$daimei

$time

ここ数日の間に起こったことをまとめ書き。

(貎討房犬衄瑤个気譴撞磴…しかも部屋が汚くて。この年にして。大喧嘩。(アホか)

△修譴任睥梢討縫リスマスプレゼントを買う…シャツ&ネクタイ、ルージュ。

Eタ譴靴謄澄爾縫優船優噌況癲塚眛のダーはいたって普通。そのほうが怖い。

ど屋は相変わらず汚い…今年中に片付けられるか、疑問。

イ曚箸鵑匹笋辰弔韻濃纏を片付ける…本日仕事納め。

そんな感じでババンバーンと。


もしかしたらもしかしたら、今日で今年最後の更新になっちゃうかも。

明日からダーリンが我が家に滞在。

あっという間だ、1年間。もうビツクリ。

遠恋歴も早いもので1年半。

進展してるのか、後退してるのか。

それでもやっぱり仲良しで。

どんどんかけがえの無い存在になっていくことは、間違いない。

恋人として、男として、というよりも、より家族的に。

そんな風に以前の日記に書いた覚えがある。

過去の傷も忘れ、弱い心も捨て。

妄想に1人苦しんだり、疑いに負けそうになったりもしたけれど、

私的には頑張ったほうじゃないかと、そんな風に思ってる。




人を信じることは、なんて難しくて、なんて心地良いものなのだろう。

そんな風に思わせてくれたあなたに、感謝。

そして、この呟きを読んでくださった皆様にも、感謝。



私にとっても、あなたにとっても

来年が今年に負けないほど良い年でありますように。

お互いにとって、素晴らしい存在で居られますように。

ありがとう。本当に、ありがとう。
朝からダーと音信不通。

いつもの休日なら、どちらか早く起きたほうが“おはよう”の電話をかけるのに。

今日はダーから電話がくることもなく、ダーが電話に出ることもない。

無機質な留守電の声と、無粋な発信音。

寝ているような気もするけれど、昨夜は早く寝てるはずだし。

出かけているのかもしれないけれど、それだったら行く前に連絡くれるだろうし。

変。なんか、変。

ダーにはタマにこういうことがある。

あふー、なんだよ。もう。

これはこれはもしかして、久々の放置プレイ!?

あのー…私、望んでないんですけど? 放置なんて。

原因が分からないことで勝手に怒られるのって、結構キツイんですよ、ホント。

まぁ、その理由を聞かされたところで、

私にとっては納得しがたいものである確立はものすごく高いはず。



普段は周囲からも仲が良い、と認識されてる私達。

でもダーリンのこういう側面を皆に話すと必ず

“そんなことされて、よく付き合ってるよね。私だったら絶対無理!!”

なんて反応が返ってくるわけで。

しかしながら私にとっては、こういう類の我儘は、案外許せちゃったりするんだなぁ。

だって甘えてるってことでしょ。え? 違うの?

私が許せないのは、浮気&二股系。

もう勘弁してくだせぇ、って感じ。

だからって放置プレイが辛くないはずないんだけど。

また機嫌が良くなれば連絡くれるよね…と思いつつも、やっぱり不安は不安。

こちらも放っておけばいいのに、しつこく電話かけてみたりして。

馬鹿だなぁ、私。


わーい! クリスマス!!…じゃなくて。

仕事が小休止。嬉しいぞ、おい。

ケーキよりもプレゼントよりも、早く帰ってただただ眠りたい。

あーでもなー。ものすごい不安感。

これで良かったんだろうか…なーんて。

後で批判の的にされないことを祈る。合掌。



ダーリンは今日もお仕事。

2人とも休日出勤。

朝はいつも通り行ってくるね気をつけての言葉。

今日の夜はどうするつもりかなぁ。

胃が痛くなるような不安は星の数ほど転がっているけど。

問題はとりあえず置いておこう。
おお、胃が痛ーい。くーーっ。

仕事が忙しいのはもちろんだけど、なんだかもう、人間関係に疲れちゃった。

昨日日記に書いた同僚。

やたらと攻撃的なのは何故?(涙)

