遺書

2014年04月22日(火) 1972 煌めいてファッキン

叫んでいるのか、藻掻いているのか
よくわからないけれども
それはきっと、どうだっていいことなんだろう

こんなにも、
命を燃やし尽くすような圧倒的な煌めき、

美しいから



二十余年ばかりの生だけれども
ぼくにはわかってしまったんだ

比べるまでもない、
僕はどうしようもない偽物だということを

二十余年ばかりの生だけれども
ぼくは知ってしまったんだ

説くまでもない、
凡百に理解できないものだということを



ああ、そうです
彼女こそが私の天使なのです


 < 過去  INDEX  未来 >


死んだ鳥籠 [MAIL] [HOMEPAGE]

My追加