ゆっきー [MAIL] [プロフィール] [掲示板]

My追加
随筆
随筆

2018年11月21日(水) 次の仕事は?


なかなか足首がよくなりません。
でも、そろそろ働かないとヤバイ。
気分的にヤバイ。
せいぜい半月。
遅くとも一か月で働きたいと思っていたのに・・・。
治らない。
焦っても仕方がないんですけどね。
焦るので、ネットで色々調べちゃうよね。

今狙っている職種がありまして。
それを打ち込んで探します。
手術前にすごく近い所があったので電話して聞いてみたら。
『動ける様になったら連絡ください』と言われまして。
ん?常時採用してるってことかな?と思ってたんですが、もう一度調べると、応募期間が終わってる。
動ける様になったら聞いてみる予定ですが、これは・・・。
応募期間外で受け付けているのか微妙ですな。

で、更に色々調べていたら、最近は在宅でもあるんですよね。
在宅いいですよねぇ。
通勤時間がないって素晴らしい。
しかし、踏ん切りがつかない。
というのも、大抵の場合歩合制なんです。
どんな歩合だよ?と・・・。
不安ですな。

そしてやっぱり、近くに聞ける人がいないのは不安。
サポート体制はしっかりしているんだろうけど・・・。
それでも不安。
やってる人の声とか見ればいいんでしょうけど。
見たらやりたくなりそうで、それはそれで怖い。

そんで、在宅の最大のデメリットは、割と拘束時間がある。
私はパート希望なんですよね。
家事しなくなるから。
7時〜16時までみっちりとかザラ。
その時間くらいならぎりぎり子供たちがいないけど・・・。
それは土日を含むことも多く。
土日含めては無理だよなあ。
だって『静かな環境を用意できる方』って書いてあるし・・・。
用意できねぇし。
途中で『ただいまーー!』って元気な声が入るし。

パートな時間であったらいいのになぁ・・・という贅沢。
焦らず地道に探すしかないんですけど、焦るんですよね〜。



2018年11月20日(火) リハビリ徒然


ゆっくりですが、リハビリ進んでいます。
私の場合、とにかく足首が曲がる様に頑張るのが最優先。
その後体重をかけていくのですが、それも動きがない状態でかけるところから、徐々に歩く為の動きを出しながら過重していく感じになりそうです。
先は長い。
いつ働けるのやら。

現在の家でのリハビリですが、テニスボールを足の下に置いて、コロコロやってます。
筋を伸ばすのにもいいのだとか。
百均で売ってましたが、縫製がいまいちなので、ところどころチクチクします。
まあでも、それ以外では使えないので十分です。

新アイテムも追加されました。
ゴムバンド。
母の場合は、このゴムを使って足首を曲げていましたが・・・。
私の場合、反対に力を入れます。
筋力トレーニング用な感じ。
手前に引っ張って、足首を倒したりします。
とにかく私の場合は、長年のクセで足首を曲げる時にまず指が動くのですが。
これだとクセが直らないので、『足首を曲げる』という事をインプットする必要があります。
バンドで少し指を抑える様にして曲げるとうまくいくことがあります。
基本、一緒に上がってきてしまいます・・・。

最近、外では松葉杖、家では百均に売ってあった杖で移動しています。
松葉杖の底を拭くのが面倒になったのと・・・。
ちょっとの移動で松葉杖を出すのが面倒になったので・・・。
これで、右足を少しついて、左足で動くことを繰り返しているのですが・・・。

左足が尋常じゃない筋肉つきました・・・。
右と左の差、もはや倍・・・。
元々の筋肉がそんなにないのですが・・・。
パンパンです。
確かに、右足をかばって左足で動く方が、左足一本でケンケンをするよりも筋肉使います。
すごく不格好になりそうで怖いです。

色んなアイテムを追加しつつリハビリしていて思うこと。
『力を抜く』
力を入れることで筋やら何やらが固くなってしまっているので・・・。
とにかく力を抜いて色々やっていこうかと。
そうすると、少しずつ曲がる様になってきます。
普段から力を入れることがクセの様になっていた様なので、なかなか改善しないのですが・・・。
意識を変えるだけでも違いが出るので、頑張っていこうと思います。

