だいありー

2018年05月20日(日) 日に日に悪化しているボス

ボスの左目が潰れてしまいました。
癌が左目の神経に触っているせいです。
段々左目の瞼が落ちて来てはいたんですが、
それでも視力はまだありました。
それから1週間後、瞼が自力では開かなくなり、
更に2週間後の今は視力も失いました。
医師に不便だから何とかしてくれと聞いてみると、
頭や顔はたくさんの神経が集まっているため、
外科的手術は不可能だといいます。
更に、放射線も今はピンポイントで出来るとは
いうものの、それらの機械を導入している病院は
限られています。
さらに、本当にピンポイントで放射線が癌に届くか
どうかは判らないのだそう。
もしかしたら外れて別の何でもない細胞に当たって
ダメージが大きく出ることの方が危険だというのです。
だから主治医は


諦めてください


と言ったそう。
でも・・・ボスの場合、どこに転移するか判らない
難しい癌(癌の転移はみんなそうだけど)なので、
右目だって転移しないとは言えません。
もしも右目にも転移してしまったら視力があるのに
両目の瞼が開かないが故に盲目になってしまいます。
でも、左目は手で瞼を開いてももう視力が無いそう
ですから視力の神経も癌が触って圧迫しているのでしょう。
癌さえ取れれば視力は回復し、瞼も自力で開ける事が
出来るのに。

医師も治療に踏み切るのが怖いのでしょう。
それは理解できます。
別の個所を傷つけてしまったら・・・と思うとね。
日に日に衰えて来ていて、家族がバラバラなのだから
本人も諦めて受けて現状でもありますが、
それでも家族がもう少し協力的で、
食事や傍についてあげる優しさがあれば
もうちょっとはボスも気が晴れるのではないかと
ぱんちゃんも、ぱんちゃんママもお友達たちや
ママさんの彼氏も皆が皆、思っています。

元々野菜やお肉などもそう食べない偏食なボスなので、
野菜を摂るように工夫してあげればいいのに・・・と
思うのです。

嫌いならそれでいい、だったら外で好きなものを食べて来な!

今までがそうだったから、今もそう。
癌になってもそんな調子です。
ボスを見ていると、カロリーがあっても栄養はあまり・・・
というものを食べています。
今日は日曜日だったので、一緒にランチを食べに行きました。
ファミレスに行ったのですが、野菜を煮込んでペースト
になってルーに入れているようなカレーや野菜カレーの
ようなものではなくて、フレンチトーストを食べたんですね。
確かに卵や粉糖、バターを使っていますからカロリーもあり、
栄養も無いとは言いませんが野菜やビタミン群は摂れません。
スープもコーンスープは好きですが、更に栄養がある
クラムチャウダーやミネストローネは嫌い。
・・・野菜が入っていますからね、特にミネストローネは
露骨です(笑)

・・・いや、笑いごとじゃないんだけれども。

頑張って長生きして欲しいのですよ、ぱんちゃんは。






ボス、ガンバレ!



 < 過去  INDEX  


ぱんな(Panna) [MAIL] [BBS]