さんかくのしそう

2003年11月11日(火) 新さんかくのしそう

実習も後二日。

先日、かきくけこ運動の話を書きました。実習先の朝礼の一言でも言いました。これが反響が多くてびっくりしています。これだけ反響があるということは、何か皆さんの心に訴えるだけの要素を含んでいたんでしょうね。大島清さん、さすがです。

ということで、大島清さんの本の中に出ていた、もうひとつの面白い話を紹介します。これが、このサイトの名前と一緒なんです。その名も「さんかく運動」です。ただし、○×△のさんかくではないのです。三つのかくということです。ん、わかりにくいので早速紹介します。

1、汗をかく
2、恥をかく
3、ものを書く

この三つ「かく」をもじって「さんかく運動」と言われています。このさんかくを実行することで、タフな人間になれるそうですよ。汗をかくとは、運動をしましょうということですね。恥をかくとは、失敗を恐れずにどんどん前に出て行こうということですね。ものを書くとは、手を使って考えていることをどんどん表現していこうということですね。

まあ、この三つを実行することで本当にタフになれるのかどうかはわかりません。でも、二つ目の恥をかくにもつながりますが、やってみなければわからないのです。失敗もともとでチャレンジしてみるのもいいかもしれませんね。たった三つのことなんですが、三つともできてる人って意外と少ないのでは?

そういう私は、恥をかくのをちょっと避けすぎているかもしれないなあ。

P.S.ポスコミというはがき送付サイトとアフィリエートしました。年賀状の送付など簡単にネットで済ましたい方はよければ利用してみてください。


 < 過去  INDEX  未来 >


issy