遺書

2013年07月24日(水) 1968 だけど、私は働かない

どうして私は私のままに
生きることを許されなかったのか、と
死ぬほど憎みはすれど

私に価値を認めない
こんな世界こそ正常でいて平常だ、と
死ぬほど解っている

だから私は世界を認めていて、それでいて愛している

私はただ何かの間違いで生きてしまっているだけなんだって
識っているんだ



2013年07月23日(火) 1967 死を想う

生を消化して 生を謳歌して
何時の日か迎える最期が 素晴らしきものでありますように



2013年07月11日(木) 1966 堂々巡り

誰かに助けてもらいたくて叫ぼうとしたけれど

私の脳は理解していて

「誰かに助けてもらっても 私は満足しないんでしょ?」

だから、そっと、自分の首を絞めて、
誰にもわからないように、苦しんだ

解ってる解ってる解ってる

私を救えるのは、私だけだって、
私の世界には、どうせ私しか、居ないんだから



2013年07月05日(金) 1965 青い空が今日も青いから

燦々と降り注ぐ陽の光は
枯れ果てた全てにも平等に降り注ぐ
現代の、既に生き地獄と化した愛色の空下
神の愛は疾うの昔に終わりを告げてる



2013年07月04日(木) 1964 そんな自分を肯定するなら

いつかこんな自分が変わることだけを夢見て日々を消費する
いつかこんな自分が変わるわけがないことを知っていても
いつかこんな自分が変わらないことだけが証明されて
いつかこんな自分を


変わりたかった? 嘘を言えよ
俺が俺であることを、誰よりも望んじまったのは

変われなかった? 嘘を言えよ
俺が俺であることを、誰よりも決定づけてしまったのは

他ならぬ、俺だ


何千何百何十日、今日という日を繰り返して
それだけを証明した

何千何百何十回、自問自答を繰り返して
それだけを証明した


卑怯で卑屈で卑しい俺は、
素敵で無敵で愛しい誰かに、
なれないのだから、夢をみるのはもうよせよ

何も出来ねえ出来やしねえ、それでもそんな、
自分を通して、他ならぬ、
ちゃんと活きてる俺になるしかないんだよ

最高の結末じゃないか


 < 過去  INDEX  未来 >


死んだ鳥籠 [MAIL] [HOMEPAGE]

My追加