$daimei

$time

おおぅ。グラグラ揺れる。気分的に。
何週間か、何ヶ月に1度、こんな風に気持ちが定まらなくなっちゃう。
嫉妬だったり、羨望だったり、焦燥だったり、落胆だったり。

ぐるんぐるん渦巻いて、自分では収集つかないぞ!みたいな。
あふー、つ、疲れる。
仕事中、ワケも無く涙ぐんでみたりして。
今日は弱弱だわ。



ダーリンは優しい。
優しいし、私のことをちゃーんと愛してくれる。

人間なんて、基本的に我儘で貪欲なものだから、
不満が1つも無いなんてありえないんだけどさ。
そんなんじゃなくって。


私の中の“面倒臭い私”は、見て見ぬふり?
そんな気がしちゃうよ。




んー、でも、よく考えてみると、これって自分の問題。かな。
自分に自信が無くて、良い部分も悪い部分も認められなくて。
それをダーリンに埋めてもらおうとしてる。
きっと。甘えてるんだ。私。


ダーリンはこんな私の、どこを好きになったんだろ?
重要な取引に向けて、大忙しのダーリン。
昨日も、今日も休日出勤。

かくいう私は、1日中爆睡、爆睡。
今日は1日だるだるデー。と決まっているのです。
ダーリン、ごめぇーん。



忙しい割には、最近ダーリンの機嫌がイイ。
毎日電話をくれるし、優しい言葉をたくさんくれる。
そして何より、私を信じてくれる。
それが嬉しいのです。

もしかしたら、また酷い事を言われて、無視される日が来るのかもしれない。




でも今度は、今度こそは。
焦らず、慌てず、落ち着いて居たい。
ダーリンを信じて、待っているんだ。

そういうダーリンも、ダーリンの一部分だから。


皆には、馬鹿だねー、ってまた言われちゃうだろうケド。

私も、彼も、完璧なんかじゃない。




でーもでも! 突然電話を切ろうとするのだけは止めて!
人が楽しくしゃべってる時に限って、それじゃまたって何じゃそりゃ。
1人取り残された私は、どうすりゃいいのですか?



失くしたと思っていた、ダーリンの家の合鍵。
ひょんなことから、しまいこんでいた鞄の中から発見!
無くても困るものじゃないけれど、やっぱり手元にないと心細い。

ダーリンと遠距離になった、あの夏。
駅の小さな鍵屋さんで、お互いの合鍵を作って、その場で交換した。
「離れても、大丈夫」そんな決意を形にする為に、あなたは色んな努力をしてくれた。
行かないでって泣いた私を、別れるって逃げ出そうとした私を、
強い力で受け止めてくれて、ありがとう。

あの時、あなたと離れなくて、良かった。

こんな小さな鍵に、色んな想いが込められているね。




休日出勤のため会社へ向かうダーリンから電話。

私は半分寝ぼけ気味+二日酔い。

記憶は飛び飛びだけど、ダーリンとは本の話をした気がする。

私も、ダーも、かなりの本好き。

好きな作家さんについて熱く語り合ったり、

おもしろい作品があれば貸し合ったり。

そういうことを自然に出来る相手が居るってのが、

私にとっての幸せだったりする。





この間ダーと買い物に行ったとき、ベビー服のショップを発見。

多分ヨチヨチ歩きの赤ちゃんが着る、フリース素材のロンパースがあって、

可愛い!可愛い!って大興奮していたら、ダーリンが

蝶ちゃん、子供にこういうの着せそうなタイプだよねぇと言うので、

だって可愛いもん! 会社から疲れて帰ってきて、こんなの着た子に

「パパー」とか出迎えられたら、ダーリンだってメロメロになっちゃうでしょ!


と返したら、ダーリンは幸せそうに、満足そうに、頷いてた。

まだまだ現実味のない、単なる妄想だけど、

それって、すごく、幸せな未来予想図じゃない?
みんなの会話を抜け出して、ダーリンの声に耳を澄ます。

優しい時間。

仕事も、友達も、お金も、時間も、大事、だけど。

結局、残るものは愛、だと思う。

心から、そう、思う。




私の指も、髪も、首筋も。

全部、あなたの為にあるの。
毎晩帰りが遅いダーリン。

なのに今日は朝から大事な会議!しかもいつもより早起き!ってなワケで、

モーニングコールは任せておけ!!ぐらいの気持ちでいたはずなのに。

起きたら何故かダーリンの会議が始まる時間…。オーーイ!

