感想メモ

2017年10月10日(火) ハッチとマーロウ  青山七恵


青山七恵 小学館 2017

STORY:
双子のハッチとマーロウは作家の母と3人暮らし。11歳の誕生日、母が大人を卒業することを宣言。母は仕事も家事も放棄して、2人は自分たちで色々なことをするようになるが…。

感想:
 ハッチとマーロウの双子はおしゃれが好きでかわいい女の子。ある日、母が大人を卒業することを宣言し、何もしなくなったから、さあ大変。

 二人は料理を作ったり、様々なことを二人で工夫してする。

 新しい友達ができたり、よく知らない自分たちの父親のことを勘ぐったり…。

 それなりに面白くはあったけれど…一番ひっかかったのは、このお母さんかな。うつ病とかで、ひきこもり&育児放棄なのかなーとかとも思ったり。

 でも、最後の方で、「ママはだらだらしたかったけれど、やっぱりできなかった」というようなセリフがあって、となると、病気ではなく、色々考えないように自らしていたけれど、うまくいかなかったってことなのかなー…?

 大人の視点から見ると、結構この家って複雑だよなって思ってしまう話だった。


 < 過去  INDEX  


サーチ:
キーワード:
Amazon.co.jpアソシエイト
ゆうまま [MAIL]