ふすまのおく
細々、ぼそぼそ書いてます。

2020年06月03日(水)

今の職場はよく言えば臨機応変、悪く言えば行き当たりばったり、という所で、
もう少し私が若ければ、柔軟性があれば苦にならなかったのだろうと思う。


少し前に前の職場の話を聞いたのだが、私と揉めた奴も、もめていない人も、
かなりの人数がその会社を去っていったらしい。

「あの体制になったら辞める」と言った私は有言実行し、
その体制と合わずに辞めることになったので、
会社としては厄介者が去ってそれで万歳のはずでは?と思ったのだが、
「ああ、辞めてくれて結構」と言い放った奴まで辞めたとは。
「これからは男性のみに仕事を任せるので(これだから女は使えねえんだよ)」
と言ったサイコ〇ス男までも。
いい人も悪い人もみんないなくなった、らしい。


それを今の良くない状況で聞いてしまうと、
私は何のために前の会社を辞めなければいけなかったのか、
今の会社でひたすら不慣れなことをし続ける理由は何か、
等色々と考えてしまう。

今は課の雰囲気が最悪、と言って辞めていった人までいる現職場で、
混乱しっぱなしで成長すらできない状況にいる。
私も配転したいと思ってどういうわけか実際そうなりかけたけど、
人手が足りず、その話が立ち消えになった。


今の状況が努力でよくなる事なのかをもうちょっと見極めたい。
「はよ終われ」のみで動くような後ろ向きの仕事の仕方でいることも、
いずれは改善するにしても、今は仕方がない。


 <past  index  


襖 [MAIL]