慌てて電話をかけてみたものの、出るはずもなく。

私が起こさなくても大丈夫だったみたいね。良かった良かった

あわわわわわわ。やべぇ。

ばかばかばかばか。私の馬鹿ーーーー!! この役立たずめ! 




んーー、でもまぁ。ダーリンのことだから、なんとか乗り切ったはず。

ダーリンって、大きな失敗はしないっぽい。そんなイメージ。

小さなゴタゴタには巻き込まれやすいけど、要所要所は押さえていて、

最悪の事態は間逃れていそうなタイプ。

というよりも、ただ単に用心深いだけなのかしら。買い物も慎重だし。

石橋を叩いて渡ってる?

大雑把だし、意外とヌケてる部分もあるのにねぇ。

私はダーリンとは逆のパターンかも。

普段はしっかりバリバリしていそうなのに、肝心のところでコケる。

大事な打ち合わせの日に5時間遅刻しちゃったり?えへ。

だって起きたら昼だったんですもの。えへ。

意外と大胆だなー私も!(勘違い)




今日はダーリン何時に帰ってくるのかなぁ?

早く帰ってきて、ゆっくり休んで欲しいよ。

ダーリンの仕事が無事に終わりますように。




あ、そうそう。掲示板、復活しました。

愛ある書き込み、お待ちしております。
日記のデザインをいじっていたら、何故か掲示板が消えてしまいました…。

ええっと? 何で表示されないんだろ…。

もしかしたら掲示板そのものが消滅した…とか?ガーン。

はぁ。新しいのを設置しなきゃいけないとしたら、かなりショックだわん。

今まで書き込んで頂いた方々のお言葉まで消えちゃうなんて。

ああー!!ごめんなさいごめんなさい。




今日の朝はダーリンとは話せずじまい。

メールのやり取りもなし。

いつも帰ってくる時間にも連絡が来ないから、

心ひそかに心配したり、ムカついたり。

あーでもでも酷く反省。

ダーリンは一生懸命仕事に励んでいただけ。

それをほんの少しでも疑っちゃうなんて、駄目彼女じゃ。



ダーリンの電話の声は、イガイガとんがってる。

相当忙しくって、ストレス満載っぽい。

猛烈に愚痴ったり、急に黙り込んだり。

ここは私が和ませねば!なんて妙な使命感を燃やしたものの、

やっぱり人を励ますのって難しくて、苦手。

ダーにとっても、それが一番なはず。多分。

ちーんと黙って座っていろ、と。
どうやらダーリンは家に着いて、すぐに眠ってしまったっぽい。

家に帰ってからも仕事があるって言ってたのに、大丈夫かー?

明日の朝、電話をしたら、ものすごい勢いで慌ててそう。

目に浮かぶようだわ、まったく。

でもやっぱり体が一番なのだよ。

先は長い。ぼちぼち頑張れ。



今日、1週間遅れで生理参上。

今月もよく来てくださいましたー。ありがとう。

そのせいなのか、やたら眠くて、チョコを欲してる。

食べ過ぎだってばー。あはん。



今まではダーリンを深追いし過ぎていたのかなぁ、と思う。

うんにゃ。色んな意味で。

もちろんいつかは、一緒に並んで生きて行けたら嬉しい。

けど、焦ることでもないし。

なるようにしかならないわけだし。

近くても遠くても上手くいく時はいくわけだし。

もちろん、その逆だってアリ。

自然な流れで、2人の未来が重なっていければ、いい。

そんな風に考えたら、なんだか肩の荷が下りた気分。

焦ることはないさ、ねぇ。

私に出来ることは、君に愛を注ぐことだけ。

それしかないじゃない?
昨日の穏やかな気持ちは何処へやら。

今日の私はちこっと怒りモード。

だってだってだってダーリンが話を聞いてくれないからさー!

最近かーなーり忙しいマイダーリン。

まさに今、彼はそんな状態。

自分のことは際限なく話し続けるものの、

私の話になると、途端にテンションが萎え萎え。オーイ!!

