食物日記
DiaryINDEXpastwill


2004年04月30日(金) 晴れ


9時半起床。アロエジュース飲んでスタジオへ。準備してソーホーのGarrardで11時から撮影。宝石はけっこう難しい。ヒップホップ風の大ぶりなペンダントが本物の貴金属でできているという贅沢に遊んだデザインなど。ミックの娘、Jadeがクリエイティブディレクター。撮影後penangで昼ご飯。米粉のミックスベジタブルパンケーキにカレーソース、マレーシアンアイスティー、ワンタンヌードルスープ、デザートにピーナッツパンケーキアイスクリームのせ。デザートおいしい。しかし、中に入ったコーンは余計。スタジオ戻り、残りの物撮りしてフィルムをウェストサイドへ出す。スライド郵送の準備など。5時コスモポリタンホテルで田畠くん小川くんに会う。日本から今日到着。電車でウィリアムズバーグへ。メトロポリタンアベニュ−沿いの赤いワインバーのバックヤード(ちょっと荒れているがレンガにツタが絡まりほとんど散りかけた桜がある、いい気が流れてる感じ)で白ワインとチーズ。会社のことなど聞く。その後グランドのスペイン料理屋へ。赤ワイン、グリーンサラダ、小さいいわし(?)の唐揚げ(最高)、スープパエリヤ(ロブスター入り)。しばらくしてNJから松平くん合流。帰りは近いけれど車で送ってもらう。帰宅後、風呂に入り就寝。


2004年04月29日(木) 晴れ

12時まで寝てしまう。ぶどうぱん、目玉焼き、キウイ、コーヒー。スタジオいくまえにgotoさん事務所立ち寄り、撮影する雑誌を受け取る。スタジオで物撮り終えてウェストサイドへフィルム出し、電話連絡したり片付けしたりする。gionのチキンカレーすこしもらって食べダノンのプレーンヨーグルト半分とキャロットオレンジアップルジュースを飲む。メール書いたりしているうちに聖子さん来る。ポスター撮影について話し、アイスコーヒーとブレッドプディングをいただく。ウェストサイドからフィルム届き、急いでエディットしてかなこさんのところに物といっしょに届ける。引っ越しの準備をしていて、まろは元気だった。ユニオンスクエアまで聖子さんと一緒に歩き、改札をメトロカードで swipeしようとしたら、彼女の分はエラーが出てしまう。しかたなく反対側改札から遠回りして入る。帰宅し、ごはん。めかぶ&なっとう、キャベツとニラと豚肉の腐乳炒め、大根おろしちりめん、みそ汁、ごはん、枝豆、塩から、ビール、日本酒少し。


2004年04月28日(水) 晴れ 朝は寒

10時起床。ごはん、なっとう、昨日のみそ汁、キウイ&ヨーグルト。12時からスタジオ。メールチェック等してコーヒーとキットカット。先週撮影した彫刻作品のスライドフィルムをスキャンし、CDに焼く作業。その間デジタルフォトについての考察。かなこさんから電話、撮影物のデリバリーが来る。スタジオ内で物撮り。そのままgotoさんの作品の残りを撮影。ストロベリークランチヨーグルト。8時終わりイーストビレッジのけんか居酒屋。けんか、という割に味はけんかではなく家庭っぽい。みそ味のもつ焼き(キャベツ、ペッパー、にんじんもはいっている)、みそ焼きおにぎり(これも甘め)、焼きなす、あじフライ、ネギトロ、もろきゅう(全然駄目)、白波ロック(量少な過ぎ)、中生、gionのハンバーグ定食の残り。ハンバーグは手作りの味がした。全体の雰囲気がどこでもない日本という感じ。演歌がかかっていてうるさい。


2004年04月27日(火) 晴れ


10時半起床。スタジオ行ってコーヒーと昨日のストロベリージュースの残りとチョコ2片。hugeが5冊も届く。12時鞄の撮影でショールーム。すぐ終わって戻り、メールチェック&返事書き、ダノンのプレーンヨーグルトを食べながら(low fatで無糖だが珍しくおいしい)。2時大山さん来る。新雑誌についてのミーティング。いろいろ聞かれてインタビューのような感じ。4時すぎソーホーへ。市川さんにフィルム渡し、一緒にブルーミングデールへ行く。資生堂で日焼け止めとパウダーを買う。店内見るが不作。duane readeで薬をもらうのを待つ間エスプレッソバーでアイスミルクコーヒー。薬もらってスタジオ戻り、片付けて帰宅。ご飯作る。ネギと豆腐と揚げと椎茸のみそ汁、麻婆豆腐(白滝と豆腐とネギ、肉無し)、水菜のおひたし、大根おろしとちりめん、ごはん。ビール少し。木更津キャッツアイの第一話と第二話を見る。発見がいろいろ。改めて新鮮。シャワー浴びて2時半頃就寝。


2004年04月26日(月)


