水野の図書室
Diary目次過去を読む
長い眠りから覚めて、昨年、9年ぶりに再開しました。


2017年02月03日(金) 荻原浩『しんちゃんの自転車』

今から30年も前のこと……と、主人公が8歳だった頃を回想します。
真夜中、主人公が寝ていると、自転車に乗ったしんちゃんが迎えに来て、ふたりで出かけた日々。
しんちゃんの自転車の後ろに乗り、おたま池のほこらへ……。

ゾクゾクするような怖さと、せつなさが混ざり合った不思議な世界です。
しんちゃんが時々発する言葉が胸にささります。
「がってんしょうたくん」とか、妙に明るいのです。


生と死を分けるのは一瞬。
死者との交流を描いても、主人公が子どもだと、何となく受け入れられます。
子ども時代は、いろんな意味で自由があります。



水野はるか |MAIL
Myエンピツ追加

My追加