2018年09月15日(土)
連休初日に午前中から映画行くという
引きこもりらしからぬスタートダッシュ。
まあこないだも「カメラを止めるな」
朝から見たけど。

今日は「SUNNY」
http://sunny-movie.jp/
大根監督の最新作
監督はドラマ演出時代からファンで
いろいろ見てきたのに
有名になってきたらこじらせて
映画館でちゃんと見るのは初めてになってしまった。
音楽小室さんだし、コギャル時代の映画ってことで
気になりすぎて前売り買ってた。

子育て中の同級生と、遊べることになって
一緒に観ることになった。

コギャル最盛期世代は、私より少し年上
田舎だからあんなにコギャルに溢れてはなかったけど
ルーズもeggもプリクラも流行ってたし
ちょっといかつい顔の子でも
茶髪でミニスカで青いシャドウのメイクしてたよね。
あり得ないくらい声大きくて口悪くて
私が世界の中心!て顔してたし。
根っからのオタクでルーズ履いたことない私でも
写真にポスカで落書きして無印のフォトアルバムに入れる
くらいはしてた。エヴァ見てた。

ファッションや、女の子たちの関係性がリアルで
90年代の曲たちにはタイムスリップさせられる。
コギャルSUNNYの子たちみんな
かわいくて愛らしくてたまらなかったなー
すずちゃんの変顔の演技が本当に笑えて素晴らしかったし
舞香エライザの、ギャル特有のカッコ良さ
みんな大人時代の女優さんと雰囲気がそっくりで

大人になったら、同じ学び舎にいたころより
それぞれの環境は大きく変わってしまう。
結婚して子供がいて幸せな家庭を築いていても
なんの問題も悩みもない家庭なんてないし、
独身で仕事していたって、すべて満足してる訳じゃない

大笑いして、今がいちばん楽しいんだ
私が世界の中心!って顔はできなくなってる。

主人公の夫が「女の友情なんて薄情だよな」
みたいに言うシーンがあったけど
そんなことないんだよ。
結婚したり子育てがあったりすると、
本当に会う時間作るのカンタンじゃなくなるんだよ
女の方が、家庭に取られる部分が大きくなる
時間も、気持ちも。

だから、大学時代の同級生である友だちと
この映画を一緒に観られたことはよかった。
ふたりの子どもを育てている友だち
とってもかわいい子どもたちでも
イヤイヤ期やヤンチャ盛りで、ママは本当に疲れてる。
たまに会ったからって、私にはなにもできないし
悩み相談に答えられる経験も度量もない

でも懐かしい話したり
ご飯食べたり、甘いもの食べたり
そういう時間を、これからも持っていたいよ。

あー、それにしても三浦春馬のカッコよさで
あんなに笑える映画もないだろうな
声出して笑いそうになるの堪えたもん。
でもロン毛かき上げてカッコイイこと言うのが
あの時代の最上級のトレンドだったんだよね

鰤谷って役の子もすごくよかった
メイクもキャラクターも、時代そのもので。

映画製作決まったときは
奈美恵さんも小室さんも引退発表されてなかったはずだし
巡り合わせというか。
今の時代に振り替えるべきタイミングだったのかもしれない
奈美恵さんの引退は、明日。


2018年09月13日(木)
やっと長袖の季節

季節の変わり目、秋の花粉の気配もあって
鼻水も止まらなく体力も落ち気味
いつになく22時ごろ布団に入ってしまった昨夜

朝起きたら、信じられないニュースが

タッキー&翼解散、タッキー引退、翼退所
翼くんがしっかりお休みして治療するのは
いいことだと思うんだけど
タッキーは、ついに、本当にそれを選んだのか、
と思った。

タッキーが、ジャニーさんの演出やタレント育成を継ぐ
ってニュースを先日見たときに
そんなことしたら、
タッキーは表舞台に立たなくなるんじゃないの
という考えが、まず頭に浮かんで
いやいやいやそんな不吉なこと、
って振り払ったんだよ。それ。

あの美貌と、努力を積み重ねたスキルをもって
それでも、舞台に立つ自分への執着が薄いのかな
と思わせるのがタッキーだった。
物作りが大好きで、作品を良くしたくて
その一番前にたまたま立っている自分、くらいの。

