一度だけの人生に
ひろ



 愛は言葉か?

太宰治の「新ハムレット」を思い出す。

物語の終盤、
ハムレットとオフィーリアは
「愛」の実体とは何かという問答をする。
僕はこの部分が、この小説の主題ではないかと
思うし、また、読んでいて一番面白い箇所だ。

その問答の一部を引用する。詳しく読みたい人は↓
ttp://www.aozora.gr.jp/cards/000035/files/1576_8585.html

ハムレットは
「言葉の無い愛情なんて、昔から一つも実例が無かった。本当に愛しているのだから黙っているというのは、たいへん頑固なひとりよがりだ。好きと口に出して言う事は、恥ずかしい。それは誰だって恥ずかしい。けれども、その恥ずかしさに眼をつぶって、怒濤に飛び込む思いで愛の言葉を叫ぶところに、愛情の実体があるのだ。黙って居られるのは、結局、愛情が薄いからだ。エゴイズムだ。どこかに打算があるのだ。あとあとの責任に、おびえているのだ。そんなものが愛情と言えるか。てれくさくて言えないというのは、つまりは自分を大事にしているからだ。怒濤へ飛び込むのが、こわいのだ。本当に愛しているならば、無意識に愛の言葉も出るものだ。どもりながらでもよい。たった一言でもよい。せっぱつまった言葉が、出るものだ(中略)
言葉のない愛情なんて、古今東西、どこを捜してもございませんでした、とお母さんに、そう伝えてくれ。愛は言葉だ。言葉が無くなれや、同時にこの世の中に、愛情も無くなるんだ。愛が言葉以外に、実体として何かあると思っていたら、大間違いだ。」
という。

オフィーリアは
「人は、本当に愛して居れば、かえって愛の言葉など、白々しくて言いたくなくなるものでございます。愛している人には、愛しているのだという誇りが少しずつあるものです。黙っていても、いつかは、わかってくれるだろうという、つつましい誇りを持っているものです。それを、あなたは、そのわずかな誇りを踏み躙って、無理矢理、口を引き裂いても愛の大声を叫ばせようとしているのです。愛しているのは、恥ずかしい事です。また、愛されているのも何だか、きまりの悪い事です。だから、どんなに深く愛し合っていても、なかなか、好きだとは言えないものです。それを無理にも叫ばせようとするのは残酷です。わがままです。」
という。

この二人の話はなかなか難しい。
どちらの言っていることも正しいような気がするのだ。

そして、今まさに、僕と彼女はこの二人の関係に立っている。
僕がハムレット。彼女がオフィーリア。

2004年07月29日(木)



 時と場所をわきまえずに・・・

好きな人が出来ました。

そして、その人と、すでに付き合っています。

けれどもお互いに本当に忙しくて、
ホントに付き合ってるって言えるのかどうか
疑問になってしまうくらいの付き合いしか出来ていません。

そして、いずれにしても
そのうちに必ず遠距離になるのは決まっている。

警察官に採用されたら、10月から。
そうでなければ、来年の4月から。

しかも警察官に採用されたら
6ヵ月は警察学校で「軟禁」生活。
全寮制、携帯没収、外部と連絡を取るのも許可制。
休日に外泊許可が出ても、実家以外に泊まることは
禁止という、半軍隊、もしくは半囚人生活です。
僕らの周りの、警察官をうけた人たちの間では
「警察官になったら、取りあえず懲役6ヵ月」
と言うのが口癖のようになっています。

分かっていたこととは言え、
遠距離恋愛になるのだと思うと、
やっぱり、不安になる。
特急で三時間の距離といえば、
それほどでも無いような気もするが、それでも・・・。

そして不安なのは、
彼女のことについてではなくて、
ほとんど自分のことについて。
「自分は、はたしてもつだろうか・・・。」
という不安。

2004年07月24日(土)



 帰還

ただいま。

一次試験の結果
県職・・・不合格
国家脅錙ΑΑΕリギリ合格
新潟県警・・・合格

なんともいやはや・・・。

落ちたら、コネで就職。

2004年07月23日(金)
初日 最新 目次 MAIL