今日のこあら
DiaryINDEXpastwill

こあらの上海旅行記(まとめ

こあらの見た風景(要はブログ) スタートしました。


2004年04月30日(金) 上野公園、ぐ〜るぐる。

今日はGW中とはいえ「平日の金曜日」である。
会社の好意でお休みにしてもらったこあら。
もとから休みのしばさんとともに、上野へ向かう。
国立博物館は金曜日の夜だけ開館時間を延長しておリ、
その時間なら特別展ものんびり見られるであろうというわけ。

では、その夕方までどうやって時間を過ごすか・・・。
こあらが行きたかったのは上野動物園だ。
第1の目的は、嫁入りしたパンダ・シュアンシュアンを見るためだけど、
もともと、動物園が大好きなのだ。

鼻を使って器用にえさを食べる象。
サービス精神旺盛なライオン。
じっとしていない熊。
その他いろいろの小動物。

彼らOR彼女らを見ていると本当に心が和む。
今回は、特にきつね顔の動物に心引かれた。
顔の真ん中にすべてのパーツが集まっていて、
口がとんがっているタイプ。
犬でいうなら「柴」のような動物だ。

そんな話をわが妻・しばさんにしていたら
「どうして私をすきになったの?」と。

確かに、こあら顔の私が言うのもなんですが、
あなたは昔からたぬき顔だよね・・・。

*************
かなりギリギリまで動物園にいてから博物館に向かう。
夕方6時過ぎの博物館。
混みすぎでもなく、少なすぎるでなく。

動物園であるきまわったため、かなりの体力を消費し、
大丈夫かいなと思いつつも、展示品を見てまわる。

でも、体力不足の僕を、本物だけがもつ何かが支えてくれました。
時間をかけてじっくり見ることができましたもん。
今回の展示で、どうしてもみたかった孔雀明王。
明王なのに菩薩のような穏やかなで繊細な表情。
写真でしかみたことのなかった明王様。
博物館なので手は合わせなかったけど、
「オンマユラギランテイソワカ」と祈りを捧げる。

結局、2時間弱展示を見ていた。
今度、高野山にいってみようと思ったこあらでした。


2004年04月29日(木) きになる言葉、2つ

≪相談≫

相談とは、
既に自分で決めていることを他人に意見表明するものである。
よって、人の意見を聞こうとは全然考えていない。

水曜日、しばさんから会社にメール。
髪を切ることにしたらしい。
どういう髪型がいいかときいてくるので

>> 少し長くしてもいいと思うんだ。
>> だから、それに向けて毛先をそろえる!
と、回答すると

>しば子的には今くらいの長さがお気に入りなので、さくっと揃えてもらおう。
・・・だと。
なら、聞いてくるなよと思った夫こあら。

ちなみに結果は、「自称」黒木瞳「風」らしい。
まぁ、言われれば確かにそうかもしれない。
どうおもわれました?>こうたろう様

でも、黒木瞳というには、髪形だけではなくて・・・(省略)

≪実家≫
実家とは、嫁いだり婿養子したりして、生まれた「家」を出た人にとって、
生まれた家をさすのが、昔ながらの「実家」である。
よって、昔ながらの使いかただと僕には「実家」がない。

GWにかぎらず、長期連休になると、「実家にかえるの?」と聞かれる。
うちの会社は地方出身者が多いため、そうなるのだろう。

入社当時、僕がこの質問を受けると
「僕はどこにも養子にはいってません!!!」と、
強烈な違和感を覚えていた。
そんな僕はいつも「田舎ですか?」と返していた。

でもね、単純に「生まれた家」を指す言葉として「実家」を使う人って
会社の中に限らず、たくさんいるように思います。
だって、適当な言葉がないですもん。
都心に生まれ育って、就職して一人暮ししている人が、
チョットした休みに親元に帰るとき「田舎」とはいえないでしょ。

これが言葉の変化なのかな。


2004年04月27日(火) やっと実感

以前の話になるが、
サラリーマンの健康保険における、医療費自己負担部分が
2割から3割になった。
(僕が入社したころは、自己負担率1割だったよなぁ)