妙に不機嫌で、尚且つやたら反論してくる。

気にしないのが一番、なのですが。ねぇ。



クリスマス・イヴだというのに、相変わらず会社で残業中。

ダーに電話をかけても、全然出てくれなくて。

もしかして…もしかして…のオンパレード。

性格ゆえなのか。過去の経験ゆえなのか。

我が身が恨めしい、こんな時。



まぁ、結局のところ、深夜2時過ぎに電話があって。

会社の帰りに飲みに行ってたというダー。

思わず誰と?何処へ?って聞いちゃって、

ああ、こんな自分って嫌だなぁと思う。

連絡してねとか、そんなこと言うのも本当は嫌なんだ。

自信が無い自分、見せつけられてるみたいで。
ありえないー。あーりーえーなーいー。

同僚に1人、苦手な子が居て。

客観的に見て、悪い子じゃない。

のはずなのに、なんでかなー。あんまり上手く付き合えない。

最初はそう思う気持ちを自分の中で消そうとしてみたものの、

でも、やっぱり、駄目で。

そういう自分が嫌でたまらなかった。

現在は、人間だもん!合う・合わないは仕方がないよね、と気楽に構えることに。

感性の問題? 私の心の狭さの問題?

表面上はいたってフツーなんですが。大人ですから。



そんな彼女に、今日言われてビックリしたこと。

Fさんっていうのは、私のクライアント。

仕事上の接点が多いから、確かによく話したりしているし、

会えば会話が弾むから、周りからは仲良く見えるのかもしれないけど。

もちろん仕事の中だけ。お互いのプライベートなことは、何1つ知らない。

そりゃあね、“好きか?”と問われれば、“好き”と答えると思う。人間として。

ただねー、それ以上の感情は無いんですわ。皆無。

なのに、こんなこと言われて驚き!

何を勘違いしてるんだか…。いい迷惑、まったく。

だいたい私にはダーリンが居るんですから! 失礼極まりないわ。

もしかして軽ーく恨まれちゃったりしてる?

嫌だなー面倒臭いなー。

だいたい自分のほうが、ラブラブ光線出しすぎだってば。

ちょっと仲良くしてるだけで“好き”に繋げるなんて、小学生じゃあるまいし。

そんなこと考えてる暇があったら、さっさと仕事しろよ。

今日も5時帰宅ですから!!




別に無視しちゃえばいい話なのだけども、無性に悔しい。妙に悔しい。

ああ、これからFさんと、どんな顔して会えばいいのやら。

私が他の人に気持ちを移すなんて。

有り得ないよ、ねぇ、ダーリン?

そっか。

私が悔しく思うのは、ダーリンへの気持ちが否定されたような気がしたから。

だな。きっと。

ダーリン一筋。ずっと、ずっと。馬鹿みたいにずうっっっとな。
さすがに今日は眠かったー。

途中で意識を失いかけたことが2回。…よだれ拭かなきゃ。

今日こそは早く帰るぞー!!!って毎朝決意するのに、

電車に乗って帰れないのは何故?

ちなみに本日は3時帰宅。

ちょっと頭が痛い。




そういえば付き合ってから、お互いの呼び方が何度も変わったなぁ。

普段の生活で“●●君”なんてまともに呼んでいたアノ頃が懐かしい。




人間って、意外と長く起きていられるものなんだなー、って実感する今日この頃。

昨日は徹夜、んで今日は4時帰宅。

んんー、3時間ぐらい寝られる? いやー幸せ。

口には出さないけど、心配したり、励ましてくれてるの、分かるから。

毎日10分間ぐらいしか電話が出来なくて、寂しい思いもさせてると思うんだけど、

一切文句も言わずに、優しい言葉を返してくれる。

こんな一生懸命頑張ってて、挙句俺と仕事とどっちが大事なんだー!!!

なんて言われちゃったらいたたまれないもの。

でもね私が逆の立場だったら、やっぱり寂しいよーとか少しは言っちゃうと思う。

我儘なんだなー。自分のことは棚に上げて。

今感じてる感謝の気持ち、絶対に忘れないでおこう。




今日のダーは仕事で何かあったらしく、ちょっと元気がない+イラつき気味?

