一度だけの人生に
ひろ



 繰り返し 

ダラダラと過ごしてるような・・・

自分が、無能だって
認めないために、
何もしないで過ごすことが
多かった。
それでも、適当に、
のらりくらりやってても、
なぜか人並みか、それ以上の結果が出て、
それで周りに称賛されて、
外面だけ得意になったりしても
実際内心は、不安でいっぱいで、
何をするにも自信が無く、おっくうで、
いつか、何かで、このメッキが剥げて、
無能で、小心で、卑怯な本当の自分を
さらけ出すことになり、
そのときの、周りの人たちの失望と、
落胆、怒りはどれほどのものだろうと思うと、
ますます何をするのも恐ろしく、
上手くいくのも、恐ろしく、
失敗するのは、もっと恐ろしく・・・。

自分は、
他人の復讐・・・その一つだけを
怖れてきた。そう言っても良いと思う。
両親、友人、教師、恋人、あらゆる俺以外の
人たちの、その、自分への復讐・・・。
自分が些細だと思うことをしても、
その人達は、どんな恐ろしい復讐を
してくるかわからない。
とにかく、怒らせるのは、怖い。
不快な思いをさせるのは、怖い。
期待を裏切るのは、怖い。


2002年08月29日(木)



 なんてことはない

ケチケチしないで、焦らないで、
ぼんやり生きていくのが、一番良い。

人の、個人の強さを信じない。

ただ、人の弱さと、優しさだけを信じる。



2002年08月28日(水)



 違う生き物 

世の中の全部の人たちが、
自分とは違うんだよ。

世の中の俺以外の人間は、
全部俺じゃね〜〜んだよ。。。

なんてわかりきったてことだけど、
だから、
誰も、俺の思ってるとおりに思ってる何て
言えないんだよなぁ。
良い意味でも『悪い意味』でも・・・
だから馬鹿みたいに人に期待できないし、
馬鹿みたいに怖がって、
心配する必要もないんだなって・・。

理屈だけどね


2002年08月27日(火)



 wish

いつか自分の大切な部分を
大切なものを、自分から他人に分けて
あげられるように・・・

いつか自分から他人を
好きになれるように・・・。


そして、その大好きな人達と
一緒に生きていけたら・・・・良いなぁ

2002年08月26日(月)



 実家 

伯父・伯母や、家族からすら、
「お前は優しい子だ」と
今回実家に帰ったときに言われた。
そう言われると、とてもストレスがたまる。

人が「こうして欲しい」って思っているのが、
分かっているのに、してあげないと、
その復讐が恐ろしい。
たとえイヤでも、やらないと・・・。
そう思っている人間が果たして
「優しい」のか・・・。

いつもどこかで感じてきた。
自分は家族にとっても友達にとっても
迷惑な存在なんじゃないかなって・・・。
きっと迷惑なんだって、信じてきた。

だからいつでも、どんなことでも
些細なことでも、くだらないことでも、
少しでも、人のためになることをやりたいと
思ってた。今でも思う。
そうすれば少し、迷惑じゃなくなるんじゃ
ないかって・・・。

ただ、自分がここにいることを、
迷惑だと思われないようにするには
どうすれば・・それが自分のあらゆる行動の
目標だった。人生の目標だった。


最近気付いた。
自分のことを一番迷惑だって思ってるのは
自分自身なんだって・・・。
だから、自分が、自分のこと
認められるようになれば、他人のことも少しずつ、
もっと気楽に、もっと素直に、
好きになれるのかなって思った。

こんなこと
わかってたつもりだったけど、
でもやっぱり、人に迷惑だって思われてるって
思いが拭えなくて・・・。
今でも拭えてないけど・・・

でも実家に帰って、
グラグラに酔っぱらって、
親と話して、少し拭えたのかなっとは思う。


案外みんな、人のことなんて気にせずに
生きてるみたいで、
何でもかんでも
イヤなことを、イヤって言わないで
我慢して生きてるんじゃないんだなって
分かって少し安心した。



2002年08月25日(日)



 帰ってきた・・・ 

↑久しぶりに日本語の題名・・

2週間ほど日記を更新せずにいましたが、
実は実家に帰省していました。

2002年08月24日(土)



 place

戦ってるような気になって、
苦しんでるような気になって、
本当は自分に酔いしれてるんじゃないって
自分に思うときもあるけど、
そう言えない部分も多くあると思う。



苦し紛れの強がりや虚勢は
やめたいと思う。



見え透いてんのって大嫌い


2002年08月10日(土)



 truth

前から自分は、
「お前は要領の良い奴だ」と
親や兄弟や、友人に言われてきたものでした。

「要領が良い」と言われるたびに
自分はなんとなく、
自分だけがひどいずるをしているみたいな
気になって、イヤな気分でした。
それに自分は、いままで自分が、
「要領が良い」人間だなんて、一度も思ったことは
ありませんでした。

むしろ、自分はどうやったら、
周りのみんなのように、上手く、さらりと
世の中のことを処していくことが
出来るようになるんだろうと、いつも
考えているくらいだったのです。

