独り言


2015年08月28日(金) 稲穂

自分で播いた種を、刈る時がきたのだ。

誰のせいでもない。播いたのは自分なのだから。


よくもまあしっかりと実り、こうべを垂れた稲穂は、

畦を超えてどこまでも広がっている様に思え、

少しずつ刈り始めてはみたものの、

一向に楽にはならない。




心苦しく、疲労に追われ、

どろどろに溶け落ちながら稲穂刈りをする私を、

今日もまた恥が上塗っていく。


でも、やめるわけにはいかないのだ。



いづれこの稲穂が、

黄金色に輝くこの稲穂が、

私の生命を前進させる糧となることを信じ、

私は、私のまいた種を刈り取っていく。



そう、やめるわけにはいかないのだ。


2015年08月27日(木) 定義

地にひれ伏す

それは、とても難しく、恥ずべき行為


の様




だが


そこから、本当の生が始まる




ついた手のひら

ついた膝から



新しい根が

本物の根が

恥ずべき根が

コンクリートを突き破り



弱弱しく

動き始める




正しいことなどない

この世は間違いだらけ


だが

それは間違いなく正しいことで
唯一の正義だと受け入れることが


金輪際唯一の



間違いなく正しい定義なのだ


2015年08月26日(水) 言葉

言葉





言 と 葉



N P K  は  言  は 想い



それで



葉を茂らせる




その葉は濃い緑色をしているが、それはただ葉であるだけではなく、もちろんただ葉であるだけの存在でもあるのだが、しかしそれは違う。


それは 遠い 想い なのである

とても 遠い 想い に



他ならないので





ある。


yok |HomePage

My追加