何があったのか聞きだそうとしても、答えてはくれないのだけど、

甘えたいのに甘えられない気持ちがビシバシ伝わってきた。

男の子は大変だぁー。

でも色々アドバイス?したら、ちゃーんと受け入れてくれて。

もっと蝶ちゃんが知ってる俺のこと、教えてねって。

何気に嬉しい、こういう言葉。

それにしてもダーリンはでっかくなったなー。

いや、もともと寛大な人ではあったけれどもね。

もっとなんていうか、これまではトラブルに巻き込まれた時、

悔しい!って愚痴しかこぼさなかった人が、

頑張る!見返してやる!パワーに転化させちゃうとこなんか。

私も見習わなきゃって気分にさせられる。

もっともっともっとイイ男になって欲しい。

私も負けないように、努力するから。

お互いの戦場で戦って、戦って。

いつか笑って握手を交わせる日が来るといい。
今日は絶対絶対早く帰る!って決めてたのに。

休日出勤にもかかわらず、朝4時帰宅ってどういうことですかー!!

ちなみに昨日は6時帰宅。

今朝はダーリンに起こしてもらって。

さすがに体調を心配されて、怒られる始末。

まだ会社?って電話もちらほら。

せっかく年末年始の予定を立てようって話してたのにね。ごめんね。

とにかく風邪だけは!風邪だけはひかないようにしないと。

後はもう気合だな。うん。



仕事の休憩中、うっかり涙。

血液型×星座の組み合わせで調べるやつで、48組にも分類されているのに。

何故…何故だーーーー!!

っていうか来月のこと? めちゃめちゃ間近なんですけど…凹。

すぐにダーリンに電話をかけて報告。

もしかして別れようと心密かに思ってるんだろ!? 馬鹿ーーーー!!

なんて完璧被害者モードの私。

ダーリンは否定しながら笑ってたけど、ここここ怖いよぅ。

やっぱり駄目なんだー、占いとか。

すぐに真に受けて、落ち込んじゃうんだから。

せいぜい捨てられないよう、ダーリンを大事に扱おう。

ああー嫌だなぁ。ホントに嫌な気分。

あふぅー。



ひやー。恐れていたことが現実に。

落ち着いて考えれば考えるほど、事の重大さをしみじみと実感。

だって。まさか。ねぇ。

こんなプレッシャーは初めてかもしれない。

私がしっかりしなきゃ、他のみんなが動揺する。

嘘でもいいから、余裕ぶっこけ!

「大丈夫。なんてことないよ。すべて上手く行く」

そう言いながら笑って、励まして、尻を叩いて。

ビビッてる時間なんて、無い。

タイムリミットはすぐそこに。



思わずダーリンに電話した。

んが、案の定出てもらえなかった。

明日は休日。

きっとどこかに遊びに出かけてるんだろう。

自分が仕事しているからって、ムカついたりなんかしないけど

「大丈夫。なんてことないよ。すべて上手く行く」

あなたにそう言って欲しい。


午前4時45分帰宅。ただいまー、おかえりー。

今日はよく戦った!!

突然の生理に襲われながら、同性のクライアントと胃の痛くなるようなやり取り。

勝ったか負けたかはよく分からんが。

それでもまぁ、そこそこ自分のペースかな。



ダーリンは飲み会だったらしい。

本日も5分間で会話は終了。

朝と夜の短い時間だけが、今の私達のライフラインなのだな。



私は記憶がないのだけど、今朝の電話でのこと。

なんて横暴なー。

明日(今日)も起こしてくれるようお願いしておいたけど、大丈夫かな?



午前3時半帰宅。

やってまいりました。THE・生きる屍週間!!