物事を多角的に見聞し考察するとそれだけで時間もかかるし頭も疲れる。疲れるから本能的に思考停止になったりする。しかし、個人の自由とはどこからか自然に降ってくるものではなく自ら意識的にならなければ得られないもの故に、しんどいけれども、思考停止は避けたい。わたしは自由な個人でありたいし、個人の自由を失いたくない。
結局、口で批判や批評をするばかりで何事も実践しないお気楽無責任な輩にだけはなりたくない。わたしは、選挙権を欠かさず行使する事と、メディアリテラシー(media literacy)に沿ってなるべく多様なニュースソースを比較分析し注意深く読むこと、また、意見があればできるだけ正確な言葉でしかるべき人々(官邸、政治家、etc.)へメールや手紙などで伝える事を実践するように心がけているつもりである。夫婦別姓実現のための地道な活動もその一環だ。
でも、常に感情的にならずに冷静でいられるかというと、それはむずかしい。自分の意見が感情的でなおかつ間違っていた、と後で気付くようでは、まだまだ若輩者かもしれない。けれども、そういった間違いを自己チェックして常にアップデートしていくことは間違っていない。自己チェック機能を錆び付かせないようにしよう。

朝7時50分起床。9時半Dr.Pincusの耳鼻科。薬のpriscriptionをもらう。雨が激しく、傘を買うこととスタジオまでのタクシー代を比較して、タクシーを使う。ビル前のドーナツスタンドでドーナツ&コーヒー買う。ウェストサイドにフィルムピックアップ頼む。メールチェックや電話などしてお昼過ぎ、フィルムデリバリー。セレクトしてインボイス書いて3時佐久間さん来る。チョコレート3片食べる。すべて渡して終了。インド屋からひき肉と豆のカレーを買ってきて、半分食べる。ストロベリージュース。その後また違う請求書を書いてフィルムをフェデックスする準備。ジョアンナが7時になっても来ないので留守電にメッセージ、8時半フェデックスにドロップして帰宅。もやしとにらとねぎとしいたけと豚肉の腐乳炒め、切り干し大根の煮物、ご飯、ほっけ、凍頂烏龍茶。


2004年04月25日(日) まとめ

イラクでの邦人人質事件のその後について、自分の意見と日本の世論との格差に愕然としてしまった。最近そのことで悶々としていたので、少しでも正確に自分の意見を記述しておく事で頭を整理したい。

まず、人質に対する政府の対応については、まったく賛同できない。小泉首相が開口一番に「自衛隊は撤退しない」と断言した事。早い段階でこのように断言する事は、誘拐事件を安全に解決に導く方法ではない。誘拐事件が起きたときは、犯人の要求に対して微妙な言葉ではぐらかし、裏で着々と犯人の素性や本意を探るというのが定石。たとえ本心ではなくても発言に微妙な含みを持たせるべきだったと思う。わたしには、この断言は「人質の命差し上げます」と言っているのと同等に響いた。また、「スポーツを見る目 万事に通ず、小泉首相はスポーツ本能に欠如している」というタイトルで26日付の日経新聞に掲載された蓮見重彦氏の言葉を引用する。『私たちは日常の中で見落としがちですが、日本は「醜さ」に満ちています。もし私たちがスポーツを見ることを通して感性を高め、失った視力を少しでも取り戻すことが出来るようになるなら、そうした醜さを、言い換えればさまざまな分野での知性の欠如を、多少たりとも直感できるようになる。たとえばイラクの人質問題で、自衛隊撤退はあるのかと聞かれた日本の首相は直ちに「ありませんね」と答えました。これは一政治家としてはともかく国を代表するステーツマンの発言としては失格だと思います。「我々は我々の道を貫くのであり、ここで撤退うんぬんを答える必要はない」と言えばよい。どこの誰かかわからない、直接政府が受け取ったわけでもない脅迫状の中の“要求”に即刻答えてしまうところが、スポーツでは許されない、私の言う本能の欠如なのです。』
この分析ももっともだろうと思う。小泉首相は己の発言で己のその後の行動を束縛してしまった。

さらに悪い事に、この撤兵拒否宣言によって、「犯人の要求に応じずテロに屈しないことはすばらしい」という勘違いな賞賛がわきおこり、その後当然起こってしかるべき議論が遮られてしまった。イラクの現時点での安全性について議論がまったく盛り上がらない。誘拐の直前に起きた米軍によるファルージャのモスク爆撃(よりによって!)で、治安は急速に悪化したと想像することは難しくないし、このような緊張状態の中で現に韓国やイタリアの人々も誘拐されている。にもかかわらず(いや、だからこそ)一般人にとって危険だから自己完結できる自衛隊が派遣されているのだ、という防衛庁長官の変な主張が展開される。特措法によって非戦闘地域に限り自衛隊を派遣するのではなかったのか?大丈夫ではない地域での作業は、そもそも最初から法の規定外ではなかったのか?
自衛隊はこの頃既に、治水作業を中断して兵舎にひきこもっていた。安全ならば、作業を展開できるはずだ。現在でも引きこもり中である。

人質が解放された後の政府の対応は最悪である。「自己責任」とは、その人が死ぬまでの責任である。人質を救出するかしないか、という選択を迫られた政府は、人質みずからの「自己責任」に言及して彼らを救出しない=死んでも政府は責任を取らない、という態度を選択をすることもできた。しかし、そうはしなかった。そして、実際政府が「責任」を持って救出したのだから、その後になって救出にかかった費用を「自己責任」の一環として請求するなど、お門違いである。
政府がこのように「自己責任」論を展開して解放された人質を後から攻撃することによって、世論もそちらに傾いてしまった。 23日付New York Timesでは、このような世論の動きについて端的に「お上が絶対的に正しく、お上に楯突く者は罰されて当然という日本の悪しき伝統があらわになった事件」としている。誘拐陰謀説等の出所がはっきりと示されない噂ばかりが流布し、本質的な部分、つまりイラクの内情や今回の政府の対応、自衛隊の派遣についての議論が棚上げになってしまったとわたしは思う。また、このようなわたしの意見が日本の多数派ではなくむしろ少数派であることに落胆する。

