ジョージ北峰の日記
DiaryINDEXpast


2017年09月23日(土) 夕焼雲とDNA

秋の夕暮れ  あたりは既に暗く、ビルから明かりが漏れ始める。しかしなお薄青色が残る空に、薄い赤色を帯びた夕焼け雲が、黒い段だら模様を描き、高く張り付くように西の方に移動していく。
 
残照に輝く雲が余剰の光を吐き出かのように高層ビルを照らし始める。
 暗くなりかけたビルの谷間に、反射した窓が青白く浮かぶ。


まるで深海に棲む大イカが集団で下界を見下ろしているようだ。

息をのむ光景に、道行く人は、思わずカメラを向ける。
 
 
夕暮れが私に、強い憧憬や畏怖心、時には懐かしさを思い起こさせる。
何故だろう?


人が思わず、カメラを向けるのも、私と同じ気持ちを共有していたからだろうか。




地球に、否、宇宙に生命が何時、如何して誕生したのか、いまだ謎のままだ。

現代は科学の進歩によって、何もかも分かってしまったように思っているが・・・・・。

だが生命の誕生については?


これまで人間が発見・発明してきたどんな科学法則・技術をもってしても、(ウイルスやバクテリアのような)小さな生命さえ、創出することが出来ない。

何時か生命を科学的に誕生させる時が来るだろうか?

何十億年前、地球か宇宙の何処かに生命が
誕生したことだけは確かだ。

しかし、それが何時、何処で・・・、いわんや誕生のメカニズムとなれば謎のままだ。

人がそんな知恵を獲得する日が来るだろうか(何十億年先に)?
(ひょっとして、何十億年前に、誰かが生命を創りだいたことは考えられないか?)


何れにしろ、近い将来は人力で生命を誕生させることは絶望的とさえ言わざるをえないだろう。


実は、この絶望感こそが、私の夕焼け雲に対する憧憬や畏怖心をいだかせたことに関係があるのかもしれない。

夕焼け雲に「懐かしさ」を憶えるのは、何故だろう?

懐かしい父母や兄弟、あるいは故郷の景色とか自分の誕生などを思い起こす感覚に不思議によく似ている。


動物の子が親に安心して甘えられるのは、自分を生んでくれた親だからだ。
しかし意識もはっきりしない子が如何して自分の親を知るのだろう?
肉食動物が、如何して自分の子を食べてしまわないのだろう(勿論例外はあるが)。
それは遺伝的にDNAが決定しているのだろうか。

つまり親は子の、子は親の同一性を遺伝的に(無意識的にDNA)で認識し合っているからだろうか。


この論法を敷衍していくと、私のDNAも「自然の呼び声」を憶えているに違いない。

つまり、私のDNAは何十億年か前に自然の中で誕生したのだ。

生命の誕生は科学的には、謎に包まれた儘だが、直観的に私のDNAが、私が何処で生まれたか教えてくれたのだ。


私のDNAは、私の意志とは無関係に自然の命ずる儘に生き、何時の日か自然に帰る日を待っているのだ。

そして、今夕の夕焼け雲が、私に「DNAの意志」を呼び覚ませてくれたのだ。

DNA!
DNAこそが意志の根源なのだ。

何時だったか忘れたが、子供のころ、近くの山に登った時、頂から西の方角に、突然燃えるような夕焼け雲が山の稜線を際立たせた。
山は薄紫に浮き、まるで墨絵のように見える。
名知らぬ鳥が、陽光を浴び、励まし合うように寄り添って飛んでいく。
 
又ある時は、 激しい夕立が通り過ぎると、垂れ込める雲の向こうに青空が、そしてその彼方に山並みが、まるで息を吹き返したかのように薄緑にくっきり浮かぶ。
山の端に近く低く垂れさがる夏雲は、沈みゆく陽光を精一杯吸い込んで、赤く黒くそして金色に輝く。  
そして止めの雷が遠くとどろく。
 
 DNAよ!
お前の意思を私に伝えてくれ
私はお前の意思を大切にしてきたかどうか
教えてくれ


ジョージ北峰 |MAIL