仕事収めまではしばらくこのペースなんだろうなぁ。

やるしかないから、やりますけども。

若干、気が狂いそうです。はい。



ダーリンからは数時間前に電話があった。

「帰ったら電話するねー」なんて約束したのに、この時間じゃあ、ねぇ。

仕事でひーひー言いながらパソコンとにらめっこしている最中に、

ダーから電話が来ると、なんだかホッとする(逆にムカつく時もあるが)。

5分ぐらいの短い時間なんだけど、癒されてる自分が分かるから。

「大変だねぇ」とか「頑張ってねー!」なんて言われると、

ついつい「他人事だと思いやがって。ケッ」と悪態つくのはご愛嬌。



この山を乗り切れば、あとは楽しい蜜月生活に突入じゃー!!@頑張れ自分

またダーリンに怒られる…というか呆れられるに違いない。

ああーだって今の私はオッサンですから。

風呂に入って化粧をしてるだけマシだと思って頂戴。



すっかり忘れていたけれど。

ダーリンとあの街へと向かう途中、私は涙が止まらなかったことがあった。

ドライブに行く前に車を少し洗うことになり、

混みあった休日の洗車場へ入っていく直前。

当初の予定ではもっと早く出発して、

近くのカフェでお茶を飲みながら計画を立てる予定だった。

「出るの遅くなっちゃったけど、カフェ寄っていこうね?」

「いいけど。着くの夕方になっちゃうよ」

「駄目? やっぱ駄目かなぁ。む〜」

「んー。でも折角だから寄っていこ」

「わーい! いい? いい?」

「いいよー」

そのダーの言葉を聞いたら突然、涙が溢れてきたんだった。

「いいよー」っていうダーの台詞に、何度救われてきただろう。

たった一言。何気ない返答。

でも広くて深くて、そして、こんなにも暖かい。

ダーがそう言ってくれるから、私は安心して前を向いていられるんだ。

そんな風に思って、ボロボロ溢れる涙が止まらなかった。

太陽が眩しくて泣けてきちゃったー、なんて誤魔化したけど。




“綺麗になったね”って言われると、素直に嬉しい。

オヤジでもムカつく奴でも(笑)。

昨夜はいっぱいいっぱい褒められてホクホク。

「綺麗な方ですよね」なんて面と向かって言われたの初めてだっつーの!

ギャーーーーー!!! 目ぇ大丈夫かーーーー????

いつもならダーにモテ報告するところだけど、今回は内密に。

微妙に正解だし…く、悔しい。



※BBSは目次部分にありまする。

何故か最新の日記部分には表示されないのです。何故…何故…?
泣きべそダーリンを置いて、我が街に帰ってきたぞー!

あああん。なんでダーはあんなに寂しがってたのか?

ここ最近では珍しい出来事。

家で泣き、車の中で泣き。


恥ずかしがりやの彼が、そんな大胆行動。はむー。

空港までの道のりが渋滞で、
「蝶ちゃん帰れないかもよ。うふふ」

って妙に嬉しそうだったし(結局ちゃんと乗ったけど)。

愛の言葉も出血大サービスじゃ!

いつもとは立場が逆転ね、ダーリン。

憧れの街へ出かけた。ダーリンと2人で。

私の住む街とも、ダーリンが住む街とも、全然違う潮の香りが漂う街。

見るものすべてが珍しく、口にするものすべてに心を震わせた。

いっぱい笑って、いっぱい歩いて。

キラキラ瞬くイルミネーションやツリーを、彼と2人で見られたことに心から感謝した。


子供みたいに膨れながらボロボロと泣く私を見て、

ダーは
「また連れてきてあげるから」と心底楽しそうに笑ってた。

それからまた手を繋いで、ドーナツを買って帰る2人。

家に着いてすぐに眠りに落ちてしまったけれど、

閉じた瞼の裏側に今日見た無数の輝きが蘇ってきて、なんだか無性に目が痛かった。

ありがとう。ありがとう。ありがとう。

楽しい想い出を、ありがとう。

おおっと。いきなりダーと戦闘モード。

事の発端は数時間前の電話にあり。

「もっしもーし!」と陽気な声で電話をかけてきたダー。


あまりの素早い行動に“あれ? 電波切れた?”と本気で思った私は間抜け。

その後、何度電話をかけても繋がらず。携帯も、家電も。

あはん。もしや怒ってらっしゃる?

そして深夜2時過ぎ、会社帰りに電話をかけたら、やっとダーリンが出た。

どうやら本気でキレてたらしい


「仕事やっと終わったよ」

「忙しくて晩御飯もまだ食べてないよ」


と現状を話したら、さすがのダーリンもちょっとは反省してくれたよう。

だって。ねぇ。

他人の作業待ちで残業させられた日にゃ、誰だって不機嫌になるだろうさ。

でもやっぱり私も悪かったのよね。

電話口でいきなり無愛想な対応されたら、やっぱりムッと来るもの。

お互いに思いやりがかけてたね、というお話。

ダーリンを相手に物真似ごっこ。


だってねぇ。本は読んだことあっても、実物は見たことないんですもの。

あくまでも想像上。

ダーリンは笑って元気を取り戻してくれたようだし、

私は私でストレス解消になったし(激しいバージョン)、

一石二鳥で良かった良かった。




夜の11時ごろ、仕事で知り合った60代のオジサマから着信アリ。

留守電を聞くと
「一緒に飲みたいなぁと思い、思い切って電話してみました」とのこと。

「モテたよ!モテた!!」とダーリンに報告したところ、

「それはモテじゃない」とあっさり却下。

モテでしょ? モテよね?

