2013年04月21日(日) 幼馴染の母親がなくなった

昨日の午後四時半ごろ、電話があった。
しばらくやり取りがなかった彼。
うちも結婚式をやっていれば奴だけは呼ぼうとしていたんだが。

一度、練馬にいるときに当直時にかけたらつながった。
それから二年ほど、こちらも忙しかったし、奴も忙しかったろう。
一度携帯にかけたこともあったが、出ることなく。

昨日子供たちのサッカーを迎えに行ったら、その道中で電話がある。
「久しぶり、○○です」
正直、声聞いてもわからなかった。
だが、次の瞬間、彼の母がなくなったことを告げた。

小学校の頃からずっとお世話になっていた。
中学も、部活の間に遊びに行っていた。
小学校の頃はファミコンバカと呼ばれ、ゲームをいっぱい持っていたから遊びに行っていた。
中学のときは、なんとなく馬が合うので遊びに行っていた。
高校では、勉強はできなかった彼が、学問に対して開眼し、自信を持っているところをうらやましいと思いながら付き合った。
大学のときは、奴は社会人だったが、限られた時間を使ってたまに遊んでいた。
そして、おいらが結婚して群馬へ。
一度、二度一緒に『狩り』にはいったが、その後こちらも忙しくなり、たまにしか連絡を取らなくなる。
また、彼も転職先で四国に引っ張られ、文字通りほぼ音信不通。
まあ、その気になれば彼の実家に連絡して、電話してもらうことが可能ではあったが。便りがないのは元気な印、位に考えていた。
一度、子供が生まれてから子供を連れて行ったことがある。
立ち話をして終わったが。そのときはぎりぎりこちらにいたみたい。
それからは全く連絡が取れなくなってしまっていた。

たぶんまだ独身。彼女はいるかもしれないけれど。
その辺の話は全くしたことがない。
もう、イベント系も卒業しただろうし。

彼は長男なので、たぶんお母さんは60代前半。
もう、そういう時期なんだな。
別れは次々迫り来る。

ちょっと書き散らしになってしまったけれど、ざっと思い出しながら書いてみた。


 < 過去  INDEX  
ご感想をどうぞ。




彩葉 [MAIL]

My追加