今週末は七五三・・・それまでに復帰したかったけど無理っぽい・・・。
松葉杖で着物・・・。
どんな不格好さなの・・・と思いますが、ムスメの為に頑張ります。



2018年11月19日(月) 送別されました


金曜日は元の職場の送別会でした。
最後は嫌いな人だらけだったので、女子だけで送っていただきました。
ちょうどこの日は大分でサッカー日本代表の試合がある日でして。
市街地は混む可能性があるから避けようってことになりまして。
郊外でお店を探したのですが、なかなかヒットせず。
ようやく見つけたお店になりました。
送別される側なのに店を提案する図々しい私。

が、どこにも雨マークなんてなかったのに、雨が降りだす。
えっと・・・あそこ二階にあったよな・・・。
どんな階段だったっけ・・・。
コンクリートならまだ何とかなるんだけど・・・。
と行くと、タイルみたいなやつでした。
滑りそうで怖い・・・。
落ち葉が濡れて怖い・・・。
恐る恐る上がっていきました。
こりゃ泥酔できないな。

ってことで、一杯目はソフトドリンク。
元々飲むとご飯が入らなくなるタイプなので、最近の飲み会は前半をソフトドリンクにして、後半でお酒飲むことにしています。
結局食べすぎて気持ち悪くなるんですけどね。
イタリアンでしたが、ローストビーフも出て幸せ。
一度だけランチで利用したお店でしたが、おいしかったです。
皆さんどうだったんだろう・・・。
聞いても『おいしかった』と言うしかないと思うので聞きませんでしたが・・・。
私は割とお気に入りです。

が、しかし・・・。
クリーム系のパスタが出て、そろそろお腹いっぱいだね〜。
と談笑している所に、まさかのステーキ。
しかも大量。
今までは大皿を数人で分けるタイプだったのに、ステーキだけは一皿一人で来た・・・。
付け合わせはポテト。
これまた腹にたまる・・・。

ステーキは小腹がすいてる時くらいに食べたい・・・。
絶対その方がおいしい・・・。
無理やり詰め込みました。
飲み込めなくなるほど満腹になる前にかきこんだ感じです。
おかげでステーキの味はあまり覚えておらず・・・。
ここ覚えておきたかった・・・。

最後にお花をいただき、解散しました。
あー、事件さえなければ、このメンバーでこれからも楽しく女子会をしていく予定だったのに。
仕事内容的には好きではなかったけど、最近やっと仲良くなってきて、これからだったのになあ。
そう思うとやるせないですが、早く足を治して次の仕事に向かいたいと思います。
送別会、ありがとうございました。



2018年11月18日(日) スローライフ?


前の職場の大先輩の家に遊びに行きました。
最後に電話があった時に『いつでも遊びに来てください』ってのを鵜呑みにしました。
共通の知り合いである友人と一緒に。
こういう約束って、気になってしまうタイプです。
社交辞令で終わらせたくはない。
一度は果たしておきたい。
でも一人じゃ行きづらい。
で、友人に声をかけたら行ってくれると言うので。

田舎にお住まいだと仰るので気になってたんですよね。
初めて行ってみましたが、少し迷いました。
でもかなり遠いイメージだったのに、近かったです。
行こうと思えばまた行けちゃう。

お昼ご飯を用意してくれると仰るので、ご厚意に甘えて手土産持参で行きました。
栗やキノコやお肉がふんだんに入ったおこわ。
鶏肉の煮つけ、柿の入った酢の物、ブロッコリーにトマト、そしてバナナヨーグルト。
ヨーグルトには自家製のブルーベリージャムが・・・!
かなりの豪華まんま。
手土産がかすむ豪華まんま。
味も絶品。
いいなあ・・・こういう実家・・・。
義実家もうちの母も料理はさほど好きではないのですよね〜。
私もなので、こういう料理上手な実家に憧れます。
私も提供できません。

私の両親と同じ様な年代の先輩ご夫婦。
一時間くらいで辞去するかな〜と思いきや、何だかんだで話が弾み・・・。
ムスメが帰宅するのにぎりぎり間に合うか?という時間まで長居しました。
楽しかった・・・。
『また来てね』を真に受けそうなくらい楽しかったです。

そして・・・。
おこわと栗の渋皮煮、そして銀杏をお土産にいただきました。
栗の渋皮煮・・・作れるだけで尊敬するのに・・・。
冷凍するほどに作っている・・・。
しかも一つ一つをラップにくるんでジップロックに入れ、日付を入れているという細やかさ・・・!

