感想メモ

2017年04月25日(火) 蜜蜂と遠雷  恩田陸


恩田陸 幻冬舎 2016

STORY:
毎回注目される芳ヶ江国際ピアノコンクール。このコンクールに出場することになった塵、亜夜、マサル、明石の4人。それぞれピアノに対する情熱も環境も違う4人。誰が優勝するのだろうか?

感想:
 直木賞受賞、そして、本屋大賞受賞というW受賞をした作品。さらに音楽コンクールの話ということで、楽しみに読もうと思ったのだが、かなりの分厚さに結構たじろいだ。

 最近、本を読む時間があまり取れず、この作品も、本当は連続して一気に読む方がいいのだろうけれど、時間が開きながら読む感じになってしまい、その点で少し乗れなかったかもしれない。

 面白い話ではあったとは思うのだが、やはり音楽を文章で表現するのは難しいような気もしてしまった。

 というのは、自分は感性がないせいかもしれないが、誰かの曲を聞いていて、風景が思い浮かぶとか…あんまりないし、そんなものなのかなーとちょっと思ってしまったせいかもしれない。

 期待が大きすぎたのかな。少し拍子抜けな感じもするような…。

 普通に面白いけれど、もっと面白いものを想像してしまっていたというかね…。


 < 過去  INDEX  


サーチ:
キーワード:
Amazon.co.jpアソシエイト
ゆうまま [MAIL]