目次過去未来


2003年08月28日(木) 死刑は極刑か?



 小学校に侵入して小学生をめった刺しにした男が極刑の死刑を言い渡されたと報道で聞いた。
このキチガイ男の名前を書くのもいやなので書かない。死刑で遺族は本当に満足なのだろうか? 世の中には奇特な人達がいて、死刑廃止の運動をしている人達がいる。単純な米国は、そう言うことをも参考にして多分死刑を極力出さないようにした結果、監獄に受刑者があふれかえり収容するところがなくなっている。
 
 それはさておき、今回の事件のように、まったく残された遺族の精神状態がおかしくなるような犯罪者、最後の最後まで遺族に悪かったの一言もない輩に対して、死刑は極刑たりうるだろうか。
こういうキチガイに本当の恐怖を与えるにはどうするか。方法の一つに、圧倒的に強い相手何をやっても力でかなわない、例えばK-1の選手やフルコンタクト空手家のだれかに頼んで、広い逃げられない部屋で、毎日毎日一定時間、キチガイ男を相手に本気で組み手をやってもらう。サンドバックにするのである。武道家の達人は八分打ち六分打ちの加減が出来る。
自分が密閉された空間で、素手では何をやってもかなわない、相手に容赦はないと知るときに初めて恐怖がわく。次の日も次の日も…実行する。一ヶ月ほどして「お前のやったこと、どう思っているか?」と聞いてみればいい。
 死刑などで一瞬にして殺されるのはある意味楽なのである。死に至るまで、じわじわやられる方が遙かに恐怖心がある。自尊心も叩きつぶされる。
論で負けると暴力で行けば勝てる事もある。ところが暴力には暴力しかない。「力」と置き換えてもいい。戦争も同じ事だ。
 
 しかしちょっと前の支那には、死刑なんかにさせないものすごい刑があった。簡単に死んでもらっては恨みは晴らせないからだ。時代は西太后[訂正03/10/5、これは漢の高祖劉邦の妻が、高祖亡き後寵愛していた戚婦人をやっかんで、行われた。これをきっかけに断手・断足が官刑となった時代もあった。]の頃の処刑の仕方にこんなのがある。殺しても殺したりない人間に対してこれほどの極刑はない。

すなわち、その人間の四肢(両手足)を関節途中から死なないように切り落とす。そうしておいて、ぽったん式の便所の便槽に放り込んでおく。そして、毎日便所に行くたびに、上から唾を吐きかけ、クソをする。四肢を切り落とされたその人間は、糞の海でのたうつ。ざまぁみたかとこれをやる。生きている限りやる、死なせない。これこそが究極の刑である。

死刑は究極の刑ではない。人間の最後の尊厳を認めた刑が死刑である。

参考文献:酷刑 -血と戦慄の中国刑罰史- 王永寛著/ 尾鷲卓彦編 









2003年08月27日(水) 怪奇譚。



 一昨日用があって久しぶりに大阪に出かけた。長堀の地下街の広場に、丸善が本の安売りをしていた。掘り出し物があった。
 「鳶魚江戸文庫」三田村鳶魚(えんぎょ)著、朝倉治彦編
欲しかったのだが、全−三十六巻別巻二三もあり、四・五年前から躊躇していた。
これは中公文庫で一冊 六百円から−九百円の幅があって、平均七百五十円として、全巻そろえると三万円近くなる。旅行や食い物などには簡単にそのくらいの金額は出ていくが、昔から辞書や本に使うとなるとなかなか決心が付かず、買いそびれる事がよくあった。
全巻はさすがにそろっていず、その中で、興味のある物を買った。値段は半額になっていた。

 近くにあるホテル日航の喫茶室兼食堂に入り、鳶魚の書く、江戸時代の風俗・武士の事など興味深く読んでいた。鳶魚は、淡譚の生まれた年に亡くなった。生まれは明治三年で江戸時代はすぐ前であった。日清戦争に従軍している。後、新聞記者になった。
 で、鳶魚の話がこれから続くと思うと続かない。まだ読んでません。広い御堂筋の見下ろせる席に案内されて、オリーブとチリの赤ワイン(これは美味かった)を頼んでちびちびやりながら本をぱらぱらめくっていた。夕食時真っ最中の事もあって、ほぼ満席であった。
左隣の客は、中年の、きちっと髪をなでつけ、真っ白いシャツを着、ネクタイをし、がっしりした眼鏡をかけた思慮深そうな紳士、その隣には娘くらいの年齢の女の子、向かいの二人はハワイとかグァムに行けばそこら中にいるような体格の女の人二人。

 この人達の会話をそれとなく聞いていると、やがて尋常じゃない話をしている事に気がついた。 

男あ「…それでどうなの X県の支部長」
女い「それがね、経絡についても説明するのだけどそう単純じゃないのよねぇ」??