すげえなぁ・・・。
スローライフっていうの?
実際全然スローじゃない感じの・・・。
憧れるけどできないやつ。
見事に実践していました。
すごすぎる。

そして仲良し夫婦で羨ましい限りでした。
還暦過ぎても仲良しっていいですね。
ほんと、頻繁に伺いたいくらい色んな意味で居心地が良かったです。



2018年11月17日(土) 友人トラブル


小学校から電話。
ムスメの担任。
何・・・何かあった?
『聞いてますかね〜。下校中のこと〜』
あぁ〜・・・最近もランドセルを持たされただの、悪口言われただの〜。
『ムスメちゃんがNちゃんの歯磨きカレンダーをビリビリに破いたんですよ〜』
・・・・は・・・?
『その前はランドセルに石や砂を入れたらしくて〜。あ、それはYちゃんとも一緒にやったらしいんですけど〜』
・・・初耳・・・。
『からかわれてやったらしいんですけどね〜』

マジか・・・完全に加害者じゃん。
被害者な話しか聞いてないよ?
ランドセル開けて逃げられたとかさ。
『それは初めて聞きました〜』
え?それすらウソ?先生に言ってないだけ?
よく分からん・・・!!
えっと・・・Nちゃんのお母さんに謝った方がいいですよね・・・?
番号知らないので・・・教えていただくか、こちらの番号を教えていただきたいのですが・・・。
『そちらからかけた方がいいと思うので〜Nちゃんのお母さんに教えていいか聞いてみますね〜』

完全に加害者という目で見られている・・・。
いや、加害者なんだけども。
手を出したのは悪いからそうなんだけども。
悪者になっとるなぁ。
言いたいことちゃんと言ったのかなぁ。

帰宅して聞いてみると、やはり言い分があり。
『からかわれた』のからかい方が、そこそこ悪質でしたし、逃げられたのも本当でした(相手の親に言ってもいいか確認したらいいって言ったので、多分本当)
だからやっていいわけではないんですけど。
ムスメが先に手を出して、ムスコが最後に叩いたら、ムスコが悪いことになるとは常々言ってることなので。
しかし、先生の言い方だと『完全にムスメが悪い』だったので、ちょっともやっとしました。

さて、Nちゃんママはどのくらい怒っているのかしら・・・・とびくびくしながら電話をしましたらば。
『うちの子も色々言っていたのが気になってたんですよ〜』
とのことで、よくムスメは呼び捨てにされていたそうな。
ムスメは呼び捨てよりは苗字の3文字のうち2文字で呼ばれるのが嫌だったらしいですけど。
『さとう』だったら『さと』みたいな。
なんでダメなのか理解できないが・・・もしかして呼び捨てにしたらダメだと言われたから二文字にしたのかもしれない。
子供の考えることはよく分からん。

もちろん最終的にはこちらが悪いので、平謝り。
手を出してすみません、要領のいい子なので何かあったら教えてください、ほんと色々初耳だったんでごめんなさい・・・。
しかしこれが『どうしてくれるんですか!うちの子が何か言った?言われる様なことしたんでしょ!手を出さなくてもいいでしょ!』って言われたらどうしようかと・・・。
・・・いや、言われても仕方がないか。うん。
とにかく優しい方で、『こちらも言い聞かせます。わざわざ電話いただいてすみません。これからもよろしくお願いします』って感じでした。

