水野の図書室
Diary目次過去を読む
2018年は月に2回は更新したい。


2018年08月06日(月) 荻原浩『月の上の観覧車』

荻原浩の短編集「月の上の観覧車」(新潮文庫)の八番目で表題作『月の上の観覧車』を読み終えました。
これが最後の物語。一番心に沁みます。

夜の観覧車にひとり乗るのは、このリゾート施設の社長。
ゴンドラが昇っていくなかで、これまでの人生を振り返ります。
家族のこと、仕事のこと、青春時代の夢。

そして、月の光が観覧車を包むとき 出会う一瞬の奇跡。

神秘的な月光と非日常の観覧車という組み合わせが、とても印象的です。
絵画のような美しい情景をよびます。

人生に二周目があればいいのに。
そんなふうに、後ろ髪を引かれる思いで、過ぎていくのが人生なのです。
悔やんでも、過去に戻ることはできません。

新しい明日が、やってくるのです。






水野はるか |MAIL
Myエンピツ追加

My追加