今日「要領が良い」と言う言葉の意味を
辞書でひいて、なるほどと思いました。

,爐世無く、やってのける。手ぎわがいい
表面だけはいいように見せかけること

△琉嫐は・・・そうかもしれない。




2002年08月09日(金)



 vacation

夏・・・。
来年は就職活動、公務員試験、卒論と
なんだかんだ絶対忙しいから、
ほぼ大学生活最後の夏休みです。

最近会う人会う人に
「誰かフリーな娘を紹介して」と、
実際紹介されても、人見知り全開になってしまう
自分なのですが、言って回ってるような気がします

しかし、今期に入ってから三人の女の子に
「どうして彼女を作らないの?」って
訊かれました。自分としては
「作らない」んじゃなくて、「できない」
つもりでいるから、そう言う風に訊かれると、
なんとも返事に困ります。
自分をよく知らないのか、
あるいは客観的に見て、そう言う風に見えるのか
わからないけれども・・・。

後輩のHさん曰く
「絶対、周りに先輩のこと良いなぁって思ってる
子がいるのに、気付いてないだけですよぉ」
他コース先輩のMさん曰く
「本気で作ろうと思ってないんじゃない?」
同じく他コース先輩のNさん曰く
「絶対彼女いそうに見えるのにぃ〜」

なんだか誉められてるようですけど、
(前にも日記で書いたけど)あんまり
言われると、全然兆候すらない自分の生活を
鑑みて、少し憂鬱、イヤな気になる・・・。
(↑こんな性格だからダメなのかも知れません)

結局Hさんから
「自分に自信を持ってアタックしろ」と言う
アドバイスを頂きました・・・。

自信・・
自信・・・・
自信ってなんなんだよぉ〜!

って言うか、アタックしたいと・・・
(っとここまで書いて思いましたが
今時「アタック」と言うのはどうなんでしょう?)
・・・心から思うような、
女性が身近にいないような・・・。

大学生最後の夏休みだって言うのに、
特に予定と言うべき予定もない、
彼女いない歴ちょうど3年の男は、
こんな風に悶々と恋に恋する女子中学生みたいに
悩むのもある意味仕方のないことではないか
と思います(謎

質問
「でもあたし彼氏いなかったら、先輩のこと
けっこう好きかも・・・」
ってどういうことですか?
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
おぉ久しぶりに明るい内容・・・
なぜかちょっと新鮮な気分



2002年08月05日(月)



 timid

怖れているもの。

怖がらないことへの羨ましさ
とでも言うべきでしょうか・・・。

臆病なゆえに色んなものを逃してきた。
色んなものが目の前を通り抜けていって、
色んなものが手のひらをすり抜けていった。
それを手にしたらどんなに、良いだろうって
良いなぁ良いなぁって思いながら、
臆病なゆえにそれをつかむことが出来なくて、
やがてもう、つかめなくなる時まで・・・。

昔からそうだった。
何か欲しいものがあっても、
臆病で、卑屈でそれを手に入れるために
それを手に入れるために何かしようなんて、
思うことなくて、ただ、「良いなぁ良いなぁ」って
思っているだけ・・・。
いつか、そんなに良いって、
思えなくなるときまで・・・。

無心、朗らか、
そんな時期が自分の今までの人生の中で
果たしてあっただろうかと、今になっては思える。

欲しいものを欲しいと主張するのは
恐ろしいこと。
好きなものを好きと表現するのは
恐ろしいこと。
そんな風に感じてきた。



2002年08月04日(日)



 go round in circles and get nowhere 

グルグルグルグル回ってる。
そんな感じ。

結局いつも同じことにぶち当たる。
克服して、乗り越えてきたつもりになって、
また同じことで、倒れる・・・。

時々、今まで考えてきたことの
違う側面が、見えることがあって、
その度に不思議な気分になる。
イヤな気分じゃないけど、
いい気分じゃ決してない・・・。
例えば
「なぜ生きていかなければならないのか?」
この言葉って、誰に言っているのか・・・
「生きなければならない」なんて
よく考えたら、誰にも言われたことなんか無い。
十中八九自分に言ってる・・・・
そう言うことに気がついた。

「どうしてこんな思いまでして、
生きていかなければならないの?」って
他人に訊いてるんじゃない。
自分に訊いてるんだ・・・・。
当たり前なのかもね


権利、権利、権利
「権利」なんて、とても頼りない言葉ですね。
どうでもよくなっちゃう・・・。

生きて行くからにはどうしても、
人にペコペコ頭を下げていかなければならない。
生きて行くからにはどうしても、小さなことまで、人と争っていかなければならない。
生きて行くからにはどうしても、
他人を疑っていかなければならない。


人の卑屈なしっぺ返し。

そんな些細なことまで、気にして、
復讐しなけりゃ気が済まないのか・・・
別にいいじゃない・・・。
それもくだらなく、狡賢い、しかも小さな
復讐。

人間のつましさ、狭量さ。ガックリくる。



2002年08月01日(木)
初日 最新 目次 MAIL