2018年11月18日(日)
また間あいちゃったなあ

別に忙しくもないんだけど
風邪ひいてますね
火曜から風邪ひいて、まだ鼻詰まり感
ほとんど治ってると思う。

10月は岡村さんのイベントで横アリ行ったくらいかな
毎年行ってて4回目。
初めてガチャやれたし、席もアリーナ花道横だった
ダパンプも売れて帰ってきてくれて
大知くんと岡本さん、スーパーダンサーズとの
共演を生で観られて本当に興奮した。
ダンス楽しい

あとは、11月頭にアンジュルムのイベント行って
初めて握手したね。
ずずーっと流れるような握手で
会話もなにもなかったけど
みんな本当にかわいくて、手をギュ、ってしてくれて
こうやってお客さんと交流してるんだなー
と感じられて。一歩踏み出した気持ちになったね。

初めて握手するのに、
CD2枚買って2回参加するのがもう、
自分のフットワーク壊れかけかなと思うけど。

そんなんはどうでもいいー
転勤したのもどうだっていいぞー

今日は奈美恵さんのDVDのファイナル見た
ずっとほったらかしてたし
うかうかしてると今年中に見ないで終わっちゃう気がして。
最後のライブはほんとオリンピックみたいで
クールもキュートも
奈美恵さんの持ってる全部が出てて
お客さんの応援してる様子も盛り込まれてて
以前に書いたような、
オーディエンスの中に生きてる安室奈美恵を感じられた。
すてきだったな。

最後のあいさつで、
これからみなさんもたくさんの音楽に出会ってほしい
というようなことを言ってた
みんなの生活に溶けていた安室奈美恵の音楽
だからこそ、安室奈美恵がいなくなっても
ほかの音楽もたくさん聴いて元気に暮らしてほしい
って奈美恵さんからファンへのエールでもあったのかな。
感謝の気持ちと、エールの交換。
美しすぎるよ。

明日はレキシ、そこから始まる個人的怒涛音楽ウィーク。
うし。


OGRE YOU ASSHOLE@日比谷野外大音楽堂

2018年09月17日(月)
奈美恵さんはきのう引退して、
今日は北山くんの誕生日なんだけど
テレビでMステの長時間特番もやってたけど

私は、野音へ

秋口の野音というのは、何にも代えられないものがある
バインにも、毎年野音やってよ
って心の中でお願いしてるのに叶えてはもらえない

5月の対バン見た後に
オウガが野音ワンマンやるって聞いて
先行でチケット買うくらい楽しみにしていた

昼は本当にお天気で気温も高くて
こりゃビール飲むしかないっしょ、
と持込み自由を良いことに缶ビール2本、
とゴアテックスのパーカーを背負って。
こんなにお天気なのに、予報は何故か、夜から雨。

開場時間を過ぎて入ると、もうほとんど席が埋まってる
自由席だったので、空いていた後方の席へ滑り込む。
缶ビールのひとつめを開けて
確かに雨雲が近付いている空を見上げることしばらく

メンバーが入ってきてライブが始まる。
始まりの雰囲気はバインに似てるんだよな

シンセの音がスピーカー間を飛び交うような演出
今日のライブは「クアドラフォニック・サウンドシステム」
という手法を用いているとのこと。
後ろの方からも音が飛んでくる。

ロープ、からディープに始まって
合図のように雨粒が落ちてくる。

しばらく座ったまま聴いてて
浮遊感に揺れたり、奥深くへ潜るような気持ちになったり
一度立ったら、イスが濡れて座れなくなっちゃうし…
とか思ってたのに
中盤からは雷雨、まちがいなくゲリラ豪雨となり
着込んだゴアテックスでは上半身しか守られず
座っている下半身や、イスもしっかりずぶ濡れに。

どうでも良くなって立ち上がって揺れながら聴く
「クアドラフォニック・サウンドシステム」は
カッパのフードと、雨音に遮られてしまっているのでは
と少しもったいない気もしたけど。

苗場や富士山麓じゃあるまいし、ここは日比谷なのに
「音が洪水のように」とはよく聞く比喩だけど
本当に「音を洪水の中で」聴いたのは初めてだった。
滝行しながらライブ観てるのかな、くらいの。
履いてたガウチョパンツが雨で重くなって、
ずり落ちそうになる。たびたび、雑巾のように裾を絞る。

夜の船からのフラッグたまんんんなかったね
完全に吹っ切れぶち上がりました。
最高、ほんとうに、化け物だと思う。
淡々と、飄々としながらも、容赦ない音
目に見えない音が、このゲリラ豪雨に化けてるんじゃないか
見えないルール、ホントに気持ち良くて
笑えてきた。こんなトリップは体験したことない。
隣の客は序盤の本降りから居なくなって戻ってきてない
帰ってないよね? 来ておいてこれ観ないのもったいない