経絡…? 針灸のツボの道の事だろうから、これはそういう関係の人達かも知れないと思って聞いていた。しばらくその話が続き、もう一人の女が声を潜めてこういった。

女う「ところで、あの支部長の年収はどのくらい?」
男あ「実は…、あんまりもらってません、あんまりよくないですよ、あの人は。」
女い「どのくらいなんですか?」
男あ「そうですね、六千万くらいでしょうか」

 え!?聞いていて一瞬耳を疑った。これは「円」だろうか?まさか「元」とか「バーツ」?
 だが聞いていて、紛れもなくこれは今の日本の話であった。
 さらに、驚くべき事を男は言った。
男あ「普通は年収四・五億はあるんですが…」
一体この会話はなんなのだ。時間制の食べ放題のテーブルについて入れ替わり立ち替わり、皿に、半日ほど前に作り置いたと思われる、美味くもない(淡譚は絶対に食べない)、料理を運んできては、食べながら話す事なのだろうか?
思わず顔を見た。
 









2003年08月17日(日) ヤスクニで会おうの意味…。



 ブラジル・サンパウロ市の日本語学校「松柏学園」と公教育の私立学校「大志万学院」で、日本で靖国神社に代わる追悼施設が、検討されているとの記事をとりあげた。
この二校の生徒たちは、二年に一度「訪日使節団」を組んで来日し、沖縄から北海道までを約四十日かけて巡り研修している。その学生達が日本に向けて手紙を書いた。手紙を書いたのは、その二校に通う十二歳から十八歳までの生徒たちである。二〇〇二年六月、当地の日本語新聞であるサンパウロ新聞とニッケイ新聞に掲載された
           
以下、そのまま、引用する。

              ●●●●

 戦争が行われている時には、だれが正しいか、だれがまちがっているか、分かることが出来ますか。戦争を始めた方が悪いと言いますが、いじめられて、たたかれて、だまっている人がありますか。どんな生物でも、人間でも、心が腹だたしさであふれる時には、勇気がぱっと出てたたかうのです。ライオンだって子犬だって同じでしょう。
昔の人達はまちがえたと言えますか。人をころしたり、ころされたりして、そして、だれがあっていたか、だれがまちがっていたか、決めるのはだれにもわからないのです。だからよその国が、「あなたの方が悪かった」と言うのはまちがっています。
 私達は、ほこりをもつことが大切です。ほこりのために死んだ人達にいのります。自分の国を、自分の家族を、自分のふるさとをまもるために、たたかった人達をそんけいしないということは、ほんとうにはずかしいことです。僕が今書いている文は、だれかに読んでもらえるか分かりません。
ただ僕の気持ちは、神につたえる事が出きたと思います。靖国神社は、神様がまもって下さっている、なくなった方々の大切なお社です。靖国神社のことを思わない人は、ほんとうにばかな、かわいそうな人です。ブラジルの僕達もいつも祈っています。少しのばかな人をのぞいて、世界の人達が、靖国神社の大切さが分かっていると思います。日本人はわかっていますか。
                    (スワン・勇樹・浜崎/十七才)

あなた方は自分の国日本をまもるために、そして自分の家族の命をまもるために、自分の命をかけました。あなた達は敵にふくしゅうをする気持ちよリ、自分の国の誇りをまもるために「死ぬこと」をえらびましたね。私はそれは本当にげんしゅくな気持ちであると思います。
                    (ナタリア・恵美・浅村/十七才)

靖国神社にある神風「とっこうたい」の血で書いた家族への手紙は、ほんとうにすばらしいです。そんな美しい手紙を見たことがありません。それは今まで、僕の心に深く残っています。    
                    (チアゴ・英男・川村/十七才)

そこには、彼たちの苦しみを少し感じることができました。涙がポロポロ出ました。日本を守るために頑張りましたね。
                  (ステッファニ・万里子・斎藤/十五才)