しかも人の話を横取りする憎い奴…。

でもまーあと数日間のことだろうし、下手に刺激せずに暖かく見守るべし。べし!
ダーのところから帰ってきた。

なんというか。とても、とても、穏やかな時間だった。

蝶ちゃんと逢って充電された気分とダーは言ってくれたけど、私も同じ気持ちだ。

土曜日は気絶しそうなほど遊びまくった。

2人がしたかったことを、すべてやり尽くした感じ。

その疲れもあってか、今日はダーにくっついてたっぷりと眠りを貪った。

彼の腕に頭を乗せて腕や足を絡めると、

在るべき場所に帰ってきた安心感に包まれる。

気持ちイイねぇ、と言いながら2人で目を閉じた。

ほんと、この人の隣は、なんて居心地が良いのだろう。



帰り道、車を運転するダーに手を伸ばし、その左手に指を絡めた。

いつもよりも何故か、胸に迫ってくる寂しさは少ないけれど、

ダーの温もりを少しでも多く感じていたかったから。

空港の駐車場で、ダーに寂しい?と尋ねてみる。

そして寂しかったら泣いてみせてよと無理な注文を加えてみる。

その言葉にすぐさま反応して、ダーの目の淵に涙が盛り上がって来る。

恥ずかしくなった私は、照れ隠しに嘘泣き得意なんでしょーと悪態をついた。



付き合ってもうちょっとで、2年。

正直言って最初に比べれば、

ダーのことを考える時間やドキドキ感は減ってしまった。

お互いの街へ帰る時も、割と普通の顔をしてバイバイを言えるようになったし。

でも。それでも。やっぱり。

他の人にトキメキを求めたいとは、全然思わない自分が居る。

私は、私と彼の今の関係を、とても気に入っている。

私のちょっとした心の陰りを知ってか知らずか、

ダーリンが心なしか優しかったりする。

んで、あれですよ。

その、繰り返し。いつだって。

もういい加減、そんなサイクルにも飽き飽きだし、

何か対策を考えなきゃいけないとは思ってるんだけど。

どうしたらいいものか。はて。

それぐらいしか、無い。

てゆーか、それがすべて。




あーーーー。なんか、こう。

ダーリンを不安にさせるくらいの、

そして、こいつを手放してはいかん!と強く強く思われるくらいの、

魅惑的な女子になりたいや。

分かったよ。一生懸命考えて、分かった。

何で昨日、嫌な気分がこみ上げてきたのか。

きっとこんな気持ち。

そう。そう。そう。

自分ばっかり正しくて、私ばっかりが間違えてるの?

そんな、感じ。うん。

で、1つ不満の芽が出てきたら、どんどん違うところからもいっぱい現れてきて。

今まで気にしないようにしてたこととか、いっぱい。

腑に落ちない感が満載。

ちっちゃいちっちゃいことなんだけど。

見過ごしちゃいそうなことなんだけど。

やっぱり心に引っかかって、悲しくなる、すごく。

気持ちがちょっと立ち止まっちゃった感じ。

なんなんだー? この嫌ーな気持ちは。

ダーとの電話を切った後、じわーっと嫌な感じが広がってきた。

久しぶりだ、こんなの。

理由は、よく分からない。

これ以上我儘言ったら愛想尽かすよ、って言われたことか(冗談ぽくだけど)

