もくじ←昔のを読む

2017年09月10日(日) さて片付けるか

家事のやる気スイッチの話。


家事、好きじゃないですねー。
私の「好きなこと」の定義は「気づいたらやっちゃってること」なんですけども、
家事を「気づいたらやっちゃってる」なんてことは生まれてこのかた一度もない。
気づいたら漫画を立ったまま何巻も読んでる、なんてことはしょっちゅうなんですけども。
あと鼻歌とか、意味もなく躍るとか、そういうのは好き。


でも「家事をやってる自分」は好きなんだな。
あと、家事をやったときの達成感。
ふだんやらない分、すごい。


それに、家事をまめにやるってのはやっぱ憧れなので、
まあそんなに家中ピッカピカとかピシッと整理整頓されてるとか
料理がもうものすごい美味しいとか、そこまでいかなくていんですけど
「いつも片付いてないことにゲンナリ」ってのは極力なくしたい。


まあ、片付けたそばから子どもが散らかしてはいくんですけど。
「おうちに片付けてくださいませんか」と頼めば片付けてくれるようになったのでラクはラク。

えーと。


で、まあ、家事のやる気スイッチがね、
私の場合、「シャーリー」なんですよ。
漫画。森薫の。メイド漫画「シャーリー」。

あのちっこいシャーリーがこまごま働いてる画を思い出すと、
私も手を動かしたい、という気持ちが湧いてくるんです。

俺はどこまで漫画に影響されてるんだ。
知識の大半はあさりちゃん由来です。
そういえば昨日は重陽の節句でしたね。栗を食べる日だよ。


なもんでね、家事のやる気スイッチとして、
「メイドエプロンで家事をやりたい」
って思ったんですよ。

まあもっと言うなら「メイド服着て家事やりたい」なんですけど、
うちいろんな宅配便来ることが多いんで、メイド服で出てけないし、
子どもの情操教育的にもいかがかと思うし、
そもそもメイド服着て家事やってるヤツってヤバいだろと思うので
それは思いとどまるとして。


エプロンね。
これ、しめるとけっこうスイッチ切り替わるんで好きなんですけど、
よりメイドっぽいエプロンをつけたいと思いまして。

コスプレっぽいメイドエプロンも探してみたんですけど、
結局このふつうの白いレースのエプロン買いました。フランフランで。

しめるとなかなかいい感じ。テンションあがります。
シャーリーを思い出してはセコセコと手を動かします。
白なんでマメに漂白しながら大事に使います。

そのうちこの白いレースの三角巾とか買い出すかもしれない。



2017年09月05日(火) らいんらいぶって初めてみた

「さしめし」ってタイトルで食わせんのマックて。
驚愕したわ。

こんにちは。暑いんだか寒いんだか。

ついったーで実生活のことをつぶやかなくなってから
えーと、どんぐらい経つ?2ヶ月?は経ってない?でもそんぐらい?
だそうです(他人事)。

未だに何かつまんないことをつぶやこうとするクセが抜けません。

可愛い座布団カバー買ったとか。
小玉スイカを2日で全部ひとりで食い尽くしたとか。
さよなら絶望先生をついに全巻揃えちゃったとか。
ギザ郎がいつのまにか勝手に歌ったり踊ったり文章読んだり英語喋ったり
一人何役もしながら一人遊びしてるとか。

つまんないことっつーか、俺だけが楽しいことっつーか。
でもまあ、つぶやこうとするクセが抜けないだけで、
つぶやきはしないようになってきました。

かわりにフォロー数が増えた。
芸能人とか増やした。
ついったーが自分編集の小冊子みたいになってきましたが、
まあこれはこれでいいんじゃないかと思ってます。

---------

ああ、LINE LIVEとかって、要するに視聴者とコメントのやりとりするのが基本なのね。
つーか次はもうちょっとサクラ混ぜれよ。

「くっつきすぎー」ってお前。しょうがないじゃん画面におさまんないんだから。

---------


えーと。
そうそう、私は小玉スイカを2日で食い尽くしました。

スイカが好きで好きで。
夏らしいことするのとか面倒くさいんであんましないんですが、
それでもスイカだけは毎年食べる。
家族の中でスイカが好きなの、俺だけだけど、食べる。

「乙嫁語り」の7巻だかどっかで、おっぱいがでっかい猫みたいな女性が
「スイカを一人でぜんぶ食べるのが贅沢で好き」つってましたけど、
あれがすごくよくわかります。

---------


昨日は「さよなら絶望先生」を全巻買い尽くしました(電子で)。
その前は「せっかち伯爵」と「かくしごと」も買い尽くしました。
「かくしごと」まだ終わってないから買い尽くしてないけど。


1話完結型のまんがを買い尽くすクセがあります。
特にネームの時期とかになると顕著になります。
買ってるの2冊ずつとかなのに、すーぐ尽きる。
おかねも尽きる。

「境界のRINNE」なんかとっくに買い尽くしたよ。
アニメ追い越したよ。

「ぼのぼの」はまだ買い尽くしてません。
「ぼのちゃん」は買い尽くしてるけど。

---------

タモリ倶楽部に浦沢直樹が出てると、一瞬「岸田繁?」と思う。

スイッチで浦沢直樹が何かいいこと言ったとついったーで読みました。
私はそれを林檎ちゃんの「♪いつーもー言葉はー嘘を孕んでいるー」とだいたい同じ意味だと解釈しました。
人とは言葉だけでやりとりしないほうがいいよ。
だからこそ言葉を選ぼうとか、言葉を尽くそうっていう気持ちが生まれるんだよ。



