さんかくのしそう

2002年10月13日(日) アルバイト始めました

アルバイトを始めました。ホテルのベッドメイキングです。宿泊された方が出た後や、宿泊されている方のベッドを片付け、新しいシーツを組みかえるのです。

どんなアルバイトをしても感じるのですが、どんなに些細なことでもそこにお金が絡むならばそれは誰かの仕事としての結果なのです。当たり前のことなのですが、それを意識して生活していることは少ないですよね。これからは手に取った商品や、何気なく使っている公共物や、サービスが、自分の元に所に来るまでにどのような過程を経てきたのかを少しだけ考えてみようと思っています。

今は、大量消費の時代ですから、たくさんの消費に慣れてしまって感謝する余裕さえありません。大事なことを忘れているような気がします。大量生産とは言え、そこには何らかの形で人が関わっているのです。

例えば、自動販売機は人の手を借りずに缶ジュースを販売しています。私達も何の気兼ねもしないで缶ジュースが買えます。丁寧におつりまで出してくれます。しかし、缶ジュースがあの自動販売機から出てくるまでに、誰かがあの自動販売機をデザインし機械の設計をし、生産ラインをデザインし、そこでロボットと共に何らかの部品をつけたり検査したりする人が居て、あの自動販売機を置く場所を営業する人が居て、それを運んで設置する人が居て、そこにジュースをセットする人が居て...

当たり前のことなのですが、缶ジュース1本買うのにそこまで考えないのが普通です。しかしながら、自動販売機の仕事に少しでも関わった事のある人なら、なんとなく仕事のことが頭に浮かびながら缶ジュースを買うのではないでしょうか?私は、これからホテルに泊まる際に、必ずベッドのシーツをセットしている人のことを考えるに違いありません。これまで、何の気なしに寝ていたベッドに仕事を感じることになるでしょう。

人生の豊かさには、こういった経験や想像に基づく「理解」が大きく関わっているのではないでしょうか?色々なことを考え、そして経験していくことは必ず人生を豊かにしてくれるはずです。働く喜びを改めて感じています。


 < 過去  INDEX  未来 >


issy