---□□草原で独り言□□---

2017年09月27日(水) だれかひとりのヒーローに

「だれかひとりのヒーローになりたい願望はある」

感情的にならずに
つねに自分の利益を見据えてビジネスをし、
少女マンガは安っぽい女の妄想とくだらないと吐き捨て、
私生活でも損得をふまえつつ人間関係を構築する。
そんな現実しか見ないような男がつぶやいていた。

現実しか見ないような男性でも、そんなことを言うのだなと私は意外に感じた。

たぶん、男性というのは
誰しもがその願望を持っているのだ。
女性がヒロインになりたがるように。

助けてと目のまえで涙をながす女の子のヒーローになりたい。
あなたがいるから私は幸せと言ってくれる女の子のヒーローでありたい。
あなたがいないと私はイヤなのと言われるような唯一無二のヒーローに。

女性はヒロインになりたがる。
なりたがるばかりで、男性をたてることをしない。
男性をたてることとは何か、私もよくわかっていなかった。
男性をたてることというのは、ヒーローと思うことかも知れない。

男性はヒーローになりたがる。
女性はヒロインになりたがる。
その願望を叶えあえれば、人生はよりロマンチックで、二人の関係もより満たされるかも知れない。




 < 過去  INDEX  


S.Soraka [MAIL]