21世紀猫の手日記
DiaryINDEXpastwill


2020年05月21日(木) 3才の破壊所業w

まー、なぜにこんなに私を制御下に置きたかったのか。

わからんでもない事がある。

ZAZAが3歳の頃、事件起こしているんですね。


なんか、斜め向かいのほうにAさんというお宅がありました。

Aさんは、あんまりいいひとじゃなかったらしい。

なんか、居丈高な彼の対応で嫌なことがあったらしい。

で、Aさんの悪口を両親が言っていたらしいんですね。

事件の舞台は、田舎で、今より子供は地域猫レベルでフラフラしても

いいような環境でした。


でー。

とりあえず一人で歩けたZAZAは、A宅の玄関のガラスにブロックを投げて

破壊してきました。


ハイ、Aさんあんまりいい人じゃないです。

全力で怒鳴り込んできたそうです。

そのせいか、小さな町でしたが引っ越したそうです。

ほんわかと覚えています。


A「おまえら家で俺の悪口言ったんだろ」
(と玄関先でどなっていたそうです)

「あんなに怒鳴らなくても」とかなんとか、幼稚園に入る前の私は

その出だしのほうの両親の感想をふんわり覚えています。



いやたぶんね、私、両親を傷つける敵を征伐に行ったんだと思いますよ。

ただ、30そこそこの夫婦に引っ越しを決意させるような

大事件だったんでしょう。人口8000無いような所ですから。


まぁ、両親はビビったんだと思います。

この子は何するかわかんないって。

怖かったんだろうと。

やっと歩けるようになったのに、それって。



なんとなくわからんでもないが。

思考力奪うレベルでそーゆーの続けるのもどうかと思う。

ZAZAのほうから思いつく原因はそれなんだがなー。



















zaza9013

My追加