READING THINKING WAITING
DiaryINDEXpast


2017年10月22日(日) イザベル・カンピオン先生によるピアノを弾く身体の使い方講座2017

イザベル・カンピオン先生をラ・パレットにお招きするのは3度目でしたが、回を重ねるごとに興味を持ってご参加くださる皆様が増え、カンピオン先生の考えが広まるのを実感し嬉しく思いました。
あいにく台風直撃のタイミングでしたが、講座を行ったanoano音楽堂内は満席。聴講される皆様の熱気は、外の気候を忘れさせるものでした。

今回、レッスンを受けた生徒さんは二人。
一人目の中学生の生徒さんの課題は、指が鍵盤と十分にコンタクトしていないために思うような演奏ができないというものでした。
これに対してカンピオン先生がご指導くださったのは、演奏を始める際に鍵盤に手をどのように乗せるか…でした。
椅子にどのように座り、肩甲骨のポジションをどうするか、鍵盤に手を乗せる前の腕の状態はどのようにあるべきか…と一つ一つやっていって、最後に手を乗せて弾き始めると、指先がぴったり鍵盤に乗って安定した芯のある音が鳴りだしました。

もう一人の生徒さんは、大学生。
この生徒さんは、6月のジャン=マルク・ルイサダ先生のマスタークラスを受講され、f(フォルテ)の出し方について詳細なご指導を受けていました。
今回は、ルイサダ先生にも信頼されているカンピオン先生に、身体の使いかたにフォーカスしてご指導をいただくためにご参加いただきました。
こちらのケースでもやはり、身体の支えと力をどうロスなくピアノに伝えるか…がご指導のポイントとなりました。
その上で、カンピオン先生のアドヴァイスに沿って繰り返し弾いていくと、素晴らしい音がピアノから鳴り出したのです。
本当に素晴らしかったのでカンピオン先生が講座終了後に
「こういう講座をやるといつも最後には生徒さんは素晴らしい音になるのだけれど、彼女は私が期待した以上に本当に素晴らしい音を出したわね」
とおっしゃっていました。

そして私が感激したのは、これらの講座の間、聴講されていた皆様が殆ど背もたれに背中を付ける事なく身を乗り出し、カンピオン先生が一つの動きをご指導される度にそれを試し、メモを取られる方も大勢いて、熱い熱いものだったことです。
私だけでなく、カンピオン先生もこの雰囲気に大変喜んでいらっしゃいました。

カンピオン先生は、ご指導くださる内容が素晴らしいだけでなく、人間的にもとても温かく、なかなか思うようにならない身体の使い方についての実践する時にも、生徒さんが前向きな気持ちで取り組むことができ、その点も本当に素晴らしいと思います。
音楽に携わる一人として、この点もとても勉強になりました。

最後になりましたが、準備の段階から多大なご協力をいただいた通訳の中島彩さま、この講座の企画にご協力くださったコンセール・パリ。トーキョウさまに感謝し、厚くお礼申し上げます。


2017年09月14日(木) anoano音楽堂までの道案内

2017年10月22日(日)に行う音楽家のための運動療法士イザベル・カンピオン先生の講座を行う、anoano音楽堂までJR大塚駅からの行き方です。

スマホで調べると、間違った地図が出るようなので、こちらを参考になさってください。

JR大塚駅を降りたら、南口に出ます。




南口を出たら左方向に進んでください。



突き当りを右折します。『ひょうたん島』というパチンコ屋が目印です。



しばらく道沿いに進むとコンビニ『サンクス』があります。



サンクスの隣には喫茶『コロラド』があります。
ここを左折します。



道を曲がってすぐの左手に『anoano音楽堂』はあります。



入り口を入ると、ステキな空間が広がっています!


2017年07月30日(日) 伊藤隆之先生の公開レッスン 第2回

13:10〜 バルトーク:ミクロコスモス 28
パッヘルベル:フーガ
クレメンティ:ソナチネ Op.36-1 第2楽章 第3楽章

14:10〜 チェルニー:30番練習曲 8
J.S.バッハ:インヴェンション 8
クレメンティ:ソナチネ Op.36-2 第2楽章 第3楽章

15:10〜15:30(休憩)

15:30〜 J.S.バッハ:平均律第1巻 6
ショパン:練習曲 Op.10-5

16:30〜 ドビュッシー:12の練習曲 11 組み合わされたアルベジオ
サン・サーンス:アレグロ・アパッショナータ
ストラヴィンスキー:4つの練習曲 Op.7 4

17:30〜 ショパン:幻想曲 Op.49


2017年06月16日(金) ジャン=マルク・ルイサダ マスタークラス2017 プログラム

ラ・パレットでは、2006年、2014年と2度、ジャン=マルク・ルイサダ先生のマスタークラスを開催し、そのご縁から、今回、ルイサダ先生のマスタークラスをしませんか?…とお誘いいただき、3回目のマスタークラスを行うことになりました。
第1回、第2回は、北川正先生のお力をお借りして、生徒さんの準備万端にルイサダ先生をお迎えする事ができたのですが、今回は、北川先生のお力を借りることができない状況で、しかも準備期間も短く、果たしてルイサダ先生にご満足いただけるマスタークラスとなるか、出来る限りの準備はいたしましたが、当日を迎えるまでとても心配でした。、
蓋を開けてみると、ルイサダ先生の圧倒的に美しい音楽と温かいお人柄、通訳をしてくださったピアニスト伊予田裕子さんがルイサダ先生との素晴らしいコミュニケーションと分かりやすい日本語でお話くださったのもあり、そして生徒さんたちの熱心な集中力で、とても良い雰囲気のマスタークラスとなりました。