忙しいー忙しいーを連発されたことか。

そうそう。何だよぅ、この気持ち。

疲れてるだけかにゃー。
ああ、また帰宅が深夜…ガックリ。

魔のシーズンがやってまいりました〜。

夜中に帰ってきて、どうしてもダーの声が聞きたくなって、

寝てると思ったけれど、ついつい電話してしまった。

案の定ダーリンは寝ていたらしく、ごめんねーを何度も私は繰り返す。

ダーリンは優しい声で、でも半分寝ぼけながら、

いいんだよ〜と返してくれた。

今日は一度もダーリンに電話をしなかった。

正確に言うと、「私からは」だけど。

ダーからは2回。

いつもの休日はモーニングコールから始まるので、

それが無いと落ち着かないなー、なんて思いながら。

何度か禁断症状も出そうになったし(笑)。



普段の電話も遠慮気味にしてる。

昨日は休日出勤で大きな会議があったダー。

夜中になっても電話が来なくって、ちょっと心配になった。

いつもの私ならすぐに電話をかけるところだけど、今日のところはメールで。

そうしたらすぐにダーから電話がかかってきて、

蝶ちゃんはいっつも俺のこと心配してくれるよね。ありがとう。

と思わずニヤニヤしちゃう言葉を頂きました。

こちらこそ、ありがとう。

電波の都合で突然電話が切れてしまった後、

ダーから再び連絡が来ることはなかったけど…。

いいのよ。いいの。



最近やっぱり少し思いやりにかけてたのかなぁ。

ダーだから許してくれる! 分かってくれる!って思いが

悪い方向に向かっていたみたい。

やっぱり、親しき仲にも礼儀あり、なんだ。

親しき仲にこそ、かな。

そして初心忘れるべからず。

肝に銘じますわな。
昨日はダーリンから電話があったものの、ご飯を食べてからまた連絡するね、

という彼から再び電話がかかってくることはなかった。

そして私も、かけなかった。

今日は2人ともお仕事。

朝起きて、少し迷ってから、ダーに電話した。

遅刻したら困ると思ったから。

そんなこんなで、一応、最近の私はダーに気を使っている。はず。多分。

夜になっても電話はかかってこない。

でも、週末には私から連絡しないって決めたんだ。

今日は幸運に恵まれたのか否か?と聞かれると答えに窮する。

つまりはそんな1日。

ダーリンからの電話は仲直り以来続いてる。

ただし、電話の雰囲気はほんのり微妙に違っている気もする。

今日もちょっとだけ険悪なムードが漂った。

お互いに忙しくてピリピリしているから仕方ないとはいえ、

その後仕事に戻って落ち込んじゃったじゃないかー。えーん。

‖腓なため息、とか

嫌味っぽい言葉のやり取り、とか

8澆い良垤自慢、とか

そんなのしたくないんだってば。

もっともっと仲良くしたいの! それだけ。

ぐじゅぐじゅに熟れた蜜のような甘い会話を交わしたい。

明日こそ!元に戻れますよーに。

近いうちに肌に触れないと、根っこから修復できないような気がするから。

神様、私の味方してくれる?

仕事でちょっと(いや、かなり)凹む事態が起こって、ダーにすぐさまメール。

すぐに電話くれたのには感謝、感涙。

分かってる、分かってるるる〜。

自分でも認めてますよ、ええ。

だからって他人からは言われたくないことだってあるんだってば。

逆切れしないよう自分を静めるのに精一杯。

でも私はただ慰めて欲しかったんだよ? 優しくされたかったんだよ?

ただ、それだけなのに。

あなたにまで批判されるとは思っていなかった。

付き合う、って。恋人同士、って。

支えたり支えられたりしながら愛情を深めていくもんじゃないの。

あなたの一言が欲しかった。

大丈夫だよって。

そうしたら少しは勇気を持って、明日へ踏み出せたのに。
ダーリンと(一応)仲直りしたワリには、気分が晴れないなぁ。

まぁ、まだ不完全な状態なので、仕方ないっちゃー仕方ないか。

それにタマにはこんな痛い目見なけりゃ、

私という単細胞は成長も反省もしないのでしょうから。

しばらく大人しくしてまっさー。




ダーリンは今まで無理をして、我慢して、

私の恋愛スタイルに合わせてくれたのかな?

だとしたら長く続くはずなんてない。こうなって当然さ。

私とダーは天と地ほども望みがかけ離れている。

妥協案は何処に?

あとは私が理解するしかないのか。またの名を「耐える」。

じゃないとぐるんぐるん同じことの繰り返し。

ありのままの私を受け止めて!なんて口が裂けても言えない。

受け止めたら、きっと、壊れちゃう。

ダーリンだけじゃなく、誰もが。



今日は電話来るんだろうか。

私に気を使ってかけてくれるんなら、もう、要らない。

だってまたしっぺ返しが来るんだもん。

だったらあなたの好きにして。

もう怖い思いをするのは、嫌。
昨日の夜、ダーからメールがあった。

どういう意味を持つ言葉なのか、考えても仕方がないので思考を止めた。

とりあえずは私のことを忘れてはいないという事実に、ホッとした。

ただ、それだけ。




そして、さっき。ダーから電話があった。

メールと同じ言葉を呟く、彼。

それから色んな事を話した。ぎこちなく。

これからも前向きに頑張ろう、と結論が出たものの、

彼の気持ちが私のところに戻ってきているのか、未だに定かではない。

これから、どうやって接していけばいいんだろう?