以前もとりあげたが、JMMの冷泉彰彦氏の主張にわたしは全面的に同意する。現在危険戦闘地域となりつつあるイラクにとどまり続け、ひとりでも自衛隊の中から死者を出すのは絶対してはならないことだ。また、自衛隊がサマワの兵舎に引きこもって作業すらできずにいる現実を鑑み、今は撤退し、本当に復興に役に立つ事のできる国連主導の枠組みで再度PKOとして派遣し直すべきだ。政府は、自衛隊派遣以前からずっとイラクで活動し続けているNGO団体と協力して情報収集する努力を怠ってはならない。


2004年04月24日(土) 晴れ


寝坊して9時の集合に20分遅れてロングアイランドに出発、40分で丁度10時に取材先到着。テレビやモニターにつないでエクササイズできるマシンを開発した人にインタビュー。ソファに座り、足だけペダルを踏む。エクササイズを止めるとモニターにスクランブルが走り、見続ける事ができなくなるという仕組み。一時間で終了、ブランチ。st.helens cafeの裏庭、ちょっと寒い。亀と金魚がいる。木いちごとアップルとストロベリー等のフルーツ、鳥のえさのようなグラノーラ、ヨーグルト、カプチーノ&コーヒー。亀に近づいたらびっくりしてすごい勢いで逃げる。そしてえさもけっこうワイルドに食べているので意外に思う。のんびりしているばかりではないようだ。そのまま自宅まで送ってもらい、機材をおいてすぐ近くのgimme! coffeeというカフェへ。organic columbianという豆を買い、key foodsとhard ware storeで買い物してクリーニングをピックアップして帰宅、2時間昼寝。スタジオに機材もって戻り、次の撮影の準備してカーサービス呼んでチャイナタウンのアーティストのスタジオ。スカルプチャーの複写。ライティングに時間かかり、10時終了。タクシーをやっとつかまえてスタジオへ。片付けてアロエジュースのむ。12時近く帰宅、カキフライ(レモン&塩)、キャベツ千切り、切り干し大根の煮物、ごはん、白ワイン少し。


2004年04月23日(金) 曇りのち雨


7時半起床。東京海上診療所へ。鼻を診てもらい、耳鼻科を紹介される。歩いてスタジオ。ウェストサイドにフィルムピックアップ頼む。窓の掃除をしに男が二人来る。あっというまにワイパーで拭き取る。フルーツ&グラノーラ&ヨーグルト、コーヒー。メール書きなどして過ごす。午後、頭がいよいよいたくなり、頭痛薬を買いに。帰りにスパニッシュ屋でキューバンサンドをテイクアウト。スタジオでgionと半分分ける。フィルムのセレクト、インボイスまとめなど。7時スタジオ出てベッドフォード。りーさんの家に寄るが不在なのでメモ残す。ワイン屋でマスカットの白、チーズ屋で陶器入りのブリーチーズ(ブリドモーに似た味でgood)、チバータを買いえまさん宅。お母さんの枝さんと三人でごはん。持参のワイン、チーズ、パン、そしてトマトと茄子のエンジェルヘアパスタ、チキンから揚げ、アルグラとブロッコリとアボカドとトマトとゆで卵のサラダにドレッシングはオリーブオイル、バルサミコ、オニオン、醤油塩こしょう少し。赤ワインも少し飲む。食べながらいろいろお話。もう帰ろうという頃にあつしくん帰宅。傘を借りて雨の中電車で帰る。


2004年04月22日(木) 晴れ 暑い


11時半起床。ぶどうパン、キウイ&ヨーグルト、凍頂烏龍茶。3時Dr.Senoのところへ歯のチェック。親知らずはwisdom teethというらしい。帰りがけにカフェオレとオートミールレーズンクッキー。スタジオ戻ってフィルムデリバリー頼み、セレクト。8時半グラマシーパークホテルでジュエリーブランドのパーティー取材。ミック・ジャガーの娘がデザイナー。12時まで。終わってからイーストビレッジの禅で醤油豚骨ラーメン食べて帰る。


2004年04月21日(水) 晴れのち 曇 一時小雨


10時起床。メールチェックし、凍頂烏龍茶と昨日のマフィンの残り。12時半家を出て歩いて郵便局へ行き、書留を受け取り、money orderを現金に換える。JMZのmarcey駅が閉まっていてとなりのHewes駅から乗る。高台になっていて他の駅とかなり異なる印象。冬は吹きさらしで寒いだろう。途中、潰れた映画館。建物がすばらしい。改造して使うといいのに。橋の上をわたる唯一の電車、JMZに乗っているといつもと違う気分になる。電車は外を走っている方が楽しい。乗り換えてスタジオへ。インド屋からチキンクリーミーカレーとごはんとオニオン、ヨーグルトソース。フィルムのピックアップ&デリバリー頼む。待っている間インボイスまとめ、フィルムの一部をセレクトする。わりと早くgionボストンから戻る。7時半頃スタジオ出て蕎麦屋へ。湯葉刺し、さつまいも、タコと菜の花からしあえ、いくらおろしそば、冷酒、緑茶。Jasマートよってコピー屋へ。sleazeにわたしの写真掲載されているのを発見、購入。帰宅し凍頂烏龍茶とイギリス土産のビスケット少し。F1バーレーンちょっと見る。メールの返事書き。シャワー浴びて寝る。


