水野の図書室
Diary目次過去を読む
いつもありがとうございます。2019年もよろしくお願いいたします。


2019年01月08日(火) 宮下奈都『秋の転校生』

短編集「遠くの声に耳を澄ませて」(宮下奈都 著/新潮文庫)を読んでいます。
今日は、その4番目の物語『秋の転校生』。
商談で北陸に出向いた僕は、恋人・みのりのことを考えながら、小学生の頃に転校してきた女の子のことを思い出します。

「ほなの」──ひとことの方言から、懐かしい記憶を呼び寄せる<僕>。
その子の名前は、みずほ。
秋に転校してきて、翌年、春が来る前にまた転校していった女の子。
淡い初恋の思い出…今ならわかるのです。
あの子が好きだったと。

そして、
みのりへの想いを改めて強く意識する<僕>。

爽やかな読後感が気持ちいい。
新年の最初に読んだ物語は、明るい未来を感じさせてくれました。


水野はるか |MAIL
Myエンピツ追加

My追加