$daimei

$time

あとちょっとで恐怖のマイバースデーがやって来る。
いやいや。歳を取るのは嫌いじゃないのですよ。
嫌いじゃないのですが。
今の自分を冷静に見つめなおして、この歳でコレかよ、と。
ものっそい恐怖を感じるわけであり。
ダーリンと出会った時なんて、四捨五入しても二十歳だったよ?
それがねえ…今じゃねえ…。
だいたい、今より5舛眩蕕擦討燭茵
うわー。びつくりびつくり。
三十路なんてまだまだ先だと思ってたのに、あとちょっとじゃん!!
それまでになんとかなってるかなあ…いろいろと…。

去年の今ごろはどうだったっけ?と思いを馳せてみたところ、
なんとまあ、ダーリンに誕生日を忘れられたという悲しい過去が…。

どうかね、コレ。
ちなみに私の誕生日=お付き合い記念日なのに。
そんな重要な日を2年連続…。
さすがに怒ってもいいだろー、と思ったけれども、
結局そのタイミングを失ってしまった。

「今度蝶ちゃんがこっちに来た時、美味しいレストラン予約しておくからさ、
ちょっと早いけど、二人で誕生日のお祝いしようよ」


そんなことをダーリン自ら言われちゃったら、怒れないでしょー。
アホだから、危うく涙出そうになっちゃったじゃないか。
他の人にとっては「何でそんなことで?」と思うようなことかもしれないけど、
私にとってはダーリンのその言葉が、最上級嬉しいことなの。
ああー、安いオンナですね、私って(笑)。

だってね。あのダーリンが自分で店を調べて、予約までしてくれちゃうんだよ?
オシャレな店、美味しい店なんて、全然興味の無いダーリンが。
しかも私が大好きな東京タワーの見える場所を、わざわざ選んでくれて。
大好きな人が自分を喜ばせる為に一生懸命になってくれるのって、
なんて素敵で感動的なことなんだろうって本気で思う。

そんなことしてくれなくたって、大事にされてるのは十分身に染みてる。
でもやっぱり、こうやって態度で、行動で示してくれるのは嬉しいものだよね。
私もいっぱいいっぱいダーリンを嬉しくさせられるよう頑張らなきゃ。





誕生日を忘れられた恨みは忘れないけどな!(笑)






残業時間はそれほどでもないはずなのに、疲れ方が尋常でない。
8割以上寝ながら起きてるような。いや、マジっすよ。

最近のダーリンは優しいです。
昨年の11月〜今年の1月までとは、比べ物にならないくらい。
すべて原因は仕事にありけり。
余裕って大事だ。

ダーリンから電話がかかってきた時、
受話器から伝わってくる空気がいつもと全然違ってた。
「どこ?」って聞いたら、「銀座」って。
なるほどなー、妙に納得。
それから「誰と一緒に居るの?」と躊躇なく聞けた。
5年くらい前の私だったら、恋人が誰と居るのかさえ
怖くて聞き出す事が出来なかったら、これはちょっとした成長だ。
怖い、と思う理由は2つある。
.Ε競い隼廚錣譴修Α
∨榲に浮気してそう。
駄目駄目じゃん!!


目指すのは“恐怖のない関係”。
これは昔っから変わらない。
ダーリンと一緒にいると、どうしてこんなに楽しいんだろうって、いつも思う。

3年近くも付き合ってるのに、よくもまあ(笑)。

1日でも喋れない日があると、言いたいことが溜まってムズムズする。



仕事の愚痴ばっかり言ってるから、嫌な気持ちにさせちゃったかな。

気持ちのベクトルがマイナスに向かっている時の会話って、

当事者なんかよりも、聞いてるほうがずっとずっと辛いんだよね。

ワーーーッて大泣きして、抱きついた。

不安な事なんて、数え上げればキリが無い。

あなたは私を膝に抱えて、背中をポンポン叩きながら

「大丈夫、大丈夫」って静かな声で何度も繰り返す。

子守唄、歌うみたいに。



終わりの時刻がどんどん近づくたびに、2人ともどんどん元気がなくなって、

「寂しくなってきた」 「寂しくなってきた」と言い合う。

そんなこと言ったって、時間は増えたりしないのに。

ちょっと我儘も言ってみる。

「明日まで傍に居てよ。会社なんか休んじゃえばいいのに」

「本当にそうしちゃおうかな」

困った顔して笑うダーリン。

だけどあなたは時間が来たら、洋服を鞄に詰め込んで、

コートを着て、この部屋のドアを躊躇無く開けるわけで。

私を置き去りにして、自分の生活へ戻って行くあなたの後姿が、

実は、好きだったりもする。



急に仕事が忙しくなってきて、お菓子を作る時間さえ無さそう。

「普通のチョコとチョコチーズケーキ、どっちがいい?」

なんて聞かなきゃよかったよ…。

そもそも何で作る気になったんだ?