2004年04月20日(火) 晴れ 今日も暑い


7時半起床。スタジオへ。バナナを食べる。9時車の迎えが来て、コネティカットへ出発。途中コーヒーとフィグのお菓子少し。11時過ぎくらいにbook barn到着。ほんとに納屋の中に本がぎっしり。外にはクロヤギとシロヤギ、金魚、猫、犬なども。天気よくて暖かくて、芝生の上の木陰のチェアーでまったりするのに最適。撮影終わって近所のシーフードレストランでフィッシュ&チップスとコールスロー、アイスレモンティー。そのままハートフォードというところへ移動。UPSで松浦さんが44kgの本を日本へ送り、近くのアートギャラリー兼本屋へ。撮影終わって帰り際、店主のおじいさんがわたしたちにブッシュへの怒りをぶちまける。うんうん、わたしも彼が再選されないことを願ってやみません。
その後バスのチケットを買い、いそいでカフェラテ買って戻り、みなさんとお別れ。3人はこれから西海岸までたくさんの本屋を巡る。ハードそうだが、楽しそう。約3時間揺られてポートオーソリティーに着く。タクシーでスタジオ。機材置いて帰宅途中、電車の駅でブルーベリーマフィン半分食べる。帰宅後、めかぶ&ごはん、ネギと豆腐と揚げのみそ汁。


2004年04月19日(月) 晴れ 暑い

8時起床、スタジオへ。デリでフルーツ&ヨーグルト&グラノーラとコーヒー。撮影準備し、メールチェックしているとき電話で到着したと連絡あり、急いで降りる。車に乗ってアップステートへ。デビッド&スーザン夫妻のインタビュー。昼食をごちそうになりながら。ペッパー、ほうれん草、マッシュルームとチーズのキッシュ、シュリンプカクテル、シナモンロール。3時過ぎ終わり、Hastingsというハドソン川沿いの街の本屋2軒取材。とてものんびりした、河の見える坂の多い美しい街で、桜も咲いていて気分よくなる。6時頃全部終わり、ダイエットコーク買って高速を南下。途中事故があってちょっと渋滞するが、わりとすぐマンハッタンに着く。チェルシーのアートブック屋へ。ねこがいて、ナディアに偶然合う。フラウの取材をした店らしい。その後ストランドへ。撮影全部終わったのは8時くらい。コリアンタウンのソウルガーデンでコンビネーション豆腐(スパイス無し)と前菜いろいろ、ごはん、ジンジャエール。10時過ぎ解散。スタジオでフィルム整理し、メールチェック等。


2004年04月18日(日) 晴れ 昼暖かく夜冷える


11時半起床。えまさんに電話し、シャワー浴び、りーさんのところでメールをピックアップ。日本から来ているえまさん母とあつしくん4人でoznotsブランチ。フルーツグラノーラヨーグルト、スクランブルエッグ、コーヒー。oznotsのグラノーラおいしい。これは突出している。えまさん母の残したハモスプレートもつまむ。その後2時半頃スタジオへ。片付け、インボイスの準備等して閉店前のB&Hへ。ヘラルドスクエアあたりを歩いたが悪夢のように人がいっぱい。フィルムとインク買ってスタジオに戻る途中クリスピークリームドーナッツでストロベリーショートケーキという名前のイチゴクリーム入りドーナツとコーヒー。スタジオで再びインボイス続き。7時頃むとうさんから電話、急いでbedfordへ。ファビアンでキャラメルマキアート(甘くない) 半分飲んで松浦さん鈴木さんと少し打ち合わせ、その後chaiへ。コーンのお焼き少し、シンハービア、シーフードカポー、ご飯少し、デザートにハーブティーと暖かいチョコレートケーキ&アイス、ココナツミルクライスの上にマンゴー乗せをみんなでシェア。マンゴーのデザートは最高だ。よく熟れている。車で送ってもらい11時頃帰宅、洗濯する。ランドリーでキルビルDVDを上映していて途中からだけれど見入ってしまう。あほくさいけれど見入ってしまう。続編も見たいかも。1時過ぎ全部終わり、疲れる。