それはさておき。
自己負担率という数字は10%の上昇だったなのだが、
実感では、50%の上昇と見える。

たとえば、総額医療費が1万円だったとき。
自己負担率2割なら2000円なのだが、
3割になると3000円となる。
よって、支払金額を基準にすれば50%の値上げ。

なんでこんなことを思ったかといえば、
今、歯医者にかよっていて、
同じ処置を受けているのに、
以前は700円、最近は1100円と
夏目さんが1枚出ていくのをみて
淋しいなぁと思った次第なんですよ。


2004年04月26日(月) しばさん、やっとねた

この日記を書く前に、体重計に乗る。

お、今シーズン最低値♪
・・・いや、喜んでいる場合ではない。

やはり、しばさんがなにかやらかしてくれると、
それだけで体重が減っていくんだなぁと、
しみじみとしている、こあらでございます。

*************************
さて、本日のしば日記にありますように、
こあらはしばさんの書き上げた日記をバサッと消してしまいました。
その点に付いては、すんごく反省をしております。
それが、午後10時ごろの話。

話は前にさかのぼります。
残業していたこあら。
しばさんから「ヒルズにいます。日記を更新したら帰宅するね」とメールを
受け取ったのが午後7時ごろ。

ご飯は一緒に食べようねとメールは返信したものの、嫌な予感がする。
彼女は六本木ヒルズにこもると、出て来ないのだ。
この傾向が強くなるのが、現実逃避したい時。
ここ数日は、復職前の不安がよぎっていることもあり、
現実を直視したくない=現実逃避の傾向がかなり強い。

午後8時30分。こあら帰宅。
その段階で、しばさんはまだ六本木ヒルズ。
予想的中。彼女は日記を書きたいのではなくて、日記を書くことで
現実を見ないようにしたいだけだ。

だって、日記は家ででも書けるんだもん。
たかだか日記の更新に数時間かけるのは、
趣味ではなく逃避である。

まぁ、これも今に始まったことではない。
家でしばさんの帰宅を待とうかとも考えたが、
場所が場所だけに、一人でしばさんをふらつかせるのは心配。
また、帰り道にとんでもないことをやらかす危険性も大。
なので、迎えに行くことにした。

ヒルズについたのが10時前。
そして、こあらがしばさんの日記を消してしまったのだ。

**********************
最初の段階で、しばさんの様子はかなりおかしかった。
僕の常識では、図書館で酒を飲むのは問題外の行為だと思うのだが、
彼女は、こあらが到着した段階でチューハイ1本、ピールを500ML
一杯空けていた。
たぶん、これ以前にも飲んでいたであろう。
酒臭い息を辺り一面に振りまきながら日記を更新する彼女。
まわりで勉強に励んでいる人に、非常に申し訳ないと思う。

そして、こあらのせいで日記が消えた後、さらにビールを1杯追加。
その間、こあらが格好の「敵」となったせいで、
「こあらが日記を消したことをどう思うか」
「こあらがしばを無視するのは、酷い」等というメールを
携帯に同時に10通程度送信してくる。
メール爆弾である。

