遺書

2006年02月28日(火) 効率的幻想.cry


有り触れた言葉しか僕は描けないのだから

僕がすることは、悩むまでもなく決まっている


その上で最善をつくす。それだけ



2006年02月27日(月) 籠に揺蕩う絶望.cage

退廃的廃墟、廃退的現実
嘲笑の囀り、響く声、君
苦笑の囀り、響く声、僕

笑い合って、絶望継続
笑い合って、希望断絶

幾度、時が過ぎても
絶望、何処までも響いて

絶望的環境、切望的願事
嘲笑の囀り、響く音、空
苦笑の囀り、響く音、籠

絶望の檻、希望の空
届かない、僕達の腕



2006年02月26日(日) beat matter.nBeat

僕は僕のビートで
君は君のビートで

世界に痕を刻めばいい

黒は黒のビートで
白は白のビートで

存在を証明すればいい

どこか似ているビートだけど
心の奥底は違うビート

君は君の
僕は僕の

たったひとつのオリジナルビート
刻むのは、自分自身



2006年02月25日(土) Please don't cry My mother.Ising

悲しいことに私には才能がないので
息をするように、誰かの心を揺らすことは叶いません

凡才の私は心の底から吐き出して
死にそうな思いで、誰かの心を揺らすことしかできません

だのに、現実で私の言葉は
何の意味も、役割も果たすことなく散ってしまいます

私の産み出したもの、言葉、愛している
しかし、言葉が何の役割も果たさず散っていくのは

涙を流さずには、いられません



2006年02月24日(金) 檻線の旅.Write

線と線で繋がる
ライフライン
君と僕とも細い細い線で繋がっている

電話線、ネット回線、電線、
生命線

街を歩き、見上げれば線続き
誰かと誰かを繋ぐ頼りない線、線、線…

僕たちに運命の赤い糸なんて必要ない
黒い細い、頼りない線

これだけが

黒い線で繋ぎとめる
僕らのライフライン

黒い線で結ばれた
僕らのラブストーリー



2006年02月23日(木) 肌色の手錠.Hand in Hand

離れないように、繋ぎ止めて

さようならを、言えないように

別れないように、繋ぎ止めて

愛してると、言ってくれるように


大好きだって言われたいから、

心と身体を縛り付けて

大好きだって言いたいから、

心と身体をくっつけて


汗が滲んでも

ずっとずっと、離さないで

血が滲んでも

ずっとずっと、離さないよ



2006年02月22日(水) 夜明けの光.Flower

花が散らない夜はなく
人が死なない夜もない

息をして、生きていく
息をして、人を殺して

花が咲かない朝もなく
人が生まれぬ朝もない

息をして、生かしていく
息をして、殺されていく

当然の、自然
日常の、通常

生きていく、死んでいく
生かしていく、殺していく

僕らが誰かを殺した分だけ
僕らは誰かを生かしている

悲しむことはない
僕らの生命は、そうやって、どこまでも紡がれてゆくんだ



2006年02月21日(火) World chains .Skies

この空の果てで誰かが笑っている
この空の果てで誰かが泣いている

私たちは同じ空の下で、同じときを生きている
関係ない人、繋がって居ない人なんて居ない

君がひとつでも世界に触れることができたなら、
もう、ひとりじゃないよ

大空が、世界が、君を待っているの
私の詩が、聞こえますか?