2004年04月17日(土) 朝少し雨&曇のち晴れ、70度台桜咲く


5時半起床、ケロッグスダイナーでコーヒーとバナナとヨーグルト買ってスタジオへ。撮影の準備しながらバナナとコーヒーとチョコレート少し食べ、メールチェック。8時ロックフェラーセンター。後藤さんレスリーさんと一緒に。10時ころ撮影終わる。結構寒い。紀伊国屋に立ち寄ってタクシーでスタジオ戻り、どら焼き一個食べる。ウェストサイドのメッセンジャーにフィルムピックアップを頼み、少し昼寝。2時間後出来上がったフィルムがデリバリーされてくる。上がりをチェックし、物撮りを始める。途中ヨーグルトを食べる。人参アップルジュースも飲む。物撮り結構時間かかる。時々ちょっとぼーっとしながらempire state buildingを眺める。外に出ると暖かく、みんな半袖。市川さんとエンジェルへ。マルガリータとビールと赤ワイン半分、カボチャとタマネギと豚肉と白身魚のくし揚げ、カキフライ、レタスとオニオンのサラダ。揚げ物ばかり。途中林さんも加わって、いろいろお話。署名にも協力してもらう。感謝。外でニコール・キッドマンの映画の撮影をしていて、ライトが異様に明るく、桜が照らし出されている。放水車が水を撒き続け、雨の中という設定らしい。本人は結局見えず。その後みんなでJASマートへ。米など買い物し、上のカフェでモンブランとコーヒー。そこからスタバのパティオに移動して少し話す。暖かいので人出が多い。電車で帰宅。


2004年04月16日(金) 晴れ

11時過ぎ後藤さん事務所、レスリーさんもいる。明日撮影の打ち合わせ。終わってスタジオへ行く途中インド屋でカリフラワーとジャガイモのカレーとごはん、キャベツ、ヨーグルトソース。部屋の片付けなどし、3時過ぎ領事館へ住所変更届を出しにいく。またスタジオ、片付けの続き。おかひささんと夫のアンガスさんが突然来てお土産を置いていく。あきさんから電話あり、たかこさんも来る。3人でビール、スナック類、モツアレラチーズとターキーのスライスなど食べながらうだうだする。9時頃帰途。


2004年04月15日(木) 曇りのち晴れ


8時半起床。豆乳だけ飲んでスタジオへ。ビルの隣のデリに初めて入り、フレンチバゲット+エッグ+スイスチーズ+トマト+ベーコンサンド、コーヒーを買う。3ドルくらい。食べながらメールチェック。11時過ぎてトイレでたまたま一緒になった同じフロアの木村さんにfedexの受け取りをお願いし一旦帰宅、タイムワーナーの修理屋を待つ。カレーパンを暖めて食べ、キウイヨーグルトと凍頂烏龍茶。待っているうちにうとうとする。修理屋が来る夢を何度もみているうちに、2時半頃ほんとの修理屋が来る。しゃかしゃかと直してくれる。庭に出て線をチェック。裏庭初めて出てみたが、一面蔓で覆われたレンガ壁に囲まれているのでちょっと開放感は少ないながらも晴れていて暖かくのどかな雰囲気。もう少し片付けるといい感じになりそう。ケーブルはやはり断線していた。直してもらってネット再開できた。3時過ぎスタジオに再び。スタバのキャラメルマキアート(甘い)。インボイスなど書き、5時半血液循環マッサージ。今日コネチカットへ行って帰ってきたばかりというマッサージ師。着替えて全身をあたためながら強くマッサージしてくれる。ぽかぽかになる。castor oilを勧められ、早速帰り道で買う。スタジオ戻り、おなかすいたので少しチョコ。整理整頓して8時半頃出る。帰宅し、ごはんつくる。とんかつ(塩で)、キャベツ蒸し+しそドレ、豆腐とネギと揚げのみそ汁、ごはん、凍頂烏龍茶。食後ボウモアと柿の種。お風呂に入って就寝。


2004年04月14日(水)

8時半ころ起きてGion見送り、ごはんとめかぶとねぎ&なめこ汁。食べてからまた少し寝る。昼過ぎにスタジオ。スタバtall soy latteとbanana nut roaf、チョコ少し、ポテチ少し。小竹さんから書類届き、サインして郵送。マッサージの予約、歯医者に電話するが留守電なのでメッセージ残す。west sideからデリバリー頼み、フィルム現像、6時過ぎ頃できあがる。セレクトし、メールの返事書きなど。fedexに寄ってsuper coreへ。あきさんしほさんもがきさんたちとごはん。サバのおろし煮定食(ごはん、ほうれんそうのごまあえ)、なすの煮浸し、枝豆、大神楽という冷酒、赤ワイン、緑茶。


2004年04月13日(火) 雨と濃霧


6時起床。おかかおにぎり、ヨーグルト、オレンジジュース。スタジオへ行く途中ドーナツ少しとコーヒー少し。7時半車でメリーランド出発。途中9時過ぎころおなか空いてポテチ少し。事故の渋滞にまきこまれ、雨も降っている中11時40分頃第一目的地到着。テレビゲームを用いたエクササイズマシンを作っている会社。その後オリーブガーデンでレタスとオニオンとトマトとオリーブのサラダ、パン、シュリンプ入りペンネ・アラビアータ、アイスティー。第二目的地はすぐ近くのカメラ会社。ここは店もあり大きい。使い捨てデジカメの取材。3時終わり、雨の中帰途へ。高速乗る前にスタバでtall soy latte。ずっと雨、しかも濃霧、前の車が水煙をあげながら走るため、視界も悪い。非常に運転は大変だろうと思った。7時過ぎマンハッタンに戻る。オフィスでメールチェックなど。9時、コリアンタウンでソロンタン、キムチ、OBビール少し。直で帰宅、家のroad runnerが全然動いていないことに気づきtime warnerへ電話、電源をon&offしてみるが直らず、木曜日に人が来る事になる。面倒くさい。シャワー浴びて就寝。


