enpitu


Egoistic-hypocrite.

hypocrite.

まだ生きているの。2017年11月15日(水)





此処の日記もひさしぶり。
だってそんなに情動が激しくないもの。
書くネタなんかほとんど無かった。

裏日記は激しく更新中だけど、
誰にも見せないって決めてるの。

・・・そう、誰にも内緒の話。
書いてスッキリして、読んで悦に入る日記。
ほら、あたしって自己愛が強いから。
何処かに書かないと気が済まないのね。





っていうか、まだ生きているの。
10年前はこんな歳まで生きていられると
思ってもみなかった。

こんなに醜くても平気でいられるとも
思ってもみなかった。

30歳の"あたし"が、今の"あたし"を見たら
発狂するんじゃないかな(笑)

母親ともまだ同居してるし、
恋人は居ないし、
煙草も飲まなくなったし、
お酒も禁じてるし。





なーんにも無い生活。
ただ、書籍だけが増えていく毎日。
積読だけを本棚いっぱいにして。
ただ、腑抜けになった顔してPCに向かう。
但し、PCに向かうのは睡眠薬が効いてくるまで。

夜中、PCに縋り付いて泣いてたのが嘘みたい。
うん、きっと昔はツライ夢を見続けていた。
自分に優しくできなかった。
他人にも優しくできなかった。



今は布団に入ったらコトンと眠ってしまう。
朝は7時半頃に、猫の鳴き声で起きる。
まず寝間着のまま、猫の部屋に入って餌をやる。
9時には紅茶を淹れて、紅茶が冷める前に母親を起こす。
いつものパターンで流れていく日常。

あたしは初めて、それらを愛するようになった。





猫の部屋から、真っ白で可愛い一匹の老猫を
人間の生活スペースに住まわせて、それが
母親との関係の緩衝材になってるみたいだ。
犬みたいな猫で、構ってちゃん。
避妊手術はしてあるから、12歳でも子猫みたいにやんちゃ。
真っ白い毛が抜けるから黒い服は着られない。

ヘアサロンに行くのは半年に一度。
カット、くせ毛矯正、トリートメント、ヘッド・スパと
贅沢に一通り施術してもらう。
内心、持って来た予算で間に合うかどうかビクビク。

エホバは、本田兄弟が嫌いで割り当て辞めた。
集会も、気候の変化を言い訳に、何か月サボっているやら。
母親は「今はそんなことないハズよ。」とか言うけど、
彼が変わった証拠がないと、彼のことは許せない。
壇上で恥をかかせた、教訓で傷つけた彼を。





徒然書けばそんな毎日。
何も変わりませんように。





< カコ  モクジ   ミライ >


エンピツユーザー専用
My追加ボタン。

エンピツランキング投票ボタン。
現在ランキング不参加。
- Design : maybe -



エンピツ