メタモルフォーゼ...葬月

師 走 - 2017年03月30日(木)

社会復帰してから皆勤で、何とか正月休みを迎える事が出来た。

降圧剤のせいで相変わらず昼は貧血気味でフラフラな感じだったけど、夕方になると血圧上がって焦ったり。



年末に毎年恒例の忘年会があった。

中学の時の同級生達と二十歳から続いている年末イベントだ。

皆から「やつれてない?」と言われて、救急搬送されて入院していた事を伝えた。

地元の友人には言ってなかったので、責められた。

席が埋まるとJが来ていない事に気付いた。

そして幹事からJの死を聞かされた。

昨年も不参加だったJが、一昨日無くなったとの事だった。

具合が悪いと検査を受けたときは、直腸ガンのステージ4だった事。

本人の口止めで、家族以外で知っていたのはKだけだった事を聞かされた。

KはJの弟の上司なので知らされていたそうだ。

幹事も今日知らされたと言っていた。

みんな会いたかっただろうな。

Kも黙っているのは辛かったと思う。



家に帰ってから泣いた。

思い出がいっぱいで涙が止まらなかった。

最後に会いたかったな。。。

この日の夜は退院してからの最高血圧を記録した。



翌日はJの両親の希望で親しかったメンバーで会いに行った。

久しぶりに訪れたJの家。

Jはもう目覚める事のない眠りについていた。

長い闘病生活の割には元気だった頃と顔は変わりなかった。

本人の希望で家族葬との事だった。

色々と最後まで自分で段取りして、旅立って行ったそうだ。

両親に「Jがきっと喜ぶから、皆で思い出話をしてやってください。」と言われた。




Jは余命宣告され徐々に悪化していった。

助からないと分かった瞬間に何を思ったのだろうか。

辛いなぁ。

俺は死にかけたけど、その瞬間がピークで回復に向かった。

Jと逆なんだよな。

友人を事故や事件で何人も失っているけど、病死は初めてだった。

ただJの気持ちも分かる気がした。

俺もきっと誰にも知らせない様にするんじゃないかなって思う。

弱ってるところは見られたくないし、気を使わせたくないし。

ただ、絶対にバレる気もするんだけどさ。









遠くに逃げよう。
















...




My追加

 

 

 

UPLIFT SPICE

INDEX
past

BLACK LAGOON
Roberta's Blood Trail 005

Mail