明日はロフトへダッシュだ!
今度、彼に会ったら、真っ直ぐ目を見て伝えよう。

あなたが、大好きだと。

もしも私が消えてしまっても、ずっと、ずっと、大好きだと。
私が今の職業に就いたのは、今から約4年前。
学生時代からの、憧れの仕事だった。
文字通り狭き門に、奇跡みたいな確立で潜り込み。
人生の嬉しかったことランキングを考えたとしたら、
間違いなくベスト3には入ると思う。


半ば、夢を叶えたように感じていた。



1つ1つが新鮮で、見るもの、触れるもの、すべてが楽しかった。
月の半分、電車で帰れなくても、業界以外の友達が離れていっても、
毎日コンビニのお弁当ばかりでも、休みが1カ月に3回しかなくても。
それでも満足だった。はずだった。

目の前をよこぎる様々なものを、本能のおもむくまま、
ものすごいスピードで追いかけてるうちに、
何を探しているのかが分からなくなってしまっていた。
嬉しいとか、楽しいとか、そんな感情は置き去りで、
仕事に役立つものばかりを探して集めていた。
ふと立ち止まった時、私は自分が何をやりたいのかが、
すっかり分からない人間になっていたのだ。
肝心な何かが、ぽこりと抜け落ちてしまったように。

“好き”のその先にあるものを、考えた事がありますか?
それが限界だったり、失望だったりした時、あなたならどうしますか?
好きな仕事で羨ましい? そんな簡単に言わないで。



深い森に迷い込んでしまったみたいだ。
それでも今、生来怠け者の自分の尻を叩きながら、
立ちあがって歩き出そうとしているのは、
みんな、みんな、ダーリンのおかげだったりする。
最初は彼の言葉さえ、信じられなかった。
頑張れ、と励ましてくれるダーリンに、
「私は頑張ってるよ。いつだって一生懸命やってきたつもりだよ。
なのにまだ頑張れって言うの? それともまだ頑張ってないって言うの!」

そう泣き叫んで困らせたことがある。

ダーリンは、いつも言う。
「蝶ちゃんが会社を辞めても構わない。
だけど、その職業を捨てることだけは許さないよ」
と。
それは、とても窮屈な言葉なのだけど、
だからこそ私は、かつて夢だった場所に留まっていられる。
「最初のころ、俺に何て言ったか覚えてる?
“表現する事を止めたら、私、死んでしまう”って」

とっても恥ずかしくって、ちょっとくすぐったい。
夢を手に入れたばかりの私。


この1年間、ずうっと考えてきたよ。
いっそのこと逃げてしまえばラクになれるって何度も思った。
だけど、捨てられない。
どうしても、捨てられないんだ。
自信も、何をどうすればいいかも未だに分からないけれど、
“好き”ってだけじゃ、やっぱり駄目かなあ。
私を助けてくれた、沢山のモノに恩返しがしたい。
私が助けられたように、誰かを救ってあげたい。
ただ、それだけじゃ、駄目かなあ。

私、もうちょっと頑張ってみる。
ダーリンをガッカリさせないために。
そして何よりも、私自身をもう一度信じてみるために。
頑張ってみる。
うん。今決めた。
緊張しっぱなしの1週間が終わって、
また新しい1週間が始まりました〜。
うげー。嫌だー!会社行きたくないよーー!!!

先週の木曜日?だったかな。
今までのあれやこれやが波のように押し寄せてきて、
ダーリンにすっかり迷惑をかけてしまった。
平日だって言うのに、朝5時までうっかり生電話。
翌朝は寝不足プラス、泣いたせいで目がぼっこりと腫れて、
とてもじゃないけど仕事するような状態ではなく。
何で突発的にあんな状態に陥ってしまったのか…
我ながら相当病んでるしか思えない。


「平日なのにゴメン」ってダーリンに言ったら、
「いいんだよ。気にする事なんてない。
そりゃあ仕事が大詰めの時は無理かもしれないけど、
幸い今は割と暇な時期だし。こういう時くらい蝶ちゃんの話聞きたいよ」
と。


なんてイイ奴なんだ!!!!(涙)


(久々に)ダーリンに惚れなおしたね。
(そして久々に)ダーリンと付き合えて幸せだ〜って心から思えたね。
私ももっともっと優しくしよ!と固く誓ったはずなのに、
翌日眠気のあまりダーリンに殺意を覚え、
思わず虫けら扱いしてしまったのはここだけの話ってことで。

ダーリンが酔っ払って帰ってきて、そのまま愚痴モードへ。
んー。2時間以上喋ってたんじゃない?
ふあ〜。眠い! 眠い!
しかも会話が成立してるときはいいんだよ。
だけど向こうは落ち込んでるもんだから、急に無言が続いたり…。

答えの出ない悩み相談って辛い。
何か土台となるものの上に問題が乗っかっていて、
「あなたはどう思う?」と聞かれるならまだしも。
足元が不安定なまま正体の見えない不安を前に
「どうしたらいい?」と問われても…私にも分からない。

今のダーリンは、ただ現実から逃げたいだけなのか、
それとも本当にやりたいことを見つけたいと思ってるのか、
一体どっちなんだろうね?