9月くらいからちょくちょくトラブルになっていたので・・・これを機になくなるといいなぁ・・・。



2018年11月16日(金) やさしい


リハビリがてら徘徊していると、ちまちま声をかけられます。
先日は市報を配る当番だったので、リハビリがてら配っていましたらば。
あと一軒ってとこで地区の人に遭遇。

『どうしたん?』
まあ、聞くよね。
そんでもってケガじゃないので、説明に苦慮するんですよね。
最近では
『先天的にくっついてたらいけない骨がくっついて痛みが出ていたので、その部分を削りました』
と説明しています。
よく分からないなりに、
『突然のケガではない』ということを理解してもらえるので。

『あら〜大変じゃない。それ、配ってあげる』
わあ、優しい〜。
でもリハビリにならんし。
あと一軒だし。
距離変わらないし。
丁重にお断りしました。

昨日もうろうろ徘徊。
そしたら隣で工事しているおじさんがちらっと私を見る。
ちらっと見られたな・・・とは思ったのですが、目が合ってない振りをして進む。
が、出てくるおっちゃん。
『どうしたん?』
皆第一声これな。
同じ説明を繰り返す。

『あら〜大変やな、それで歩ける様になるん?』
リハビリが進めば?
『リハビリ中なんやな〜。あ、だから隣に住んでるお母さんが洗濯物とかしてるんか』
・・・洗濯物は自分の家の洗濯をしているはずだが・・・。
面倒だからそういうことでいいか。
『隣にいていいなぁ』
そうですね〜。
『無理はしない方がいいよ〜』
わぁ、優しい〜。
『でも動かんと固まるしなぁ』
そうそう、固まるの嫌なのでちまちま動いてます〜。
『頑張ってな〜。工事がうるさくて迷惑かけるなぁ〜』
いやいや、音は別に気になりません〜。

会う人全員優しいですな。
しかし、先日日本語がカタコトなカレー屋さんに説明するのは骨が折れました。
難しいこと言っても分かってもらえないんだもの・・・。
でも、その日は『はやくよくなります様に』と、サービスしてくれたのは・・・。
チーズあんこナン。
チーズナンとあんこナンはメニューにあるが・・・ドッキングは初めて見た・・・。
お味は・・・どっちか片っぽの方が良かったです。
甘党ではないので、チーズナンの方が好みです。
でもご厚意には感謝。
毎回何かもらってる・・・。



2018年11月15日(木) 手続き


郵便局に、保険金の手続きに行ってみました。
色々用意するにあたって気になったのが・・・。
保険金、出るかな・・・ってとこ。
気になるのは『入る前の疾病では出ないよ』ってやつ。
うーん・・・入る前に痛みはあったもんなぁ。
小学生だもんなぁ。
判明したのは数年前で、痛くなって手術したいって思ったのは数カ月前なんだが・・・。
病院の証明書にはなぜか『数年前から痛みが増した』とか書いてるんだよなぁ。
違うんだよな。
数年前だと微妙に保険に入った時期をうろうろするんだよなぁ。

そもそも、必要かどうかで言ったら微妙だし。
足根骨癒合症自体レアすぎてきっとわかってもらえないし。
分かってもらえたとして、手術が絶対必要だったかって判断ってどこになるんだろうね。
まあいいか。
とりあえず行ってみよう。
診断書も書いてもらったし。
何も出なくとも診断書代は出してくれるみたいだし。

手続きに対応してくれた方から、そもそもの疑問を提示される。
『ケガですか?』
・・・ケガ・・・ではない・・・。
『病気ですか?』
病気・・・?
まあ・・・ケガか病気かと言われれば・・・病気?
先天的な奇形を治療したって感じ?
どう説明したらわかってもらえるのだろう・・・。

色々聞きだして、カウンターに引っ込むが、色々問い合わせている気配。
どうなのかな〜。
微妙なのかな〜。
しかし長いな〜。

かれこれ30分待たされて、何とか受付票をゲット。
『疾病』ってことにしときました。
さて、これでいくら出るのかしら。
最悪なのは診断書代のみ。
入院が認められたらかかった金額の6割くらいは返ってくる。
更に手術が認められれば9割返ってくる。
更に更に、この手術の段階が上であればプラスになる・・・が、これはないな。

よく、保険でプラスになった〜とかいう声を聞いて羨ましく思うのですが・・・。
どうやら私は適応されそうにない。
早く働きたい・・・。


 < 過去  INDEX