体力を振り切って迎えたエンディングは、ワイパーで
気持ち良く揺れている間に
なんと、雨が上がってきた。
ワイパーで、あの音で、雨が止んでくるなんて
これが映画で、これがエンドロールだったら
演出過剰だ!って感想書いてしまうくらい。
出来過ぎの天気に、笑ってしまうくらいの多幸感。

オウガのライブでこんな笑えてくるなんて思わなかった
お客さんの拍手も歓声もすごかったな。

アンコールのロングロープも新曲もよかった
明るい曲じゃないのに、幸せな気持ちだった。
2本目の缶ピールは倒してほとんど飲めなかったし
カバンもズボンもびしょ濡れだったけど。
伝説見ちゃったみたいな気持ちもあった。

あの雨じゃなくても、バケモノみたいなライブしてたと思う
でも、天気が、味方したがったんだろうね
スピーカーよりも。ははは

MCなんて一切ないのに、アンコールで出てきたとき
ぼくらがやってるときだけ降ってスミマセン
とか言って苦笑いしてたのも貴重だったのかな。

やっぱり野音は好きだ
来年も、なにかで行けたらいいな
オウガも、どこかでまた観よう。

<OGRE YOU ASSHOLE@日比谷野外大音楽堂>
1. ロープ
2. タニシ
3. 頭の体操
4. ヘッドライト
5. バランス
6. バックシート
7. ひとり乗り
8. 寝つけない
9. ムダがないって素晴らしい
10. 素敵な予感(オリジナル〜alternate version)
11. 夜の船
12. フラッグ
13. 見えないルール
14. ワイパー

15. ロープ(long Ver.)
16. 動物的 / 人間的


2018年09月15日(土)
連休初日に午前中から映画行くという
引きこもりらしからぬスタートダッシュ。
まあこないだも「カメラを止めるな」
朝から見たけど。

今日は「SUNNY」
http://sunny-movie.jp/
大根監督の最新作
監督はドラマ演出時代からファンで
いろいろ見てきたのに
有名になってきたらこじらせて
映画館でちゃんと見るのは初めてになってしまった。
音楽小室さんだし、コギャル時代の映画ってことで
気になりすぎて前売り買ってた。

子育て中の同級生と、遊べることになって
一緒に観ることになった。

コギャル最盛期世代は、私より少し年上
田舎だからあんなにコギャルに溢れてはなかったけど
ルーズもeggもプリクラも流行ってたし
ちょっといかつい顔の子でも
茶髪でミニスカで青いシャドウのメイクしてたよね。
あり得ないくらい声大きくて口悪くて
私が世界の中心!て顔してたし。
根っからのオタクでルーズ履いたことない私でも
写真にポスカで落書きして無印のフォトアルバムに入れる
くらいはしてた。エヴァ見てた。

ファッションや、女の子たちの関係性がリアルで
90年代の曲たちにはタイムスリップさせられる。
コギャルSUNNYの子たちみんな
かわいくて愛らしくてたまらなかったなー
すずちゃんの変顔の演技が本当に笑えて素晴らしかったし
舞香エライザの、ギャル特有のカッコ良さ
みんな大人時代の女優さんと雰囲気がそっくりで

大人になったら、同じ学び舎にいたころより
それぞれの環境は大きく変わってしまう。
結婚して子供がいて幸せな家庭を築いていても
なんの問題も悩みもない家庭なんてないし、
独身で仕事していたって、すべて満足してる訳じゃない

大笑いして、今がいちばん楽しいんだ
私が世界の中心!って顔はできなくなってる。

主人公の夫が「女の友情なんて薄情だよな」
みたいに言うシーンがあったけど
そんなことないんだよ。
結婚したり子育てがあったりすると、
本当に会う時間作るのカンタンじゃなくなるんだよ
女の方が、家庭に取られる部分が大きくなる
時間も、気持ちも。

だから、大学時代の同級生である友だちと
この映画を一緒に観られたことはよかった。
ふたりの子どもを育てている友だち
とってもかわいい子どもたちでも
イヤイヤ期やヤンチャ盛りで、ママは本当に疲れてる。
たまに会ったからって、私にはなにもできないし
悩み相談に答えられる経験も度量もない

でも懐かしい話したり
ご飯食べたり、甘いもの食べたり
そういう時間を、これからも持っていたいよ。

あー、それにしても三浦春馬のカッコよさで
あんなに笑える映画もないだろうな
声出して笑いそうになるの堪えたもん。
でもロン毛かき上げてカッコイイこと言うのが
あの時代の最上級のトレンドだったんだよね

鰤谷って役の子もすごくよかった
メイクもキャラクターも、時代そのもので。

映画製作決まったときは
奈美恵さんも小室さんも引退発表されてなかったはずだし
巡り合わせというか。
今の時代に振り替えるべきタイミングだったのかもしれない
奈美恵さんの引退は、明日。



前の日 もくじ pd / mail / MY+ / A+

Design : maybe / Illustration : ふわふわ。り