とりあえずメールを送っておいた。
どんな仕事だって構わない。
今みたいに大企業じゃなくたって大丈夫。
ただ、ただ、あなたがやりたいと思えることを、
好きなようにやり遂げて欲しい。
あなたの元気が私の元気。なんだから。

今日は携帯を会社に忘れてしまったので、ダーリンと連絡が取れません。
んんー。家に電話かけたんだけどね、出ないんですわん。
もう寝ちゃってるか。それとも飲み会か。
もしくはシカトされてるか。
いずれかに違いないのですが(そりゃそーだ)。
なんだか心細い感じです。
私の携帯ちゃん…今ごろ机の上でぶるってそうです。
しかも目覚ましがわりにアラーム設定されているので、
明日の朝、早く来た人たちに激しく迷惑をかけそうです…。
相変わらずうっかり者だわ(がっくり)。

どんなに長く付き合っていても、究極の愛の言葉を囁かれても、
本当に安心することなんて、ないんじゃないかと思う。
過去に苦い経験をしてる人なら、誰でも。
ちょっとのすれ違いで心が移ろうことを知ってる人なら、誰でも。

努力なんて無駄、なんて言う気はないけれど、
頑張っても駄目な時ってあるんだよね、きっと。
だって私、あの時の恋だって一生懸命だった。
それにあの時だって…私は私なりに精一杯頑張ったはずなのに。
なんで失ってしまったんだろう。
努力して上手くいくものなら、涙なんて流さなくて済むはずでしょう。
なんでだろ。ね? 恋ってホント不自由だ。



…と、なんだかマイナスに思考が傾いていく(笑)。




ダーリンとお話しできないせいかなあ。
こんなに暗くなっちゃうのは。
早く逢いたい。
そんでもって足の裏を撫で撫でしてもらいたい。
ダーリンのおでこと鼻のくぼみに、あごを合体させたい(意味不明)。
あぐらの上に乗っかって、テレビ見るの邪魔したい。
それからそれから〜新聞読んでるダーリンの膝に頭乗せてウトウトしたい。
そんな些細なことなんだよ、私の願いなんて。
何で叶えてもらえないのかなあ。
何で私たち、こんなに長く、遠く、離れてしまったのかなあ。


言ってもどうしようもないことだって、言いたくなる夜がある。
先週は親が来襲&飲みウィークだったので撃沈中。
やっと今日の夜、ダーリンとゆっくりお話できました(が二日酔いでダルダル)。
ここ1、2週間すんごく忙しかったせいか、
ダーリンとの前回の逢瀬がすんごく昔のような気がする。
ちなみに次回会うのは再来週。
「先は長いねえ…」とダーリンも嘆いておりました。
ホント、長いねえ…。

いろいろ、やるべきことが沢山あって大変。
私も、ダーリンも。
今の生活、9割が仕事。
悩みも不安も、すべてが仕事で占められてる。
お互いに励ましあって、傷舐めあって、尻叩きあって、
働き盛りだもん、仕方ないねえ…なんて笑いつつ。
いつか、この混沌とした世界から抜け出せるのかな。
知らないうちに、仕事以外のあらゆることが、
置き去りになっちゃったりしてね。


余裕が欲しい。余裕が。
時間的にも精神的にも。
うわん。最低です。
昨日は深酒したわけです。地元で。日本酒なんかを。
そして酔っ払ったままダーリンに電話して、
仕事中のダーリンに何度も電話して。
案の定怒られてしまったわけです。最低です。

2カ月に1回ぐらい、こういうことがあるわけです。
いや、1カ月に1回かもしれません。が、とにかくあるわけです。
素面の!それも仕事中の!相手に、電話で絡んじゃうんだから。
いい迷惑。ほんっと迷惑。
しかもダーリンは下戸なわけです。
1滴ぐらいしかお酒が飲めないわけです。
そんな彼に酔っ払いの気持ちなぞ分かるはずもなく。
理解しろなんて言えるはずもなく。
ものすごい冷たい態度で、無理やり電話を切られる有様。


今朝、「ごめんね」メールを送ったけど返事ナシ。
この件で何度謝り、何度許してもらったことでしょう。
そんでもって誓うわけです。
「もう酒は飲みません」
「飲んでも電話しません」
一度も守られたことのない約束。
今後も繰り返されるであろう約束。


もう私ってばどうしたらいいのでしょう。
酒癖を良くする方法、教えてください。
 INDEX 


My追加


karinko * mina plus
B B S [ ]