笑う角に光りあれ...オレステス・デストラーデ

 

 

白痴群 - 2020年09月10日(木)

先週抜いた虫歯まみれの親知らず痕に、あらゆる食べ滓が挟まる。
米粒、麺の切れ端、納豆粒。
鈍い痛みと、異物が挟まる不快感に苛まされ、ただただ苦痛である。

私の口腔内にはあと21本の虫歯が治療を待っている。
苦痛だ。

治療を受けると飲食を楽しむことができない。
それがどれほど苦痛か初めて知った。



-



 

 

 

 

ふりだしへ
ありしの君へ

 Home