だいありー

2017年11月26日(日) ボスのこと 2

ボスが最初に大量に鼻血が出た時、
東部病院の救急で若い医師(恐らく専門外)が
いました。
なんと、この医師が止血するのに脱脂綿を鼻に
大量に突っ込んだんです。
確かに止血するにはそれしか方法がないんですが、
この医師が入れたのは鼻専用ではなかったんです。
鼻は穴が丸いんですから円柱型の脱脂綿を入れるのが
普通です。
ところが消しゴムのような角ばった脱脂綿を奥まで
突っ込んだ
んですよ。
これによってまず、角で傷つけられてしまいました。
脱脂綿が血で膨張しても、形は四角いまま。
血液サラサラの薬を飲んでいるのだから血が出れば
止まるわけがありません。
それでも脱脂綿が膨張して血を吸わなくなるまでは
血が出ませんでした。
ともかく東部では夜中に脱脂綿で止血した後、

「自分は専門外だから明日の朝、また来て
耳鼻咽喉科を受診して」


って言われました。
・・・脱脂綿を入れてもすぐに血が止まったわけじゃ
ないんだそうで、手術した人が痰を出すための
ビーン型のピンクの小さな洗面器を病院で
貸してもらえるでしょう。
それを借りたんだけど、みるみるうちに血で
いっぱいになっちゃうんですよ。(@◇@)
なのに、

”自分は担当じゃないから明日来い”だぁ?
ふざけてんのかお前!

ですよね。
確かに救急の夜間の担当をしている医者は
殆どが研修医もしくは研修医レベルでアルバイトだと
聞いたことがあります。
でも夜中に病院から放り出されてもタクシーって
実は夜中は止まってない無いことが殆ど。
タクシーのドライバーだって仕事しないと
なりませんから病院にずっといても客は見込めない。
朝方にちょっと数台来てみるという状況でしょう。

翌日に病院に行ったんだけど、検査の予約すら
入れてくれなかったそう。
それで個人病院の耳鼻科に行きました。
その時に医者から

「あ〜あ〜、ダメだよ、こんなの入れたら。
誰が入れたんだよ、鼻の中が傷だらけだよ」


って言って円柱型の脱脂綿を入れ替えてくれました。
ところがこの医者がなんと、

「あんた、蓄膿症だから手術しなきゃだめだよ。
3月にやろう」


と言って勝手に来年3月に勝手に手術の予定を
組んでしまいました。
その話を聞いてちょっとその病院は辞めた方がいいと
ぱんちゃんもママさんも、旅行仲間達も皆が反対。
それでボスも手術を断るつもりでいました。

次に2度目の鼻血が出た時はやはり夜中でタクシーで
川崎市の生田にある聖マリアンナ医科大学付属病院の
救急に8,000円もかけて行きましたが、
結局は東部病院と同じで止血のみで帰ってくることに。

3度目に夜中に大量に出血した際には、東部ではどうせ
ダメだろうという事で潮田病院に行きました。
その時にはもう顔に血豆が出来ていたんです。
それを見て潮田病院の医師が直ぐに顔の帯状疱疹だと
見抜いて薬を出してくれました。
それまで物が2重に見えるという事もあって、
帯状疱疹が原因だとずっと私たちもボス本人も
思っていたんです。
でも、前回書いたように、途中でちょっと
良くなったからと飲むのを辞めたりして、3日後に
再開したけれど、それ以来あまりよくなってないようで。
それというのも2重に物が見えるという症状が治って
いないからなんだけれど。
それで飲み終わってから先生に

「強い薬はもう出せないため、弱い薬しか処方
出来ません」


って言われたそうで、弱い薬を飲んでもいました。
しばらくは帯状疱疹を見つけてくれた事もあって
通っていたんだけれど、また鼻血が出た時に
桜木町の救急クリニックだかにも行ったんだけど
夜中まではやってなくて診て貰えず。
ぱんちゃんが「鼻血ポン」の男性用を買って
あげていたので自分で突っ込んでいたんだけど、
東部に駆け込んで取り敢えずは止血だけして
貰いました。

11月3日から2泊3日でぱんちゃん達は
ボスと一緒に千葉県の九十九里浜へ旅行に
行ったんだけど、一緒に行った女性の1人は風邪から
気管支炎を持っていて咳はすごいわ、具合は悪いわ、
薬を飲むと眠いわで、ボスの状態も良くないことも
あってどこにも宿から出ず部屋でゴロゴロして
いました。
それでも心配していた鼻血も出ず、帰って来て
デニーズで遅めの昼食を摂り解散しました。
ボスも自宅でゆっくり休めば良いと思っていたんですが、
別れてから2時間後、ママの彼氏が我が家に居て、
携帯が鳴りボスからでした。
やはり鼻血が大量に出たというのです。

それでママさんも一緒になってママさんの彼氏の
運転でボスの家に。
夕方だから奥さんや息子(2軒隣に住んでいる)、
病気だけど男と遊びに出かける娘もボスの家に
帰って来ているため、着いて行ってあげればいいのに
知らん顔。
それで先ずは潮田に行ったら潮田病院からは

「うちでは対処できない」

と言われてしまい、止血して貰えず。



・・・え?


この間止血してくれたよね?
なんで今更?

でした。
そこで横浜市でやっているサービスで
「救急ホットライン」に電話して症状を伝えると、
ぱんちゃんが通ってるみなとみらいの
 ”けいゆう病院”を紹介してくれ、
電話を繋いだまま別の電話から病院に電話を
入れてくれました。
病院からは

「いらっしゃい」

と言われ、あんなに勧めたのに今までの病院に
義理立てて「遠いから」という理由を付けて
行かなかったのに結局行くことになりました。
病院では既に専門医(耳鼻咽喉科)の先生が
待っていました。
けいゆう病院には医師の寮がありません。
その代り病院の近くに住まいを借りると住宅手当が
最高10万円まで出ます。
みなとみらいは今は会社のビルと共に高層マンション
も多く建っていて、投資家がマンションを買って
人に部屋を貸している人が多い。
ワンルームで23万円(5年前)と聞いたことが
あります。
10万円の補助が出れば13万円・・・まぁ何とか
住めるんじゃないですかね。
そのせいでしょうか、若い先生は近くに住んでいるから
救急が来ると呼ばれるみたいです。

つづく


 < 過去  INDEX  


ぱんな(Panna) [MAIL] [BBS]