不思議っ茶の日記
DiaryINDEXpast


2018年06月22日(金) 匂い

アロマ精油の力を何気に
しったわたしは
ティーツリーにはまってしまった。

なかなか使えると思った。

ところが

ひどいアレルギーの鼻炎にかかって・・・

咳が出るわ
鼻水は出るわ
夜は寝れないわ
熱は出るわ

という悲惨な状況に
耳鼻科へ行った。
いつもの治療と
お薬を出しますねと
いわれて
薬お飲めば治ると思い
まじめに飲んだ・・・・

まじめに・・・・・・


まじめですよ・・・・


でも

熱は引いたものの
それ以上どうしようもない。

夜は咳で寝れず

あまりのつらさに
内科へ行った。

そこで味はわかるけど
匂いはしないことを言った。

状況と経緯を話して
同じような薬ですがと

いわれて

とりどりの薬を抱えて帰った。

昼から飲んでいるが


気のせいか

鼻水が

少なくなった。

おかげで

アロマの香りが

分かるようになった。

これはすごいと思った。

ここ10日間

味はわかるが

においのない

コーヒーを飲んでいた。

つらい・・・・・
家族は

コーヒーのいい香りがするというが

まったく
わからなかった。

アロマはわかるが
実はまだ
コーヒーはわからない・・・・・・

京都で有名な松栄堂というお香やさんで
かった
線香をたいたが

これも
じつは

わからなかった。

それが

なんとなく

香りがわかるようになってきた。

これも
わたしにとっては

うれしいことだった。

香りがない世界とは
なんと

無味乾燥
なんだろうと
思った。

主人がおならをしても
音はわかっても
においはしない。
汗臭いと
娘に言われている主人の横で
なにも
におわない・・・

便利なのか
不便なのか・・・

ついでに料理もわからなくなり

うまくできているのかどうかも
香りでわかるところがわからなくなり。

3日前のお刺身は食べられるかどうかも
わからなくなり・・・

においのない世界のなんと
不便なことだろうと
結論を出した。

いうなれば

緑の美しい風景が
白黒の風景に見えるようなものだ。

やっとわずかでも
においを感じられるようになり

においの大切さをしった。



さくちゃん |HomePage

My追加