どうやって言葉をかければ、どうやって触れればいいんだろう?

分からない。分からないことがいっぱい。

私、あなたこと。

信じてもいいですか?
今朝やっと、ダーと今回の件について話をすることが出来た。

怒っている理由も、なんとなーーく…。

私が考えていたことと、近いけど、遠いようで。

私としては謝るしかなかった。

それでも、ごめんね、と言うしかないんですよ。

私の愛情表現はそんなに間違っているのかな?

私ってばそんなに無神経な奴なのかな?

よく、分からない。

重いため息をいっぱいつきながら、ダーは「明日また話そう」と言った。

明日になれば、ダーの気持ちは変わっているの?

少しでも事態は好転する?

今の私には、祈ることしか出来ない。



そんなわけで今日は1日引きこもり(あ、昨日もか)。

ベッドに転がりながら、ダーとの最悪の事態を想像してみる。

あまり、うまくイメージできないのだけど。

ダーが私から去っていったら、一体何が残るんだろう?

虚しい。痛い。切ない。寂しい。

同じような状況の友達に長いメールを打つ。

2人で愚痴をこぼしあって、少しだけ元気になれた。

そして、再び想像する。

明日の夜、ダーリンがいつもの少し照れた声で、私の名前を呼ぶのを。

だって、このまま離れてしまうなんて、考えられない。



朝から大泣きだー!!! 目がなんだか腫れぼったいよ。

理由は、ダーリンがいつも通り電話をくれなかったこと、

そして電話に出た時の態度が、あまりに面倒臭そうだったこと(笑)。

こうして書いてみると大したこと無いように感じられるのにね。

でも、いつもと違うこと、敏感に感じてしまうんだな、女って。

声のトーンとか、ため息の大きさとか、テンションの低さとか。

怒ってるの?、と聞いても、そんなことないよ、と返してくれるけれど。

実はそんな予感が昨夜からあったから…まぁ、予想通りかな。

でもやっぱり泣いてしまった。へむ。




こんな風に原因がある時でも無い時でも、ダーは突然機嫌が悪くなることがある。

最近は数も少ないし、年に数回のことなので気にしないようにしているものの、

このダーの豹変ぶりにはいつもいつも戸惑ってしまうのだ。

どうして好きな人に、あんなに冷たく当たれるんだろう?