2004年04月12日(月) 曇りのち雨 寒 暖房on


11時半起床。ヨーグルトとオレンジジュース。スタジオへ行って暗室予約しスパニッシュ屋のポークチョップとライス&ビーンズ。スタバのtall soy latte。暗室に着いてからプリントし終えている事に気づく。すぐ戻ってインボイス書きなどする。 fedexへ行くが忘れ物をして戻る。あまり冴えない。近くのJas Martでおにぎりとカレーパンとお茶と人参ジュースを買って帰る。お茶だけ飲む。明日の撮影の準備等。8時半スタジオ出てfedex、その後サンライズにビデオ返しエンジェルでホットウイスキー。大将でもつ鍋、ごはん、ポテサラ、焼酎お湯割り梅干し入り半分。
寒いので帰宅してお風呂に入る。1時過ぎ就寝。


2004年04月11日(日)

1時半起床。遅すぎ。昨日のみそ汁とご飯、目玉焼き、めかぶ。部屋掃除してスタジオへ。スタバのtall soy latte。コンピュータまわりと机を片付ける。bed bath & beyondで皿の水切りかごなど購入して帰宅、チョコひとくち。ごはんつくる。オクラのおかかしょうゆ、ネギ入り納豆、残りのみそ汁、ごはん、ニラ玉炒め、餃子を4種類のソースで(プラムソース、フィッシュソース、酢醤油&ラー油、ジンジャーワサビソース)。これはいける。借りたビデオをだらだらみて、シャワー浴びてメール書いて寝る。4時半。


2004年04月10日(土) 晴れ 春っぽい一日


12時半起床。えまさんに電話、歩いてファビアンへ。あつしくんえまさんとコーヒーのみながらお話。グラノーラ+ヨーグルト+フルーツも食べる。その後本屋に寄ってAtticへ。「花とみつばち」最後まで読む。バガボンド17巻、も。まんが読むのは久しぶり。お客さんが持ってきたミニドーナツとしほさんが作ったシナモンロールをいただく。これはサロンでぜひ売ればいいと思う。夕方おいとまし、スタジオへ。ベッドフォードのペット屋の前に巨大うさぎ+にんじんバルーン。イースターだと分かる。スタジオで少しだらだらし、ひとくちチョコとひとくちのりせんべいなど食べ、サンライズへ。その前にエンジェルでsilk stocking(ホワイトカカオ、テキーラ、グレナディンなどの甘いカクテル)を一杯のむ。帰宅し、ごはんつくる。豆腐と揚げとネギのみそ汁、ごはん、ブロッコリからし醤油ドレッシング、ザーサイ、ちりめんの酢醤油かけ、キャベツの千切り、豚肉生姜焼きを食べながらぐるナイごちを途中まで見る。シャワー浴びて寝る。


2004年04月09日(金) 晴れのち曇りのち晴れ

11時半起床。ヨーグルトキウイ。シャワー浴びてオフィスへ。途中インド屋に寄り、クリーミーチキンカレー、サラダ買う。これは今まで食べたカレーの中でもかなりおいしい。チーズっぽいクリーミーさ。レシートの整理整頓し、2003年のTax returnに取りかかる。去年要領を多少得たので今年は割に早いが、やはり面倒くさい事に変わりはない。レシートの山。Gionフィラデルフィアから帰り、オフィスの片付けを一緒にして、再びレシートの山に戻り、一段落したのが9時半頃。チョコレート少し食べる。小竹さんに電話し、レポートをfaxする。ほっとひといき。帰宅、コーヒーフィルターとシャンプー買う。部屋の片付けもする。掃除もする。でもまだ箱はいっぱい。天かすとめかぶとねぎのぶっかけうどん、凍頂烏龍茶、柿の種。イラク邦人誘拐、つくづくアホ小泉の言動の戦略の無さ&信念の無さに情けなくなる。最初に「自衛隊は撤退しない」と公言するなど、ばかだ。これでは誘拐犯に対して「人質の命差し上げます」と言っているようなものだ。うそでもいいからまず「撤退を考える」とかなんとか言うことはできないのか。また、冷泉彰彦氏のJMMのエッセーにいたく心を打たれる。戦略的に積極的自衛隊撤退。今まさに危険戦闘地域となりつつあるイラクから撤退することは、臆病でも卑怯でもなく、国益になる。潰れるのは政治家の面子だけだ。そんな面子は潰してしまえばいい。で、官邸に要望メールする。


2004年04月08日(木) 曇時々雨


なんと12時半まで寝てしまう。最近だめだ。キウイヨーグルト食べて事務所へ。ケロッグスダイナーでエッグ&ベーコン&スイスチーズ&トマトon rollとコーヒーかって持っていく。オフィス着いて食べ、キャビネット片付け。インボイスやっと書く。薬局行ってゴミ袋など買い、スタバのtall soy latte(最近こればっかり)。9時ぎりぎりまで仕事し、けんじくんのリーバイスストアでの展示会へ。ブルックリンラガー飲みながら話す。チェルシーのギャラリーで夏にdaveと二人展やるそうだ。のりのり。帰りにサンライズマートsoho店へ。いろいろ買って帰る。電車でガーナミルクチョコ少し食べる。家で凍頂烏龍茶、サンライズ弁当(豆腐とペッパーと椎茸とタケノコの煮物、レンコンとマッシュルームのフライ、玄米、ひじき、納豆)、なめこ汁、食後柿の種。風呂場とキッチンとベッドルーム拭き掃除。箱は片付かない。4時頃就寝。


