Sotto voce
DiaryINDEXpast


2014年04月14日(月) 宣告。

その兆候は、昨年すでに出ていた。

でも、そのときは忙しさを理由に見て見ぬふりをした。

一年後、やはりそれは消えることなくそこにあり。
さすがに無視するわけにはいかなくなった。

レントゲン、CT撮影を経て、
今日その診断結果を聴くことになった。


私の右肺の中に、少なくとも1年前から存在していた影。
その正体が、今日告げられた。


その腫瘍らしきものは、今すぐ生命を脅かすものではない。
ただ、皮膚にできた吹き出物のように
ほっておいても大丈夫と楽観視するものでもないらしい。

三ヶ月後、再度CT撮影をして
今後について決めることになった。

悪性ではない、癌を疑う形状ではない。
仮に、この腫瘍をとり除くことになったとしても、
検査だけで膨大な費用がかかるから、
今、急いで検査する必要はない。
詳細に説明してくれた医師の言葉を信じるしかない。


正直、もやのような不安は消えない。
ただ、この胸にあるのは、「まだ死ねない」。

愛するひとがいる。
両親もまだ生きている。
頼もしい仲間たちがいる。
やり残したことがある。
このままじゃ死んでも死にきれない。


仮に、この肺の中にあるものが
いつか私の命を奪うものにかわったとしても。


私は生きる。
何が何でも生きる。
まだ、死ねない。


安積 紗月 |MAILHomePage

My追加