七転八倒 〜彩音の日常&育児日記〜
DiaryINDEXpast


2017年09月21日(木) 今日もなんだかんだ動いたので眠くてたまらない

ナラタージュン祭りは続く。本屋に行かねば。それとナラタージュ初日舞台挨拶ライブビューイングに備えて、
映画館のチケ取りの準備をすべく、映画館にも行った。(当然映画は観てないが)
試写会もはずれ、応募したもののきっと初日舞台挨拶もはずれるだろう。
大人の恋愛のはずだよね?何度も訊くけど、大人の恋愛だよね??←しつこい
当たった人の年齢層見たわけじゃないからわからないし、知りたくもないけど、どうせ若い子しか当たってないでしょ?
悲しい・・・。とか思ってる暇もなく、あとはライブビューイングしか残ってないじゃん。
それだって取れるかどうかわからない。できるだけの準備をしておかなければ。結局お茶の間ファンになっても
やってることは大差ないんだよね・・・・・。ただ、他の人とのやり取りをしないって決めただけで。

そういえば、今日久々に夜会見た。松岡出てたから。やっぱりヤツはおもしろい。TOKIOファン時代、
ファンとはいろいろあったけど、彼ら自体はおもしろかったな。最近回顧気味になってる。ポルノさんといい、TOKIOといい。

ジャニーズ運動会の映像流れてたけど、あれ、見に行ってたの思い出した!そうそう、ビーチフラッグ、二人でやってたの。
なのに、翔ちゃんのあれは、まったく記憶にない。そう、あの人は私の眼中になかったんだよ。
チャラそうで、しかもクッソ生意気そう(←私が最初に彼を見た時発した言葉だったと思う)で、見たくなかったんだと思う。
だから私の記憶から抹消されてる・・・。相葉ちゃんはもう特別よく覚えてるから。

それはまぁ置いといて。

ナラタージュンの雑誌買って、ついでに他のマジメな本もふらっと見てみた。
目にとまった江原さんの本。守護霊。時々無性にこういうのが読みたくなる。立ち読みして、なるほどと納得することばかりだった。
禅の本も読んだことあるけど、そうそう、あるある、だよねー?とおよそ禅の本を読みながら発する言葉じゃないような言葉を
発していることがある。
人間、それだけの経験を積むと、自然とそういうことが理解できるようになるんだ。ということは、私はけっこう積んだということ。
だよねー?



以下、苦手な人もいると思うので、霊的なことが嫌な方は近寄らないでください。m(_ _)m







江原さんの本、実は今まで買ったことがなかったのだけど、初めて買った。なんといっても守護霊だから。
今自分についててくれる人がいるのを、まさに感じているから。
これを読んで少し勉強しよう。
霊の存在は、私にとってはもはや怖いものではない。存在すると思う。想いが強いからそこに存在する。
だから悲しいくらい共感できてしまう。ほん怖を見て号泣するのはそういう意味からだ。

あと、胆試しと称してそういうところにわざわざ行くのはよくない、と私は勝手に思ってる。
行き場がなくコミュニティを作ってそこに存在しているかもしれないのに、土足で入って来られたら、そりゃ誰だって
いい気分しないでしょうよ?失礼極まりない。言いたかったら彼らは自分から発信すると思うから。
出向いていいのは、そういう想いを理解し、なだめて聞いてあげられる能力のある人だけだと思う。

彼らは、言葉の発せない動植物に似ているというか・・・言葉は発しても最大限の訴えたい言葉なはず。
なんとなくその気持ちがわかるようになった。昔はすごく怖かったんだけど。
あまりに連日金縛りに遭遇し、ある夜は女の人の姿を夢うつつで見て(同じ晩に父も見ていた)、ある夜は寝ている自分のからだを
揺すられる金縛りに遭った。
それ以降かな、金縛りにほぼ遭わなくなったのは。だから何かしらのメッセージがあるんだと思っている。

またねー、来た人がどういう人かもなんとなくわかるんだよ。女の人は定番(っていうのか??(^_^;))の髪が長い人。
ま、いわゆる貞子風??(^^ゞ
家を建て替えてからしばらくずっと毎晩金縛りだったから、きっと建て替えてほしくなかったのかもしれない。
ベッド本体の足元が揺れてからだが揺すられたのは、たぶん子どもだと思う。家族三人で寝ていた部屋だったから。
うらやましかったんじゃないかな、と。だって金縛りが解けたとたん、息子がぎゃーって泣いたんだよ、寝言みたいに泣いて
起きはしなかったけど、息子もきっと感じたんだと思う。

あと、夢というのは、実は亡くなった人と会う場所だという。
まさにこの前の私の夢みたいじゃないか。母と会った駅のホーム、私しか電車に乗らなかったのは、母はこっちに
来れなかったからだ・・・。やだ、ものすごくわかるー!!←およそそのテの話のあいづちじゃないっつの

仏壇に手を合わせる、お墓参りに行く、そういうことをないがしろにしてはいけないと、あらためて思う。
どこかで必ず誰かが見ている。ひどい仕打ちをしたら、必ず自分に返ってくる。それを胆に銘じて生きなければ。

いったいなんの話なんだ??そういうの書こうと思ってたわけじゃないんだけど・・・。(^_^;)

ぱるるからツイが来た。土曜日絶対ひよっこ見てほしいって。由香にとって大事な場面なんだろう、きっと。
でも時々茶目っ気出して、笑える場面だったりするからなー、彼女の遊び心だったりして?マジメに答えてしまった。
やだな、お母さん、つい娘に真剣に答えちゃうよ。(既に娘と化している(^_^;))


追記。

旦那が毎晩のように寝言を言っているのは、もしや亡くなったお母さんと会話しているのかもしれない。
そう思うと、長い間植物状態だったお義母さんも、息子と話せてうれしいと思っているのだろうか?
もう旦那の実家はなくなってしまったけど、たまにはあちらにも行った方がいいかもしれない。
このところ大分は災害続きで、たどり着けるかわからないけど・・・。


彩音 |HomePage

My追加