私には絶対出来ない芸当だわ。

私の怒りなんて、ほんの一瞬の出来事だもの。

眠れば不快なことも忘れてしまうという単純構造。

怒りを持続して、相手に間違いを認めさせて、自分の正しさを押し通すよりも、

そうすることで相手に嫌われるんじゃないか、という不安のほうが大きくなるから。

ダーは私のことを“感情で動く生き物”だと言うけれど、実はそんなこと、無い。

普段の生活において、愛情表現は素直に小出しにしておこうとは思う。

でも負の感情…寂しいとか、辛いとか、ムカつくとか、腹立たしいとか、

そういうものは恋愛でも仕事でも、あんまり見せるのが得意じゃないんだ。

素直に表現できる人が心底羨ましい。

本当のことは、いつだって私の闇の中。




やっぱり今年は恋愛運が悪いのかなぁ〜。ああ、凹む。

気になって仕方が無いってばー(涙)。

ほんとにほんとになったら、どうしよー…。

もう考えるの面倒くさい。

しばらく自分の感情を放置。
知らない間にダーと喧嘩をしていた…。たはは…(涙)。

きっかけは私がダーの行動を大笑いしてしまったこと。

私にとっては愛い奴め〜ぐらいの軽い気持ちだったのだけど、

ダーのコンプレックス?に触れてしまったらしい。

だからいきなり電話を切られた時には本気で驚いた。

晴天の霹靂ってやつ。

慌ててダーに電話をかけ直したら、とりあえず電話には出てくれたものの

やっぱり何気にお怒りの様子。

口調は穏やかなのに、ところどころに棘が満載(涙)。

はじめはね、あまりの突然のことだったので、

何で?私が!?的な気持ちが強かったんだ、正直。

でも冷静に考えてみると、誰しも人間ならば

心密かに気にしている部分があるわけで。

知らなかったとは言え、無神経な態度を取った私が悪かったと反省した。




私も他人に身体的特徴で指摘されて、カチンと来たことがあったなぁ〜。

今思えば何故あんなに興奮したのか理解不能ではあるものの、

やっぱりその時の私にとっては、不快極まることだったんだろう。

その時、親友にその話をしたら、彼女自身にも身に覚えがあるって話してくれたっけ。

人から見ればどうでもいいようなことなのよね、そういうのって。

そんなん気にすることないでしょーと軽く笑い飛ばしてしまえるようなこと。

だから気付かずに、悪気無く、言葉にしてしまう。

だいたい本気でマズイと思うようなことなら、口に出さないだろうし。

そういうことを言われた時には、なんて無神経な人!と

相手を責めるようなことを考えていたけれど、実際は自分だって同じだったってワケ。

無意識のうちに他人を傷つけてるって、すごく厄介だ。タチが悪い。

じゃあ、どうすればそういうのを未然に防げるかは分かんないんだけど。



それに今回の場合。

意識せずに地雷を踏んでしまった、ということ以外にも理由があるような気がする。

きっとそんな風に思って調子に乗り過ぎて、妙な部分に深入りし過ぎてしまったんだ。

分かってる、分かり合ってる、なんて幻想。とても危険な思想。

どんなに近くなっても、親しくなっても、やっぱり別々の人間である以上、

見せたくない、知られたくないポイントはあるのだと思う。

このことをタマに忘れてしまうね、私。根が図々しいから?

でも多分ちょっと前なら、そのことを寂しいとさえ考えていたかもしれない。

人間関係の基本、一番大切なことなのに。



今日はなんだか災難続きな1日だった。あふー。

次のデートももしかしたらもしかしたらキャンセルになるかもしれないし。ぎゃふん。

しかしながらダーも許してくれたようだし(多分)、とりあえずはひと安心?かな?

この連休は大人しく過ごそう。ロクなことが無い気がするので。

それに私達ってば、土日に喧嘩する率が高いということに気が付いてしまったぞ。

なんで? お話する時間がたっぷりあるから?

…それって微妙だよなー、まったく。

来週はダーリンのところへ行く日。

でもちょっと仕事の雲行きが怪しそう…。

この次の逢瀬が終わってしまったら、1カ月ほどダーに逢えない日々が続く。

今までは2〜3週置きに行き来していたので、

こんなに長く日が開いてしまうのは初めてのことだ。

寂しくないと言えば嘘になってしまうけれど、

なんだかそれはそれで大丈夫なような妙な自信があったりもする。

……きっと、こんな大口叩いて居られるのは今だけ、だな(涙)。

それでもねぇ、仕方がないの!

ダーリンのお仕事の都合なんだしー。

しっかりやってこいよ!と笑顔で背中を押してあげられる彼女になりたい。

それでもこの間

「忙しくなっても、忘れずに電話してくれる?」

「何言ってんの? 当たり前でしょ!」

と言われたときは、軽く泣きそうになってしまったり。

いいの、いいの、頑張るの!

ダーリンが仕事で頑張ることが、私達の(主に私の)幸せへと繋がっていくんだから!!

そんな風に、計算高く考えている私です。く、黒い…。



今夜は2人とも帰りが遅かったので、短めの電話タイム。

早く寝なきゃいけないの分かってるのに、

話が転職の方向へと進むと、思わず熱く語ってしまう私…。

絶好調に話が盛り上がった途端(私的に)、

突然発せられた「もう寝ようかな…」の言葉!

