水野の図書室
Diary目次過去を読む未来を読む
2018年は月に2回は更新したい。


2018年02月05日(月) 乃南アサ『キープ』

乃南アサ作品とは相性がいいのですが、時には、ピンとこない作品に出会うことがあります。
『キープ』も、私にとっては、正直、少々ピンときませんでした。

九作品収録の「それは秘密の」(新潮文庫)、七番目の『キープ』。
ある女性と、行きつけのバーのマスター。
この女性が、純心というか、頑なですねー。

もっと、しなやかさがないと、生きていくのが大変ですよ。
と、言いたくなるような女性なのです。

この女性が、なぜ、このバーの扉を開けるのか、
お店の魅力を書き込んでほしかったような気がします。


水野はるか |MAIL
Myエンピツ追加

My追加