活字中毒のワタシの日記

2018年10月19日(金) 日沖宗弘『学問としての四柱推命』★★★☆☆

日沖宗弘『学問としての四柱推命—その歴史と現代への応用

読書メモ。

易について。陰陽五行について。気学について。
八卦から六十四卦。
ほんとに学問。基礎知識が得られる。

真の起源は?
「中国占は、まず天文学や農耕と不可分に結びついた暦学がその基をなしたと思われる。次に十干・十二支によって多くの人間の一生を記録しているうちに、そこに法則性のあることに気づいたのであろう。」(p121)

何が読み取れるのか?
「命式や本命星から、我々はまずその人の性格(「心の一部」を読み取らねばならない。ただし必ずしも善悪とは関係がないから注意が必要である。」(p122)

「古代人たちは普通の人間には見えない死後の世界を『科学的』以外の方法(即ち思考・瞑想・想像など)によって探究し続けてきたし、科学が証明不可能であるとして立ち入ろうとしない人間の運命についても、おそらくは統計的に、または直観的に研究し続けてきたのである。彼らにとってはその方法が瞑想であろうと直感であろうと、出てきたものが有用ならば、それで良かったのである。われわれは彼ら古代人たちの叡智をいま一度振り返り、まじめに吟味してみる必要があるのではないだろうか。なぜならば、そこに新しい『科学』の道が開けるような気がしてならないからである。」(p124)

「四柱推命では、大運といって十年ごとに五行のどれかがその人に廻り、その人の命式を助長して悪くしたり、逆に平衡にもっていったりする。ということは、一生のうちのある時期に、その人の性格上の欠点を助長するような境遇におかれたり、そのような事件が起こり、その人が試されることになる。その人が慎重に対処すればわざわいが最小限ですむ。逆にその人にとって良い五行の大運が廻れば、経済的に豊かになってゆとりができるのだから、自らの欠点を是正してその幸運をできる限り延長するのが彼の務めとなる。」(p126)

医学、哲学、宗教と易占
「人間の体内を循環する五行の『気』を研究の根幹とする漢方医学は、現代医学によって確かめられつつあるために学問として市民権をもつに至ったし、同じ目に見えぬことを研究する哲学は『古典』という学問の地位を確保してきた。また宗教学や神学も『古典的学問』として認められているために、大学に神学科があっても、誰も不思議に思わない。
それなのに、同じ目に見えぬ分野である人の心や運命を扱う易占学が、単なる遊びや迷信とされているのは残念でならない。易占は、古代においては他の学問と肩を並べ、知識人の必須科目であったのだ。」(p128)
ふたたび注目されてしかるべき、と。

「秀才というと、印綬とか正官とか、何か特別な『星』を持たねばならぬと考えられてきたが、それは誤りであることがわかった。五行の流通が良く、命式が美しくバランスしていれば、それでよい。」(p162)

凶運期のしのぎ方。
「まず、占いによって自らの欠点を知ってそれを正し習慣化すること。これによってストレスが激減する。たとえば競争心は必要のないものである。人と競争するという考え方は根本から間違っている。自分の能力を十分に出し、人とは助け合うものであって競争する必要はない。
次に凶運期や大凶運期をしのぐには、ひたすら捨てることである。この時には、金、家、土地、物、配偶者、恋人、父母親類の全てを、その程度に応じて手離さねばならなくなる。(略)手離し難いが、手離さねばならない。さもなくばトラブルは終わらない。捨てることによって運の悪化がほんの少しずつおさまり、時と共にゆっくり回復に向かう。短くて三年、長ければ数年かかる。こうして運の下降が止まって水平となり、静かな生活が訪れる。あとは上昇するに任せればいい。」(p173)

自分に原因のない凶事。
「私の推命の経験では、人を助け、人格温厚な人々は、命式が予定する以上の境遇にあることが多かった。温和な心を持てば人から好かれ、助けてくれる人も多く、そのような心で生活した時期が長ければ長いほど生活が好転するというのはうなづけよう。」(p175)

シンプルな開運。
「中国陰陽五行思想や推命学の結果たどり着いた開運の(少なくとも下降運を多少なりとも喰い止める)方策は、自らの欠点を知って正すこと、物に執着せず、捨てること、人並み以下で耐えること、悪運の種を播かないこと、人を助けること、温和な心を持つこと、など至極あたり前なことばかりとなった。そしてこれらは期せずしてブッダやイエス・キリストや孔子など古の聖人の説くところと大同小異である。私は命式分析や気学九星の長所・短所を知り、それによって己を知れということをつけ加えたにすぎない。」(p175)

基本に戻りたい時に、読み返すとよい本だと思った。

日沖宗弘『学問としての四柱推命—その歴史と現代への応用



ジャンルでまとめました→読んで捨てる片づける整理する掃除する!
ジャンルでまとめました→本を読んで町へ出よう。
ブログ→捨ててスッキリ。キレイに暮らす。



2018年08月20日(月) 和田秀樹『アドラー100の言葉 人は今すぐ幸せになれる』




アドラーの言葉を解説した読み物でした。
ざっくり理解するのに役立つかと。

幸せを感じられない原因は共同体感覚の欠如。
「共同体感覚とは、家族や会社、地域、国など共同体に自分の居場所があると思えることです。そのためには、ありのままの自分を受け入れる『自己受容』、他者を信頼する仲間と思う『他者信頼』、そんな仲間である他者に貢献したいと思う『他者貢献』を実感しながら生きていくことが大切だといい、アドラーは、人間の幸せとは『貢献感』である、といいました。」(p4)