2017年08月06日(日) よっこらセカオワ

さっき手紙出してきた。

友人から引っ越しのお知らせをハガキでもらったので、
その返事を書いてポストに出してきた。
で、その数時間前にも、義母に誕生日祝いの手紙をポストに出してきた。

それでさっき初めて、もしかしたら俺、手紙書いて出すの好きなのか?と思った。

便せんと封筒と切手をきらすの、落ち着かないし。
多少高くても、気に入った便せんと封筒買うとテンションあがるし。
おめでとうとかありがとうとか書いたらあとは
なんかしょーもないことを書くのも嫌いじゃないし。
ペンだから書き直しほとんどしないのもなんかスリルあるし。
切手貼るのも好きだし、つーかその切手も自分で作ったものだし、
ポストに投函したときは達成感があるし。

好きなんだろうな。手紙出すの。
なんつーか、「手紙を出す」っていう行為って、「手紙を出す」以外に汎用性がないところがいい。
便せんと封筒も、手紙出す以外にはほとんど使えないし、
切手も手紙送る以外にほとんど使い道ないし、
ポストなんて手紙送る以外に使えないし、つーか使っちゃいけないとこあるし。
それにしか使えないってのがいい。
でもって、かさばらないのがいい。

こないだここで書いた、ラジオつきカセットプレイヤーもたぶん
それでしか使えないから好きなんだろうな。
iPadだと他にいろいろ、それこそメールだって送れるし、汎用性抜群だし、
まあそういうのもすごい好きなんだけど、逆のも好きなんだな。
かさばらなければどっちでもいい。

でも俺はミニマリストではないです。
部屋はいつも汚い。まあそれは、俺が散らかしてるんじゃないんだけども。
着れるダンボーがあるおかげで収納スペースがかさばってるけど、捨てないし。

----------

つい最近、西尾維新対談集「本題」の文庫版を買ったんですけどね、電子がなかったから。
読みかけのを再開するとき、ついタブレットを開いてから「あ、違えや、紙だわ」つって読みました。
ほんとにどっちでもいいんだなあ、と思いました。
そしてこないだ本屋さんで、
辻村深月「光待つ場所へ」と森見登美彦「新訳走れメロス」を文庫で買いました。
たまたまギーに本を買ってやるついでに買ったので、別に電子でもよかったし、どっちでもいいなあとやっぱり思う。
どっちにしろあっというまに読み終わっちゃうしなあ。面白いから。
光待つ場所へも面白かった。チハラトーコの話がいいなあ。信念をもってコツコツ続けてきたものがとっさの場面で役に立つという展開が好きです。
ただ、電子のほうが安いってのは、それはどうなのかとは思うけども。印税も安くなっちゃうのでは。
同じ値段でもいいんじゃないかな。そろそろ。

----------


橋本環奈ちゃんて安達祐実に似てる。
可愛い。
渡部篤郎と共演してる、動物マニアの刑事役のドラマ観て
「うわなんだこれすげえ可愛いなー」って言ったらそれが橋本環奈ちゃんだということを初めて知った。
これが千年に一人の美少女か!確かにな!

あと今さらながら芦田愛菜ちゃんって可愛いなと思うけど、
あんな可愛い子どもが悲惨な目に遭うドラマなんて観られない。
うさぎドロップが限界かなー。
山田孝之のカンヌのやつも観たいなー。
どれもこれも見逃してる。

2017年08月03日(木) きていちゃんとしなもんくん

ギザ郎のサンリオ好きがとどまるところを知らない。


先日、これ↑を買ってやったら案の定大喜びしました。



また別の日、ババン(グリコ母)にはこれ↑をねだったそうです。
曰く、「かわいー♡これかわいーねー♡」。
結局は買わずに別のモノを買ってもらったようですが。


高ぇな。女子力。


でも同時に「ギザ郎は強いんだ!」「ギザ郎は早いんだ!」と、
漢らしいセリフも吐くので面白いな、と思いました。

まあ、ボクシングの内藤も女装が好きだって言ってたしな。
友達にもサンリオ男子が何人かいるので、
たぶん「かわいー♡」はごく自然な感情なんでしょうね。


ていうか、かわいい女の子が好きだしね。男性は。
サンリオキャラとか好きで当然だよね。


2017年07月27日(木) グッズも実際に作ったことがある

ここの日記のタイトル変えた。
もようがえ気分。

「mixer Juicies」になりました。
「みきさー じゅーしーず」と読みます。
ついでにHN部分も変えた。
代表取締役になったよ。


「mixer Juicies」というのは
私が考えた架空のアパレルブランド「mixer」の展開ブランドです。
カラフルなフルーツモチーフのデザインが多いのが特徴。
mixerのほうはモノトーンが基調色。


何いってんだって感じですが
実際そうなんだから仕方ない。
たぶん「ご近所物語」のハッピーベリーが
強烈に印象に残って、その残滓が発露したんでしょうね。
これ考えたの確かハタチそこそこになってからですけどね。
痛々しいって言うな。


ここで長いこと使ってる、タイトルと背景画像の土星っぽいマークが
「mixer」のロゴマークです。
ヴィヴィアンとBEAMSからなんとなくパクったわけではありません。
私は土星が好きなのです。小学校の時に望遠鏡で見たから。


そいでもってmixerの洋服、漫画でよく登場人物に着せたりしています。



↑このブーツがmixer。
かかと部分にロゴがあります。




↑このTシャツもそう。
 たしかパンツもそのつもりで描いたな。なんか面倒臭そうなベルトついてるし。




↑mixer Juiciesはハデな色柄が多いのでミヤモトがよく着てます。





痛々しいっていうな。


mixer代表取締役

My追加