午後11時。警備員さんに退館を促される。
ライブラリーをでた、しばさん。
その段階でまっすぐ歩けない。

建物の外に出る。
おしゃれな、けやき坂通りに出た瞬間、彼女は叫び始める。
「にゃ〜」と大声で。あたり一面に響き渡る声で。

周りにいた人は僕を見る。
そりゃ、そうだろう。逆の立場なら僕もそうするもん。
髪を振り乱して、叫び声を揚げる女性を見て、
世間は何を思ったであろう。

雨が降り始めたので、近くにいたタクシーで帰宅。
家につき、また叫び始める。
近所迷惑だといえばいうほど、彼女は叫び続ける。

「こあらは嫌いだから、あっちに行け」といわれるので
その通りに部屋から出て行くと、「あほ〜」という叫び声がする。

毎回のことなので、こあらは慣れたもんなのだが、
本当に近所に申し訳ない。
どなりこまれても、管理人から文句を言われても
しかたない状態なのに・・・。

それでも、必死にマッサージをし、薬を飲ませてしばらくしたら
しばさんはおとなしく寝てくれた。

******************
本日の出来事による体重減、数時間でマイナス1キロ。


2004年04月15日(木) 今日の一言

「能力のない人が一人いると、周りみんなが迷惑する」


明日、会社である発表会があり、うちの部署が発表します。

発表会は明日の午前九時半開始。
原稿締切は今日の定時。原稿の原案作成は係長の担当。
本日の午前九時現在、何も形なし。

作成にあたっては、5人のぺーぺーが
あらかじめ「分担して原稿を作りましょう」と申し出たのに
「私がやります!!!」
で、今朝のコメントが
「難しすぎてつくれません」

ぺーぺーは呆れる。

しかたがないので、部署の通常業務はすべてこあらが担当し、
他の人が原稿作成

原稿を作成しながら、発表のコンセプトを、係長には
何度も説明しているのに
全然理解できない。

ついに、本来は何もする必要のない課長まで動員し、
こあらと課長で係長が理解できる形に
原稿を変更。

こういう、意味のない残業は嫌いだ!


2004年04月12日(月) しばさ〜ん!!!

早く帰ってこーい。連絡がないから心配じゃないかぁ(TT)

こんな気分の、月曜日の夜。


2004年04月10日(土) こあらのダイエット

しばさんから「昔はよかった」と言われ続け、
購入当時「かなりの余裕」だった、スラックスのウエストが
朝でさえ・・・となったのにショックを受け、
地味〜にダイエットを決心したのが1ヶ月前。

結論から申しあげますと、
体重が3キロ、体脂肪率が1%低下しました。

この間、何をしていたのかと言うと
…、固形物を食べない
 賛否両論あるでしょうが、こあらにはこれが合ってました。
 朝から固形物を胃に入れると、午前中の体調がよくないのです。
 朝はジュースかお茶のみです。

△菓子類は「原則として」「出されたものだけ」頂く。
 お菓子類は意味もなく食べるのをやめました。 
 原則は「積極的に食べない」なのですが、 
 ・ここで食べておかないと後悔しそうなとき
 ・会社で配られる頂き物のお菓子
 これらはちゃんと頂きました。

 「後悔しそうなとき」の基準は、明確なもんではありませんが、
 注文する時に自問自答すると、意外と食べる必要がないものが
 多いのです。

できるだけ歩く
 会社帰りにひと駅前で降りて、歩いて帰宅など、無理ない範囲で
 歩きまわりました。

て類は積極的には選ばない
 飲みに行ったり外食すれば、肉や脂は簡単に摂取できるので、
 自分で選ぶ時は、魚や野菜を中心にしました。

ナ△減ったらお茶か納豆
 お菓子をやめても、腹が減る時は減るので、そんな時はお茶のガブのみ
 または納豆をとってました。


当面はあと3キロマイナスを目指して、
筋トレなんかをちょっと考えてみようかと思います。


2004年04月09日(金) 世間では

関係ないと思っていたことが、
あとから考えると繋がっていた!

・・・なんてことはよくある。



そんなことを考える春の一日。


2004年04月02日(金) ごめんね、しばさん。

しばさんの会社復帰の練習2日目。
朝は少し遅くなったけど、会社のあるところまでは、いったらしい。

夕方、しばさんと電話をしたとき、
しばさんの会社から電話があり、電話が欲しいと言う伝言が
残っていたことを伝えたら、それがしばさんに
重くのしかかってしまったようです。

考えれば、練習のためにと、こあらが定期を用意したことも
しばさんにとっては無言のプレッシャーになったんだよね。

そして、しばさんはまだ帰ってきません。
まだ9時なのか、もう9時なのか。
そんなことは、どうでもいいです。
とにかく、無事なしばさんにあいたいのです。

ごめんなさい、しばさん。
あなたのことを考えず、一人暴走してしまいました。
こんなこあらを、許して下さい。

こあらはしばさんの帰りを、おとなしく待っています。
阪神は8回表に逆転しました。
あとは、しばさんが帰ってくれば、今週も静かに終わります。


こあら |MAILHomePage

My追加