水野の図書室
Diary目次過去を読む
9年ぶりに再開しました!


2017年01月20日(金) 浅田次郎『金鵄のもとに』

2017年になって、はや1月20日。

時の流れは早いというより、私の時計が遅すぎる。
今更ながら、本年もよろしくお願い致します。

昨年、9年ぶりに再開した「水野の図書室」ですが、
気の利いた文章を書こうとすると、歩みがとまりそうになるので、
まぁ、今年は感じるままにサクサク進めていきます。

2017年最初の日記は、浅田次郎『金鵄(きんし)のもとに』。
南方戦線から帰還した日本兵が、物乞いする傷痍軍人を見かけたことから物語は始まります。
2017年の今、南方=激戦地だと想像できる人はどのくらいいるでしょう…
悲惨で残酷な戦地の様子をこんなふうに小説で読んで、衝撃的でした。
短編なのに、ズシリと重い。

「金鵄」を検索して、なるほど。。




水野はるか |MAIL
Myエンピツ追加

My追加