今週末はダーのところへ遊びに行く。

一足早いクリスマスを過ごすため。

そういえばダーリンとは一度もクリスマスを過ごしたことがないなー。

記念日やイベントを1人で過ごすことは平気でも、

一緒に過ごせるものなら過ごしたいのが本音。

お互い締め切りを抱えてるんだし、仕方ないのは分かってるんだけど。


愛情はお金でなんか計れないさ!なんて思いつつも、

一抹の寂しさを隠せずに居る私です。はい。

ダーリンを手に入れられたことは、私の人生へのご褒美。

そんな風に思うことが、よくある。

こんなにも他人を受け入れることが出来るということ。

こんなにも素の自分を認めてもらえるということ。

彼は、慈しむ、という言葉を初めて教えてくれた人だ。

だからだから、もしもダーリンが居なくなってしまったら、

そりゃもう悲嘆に暮れた人生を送るのだろうけれど、

それでもやっぱり彼のような人に出会い、愛し愛されたことは誇りに思うはず。


そんなのって、まさに奇跡的じゃない?
あー、寝た寝た!

こんなにゆっくりした気分で休日を過ごしたのは何時ぶりだろ。


ぶちぶち愚痴をこぼしながらも、結局は私の願いどおりにしてくれるダーリンが好きよ。

たまにブチ切れるけどな…。

最終的には受け入れてくれるんだ、いつだって。

当たり前なんて思わずに、ちゃーんとその思いやりに感謝しよう。



夜、電話をかけてきて
「急に寂しくなって、蝶ちゃんの声が聞きたくなった」っていうダーリン。

寂しい時も、悲しい時も、嬉しい時も、楽しい時も、

一番に声を聞きたいと思われる相手で居られますように。

「ハーゲンダッツ パルフェ キャラメルマキアート」を食べながら、土曜の夜を過ごす。

ダーから電話があったのは11時。もちろん目覚まし代わりで。

急遽結婚が決まった友達と逢ってくる、という彼。

思わず、羨ましい!!と雄叫びをあげる私(笑)。

ちくしょー! 今に見ておれ!!

あとは年末年始の過ごし方等を相談。

電話を切る時に、ごめんねって謝ってしまうのは何故だろう。





夢を、見る。

昔のアノ人の夢。

今度の出張先が、彼の生まれた街だからだろうか?

夢を見たことに、ではなくて、夢を見て胸を痛めている自分に愕然とする。


そして「蝶と深い付き合いをしていく気は無いよ」

リアルタイムで発せられた会話かと勘違いしてしまいそう。

タイミング良く(悪く?)当時の友人からメールが入ってきた。

もう半年以上返信していないのに、未だに1カ月に1回ほど連絡が来る。

元気でやっています。返事は送らないけれど。



ホロ酔い加減のダーから電話をもらう。

こんなご機嫌なダーは久しぶりだ。

途中で携帯の充電が切れてしまって、会話が中途半端なまま終了。

そういうのってなんだか居心地が悪い。

朝からダーに苦情を申し立て。

いやーん! そんな気なかったのに。なんて可愛くない奴なんでしょ。

ダーに
「ごめんね」って言われると、なんだか責めなくなっちゃうの。

いやー! こんな自分がいやー!

今日もダーからの電話は無い。

電話しても繋がらない。

飲み会なのか、1人で遊んでいるのか。

どっちでもいいから、早く声が聞きたいよ。


なんだか無性にクタクタ。
またすれ違い。

朝は私が寝坊して、夜は私が突発的な飲み会だった。


家に帰ってきて3回電話をかけてみたけど、全然無反応。

明日も飲み会だ。

今日は何も考えずに寝よう。

というか、この胃の痛み、何とかならないものかね。

暇になると、ロクなことを考えないんだ、私。

とりあえず働くべし! 稼ぐべし!

貧乏暇なし!!

 INDEX 


My追加


karinko * mina plus
B B S [ ]