ロマンティスト・テイスト...jovanna

 

 

「天道虫」 - 2018年10月08日(月)

まずは、吉井和哉さん、52歳のお誕生日おめでとうございます。
スマホサイトを覗いてみましたら、たしか以前は、
お誕生日を祝われるなんて嫌いだと仰っていた筈なのに、
今年は『さぁ!とことん祝ってください!(笑)』と
書かれてあって非常に驚きました。
おお!時は流れた!

私は、家庭の事情でこの先、THE YELLOW MONKEYも
ソロ吉井和哉も各メンバーの活動も
生LIVEへは参加できない身の上になって仕舞いましたが、
先日発表された「天道虫」を聴いて、
「待っていたのはコレだ!」ととても嬉しく思いました。
近々告示されるはずの新アルバムへの期待が
益々高まりました。
ゴリゴリのヘヴィーなサウンド。格好良すぎです。
天道虫=太陽へ向かって飛ぶ虫。
「天道虫」といえば、2001年東京ドームでの
「メロメ」を思い出します。
『雪が溶けなきゃ良いな』と仰っていたあの冬の歌。
“猛毒の花びらの上で
 行きづまる天道虫は
 背中の星はがしながら街を出たのに”
今回の「天道虫」は、ギラつく太陽の夏のイメージですね。
深夜ドラマ『天 天和通りの快男児』の主題歌だそうですが、
実際、麻雀を題材にした歌詞が並んでいるけれども、
ドラマを観ていない私からすると、
THE YELLOW MONKEYというバンドそのもの、あるいは
吉井和哉という存在、もっというなら私達一人一人にも
向けた歌詞であるのだろうと感じました。


”誰の肩に止まるかな くるくる廻る天道虫”
言い伝えでは、天道虫が誰かの肩に止まったら、
その人の持つ痛みや悩みを持って行ってくれるのですって。


いつか真っ赤な天道虫が私の肩にも止まると良いなあ。





My追加

 

 

 

 

INDEX
past

溶けた砂
時の谷間