Egoistic-hypocrite.

hypocrite.

時の流れを確実に感じる事柄について。2006年10月25日(水)



月日は百代の過客にして、行かふ年も又旅人也。



昨日はあたしの誕生日だった。
誕生日になると必ずこのフレーズが頭を巡る。

あたし。
このままのペースで歩き続けてていいのかな。
もっと急がなくてもいいのかな。

いつもいつも誕生日には自問自答を繰り返す。



今日はたまたまカウンセリングの日だった。

最近のあたしは体が辛かったら無理矢理に
仕事に行ったりしなくて、一日をボケッと
何をするでもなく過ごすようになった。

昔だったらそんな自分に確実に焦燥感を抱いて
自分を叱咤したりしてたんだろうけれど。

その前に、どんなに辛くても仕事に出向いて
余裕のない一日を過ごしてたんだろうけど。

今は、まあ、こんな日もあるさ、って感じで
休んでる自分、仕事しない自分を、良しと
できるようになった。

自分のペースを遵守できるようになったって
意味では、あたしって進歩してるんじゃない?

そんな話をしたら「それはすごい進歩ですよ」
「この調子でいけばきっと良くなりますよ。」
とかなんとか。とにかく褒められた。



ついでに、30の大台に乗ったことで、手に職つかず
では、就職するのが辛くなってくるだろうから、
自分の得意分野の中から伸ばしていける事があったら
伸ばしていって、自分に付加価値を与えた方が
就職する時に有利なんじゃないか、という話もした。

それも「前向きに建設的にそういう事を考えられる
ようになったっていうのはとてもいい事ですよ。」
って、褒められた。



単純かも知れないけど、カウンセリング効果で
いつもだったら自問自答から不安が後を引いて
終わるはずの誕生日なのだけど、今年は違った。

まあ、わりと、成長したんじゃない?

自分にそう言える年になった。



月日は百代の過客にして、行かふ年も又旅人也。

今年からはあたしも旅人になれるかしら。





< カコ  モクジ   ミライ >


エンピツユーザー専用
My追加ボタン。

エンピツランキング投票ボタン。
現在ランキング不参加。
- Design : maybe -



エンピツ