2004年04月07日(水) 晴れ

10時起床、まにわさんと電話で話す。コーヒー、ぶどうぱん、ヨーグルト。メールの返事書く。12時インドシンというベトナムレストランの20周年記念テイスティング市川さんと。インドシンマティーニ、甘いカクテル、白ワイン少しずつ。スパークリング水、前菜はsteamedラビオリ(ひき肉入り、ワンタンに近い)、ラム肉のみそ味風がライスクラッカーにのっているのもの、クラブケーキ、エビのワンタン衣フライ、豆腐のショウガわさびソース、メインは、エビとグリンピースのチャーハン、レッドスナッパーのかりかりフライ、シーバスの酒蒸しブラックビーンソースにコリアンダーとネギ(これがいちばんおいしい)、ダックの入ったサラダ、デザートにココナッツやマンゴーやライムのソルベ、パイナップル、ラズベリーとクッキー、コーヒー。すべて少量ずつ食べるが、けっこうお腹いっぱいで眠くなる。味に関しては、可もなく不可もなく。隣に座ったのはfood&wineの編集者など。髪を後ろで束ねた男性がハーフジャパニーズで小さい頃佐世保にいたそうだ。日本語で話しかけてきてびっくりする。その後事務所行き、電話連絡やメールや片付け。夕方マイクがトイレの鍵を返しにきてくれる。感謝。その後ちょっと逃避、あきさんと電話。7時頃眠くなり、椅子で2時間くらい寝てしまう。気づいたら真っ暗。エンパイアステートビルが今日は赤い。日本と仕事の電話し、10時頃出る。まっすぐ帰宅、ビールと素うどんとブロッコリにマヨ&アンチョビかけ。


2004年04月06日(火) 晴れ

 
今日も11時半とかに起きてしまう。片付けからの逃避。ヨーグルトキウイ。大家に電話、家賃わたしてリースのコピーもらう。予想よりも若いあんちゃんで、早口せっかち。事務所へ行く途中でスタバで隠し撮り、インド屋で今日もカレーを買う。スピナッチ&チーズカレー、ごはん、タマネギや紫キャベツ、ヨーグルトソース。ここのカレーは全種類食べるまで食べ続けそうだ。特においしいというわけでもないのだが。スタバのtall soy latte。しばらくオフィスでうだうだとメールの返事書き。6時くらいから意を決して部屋片付け。廊下に箱を全部だし、棚を移動。7時半ニック&ユージン&マイク来る。全員せいこさんの客。とても普段のわたしの生活とは縁のないさわやか好青年たち。アルクのモデル快くやってくれる。感謝。しかしマイクはトイレの鍵もって帰ってしまった。すぐ箱の移動再開。ひととおり片付いてデータを編集部に送り(電話回線で30分かかる)、11時ころ全部終わる。まだ箱の中身は出していないが、部屋がちょっとすっきり。帰宅し、ちゃんぽん&ポテチ&めかぶ。インスタント&ジャンクフードの夜。3時半くらいに寝る。


2004年04月05日(月) 晴れ 寒


11時半とかに起きてしまう。ヨーグルトキウイ。シャワー浴びて大家に電話するも、家賃は明日でよしと言われる。verizonとairnexアドレスチェンジ。2時過ぎオフィスへ。i bookからなぜかair port なしでインターネットにつなげてしまう。隣のオフィスからもらっているのかも。westsideにフィルムドロップ&ピックアップ。スパニッシュ屋のstew chicken,rice&beans,スパゲッティ。市川さんに電話。セレクトし、インボイス書き、フィルムデリバリーが到着、8時半くらいまで仕事。せいこさんから友人を紹介してもらう。メールで写真を送ったりする。
ひびのさんとangelで打ち上げ。gin martiniとカシスのカクテル、カキフライ、キャベツ等のサラダ、カボチャや豚肉のくし揚げ。以前よりfoodがおいしくなっている。12時くらいまで話す。電車で帰ろうとするが止まっていて、タクシーで帰宅。3時半頃就寝。


2004年04月04日(日) 曇りのち晴れ 風が強くて寒い 家の暖房がついた


疲れがどっと出て午後1時まで寝る。急いでぶどうぱんとコーヒー。事務所へ。Gionフィラデルフィア行き見送り。その後コンピューターで作業。近所のインド屋でひき肉とグリーンピースのカレー&こはん、オニオン、紫キャベツ、ヨーグルトソース、水。スタバのtall soy latte。サマータイムだから外明るいのに時間はあっというまに夜。7時ころ出て帰宅、寒い。デリでブロッコリやヨーグルトなど買う。普段から食べているものを購入する事でだんだん新居になじんでいく。家で凍頂烏龍茶とポテチ。メール。その後寝てしまう。12時過ぎ起きて、コンジーハウスの残り物と烏龍茶。3時くらいまで起きて引っ越し案内メール等。


2004年04月03日(土) 曇?


