笑う角に光りあれ...オレステス・デストラーデ

 

 

I don't have my punk - 2019年08月24日(土)

北九州の古い友人たちがライブで上京すると聞き、久方ぶりにアンダーグラウンドなライブを見に行く。

道中、恒例のブックオフ巡り、未訪の飲み屋巡りを兼ねて御徒町で途中下車。
意気揚々と目当ての店のドアを開くと、何と目の前にそのバンドマンたちがいるではないか。
こんな再会があるもんだ!と喜んだのも束の間、よく目を凝らすとその界隈で知らない者はいないかの重鎮もいるではないか。

頭の中で喜びが急速に萎んでいくのを感じていると、彼が企画するツアーの告知とそのメインアクトのCDの押し売りが始まる。
ああこの人は全然変わっていないんだな、むしろ風貌までリアルパンクスに近づいているではないか。

最初は断るための方便を考えていたものの、この不毛なやり取りから解放されるならば500円などくれてやる、そう思って「出会いに乾杯」とか言いながらCDを購入する。
ごめんなさい、一生聴くことのないゴミが増えてしまった。

店を出て、今日の会場を知らないメンバーを連れて、二駅ほど山手線沿いを歩く。
アメ横は相変わらず人種の坩堝のような賑わいだ。
重そうな彼らの機材を少し持ちながら、久しぶりの会話を交わす。
大した内容はなかったけれど、かつてはこうやっていろんなバンドマンたちと、いろんな話をしてたんだよな、と変な感慨に浸ってしまった。
電車だって、いや、タクシーだってそんなに躊躇なく乗れるようになったのに、こうやって歩きを選択している時点で何だかタイムスリップしているようだった。

会場にメンバーを送り、飲み直すべく駅前のささのやに。
ここは前から行きたかった店で、前情報通り焼き台からもうもうと煙が噴き出すオープンエアーな佇まい、自由に焼きたてをつまめるスタイル、そして70円とは思えない味、すべて最高な店だった。
また立ち寄ろう。

ライブハウスに戻ってライブを見る。
いいライブを何個か見ることができた。
ただ、それ以上の感想は正直ない。

ライブ後、少しだけメンバーと話し、もう1店行きたかった信濃路に寄る。
もうだいぶ酔っ払っていたので、雰囲気を少しだけ感じて帰宅。


-



 

 

 

 

ふりだしへ
ありしの君へ

 Home