2006年02月20日(月) ブラックジョーク

キラキラとしている輝きは


ドロドロとしているヘドロ
本物

偽りに身を隠しおびえているのは


輝きを取っ払ってヘドロから救ってくれる
王子

待っているの
永遠


排他的に、日常の嘘
誰よりも人に触れていたいのに

いえ、きっと
誰よりも人に触れていたいゆえに

私は、誰もかもを近づけない
キラキラとして嘘で自分自身を偽っている

尊敬してます、綺麗ですね。そう言われる
キラキラの後ろで溜息を吐くのは私だけ

みんなはキラキラにひかれてる
だから、ドロドロの私は見向きもされない

Help me !
叫んでも、夜に消えた



2006年02月19日(日) Monoclonal Harmonics

星よりも早く、ハーモニクス

誰かが私を呼んでいる

白黒の空、モノクローム

私の白と誰かの黒が紡ぐ世界


虚空に響くのは、アドマイア

私は幸せと自由を謳歌する

聞こえてくるのは、アドマイア

誰かが謳う絶望と後悔


目を瞑れば、ハーモニクス

誰かと私が奏で合う

色のない、モノクローム

歌声が響く白い絶望と黒い希望の世界



2006年02月18日(土) 開放的 humming

絶望の前に

未来は何の意味もなく

絶望の前に

笑い声は聞こえない


月と星のライトで照らされた

黒い部屋

ひとりぼっちの私


絶望は何もかも忘れさせてしまうから

絶望に何の意味もないんだ

泣いていても、誰かが助けてくれるわけじゃない


私は、

せめて私ぐらいは笑って、居たい。


月と星は消え

太陽が顔を出し

空は朝焼け


新しい日々を

始めるのだ


一人だけの希望の日々を



2006年02月17日(金) 閉鎖的 humming

此処まで生きてきたけど
私、良いことなんてひとつもなかった

絶望は絶望を呼び寄せて
悲劇は悲劇を呼び寄せる

希望が見えることはない
幸せだと思うこともない

不幸で不幸で…
きっと、どこまで行っても私は不幸なのだ

生きているだけで
苦しみが続いていく


苦しみの連鎖を終わらせるのは
白馬に乗った王子様じゃない

右手に握った冷たい銀色の刃
これだけが私を救えるんだ


黒い部屋の中で
私と銀色が鮮血に染まる

さよならやばいばいは
言っても声にならない気がした

それ以前に
私に言うべき人は居なかったのだ

涙が零れて
頬が冷たかった、最後の記憶



2006年02月16日(木) ひとひとつ

私たちは誰しも、
心に欠陥を抱えている。

それは一人じゃ消せないもの
だから、

私たちは誰かと
手を重ね、心を重ね

互いの欠陥を
分かちあうの。


無意識と恋しさの間で、
完成したひとりを

求め、生きているの。
無意味で存在しないものだとしても。



2006年02月15日(水)

なんとなく、
誰かの為に詩を書いて青春。

好きだ、
と言う気持ちに気付くことなく
日々、時を消費。

好きなのかな。
好きなをだろうな。

自分の想いに気付いては、
伝えなきゃ、口を開く。

だのに、その時
誰かは私の前にいやしない。

伝えられなかった想いが
胸の中くすぶって

伝える相手はもう既にいやしないのに、
歌ってしまうのだ。

恋のうたを。
青いうたを。



2006年02月14日(火) dusk D: blue

夕暮れ時の深海で

優雅にグリーンティーを飲みましょう


しょっぱいのは多分、涙の味だから

気にしないことにして


一緒にまずいねー、吐き出そう



深夜の海底では

マリンスノーが綺麗だから見に行きましょう


目が痛いのは海水の所為だから

決して涙の所為じゃないんだよ


一緒に痛いねー、叫ぼう



海底に歌声は響かないけど

囁き声なら届く気がした


海底に光は無いけれど

君とならそれでもいいと思った



2006年02月13日(月) Learn Burn My way


右手に自由を
左手にも自由を

抱えきれないほどの自由を

スマイルと同じ値段で
マクドナルドで販売すればいい

どこまでも、右にも左にも
三次元全てを

自由が埋め尽くせば

セブンイレブンの自給も
きっと高くなる

夢などない
どこにもない

自由であれば
何を言いたいのか

わからない

夢を見ました

あれ?
夢ってなんですか?



