笑う角に光りあれ...オレステス・デストラーデ

 

 

楕円の夢 - 2019年06月19日(水)

前から楽しみにしてた冬にわかれてのライブを見にクアトロに。
彼らのアルバムを初めて聴いたのはちょうど冬の一番寒い時期で、そのアルバムの佇まいと肌寒い朝晩の通勤時間がとてつもなくシンクロして、忘れられない冬の1枚になったんだった。

本当はその冬の寒さが残る時期にライブを見に行きたかったけれど、油断していたら売り切れになってしまい、夏がもうすぐそこに迫ったこの時期に。

ライブは思っていたよりもラフな形で始まり、アルバムに慣れた耳ではなかなかエンジンがかからなかったのだけど、演奏が続くにつれどんどんと引き込まれていく。
本編の最後かな、楕円の夢が演奏されて「明るい道と暗い道 狭間の小道を進むんだ」と言う歌詞が歌われる頃には、もう感極まって微動だにできない状況だった。


こう言う刺激を受け続けないとダメだな。


-



 

 

 

 

ふりだしへ
ありしの君へ

 Home