靖国神社は生命をまつるために建てられた神社です。戦争でなくなった若者は、誇りをもつ.て靖国の社にいらっしゃいます。その方々の父親も母親も、日本じゅうの人は、今も、いつまでも、その人たちの誇りをまもって心をこめて祈りに行きます。だから、その神社がなくなったら、その方々の魂の誇りはどこへ行きますか。日本じゅうの人の誇りと考え方と心は、どこにもっていけばいいのですか。今の日本の人の心が私には分かりません。(同上)

靖国神社は、英雄が安らかに休むために建てられたのではありませんか。(中略)どうして英雄を、そのまま安らかに休ませてあげないのですか。別の所に施設を作るアイデアを出した方にたずねます。あなたは、国や家族をまもるために死ぬ勇気がありますか。戦争は悲しいのです。でも、地球の上ではいつも戦争が起こって、殺したり殺されたりということが起こるのです。せめて、亡くなった方の魂を尊重して下さい。美しいところで休ませてあげて下さい。                   (パウラ・ゆみ・徳山/十六才)

靖国という神社で家族の人達は祈ったり、色々なものを納めたり、なくなった方違とお話をするそうね。このようなすばらしい所を忘れ、新しい別の所へ移そうという考えを持っている人々がいるみたい。どうしてなの?多くの人々は戦士達の魂がそこにあると信じているのよ。あそこで愛する人とお話ができるの。だから場所を変えることはできない。
                 (アリネ・ゆり・シヤン・パルキ/十二才)

私のおばあちゃんは、日本の戦争の間に生まれました。日本の人達はよく戦いました。その方々がいらっしゃらなかったら、私のおばあちゃんは平和に生きられなかったでしょう。だから、心からありがとうございます。その時、戦って下さった方々が、靖国神社にいらっしゃいます。私は第十四回使節団として日本へ行きます。必ず靖国神社で、その方々にお会いしたいです。そして、「ありがとうね。おばあちゃんをまもってくれて」と祈りたいです。
                 (ナタリア・一美・照星/十六才)

皆様、戦争で日本はまけた。でも、あなた方の命はむだにはならなかった。だって、今、私達も、日本の人も幸せ一杯でしょう。(ナタリア・恵美・浅村)

 国のために亡くなった人々の遺品や手紙が納められている神社を移動することに大反対です。その人達のおかげで現在の日本があるのでしょう。私は日系人ではありません。ロシア人とドイツ人の子孫であるブラジル人です。でも、それは関係ないと思います。大切なのは相手を思いやる気持ちと相手の文化を尊重する心ではないのでしょうか。それに、日本人でなくても国のために命をささげた人達のご家族の悲しみは私にも分かります。
子供をなくした母親達は決して懐かしい息子達にあえるこの場所を変えてほしくない.と思います。「私のことがなつかしくなったら、靖国神社の桜を見に行ってね」と言い残した息子達に会いにいく所なのです。それに、桜の花は日本を代表する花ですよね。いっしょにいさせてあげてください。
      (原文ポルトガル語 ナタシャ・フェヘイラ・ボガシオヴアス)

             ●●●●
 
近所の高校生か中学生が、大声張り上げて、ギターを弾きながら意味不明の歌を絶叫、がなりたてている。連日がなり立てている。この学生とブラジルの学生を思うとき、暗澹たる気持ちになってしまう。

ブラジル・サンパウロ市の日本語学校「松柏学園(日系二世の真倫子・川村学園長が、1952年に設立した。)」と、公教育の私立学校「大志万学院(日本語教育を仏教育の場で実践しようと真倫子学園長が中心となって九三年に設立、真由実・川村・マドエニョ・シルバ校長は真倫子学園長の娘)」

参考引用文献;正論9月号中 「ヤスクニを守って」地球の裏側の子供達からの手紙









2003年08月15日(金) 寛容と非寛容



敗戦決定の日によせて。
米国はイラクの戦後は、日本にしたようにやりたかった。

 日本の戦後七年間は、あらゆるマスコミ報道、個人の書簡、教育など徹底的に検閲された。マッカーサーは、自国の子供たちの道徳は、教会が教えると思っており、日本の学校で道徳はいらぬとやめさせた。

