。
辞めた会社のイベントの招待券を進呈。

「会社辞めちゃったんだって?あのイベントのせいかな?」
「遠因だろうなあ」等と言われる。
(私は1994年「幻の名盤解放キャバレー 新風」というイベントを企画した。)

船橋さんは「桜井さんに送ってもらったものには全部行ってるんですよ!
これから頑張って下さい」と握手までしてくれる。いい人だなあ。
2001年02月04日(日)

ライター講座欠席,康夫ちゃん遭遇,緑さん電話

14:00からの日本エディタースクールでの講座に30分ほど遅刻。
急いでいたので後楽園から大江戸線春日駅経由、三田線で神保町。
後楽園から歩いた方が近かったのでは?

神保町の交差点で、千代田区長選挙の応援に
15:00から康夫ちゃんが来ると知る。
後ろ髪を引かれる思いでスクールへ。

講座は6回分18,000円
今日受けてみて一括払いにするか決めたいと言ったら、
出来ないとのこと。
1日分は3,500円。後で払えば分割払いで20,000円になると。
「じゃあ、やめます。」

日本脚本家連盟のライターズスクールでは
初回授業の後全額支払いが出来た。

康夫ちゃんの演説を聞きに神保町へ戻る。
候補者のことは全く知らなかった。
演説は大盛況。神保町駅前は凄い人だった。

家に帰って、辞めた会社関係の千代田区在住夫婦2組に電話。
元後輩夫婦は無関心な様子だったが、元同期の女性は子供がいるので
区政への関心も高いようで反応は良かった。
候補者の名前は知らなかった。

緑さんとの旅行は無し。5月に来日するとのこと。
仕事とアートのバランス、車椅子整備&体調、個展の会場
と様々な思いで爆発しそうな様子。

肉じゃが、白貝酒蒸しby太田君。
「明日も明後日も肉じゃがかあ、イヤだな」と言ったら「失礼だ」と怒られた。
美味しかったよ。
2001年02月03日(土)

映画「顔」

良い日記システムが見つかったので2月分から登録。
(エンピツって名前が今ひとつだが)
しかし、さぼっていた1999年11月から2000年分
を今更書くのも大変だ。(こちらは非公開。)

今度人に「何故会社辞めたの?」と聞かれたら
日記を書く時間が無かったから、って答えよう。

11日ぶりに掃除。
きれい好きだが掃除は嫌い。

「顔」は良かった。藤山直美が憎たらしくて、
でもかわいいところもあって。
自転車に乗れる人が乗れない演技をするのは大変だろうな。

2001年02月02日(金)

水泳教室,楽太郎

区営プールの水泳教室、第1回。クロールをバタ足から。
先生(かわいい)が足を持ってくれると驚くほど進む。
久しぶりの運動で気分がいい。

昨年末に辞めた会社の広報部(今日から宣伝部)N、S、
情報システム部T、F、飲食&物販部O、
元情報システム部Aさんらと新宿「楽太郎」。
送別会ということでご馳走になった。
美味しい&楽しい。

「楽太郎」さん?は「地酒屋」常連仲間だった。
地酒屋のご主人は赤坂にいるとのこと。
あまり知られたくないようなので店の名前は聞かなかった。
お元気だろうか。
2001年02月01日(木)

抱茎亭日乗 / エムサク

My追加