「不安や悲しみは常にライフスタイルと一致している。(p24)

「勇気と自信があり、リラックスしている人だけが、好機からだけでなく、困難からも益を受けることができる。」(p28)

勇気と自信。そしてリラックス。
孔子のいう仁者はそれができてる人かな。

「成功とは、人生における三つの課題を解決することである。」(p30)
仕事、交友、愛というライフタスク。

「結婚は一緒に生きていくことを決意することで、目的はお互いの人生を援助し、豊かにすることだ。」(p128)

手段と目的を混同しないことがとても大事。

「甘やかされた子が結婚で幸せになることは、ラクダが針の穴を通るよりも難しい。」(p160)

これはキツイ。
けれど、事実だと思います。

「人類の幸福に関心がない人は自分の人生に対して『私は仲間に何を貢献できるか』ではなく『私はちゃんと賞賛されているか』を問いかけている。」(p202)

これもキツイ。
そして、そういう人は、賞賛されないという絶望的な現実。

この言葉が読めただけで、よかったと思えた一冊でした。

和田秀樹『アドラー100の言葉 人は今すぐ幸せになれる



ジャンルでまとめました→読んで捨てる片づける整理する掃除する!
ジャンルでまとめました→本を読んで町へ出よう。
ブログ→捨ててスッキリ。キレイに暮らす。



2018年08月02日(木) 植松努『あきらめない練習 何をやっても続かない自分を変える』★★★★☆



株式会社植松電機の代表取締役、植松努さんの著書。

彼のプロフィール。

子どものころから紙飛行機が好きで宇宙にあこがれ、大学で流体力学を学び、名古屋で航空機設計を手がける会社に入社。1994年に北海道に戻り、父・植松清が経営する植松電機に入社。産業廃棄物からの除鉄、選鉄に使う電磁石の開発製作を手がける。

10年後、カムイ式ロケットの研究を進めていた北海道大学大学院の永田教授との出会いをきっかけに、ふたたび宇宙へのあこがれを胸にロケット研究の全面支援を約束。
以来、「ロケットの開発」、宇宙空間と同じ無重力状態を作り出す「微少重力の実験」、「小型の人工衛星の開発」、「アメリカ民間宇宙開発企業との協同事業」と4つの宇宙開発を軸に研究開発を進める。

主な実績として、人工衛星「HIT-SAT(ヒットサット)」の研究・打ち上げ、カムイロケット打ち上げ実験(到達高度3,500メートル)、宇宙航空研究開発機構(JAXA)と共同での打ち上げ実験、ARCプロジェクトを立ち上げなどがある。2012年には、カムイロケット500pの打ち上げ実験で到達高度7,400メートルを達成している。

全国で企業研修や講演活動(学校含む)を行い、可能性を広げることの大切さを伝えている。宇宙のことを楽しく学ぶ子どもたちのためのスペースキャンプづくり、小・中学校、高校における体験学習など、若い世代に夢を与える活動にも力を入れている。

「思いは招く」のTEDトークは心に響きました。
→https://tedxsapporo.com/talk/hope-invites/

心に残ったところ。

「人から必要とされるのは、難しいことではありません。人を助ければいいだけだからです。」(p36)

シンプルだけど、真実。

「『自分には無理だからしてもらう。いや、してもらうしかない』ではなく、『自分にもできそう。自分でやろう。できるかもしれない』と思うだけで、人生の価値はきっと大きく変わります。
だからこそ、作っている過程を調べたり、作りかたを調べたり、自分でやってみることは、きっと大事です。
生み出すことができないと、奪うしかありません。払う対価がないときに、欲しいものを手に入れるには、自分で生み出すか、相手から奪うかしかありません。
だから、『自分でできる』という気持ちは、社会を成立させるためには、不可欠なほどに重要なことだと思います。」(p74)

「不可能の理由は100見つけても、答えは0。可能の理由は、わずか1見つけるだけで、可能になる。0と1の間には、無限の開きがあります。」(p75)

津波てんでんこの教え。
「その教育の3つの柱は、
(1) 想定にとわられない
(2) 最善をつくせ
(3) 真っ先に逃げろ」
というものだそうです。」(p211)

知ることができてよかった、植松さん。
ありがとうございました。

植松努 『あきらめない練習 何をやっても続かない自分を変える



ジャンルでまとめました→読んで捨てる片づける整理する掃除する!
ジャンルでまとめました→本を読んで町へ出よう。
ブログ→捨ててスッキリ。キレイに暮らす。


 前回読んだもの  これまで読んだもの  



あなたは 人めの活字中毒さんです
まき [MAIL] [捨ててスッキリ。キレイに暮らす。]
[本を読んで町へ出よう。]

Google