enpitu


Egoistic-hypocrite.

hypocrite.

睡眠。2005年08月31日(水)



ひさしぶりに気を失うようにあっさり眠った。
ひさしぶりに深く深く眠った。

眠って気持ち良く起きた。
惰眠を貪りたいと思うほど、眠るのが
気持ち良かったのはいつ頃までだったか。

いつの間にか喉がカラカラになったような
乾いた浅い眠りが日常的になってたのに。



たったひとつの言葉で。
たったひとりの言葉で。
こうも変わるなんて。



それだったら、あたしは、彼が今、何を思うのか。
あたしの存在が彼のためになるのかならないのか。
彼の言葉が嘘かホントか。将来的に嘘になるのか
ホントになるのか。あたしたちの関係は非倫理的
なのか非生産的なのか。そんなこと、探らないで。

あたしは、ただひたすら、彼の言葉を信じるために。
盲目になるために目を閉じようと思うのです。



だって、あたしが欲しいのは、安眠の時間。
死んだように眠れる、安息の日々。

別に作りモノでもいい。それでも今しばらくは
彼の存在と態度と言葉はそれをくれるから。





どうか。2005年08月23日(火)



どうか。

耐え切れますように。
耐え切れますように。
耐え切れますように。

あたしの"意志"は、そう願う。

「すべてを思いどおりに」なんて
頭が腐ったって思うものか。





ヤキモチ。2005年08月22日(月)



感情の解凍。

次に覚えたのは「嫉妬」で、自分でも
自分がわけわかんなくなることだった。



これのおかげで目が腫れるまで泣いて、
この世のすべてが憎くなって、
何もかもどうでもよくなって、
いっそ相手を嫌いになれたらと願って、
苦しさをどうにかしようとして
もう終わりにしちゃいたいって思って、
もがいてもがいて、また泣いて。

そんなことを繰り返して、それでも
どうにもならなくて泣くしかない。

そんな感情だった。





大事な人。2005年08月21日(日)



あたしが大事に思ってる人は
あたしがその人のこと想ってるほど
あたしのことを大事じゃないのかも。

もしかしたら大事だなんて
想ってるのはあたしの方だけなのかも。

今日、そう感じた。



サヨナラ。あたしを好きでもないのに
好きでもないことに時間割かせて
今まで付き合わせちゃってごめん。





クルシイ。2005年08月13日(土)



ねぇ、苦しい。

苦しい。

苦しい。

寂しい。

苦しい。

あたし、居ちゃ、迷惑?

苦しい。

人の悪意が、怖い。

苦しい。

ひとりの時間が、辛い。

苦しい。

もっと、言葉が欲しい。

苦しい。

もっと、体温が欲しい。

苦しい。

もっと、優しさが欲しい。

苦しい。

疎んじられてないか、不安。

苦しい。

誰かと交われないの、寂しい。

苦しい。

自由な時間が欲しい、のに。

苦しい。

寂しい。

寂しい。

寂しい。



解凍して覚えた気持ちたち。

あたしが持て余すくらいに氾濫する。
それはまるで洪水か津波のようで。

辛いの。辛いの。辛いの。辛いの。





ウレシイ。2005年08月08日(月)



解凍される感情の中でまたひとつ覚えたこと。



お財布具合気にしてケチケチしたりとか、
お互いを引き離してる距離とか、迷惑とか、
くだらないこと考えないで「遊ぼ!」って
キミに声かけられるようになって。

あたしは、「嬉しい」。
キミと遊ぶの、「楽しみ」。



キツい仕事も頑張れる理由のひとつ。





籠。2005年08月05日(金)



やっぱりあたしには、まだ籠の中で
ピヨピヨ鳴いてる生活が、似合う。

飛んでみようかな、なんて考えたのは
ちょっと他の人が羨ましかったからで、
あたしも飛ばないと、って焦ったからで。

あたしがまだ、飛んだつもりで地に堕ちる
そういう類の翼しか持ってないのは、
知ってた。



だから、まだ、飛んでみようとするのは
止めた。だって知らないもの。何もまだ
知らないもの。不安を止める方法なんて。
羽根を毟られない方法なんて。



「名古屋で働かないか」誘いは嬉しかった。
通えるものなら通いたかった。毎日でも。
けど、あたしはまだ、籠の中の鳥だから。

どっかで勝手に力尽きて地に堕ちて、
何で?とか思われるとこで、すみませんもう
無理ですって、いきなりリタイヤして
迷惑かけるオチが見えてるから、まだ。

しばらく、籠の中で鳴いてることにする。





< カコ  モクジ   ミライ >


エンピツユーザー専用
My追加ボタン。

エンピツランキング投票ボタン。
現在ランキング不参加。
- Design : maybe -



エンピツ