ラジオでは「真相はかうだ」というGHQ(連合軍総司令部)製の、日本国民洗脳番組を流し続けた。「国民は悪くない、日本国と軍が悪い」といって、洗脳した。これに共産主義が乗っかり、おかげで今日、反日的な日本人が多く生まれた。反国家・反国歌・反国旗などを唱える人々である。こうやって内部分裂していてくれれば、もう、米国に手向かっては来ないだろうと米国は承知した。

 そして、ン十年、日本人は西洋人・アメリカ人以上の白人種となって久しい、小学生の描く父兄参観日風景は、ほとんど外国人の母親かと、外人なら勘違いするほど、金髪茶髪が並んでいる。手に持つ物は風呂敷なんぞついぞなく、判で押したように同じ外国銘柄鞄であったりする。なんとも思っていない。
大成功である。

 ところが、イスラム教のイラクはそうは行かない。
神との「契約(約束)」を破れば、人類を滅ぼしにかかる非寛容のキリスト教と、天使ガブリエルの啓示を受けたマホメッドが表したコーランを元にした、イスラム教とではもう、まったく違う、こちらは正しい宗教生活をしていれば、たとい、神との約束を破っても許される。まして、人同士の約束など、破ってもどうってことないのだ、「インシャラー(神の思し召しによって)」で終わってしまう。大寛容なのだ。

 本来「契約」という考え方を元に、民主主義も、資本主義も発生した。資本主義では会社間の契約は重要であるし、民主主義もルールを厳守しなければ、始まらない。ところが、イスラムにはこれがない。

だから、敗戦決定後、派遣された米兵を殺しても、日頃、宗教生活をきちんとしており、その上で米兵を殺しても、神も部族も許してくれる。おとがめなし!「インシャラー」でおしまい。
それに、電波媒体で洗脳しようにも、電気が今通っている所は限られていて出来ない。米国が日本でしたようには絶対出来ないだろう。

60年前、敗戦が決定した日の今日つくづく思った。

極端は、い寛容! あ寛容!

コーラン…神がアラビア語でマホメッドに語ったので、別の言葉には訳す事は認められていない。これに、聖書のモーゼの五書(「創世記」「出エジプト記」「レビ記」「民数記」「申命記」)それに「詩編」「福音書」も含まれる。根は同じ宗教である。


参考文献:痛快憲法学 小室直樹 
     日本人のための宗教原論 小室直樹









2003年08月04日(月) おそろしい人々(2)



 1920年頃、英国に、A・S・ニイルという人がいた。この人は、サマー・ヒルという全寮制の学校の経営者で校長だった。この学校の特徴(教育理念)をかいつまんで書くと、
ヽ愼發任寮古未匹Δ靴亮由性交の容認
道徳と躾(しつけ)と宗教の全否定
生徒の「自治」「自己決定」最優先
ど堙亶算の容認
ゼ業の出欠の自由
Ω析世亮由(どんなに下品な言葉、悪態をついてもかまわない)

この結果、ここで教えられた生徒達はどうなったか?
結論は、はてしなく畜生に近い生き物になってしまった。教育は、実験してはいけないたちの物である。実験された側の生徒たちはたまったものではない。だから教育は保守的であっていいのだ。
アメリカもそれで失敗している。

 さて件の学校の内実はどうなってしまったか?
子供たちは学内で公然と自慰や性交にふけることを許され、不登校児童は三日休んでも三年休んでもよく、校内で多発した犯罪(他の生徒の金銭や洋服あるいは自転車の部品の盗み)は自治と言うことで、裁判の真似事をさせて、集団で裁かせた。
食堂での食事時には動物と同じくらいうるさく、全寮制の割り当てられた生徒の部屋では「散らかし放題」であった。

ニイルは、教師と生徒は平等であるという。この考えを基本にした学校をフリースクールと言って、世界でもそれを教えとしてありがたがって実践しているのが、日本の学校である。平等で友だちと同じような存在だったら、腹が立てば、師の影を踏んでも、鉄拳で制裁しても構わないと思うだろう。

 ニイルは、道徳教育の否定と宗教の排除を主張している。この考えは共産主義の考え方そのものである。
共産主義革命でレーニンが精神分裂病のルソーを盗用し、それを大正時代に、日本の共産主義者たちが採用(革命手段の一つとして、性道徳破壊の運動)し、教育にもちこんだ。その時から変わっていない、というより、まんまと、進めてきて現在がある。

参考文献:教育を救う保守の哲学 中川八洋・渡部昇一 共著










myrte21 |MAILHomePage