私の話はそんなにつまらないですか? ダーリン。

悔しかったので、泣き真似をして少しだけダーを困らせてやった。いひッ。
新年早々、他人を羨む邪な気持ちに襲われてる。

憧れるままならいい。嫉妬に発展してしまうと辛い。

今だって十分幸せだけど、それ以上を望んでしまう私は、身の程知らずなんだろうか。

なんて汚い感情なんだろう。

悔しく思うなら、胸を焦がす暇があったら、まずは自分が動かなきゃいけない。

負けたくない。負けたくない。

マイナスのパワーを、自分の原動力へと変えていきたい。



入社した当時、ある年齢に達したら、転職しようって決意した。

それまでは頑張って、このハードな仕事にも耐えようって。

なのにボーダーラインだった年齢から、もう、1年が経とうとしてる。

この1年間の私は、忙しさに目をまわしながら、

周りを見る余裕も無く、ひたすら作業をこなすことに没頭していた。

それでも何とか乗り越えてこれたのは、この仕事が好きだったから。

それだけは声を大にして言える。

才能なんて無い。

豊かな感性なんて持ち合わせていない。

愛されるキャラなワケでもない。

それでも一生懸命頑張ってきたよ。好きだったから。



新しい場所に踏み出したくて仕方がないのに、

行動に移す前にあれこれ考えてしまうのは私の悪い癖だ。

それって本当にやりたいことなの?

ダーリンが居るから、その街に行きたいだけなんじゃないの?

ダーリン以外、誰1人知り合いの居ない街でやっていける?

ああー色んな思いがグルグルグル。

そんな風に理由をつけて、この場所を離れようとしないのは、

きっと私自身がぬるま湯から出るのを怖がっているから。

自分探し、なんて一番嫌いな言葉だけど、




ダーは今日から仕事はじめ。

今年は運が悪そうだ、と悲観的に嘆くダーリンを、昨日の夜は必死で励ました。

ほ、褒め殺し? 色眼鏡? けど本当にそう思うのさー。

無理せず、気張って、頑張ってくださいな。


物が無くなる(壊れる)時ってのは、どうして続くものなんだろう?

化粧下地が無くなり、ブーツの踵が壊れ(もげた…)、

ファンデーションが無くなり、携帯が壊れ…。

ボーナスぶっ飛び過ぎですってば、奥さーーーん(涙)。



私は本日初出勤。ダーは今日までお休み。

一緒に過ごした数日間、私はたくさんの質問をぶつけたよね。

私のことが、まだ好き?

前より好きになってくれてる?

私にして欲しいことはある?

ちゃんと可愛くなってるかなぁ?

別れよう、なんて思ってないよね?

私のこと嫌いになった?


その度にダーは不思議そうな顔をしながら、1つ1つに返事をしてくれた。

どんなに嬉しい答えを聞いても、やっぱり不安は晴れないんだ。

すぐに新しい疑問が湧き出てくる。



でも、ね。

離れてみて、その言葉が少しだけ信じられるよ。

あの人が愛しい彼女をみつめる時の瞳。

ダーが私に向ける表情と、同じみたい。

あんな風に愛してくれてるのかな。

馬鹿みたいでしょー? こんなこと考えるなんて。

また今年もダーを疑って、泣いたり喚いたり落ち込んだりする日が来ると思う。

無いものねだりも、ほどほどにしないとね。

でも、このくらい勘違いしているのが私には丁度いいみたい。


大丈夫、大丈夫。

私がこの愛情を信じないで、一体誰が信じるというの?
あけましておめでとうございますー!!

いやいやいやいや、ついに帰ってしまいました…マイダーリン。

朝、ダーを飛行機に乗せて、そのまま自宅へ直行。バーゲンにわき目もふらず。

昨日は徹夜だったから、眠くて眠くて。

もちろんその間に、ダーからの帰ったよコール等はあったのだけど…。

半分寝ぼけている状態で、呆れられる始末。ごめん。

そんでもって現在深夜1時。

かなりの勢いで目がランラン! 明日仕事だってのにー、どうするんじゃ。

きっと一種の現実逃避ね、これも。

おかげで5分泣いただけで、寂しさも和らいだ。

今は妙に静かな部屋の中、独りで居ることを実感しているところ。

1人の自由もいいけれど、やっぱり2人の不自由さが、いい。




今年、今年はどんな1年になるのかな。

健やかに、美しく、逞しく、生きたい。

仕事もしつつ、でも自分へのメンテナンスにも時間をかけよう。

幸運を見逃さないように。

ダーとはとりあえず現状維持で(笑)。

勝負をかけるのは来年あたりにとっておくとして、

今年は変化を起こさず、焦らず、絆を深めていこう。



とりあえず。

2005年もよろしくお願いいたします。

 INDEX 


My追加


karinko * mina plus
B B S [ ]