2006年02月12日(日) Flying A my Way


有り触れた言葉で構成された世界にさようなら、

きっと私はI can fly ! どこまでも



2006年02月11日(土) PapeR aR Plane

良く飛ぶ紙飛行機、
それも簡単に作れる紙飛行機

見飽きるほどのデザイン、
それでも飛ぶから愛されている

もうそんなものは作りたくないと、
新しいデザインを考案し作成する人も居た

飛ぶからこれでも構わないと、
同じ紙飛行機ばかり作成する人も居た

僕はその中で、
新しいデザインを考案する側に居た

おかしな形やまったく使い物にならないものを、
いくつもいくつも生み出していた

やっとできたと思ったものは、
過去に誰かが作成済みの旧式

完全なオリジナルなど存在しないのだろうけど、
それでも僕は新デザインを考案し続けた

誰かに評価されるわけでもなく、
ただの自己満足にしか過ぎない

それでも僕が紙飛行機を折り続けるのは、
紙飛行機が好きで好きでたまらないから

有り触れたデザインなどいらない、
飛ばなくても構わない

自分だけのデザインを、
自分だけの飛距離を

求めて求め続けいついつまでも、
孤独な作業を続けている



2006年02月10日(金) Ff-Phase

02.
不完全描写

01.
不透明世界

終焉の空
舞い降りてくる

幾多もの
赤い涙

純白のドレス
染めるのは
赤い涙

Electric.sec
夢は見ない

03.
不可思議現実

イノセントライン
超えられ、超えられれ

どこまでも貫いた
アドヴァンスエアロ

右手がどうにも届かないから
セブンスフリーダム

02.
不完全描写

ビー、ズー
白い羽は
ガラス

黒い羽は
カラス

砂嵐が
今日も舞い散る

01.
不透明世界

00.



2006年02月09日(木) I sing HaPNe

不幸だと嘆くのは止めて
不自由だと嘆くのは止めて

最低でも
生きている、それだけで幸せだと
思えることがあるの

最低でも
生きていける、それだけで自由だと
思えることがあるの

あなたがそれを見つけるまで
あなたがそれの価値を知るまで

不幸だと嘆くのは止めて
不自由だと嘆くのは止めて

もっと、あなたは
幸せで自由なのだから



2006年02月08日(水) dusk D: deep

壊れた人形を胸に抱いて、少女は



何も、何も見つけられない

黒い、世界の中で


隠し、隠されて

現実、忘れていって


綺麗、綺麗な夢は

理想、朽ちていって


手は、手は届かない

自由、沈んでいって


夕日、夕日は見えない

幸せ、見つかりそうにない



黒いのは世界で、私は白いまま

君と沈められて、二度と見えない夕陽を思い描く


本当に綺麗なものはこの目には見えないから、

もうずっと、このまま息もしないで消えていくの



2006年02月07日(火) Planed Slp

記憶。

木漏れ日ほどの明るさも無い
暗闇で、暗闇で
手探り弄りで何かを探してる

憂鬱。

掴めなくて溜息を吐く
イラ付じゃない安堵の溜息
何かつかんでしまったら

逃走。

探していると言う行為をすることで
何か理由が欲しかった
本当は何も探してないよ

焦燥。

自由だの幸せだのは探さなくてもいいのに
今こうやって探してる
探してるってことで格好つけたいから

偽装。

今日もまた見つけることなく眠ってゆく
目の前は黒に染まる
元から黒だったけど、気には留めず

停止。


空白。



2006年02月06日(月) Dutch Wi-f

ファクシミリ
思い今更届くはずも無く

鳴らないポケットベル
走り去ったエブリシング

ぐったりとしたダッチワイフ
もうお別れと笑うことも無い


ダッチワイフじゃ空は飛べない
ダッチワイフじゃ夢は描けない

妙に現実めいていて
嫌だよ、吐き気がする

現実逃避の為に君に逃げる
君は私に、現実を提示する

ダッチワイフじゃ恋はできない
ダッチワイフじゃ愛は描けない

理想、イマジネーション、すべてを放棄
嫌だよ、こんなことしたくないのに

笑顔で吐いた、現在を排他
それでもリアルは私の目の前に来る

鳴らないテレフォン
笑顔の無いフォトフレーム

私に描けるものは無い
けど、君とならどこまでも行けると思ってた



2006年02月05日(日) Electric Shk

有り触れたフィクション
有り触れたファンクション

とりあえず、リフレイン!
ずっとずっと、ルフラン!