レッスンでは、それぞれの部分で手や身体をどのように使って音楽を作っていくか、素晴らしい実演を伴ってご指導くださり、どうやってその音楽を自分のものにするか、プロフェッショナルの準備の仕方…などのお話もしてくださいました。
何よりも素晴らしかったのは、ルイサダ先生がホンの少し弾いてくださるだけで、聴いている私たちもその音楽がどのようにあるべきか瞬時に明確にわかるのです。
そして、聴講された方はホールで聴こえるあの音がピアノの間近ではどのように聴こえるか、受講された方はピアノの前でどのように鳴らされどのように聴こえるのか、実感を持って接する事ができたと思います。

ルイサダ先生とはこのマスタークラスについて後日お話する機会があったのですが、“très beau master class!(とても美しいマスタークラス)”とおっしゃってくださり、ルイサダ先生もこのマスタークラスをとても気に入ってくださったようでした。

取り上げた曲目は下記の通り。
夢のような一日でした。

********************************************

13:00〜 ラヴェル 『鏡』より 洋上の小舟
Ravel miroirs Une barque sur l'océan

14:10〜 モーツァルト きらきら星変奏曲
Mozarto 12 Variotionen über ein Französisches Lied "Ah!vous dirai-je, Maman" C Moll K265

15:10〜15:30 休憩 intermission

15:30〜 ショパン スケルツォ 第2番 変ロ短調 作品31
Chopin Scherzo No.2 b-moll Op.31

16:40〜 ショパン ピアノ協奏曲 第2番 ヘ長調 作品21 第1楽章
Chopin Concerto pour piano et orchestra f-moll Op.21

********************************************

写真は、講座が全て終わってルイサダ先生が受講生にポーズをつけて撮った一枚。
感動がよみがえります。


2017年05月14日(日) 第1回 伊藤隆之先生の公開レッスン

伊藤先生を初めて知ったのは北川先生からでした。
良いピアニストなのでコンサートをやりたいのだけれど手伝ってくれないかという事で、準備の一部をお手伝いしました。
私の大好きな作曲家ドビュッシーのスペシャリストで、そのコンサートもオールドビュッシーのものでしたので喜んでお手伝いさせていただきました。
コンサートではドビュッシーについての伊藤先生の造形の深さと、それでいて分かりやすい内容が印象に残りました。

その後、去年になってレッスンをお願いしたのですが、レッスンでは穏やかなお話と、確かな演奏、そしてフランスの音楽の伝統に基づくご指導に感激し、是非とも公開レッスンを…とお願いして実現にこぎつけました。

伊藤先生は現在、ドビュッシーのピアノ曲全曲レコーディングに挑まれており、3月にも5枚目となるCDの録音に取り組まれていました。
そのオーガナイズがフランス式(!)で終わってみないとどうなるかわからない…ということで、すべてが終わった3月の下旬からこの公開レッスンの企画を具体的に決め始めました。
そういう訳で、この日の公開レッスンは長い構想期間と短い準備期間を経て実現することとなりました。

当日取り上げられた曲目は以下の通りです。

**********************************************************
小4
チェルニー30番 1番
パッヘルベル:フーガ (プレインベンション)
チャイコフスキー:『こどものためのアルバム』より マズルカ
小3
キルンベルガ― :バレエ
クレメンティ:ソナチネop36-4 1楽章
マイカパル:こもりうた op28-15
ショスタコーヴィチ:ぜんまいじかけのお人形

中2
ベートーヴェン:ピアノソナタ 第5番 Op.10-1 第1楽章
ドビュッシー:『子供の領分』より ゴリウォグのケークウォーク

成人
ショパン:スケルツォ3番

成人
ベートーヴェン:ピアノソナタ 第26番 Op.81a 『告別』
*************************************************************

この日の公開レッスンで伊藤先生はこれらすべての曲について完璧なお手本を示してくださいました。
聴講された方からは「あの曲があんなに良い曲だったなんて!」という感嘆の声が聞かれました。
ちなみにこれは公開レッスンだからではなく、伊藤先生から伺ったところによると、今回のご帰国でレッスンされた曲は50曲。その全てをお手本を示してご指導されたとか。
まさに、音楽を持って音楽を教えてくださるレッスンでした。

まず印象に残ったのは、最初の生徒さんの最初の曲、チェルニー30番の1番のレッスンで、ピアノを弾くのにあるべき手の使い方について、お子さんにもわかる表現で丁寧に説明されていたことです。
その内容は今まで何度か講座をさせていただいた音楽家のための運動療法士イザベル・カンピオンさんのお話とも一致するものでしたが、伊藤先生の説明はより具体的で、小さなお子さんにもわかる表現だと思いました。
伊藤先生の丁寧な説明と、実演を繰り返し見せてくださるレッスンで、生徒さんの音はどんどん響きのあるものになっていき、感動的でした。

レッスン中、伊藤先生はエコールノルマルの大学院を卒業したようなピアニストを対象に『メトードローズ』を題材にピアノの奏法について学ぶメソッドをお持ちだというお話もしてくださいました。
3年くらい続けると、奏法が改善されるそうで、そういうレッスンもとても興味深く感じました。

伊藤先生のレッスンのもう一つの特徴は、パリに伝わるで伝統を私たちに伝えてくださる点です。
楽譜をどう読むかとか指使いなどもありますが、この日、”ゴリウォグのケークウォーク”のレッスンで、この物語の主人公のゴリーちゃんが2000年近くまでイギリスのビスケットのキャラクターとして現役だったと伺い、驚くとともに、本当に生きた文化を感じることができて感激でした。

他にもたくさんの音楽的感動があり、充実した6時間の公開レッスンでした。

次回、まだいつになるかは決まっていませんが、鋭意企画中です。


♪ |MAILHomePage

My追加