さんかくのしそう

2002年10月18日(金) 喜びなし

連日の暗い話しになりますが、お許し下さい。

さて、今日も元気が出ずじまいの一日でした。私の元気のなさというのは、ため息をついて下を向いてウジウジというタイプではありません。人とは普通に話しますし、行動することも億劫ではありません。

ただ、うきうきしないのです。

ただ、喜びを感じないのです。

さて、私に元気が出るのはいつになるのやら。無理はしませんが、このままずうっと行くと厭世主義者みたいになってしまうような気もして怖いです。逆に世捨て人みたいな生活の方があっているのではないかと思うほどです。以前から書いていますが、私の理想の女性は私の「生きる理由」になれる女性なのですが、今のところそのような女性も居ないし、さて、私の「生きる理由」は何なのでしょうね。

女性に「生きる理由」を求めるなんて... という方もおられると思いますが、では逆にどのような理由なら満足の行く正統派の「生きる理由」になるのでしょうね。仕事?遊び?食事?私にとってはそれが女性とどのように違うのかわかりませんが、どちらにしろ何らかの理由が今の生活には足りないような気がするのですね。

恐らく目指す言語聴覚士には、努力しつづければなれます。優秀な言語聴覚士にだって頑張ればなれます。でも、それらが「生きる理由」にはならないのですね。

皆さんにとって、元気の源とは何ですか?「生きる理由」とはなんですか?中には理由なんてないのだと言う方もおられるでしょうけれど、それは多分解決にはつながらないです。私のような理屈屋にとって、理屈で説明できない漠然とした不安はとても恐怖です。だって頑張り様がないのですから。


 < 過去  INDEX  未来 >


issy