歌舞伎で、三宅くんがいつも言って聞かせてたよね
滝沢、みんなお前を見に来てるんだよ
そのために仕事や家事をがんばれるんだよ、って。
夢を与えられる、特別な存在なんだぞ、って。

もっといろんな曲や、いろんな表現もできる
ってKEN☆Tackeyもプロデュースしてくれて
滝沢の笑顔を見たい、って言ってくれて。
ケンタッキーのCDデビューは、宣伝活動から
CD・DVDの中身も全部、すごくすごく楽しくて
夢みたいに、たのしかった
演者としての滝沢秀明の可能性は、広がっていたのに。

滝沢歌舞伎に行くことがここ数年の楽しみで
来年のチケットを取るには
やっぱりもう滝翼FC入るしかないかなー
なんて思っていたのに。

演舞場で、フライングするタッキー
客席から見上げるだけで、美しくて涙が出るんだよ

後継者となることに、時間が惜しいのはわかる
裏方に専念して、心を尽くしたいのもわかる
だけどさ。
こんなに突然退いてしまうなんて
あの歌声にも、あの笑顔にももう会えないなんて
さみしいよ


2018年09月02日(日)
安室奈美恵さんの最後のライブ映像作品
私も予約していたBlu-rayを今週購入していました

最後のライブを見るのはまだ気が引けて
今日、沖縄での野外公演を観た。
昨年のデビュー記念日の
これはWOWOWで放送していたものと同じなのかな

いやー、かっこよかった。
痺れるほどかっこよくて、
ストイックなステージはまさに超人的
それに時折見せる少女のようにキュートな笑顔

奈美恵さんは私の兄と同じ年で
私もアムラーの時代から当然、その活躍を見て知っている
けれど私は
漫画が好き、お笑い深夜番組が好きな子どもで、
安室奈美恵のことは、ギャルの神みたいな
別の世界の出来事と思っていた。

ギャルの世界とは相容れなかった私が
自分の意志で安室奈美恵のCDを買ったのは2008年
そのころ児玉裕一監督が好きで
「NEW LOOK」の映像とサウンドに釘付けになって
「60s 70s 80s」を買った。

作りこまれた世界観と、豪華絢爛な映像美
その中心に立つ、安室奈美恵の完ぺきなまでの美しさ
曲ごとに違う表現力
私の知らない安室奈美恵だった

それから3年後、同僚に誘われてライブに行き
さらにまったく知らなかった安室奈美恵の姿を知る

これが、スターなんだ

この感動は何度も書いてるからあれだけど
一番のカルチャーショックは、お客さんとの関係性だった。
観客はずっと、手拍子なんだよ。
私も音楽に詳しいわけじゃないけど
奈美恵さんの曲やダンスって
いろんなジャンルやルーツをもった
すっごく高度なことをいくつもやってると思う。
でも、それを理解するとかじゃなくて
手拍子でのったり、サビを一緒に歌ったり
そうやって応えることを、奈美恵さんも望んでいる。

ジャンルもルーツも難易度も関係ない
学生時代の思い出、通勤時間の励まし、子育ての合間
それぞれの生活の中に、曲は溶けていて
みんなの中に生きている曲の在り方を
委ねてくれるって、素晴らしいよ
許容範囲の広さ、懐の深さ、スターだな、と思う。

いつも一緒にある「奈美恵ちゃん」の音楽
孤高ともいえるシーンでの存在にあって尚、
こんなにファンに親しみをもたれているのって
本当にすごい。

1対数万人であってなお、
1対1でいる

まあ、想像で語ってますけども。
ファンでもないのに、長々とすみません。
ライブでの「奈美恵コール」聞くと、そう思うんです。
MCも一切ないライブで、あんなに感情をやり取りしてる
アーティストとオーディエンスは見たことがない
あの感動を味わえたことは
私の人生の中でも、すごく貴重な体験だった
奈美恵さんと、ファンの皆さんに私も感謝しています。

「安室奈美恵と、そのファン」のファンだったかもしれない

3枚組だから、あと大阪とラスト東京もある
贅沢だー



前の日 もくじ pd / mail / MY+ / A+

Design : maybe / Illustration : ふわふわ。り