笑う角に光りあれ...オレステス・デストラーデ

 

 

La Vie en Rose - 2019年11月20日(水)

週明け早々、風邪の気配が現れるも、いつもの調子で早めに眠りに入り、これまた早朝からの会社イベントに備えて早く起床した火曜日の朝のこと。
最寄り駅に向かうその道すがらから、あまり調子が上向いていないことには気付いていたが、いつものことと電車に乗り込んで数分後。
スマホを眺めるのがキツくなり、込み上げてくる熱気にキツくなり、あぁとりあえず次の駅で降りて一休みしよう、電車がホームに入った、あと数秒で電車が止まる・・・と思った瞬間、意識が飛び、気が付くと周りの乗客に担ぎ出されホームに横たわっていた。

ホームで冷たい水を買い、少しずつ気分が落ち着いて、自分を助けてくれたおそらく年下のサラリーマンの優しさにじんわりとする。
そして、このまま会社に向かうか、それとも家に戻るか考えたが、まるで吐瀉した時のような解放感で身が軽くなり、前者を選ぶことに。
ここぞとばかりにグリーン席780円のチケットを購入。
たった20分の優雅な旅路とともに会社に着いた。

しかし、倒れたぐらいで風邪の症状が良くなるわけもなく、結局昼で帰宅。
その頃にはさらに症状は悪化し、扁桃の腫れにより、唾を飲むだけで地獄のように辛い。
午前1時頃までは何とか眠れたが、その後はその苦痛と、自分の体が思うようにコントロールできないストレスで非常にナーバスな気持ちになる。
常々思うことだが、入院が必要になるような病気に罹れば、きっとこの地獄のような苦しみを断続的に味合わなければいけない・・・と想像するともう自分には闘病生活なんぞできないのでは・・・と思ってしまう。

朝が来て、とにかく喉の痛みを和らげるべく、近所の耳鼻咽喉科へ。
病院に行くのはいつぶりだろうか。少なくとも東京に帰ってきてからは初めてだ。
びっくりするぐらいいいバイブスを放つ老ドクターが30秒で診察してくれ、処方された薬を飲むと一気に快方へ。

快方記念でそのまま初めての在宅勤務をこなしてみる。


-



 

 

 

 

ふりだしへ
ありしの君へ

 Home