12時半頃起床。ひさびさにゆっくり寝る。コーヒーとコーヒーあんぱん半分、台所片付け始める。4時半ベッドフォードの家に行き、片付け、豚肉の入ったパン、あんぱん芋ぱん、カフェラテ。自転車を持って帰る。キッチン棚付け、皿出し、グラス出し。洗濯する。その間にDu Montで晩ご飯。シャルドネ、Du Mont Salad(アルグラ、くるみ、ブルーチーズ、ラディッシュ、いんげん、むじゃっとした形の草、ブレッド&チーズのせ)、ベジタリアンパスタ(ズッキーニとペッパー)、ローストダック&リゾット&スピナッチ(胸肉はロースト、足は煮てある。やわらか〜)。特にダックは衝撃のおいしさ。リゾットも濃厚。しかししつこくない。贅沢した気分。デザートも試すが、チョコレートケーキは中のチョコが流れ出て来ず、焼き過ぎ。コーヒー。洗濯の続きし、帰宅して棚類をベッドルームに配置、コーヒーテーブルの足をつけておく。air macの設定ががうまくいかず。今日の夜からサマータイム。もう5時。


2004年04月02日(金) 朝NY曇時々雨、マイアミ晴れ後灰

4時40分起床。カーサービス呼んでnewark airport。カーサービスはtoll含めて55ドル。30分強で着く。アメリカンのドメスティックにチェックイン。なぜかファーストクラスで速攻終わる。エコノミーはすごい列。飛行機のる前にクリームパン。席はビジネスクラスかと思うくらいのレベル。フライトアテンダント(男)がコーヒーとオレンジジュース運んでくる。上着を預かりましょうかといわれる。その後気を失って寝る事約3時間、マイアミ到着。タクシーでマイアミビーチのhotel avalon。10時頃着く。テラスに浦江さんがいて、さっそくご挨拶。部屋に機材を置かせてもらって朝ご飯をnews cafeで。セサミベーグル&トマト&オニオン&クリームチーズ(全部あとのせ)、アイスカプチーノ、浦江さんのキイライムパイ少し(マイアミ名物)。ビーチを歩く。部屋に戻って昼寝させてもらう。1時半ちょっと前にReighなんとかというホテル。中庭がocean driveまでつづくプール。ちょっといい感じ。Benedict Taschen氏登場。紳士。長身。このとき、少し前から白いものが降ってくる。最初花粉かと思っていたら、灰だった。その後2時間にわたって灰降り続ける。中庭のソファに灰が積もって白い。なぜ?近所でバーベキューやってるから、とウェイトレスが言っていたが、いくらなんでもあんなに灰が降るわけない。火山噴火のよう。その中で撮影。プールサイドで。いっしょにランチ。マッスル&クラムのバター蒸し、オニオンやトマト入り。スープおいしくてあっさりめ。ガーリックブレッド、クミン入りのパン&バター。アイスティー少し。
4時頃終了、avalonに戻って小30分レストランでピナコラーダ。お別れして空港。フラットレイトで$28ドルというのは安いと思う。帰りはエコノミー。フィルムハンドインスペクションもスムーズ。となりの席はヒスパニック若カップル+赤ちゃん。赤ちゃんがじっとしつこくこちらを見ていて、ついに触ってきた。一度触ったらもうとまらない。とてつもなく眠いので相手してられない。すぐまた気を失う。今回機内では何も食べなかった。10時過ぎ着陸。タクシーでブルックリンまで。帰宅後コンジーハウスのテイクアウト、ピータンと豚肉のおかゆ+チャイニーズブロッコリー炒め。ビール少し。
メールチェック。自民党の夫婦別姓法案今国会提出は断念されたとの短いニュース主要新聞に。野田聖子議員など実現する会の議員さんたちはまったくあきらめていない。これからやることについてMLで意見が飛び交う。まず、わたしができることはメディアにもっと頻繁にとりあげてもらうように働きかける事、強硬反対している人たちが特定の宗教団体であることをみんなに知ってもらう、そして、草の根で常に話題にすること。自分の周りから意識を高めるように働きかけていくのが地道にベスト。できればロビー活動でもお役に立ちたいが海外からは無理なので、地元議員に手紙書いたり首相官邸にもっと意見を伝えていく努力。シャワー浴びて4時近く寝る。


2004年04月01日(木) 曇時々雨

朝7時半大もりイカやきそばを食べる。凍頂烏龍茶も飲む。9時過ぎ引っ越しや来てもまだパッキング終わらず。しかし徐々に片付き、家のほうの引っ越しはあっというまに終わる。午後1時半ころオフィス。3時過ぎ全部終わる。モノの扱いが荒いが人は悪くない、その分安い、という感じの引っ越し屋だった。はらはらした。コリアンタウンでsoon tofuと前菜とごはんとOB。ベッドフォードの家の掃除して山のようにゴミを捨てる。改めてモノが無い状態で見ると、やはり広い。モノが無くなった壁に光が反射して普段より明るい。カメラ機材もって再びオフィスへ。ドロップオフし、電話つなぎ、マイアミに電話し、ステラのんでポテチ。


宇壽山貴久子 |MAILHomePage