ロマンティスト・テイスト...jovanna

 

 

「Island」 - 2018年06月13日(水)

吉井和哉の新曲「Island」を生で聴きたいと強く思った。

私は、今現在、茨に捉われてしまっているから。
『嘘みたいな現実』に身動き出来ないでいるから。
楽しみにしていた吉井和哉ソロLIVEへは行けなくなった。
悲観的な事を言いたくはないが、
この先私がTHE YELLOW MONKEYや吉井和哉のLIVE会場へ
行く機会は、もう訪れないかもしれない。
仕方ない。誰のせいでもない。
誰かのせいにしちゃいけない。
♪誰のせいにもしないって♪
もう一度生で、「SWEET CANDY RAIN」聴きたかったなあ。
アルバム『SOUNDTRACK〜Beginning & The End〜』
発売前、野沢雅子さん、DAIGOさん、山田孝之さん、
栗原類さんが朗読された歌詞を知って、
この「Island」の世界観に強く惹かれた。
実際吉井和哉の歌うこの曲を耳にして、心撃たれた。
暗闇に差し込む一筋の光。
今の私には、「希望」とまでは、言えない。
微かな安らぎ、癒し、救いであるのかなあ。
いつか『名前のない島』に行けたら良いなあ。

現実逃避に過ぎない儚い夢かもしれないけれど、
『名前のない島』への憧れを持つことで、
言うなれば「生きる糧」を授けられた思いがした。
大袈裟に思われるだろうけれど、
私にとっては、これが現実だ。
人生何が起こるか判らないのだ。
“後悔ないように”しとかなくちゃいけないんだよ♪ 









My追加

 

 

 

 

INDEX
past

溶けた砂
時の谷間