繰り返して、繰り返して
どこまでも続いてゆく

意味なんてないの
目的なんてないの

どこまで行ってもきっと同じ

一年後も、十年後も
百年後も、千年後も

繰り返して飽きもせず
何をするのー、
思い出せない

私のすべきことなんて

一年前も、十年前も
百年前も、千年前も

決まっているのに
思い出せない
思い出せない

どこかの私に
声は届かない

リフレイン、ルフラン
同じこと、同じことでしょ

有り触れたファンクション、
有り触れたフィクション

時代は違えど
私のような誰かがもう既にやり遂げた

ことの繰り返しですか
多分、ですよ

電気信号に刻まれた言葉、
思い出せないのはフィクション

思い出そうとするファンクション、
リフレイン、言葉だけ

no.1029 (+50



2006年02月04日(土) Blue Dawn

ぎしぎしあんあん

ぎしぎしあんあん


狭い部屋にあえぎ声が響いてる

薄い壁にはプライバシーなんて存在しないの

狭い部屋にあえぎ声が響いてる

私が一生あげることのない声だなぁとか思うの


アンパンマンの代わりに

レンタンマンが出てくれれば

私は笑っていけるんだろうね


ぎしぎしあんあんの音が

鳴り響く部屋で

練炭を用意したのに

七厘が無くて欝な私を


アンパンマンは言いました



何が君の幸せ?

何をすれば喜ぶ?


ごめんね、私にも、わからないんだ

no.1028 (+50



2006年02月03日(金) Let's flay away .

間違ってるのは私と君じゃない

間違ってるのは世界だ

だから一緒にこう叫ぶんだ

I can fly !!

新しい世界が、私たちを待っているの


君と手を繋いだまま

堕ちていく心地好さを抱きしめて

次の世界でも一緒だと良いね

君の最後の笑顔を忘れないように

目を瞑って


ばいばい、さようなら

no.1027 (+50



2006年02月02日(木) 理想の死に方、溺死

夢、未来、幸せ、自由…
探しても探しても見つかりはしない

青い理想の液体の中、息も出来ない
青い理想の甘い液で、把握も出来ない

何をどうしたいの? 何がどうなってるの?
甘ったるい液体の中、ただ、

浮遊


酸素が欲しいと、水の中から少し顔を出して
横隔膜が動かす

現実、過失、犠牲、規則…
吐き気のする苦い苦い世界が私に染込む

何をどうしたいの? 何がどうなってるの?
現実に目を瞑り、再び、

沈没


現実味の酸素を吸わなければ生きていけないと言うのに
私はどうして水の中を選ぶの

現実味の酸素の中でしか私は生きていけないと言うのに
私はどうして沈んでゆくの


そう、私は…
現実がでいやでいやでしょうがなかったんだ

理想の味がとても好きだから
ずっとずっと、此処にいよう

そう、私は…
理想をこの胸に抱いて、現実を見ず

溺死しよう

no.1026 (+50



2006年02月01日(水) Refrain Blue Summer

夏の空気、風が過ぎる
爽快感

空と海が地平線で溶け合って、一人
浮遊感


夏の空に沈む、忘却

素肌に触れる抵抗、
不自由な呼吸、
優越感、

全てが心地よい、幻想


夏の海に臨む、愛憎

君を思い出す映像、
愛したい衝動、
劣等感、

吐き出しそうになる、嗚咽


空よりも君を愛している
君を独り占めしたくなる、心情

海よりも君が好き
君におぼれたくなる、愛情


もう会えないとわかっていても
忘れられない、感触


夏の空気、時が過ぎる
焦燥

空と海が地平線で溶け合って、わたし一人
喪失

no.1025 (+50


 < 過去  INDEX  未来 >


死んだ鳥籠 [MAIL] [HOMEPAGE]

My追加