江草 乗の言いたい放題
コラムニスト江草乗の日記風エッセイ クリック募金にご協力お願いします。

日記目次(検索可能)前日翌日 エンピツ投票ランキング  江草こだわりの店  江草乗の写真日記  ブログ  お勧めLINKS  

ご愛読ありがとうございます。「江草乗の言いたい放題」は読者100万人を目指す社会派コラムです。一人でも多くの方が読んでくださることで、執筆意欲は倍増します。ぜひ、お友達に勧めて読者数UPにご協力ください。ランキングであの日本一の「きっこのブログ」を超えることが目標です。スポンサーサイトへの訪問、投げ銭がわりのお買い物、掲示板へのご意見の書き込みもお願いします。江草乗応援プロジェクト←江草ファンなら一日一回開きましょう。 秘密の京都世界戦略室インク激安屋もぜひよろしく!

2009年12月31日(木) 小沢一郎はいったい何を意図してるのか?        ブログランキング投票ボタンです。いつも投票ありがとうございます。m(_ _)m 携帯用URL by Google Fan

どうかお読みになる前に投票ありがとうございます。←応援のクリックをお願いします!年末年始は全体の投票数が減ってる
ので、読者全員がクリックしてくだされば1位も夢ではありません m(_ _)m 必ず投票をお願いします 


 プリンタ倶楽部をインク激安屋と改称しました。

 小沢一郎といえばオレにはダーティーなイメージしか思い浮かばない。彼が幹事長まで務めた自民党から出て新進党を結成したとき、オレは「自民党のもっとも汚い部分が離党した」と正直思ったものである。日本中を利権まみれにした田中角栄の手法をもっとも強く受け継いだのは小沢一郎だとオレは思っていたからだ。だからはっきり言ってこんなヤツは嫌いだ。叩けばいくらでもゼニに関するスキャンダルが出てくるだろう。

 その小沢一郎のこの発言にオレは大いに驚いたのである。おいおい、どうしてそんな心にもないことが言えるのか。もしかして焼きが回ったのかいと。産経新聞の記事を引用しよう。

普天間移設で小沢氏、現行案を重ねて否定「きれいな海、埋め立てるな」2009.12.29 21:20
このニュースのトピックス:小沢一郎
米軍普天間飛行場の移設候補地となっている名護市辺野古のキャンプシュワブ=沖縄県名護市(桐山弘太撮影) 民主、社民、国民新の与党3党の幹事長、国対委員長は29日夜、都内の料理店で会合した。席上、民主党の小沢一郎幹事長は米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)の移設問題について「辺野古の環境はすばらしい。きれいな海を埋め立てたらダメだ」と述べ、日米合意に基づく米軍キャンプ・シュワブ沿岸部(沖縄県名護市辺野古)移設の現行計画に否定的な見解を示した。
 小沢氏は28日に新党大地の鈴木宗男代表と会談した際にも同様の発言をしており、現行計画を見直すべきだとの強い意欲を表明したと受け止められている。
 また、民主党の山岡賢次国対委員長は会合後、記者団に国会審議活性化に向けた国会法改正について「新年早々にも政党間協議をしたい」と述べ、与野党間の調整を急ぐ考えを示した。


 無駄な公共工事、工事することだけが目的の無駄な事業を推し進めて税金をばらまくという旧来の自民党の行ってきた政策をもっとも強く受け継いできたのが小沢一郎だと思っていたオレにとって「きれいな海を埋め立てたらダメだ」という発言はなんとも違和感がある。殺人犯が命の大切さを説き、連続婦女暴行魔が痴漢の撲滅を叫ぶ、そんな居心地の悪さなのである。いったいこの発言の真意はどこにあるのだろうか。

 そういえば小沢一郎は以前に「政治献金の全廃」を言い出したことがあった。巨額の企業献金を受けている民主党にはそんなことできるわけがないだろうとオレはたかをくくっていたのだが、その発言も合わせて考えてみるともしかしたら小沢一郎は「肉を切らせて骨を断つ」なんてことを考えていたのかも知れない。政治献金がなくなれば民主党は困るが、自民党はもっと困る。自分たち以上にダメージを受けるのが自民党であることを理解した上で、傷つきながら相手を打ちのめすためにそんなことを言い出したのではないかと。

 上記発言の後で小沢一郎は、辺野古ではなく下地島空港を活用するという案を出している。新たに埋め立てをするのではなくて余ってるものを活用するというのは理に叶っている。しかも下地島ならさらに台湾や尖閣諸島に近い。台湾や中国で有事の際にはメリットがあるのではないかとオレは思うのだ。ないものは娯楽施設くらいだろう。実際のところ何もない島である。ただ、2013年には伊良部島と宮古島を結ぶ伊良部大橋が開通する予定である。そうなると宮古島まで陸続きと同じことになるので、宮古島の歓楽街が賑わうかも知れない。

 もっと穿った見方をするなら辺野古での工事の利権に関わるのが主に自民党の議員たちであり、一方小沢一郎はすでに下地島移設を見込んでこっそりと手を回して土地の買収などを進めてるのではないかという憶測である。移転先をどこにするかというのは単に自民と民主の利権争いの過ぎないのではないかという想像である。費用対効果から考えて全く意味のない伊良部大橋も、この基地移転が実現するのなら決して意味のない工事ではなくなる。

 そのあたりのことに関してはオレの手元には何の情報もなく、オレはただ憶測で推理して語っているだけである。ただ、辺野古の海を埋め立てて・・・という自然破壊を阻止しようという一点でオレは今回の小沢発言を支持する。そして米国民やオバマ大統領に対してもその理由は納得させやすい内容であると思うのだ。

 鳩山が首相の座を明け渡した時、次の総理は菅直人だろうか?小沢一郎には総理の椅子は回ってくるのだろうか。小沢チルドレンを取り込んだ今、民主党内に最大派閥の小沢派を立ち上げることはたやすい。オレはこの小沢一郎がどんな夢を思い描き、日本の将来のあり方をどんな風に予測しているのかが知りたいのである。


↑エンピツ投票ボタン。押せば続きが読めます。登録不要です。応援の投票ありがとうございます。←1位を目指しています! m(_ _)m      週刊アクセス庵もよろしく。   投票博物館

2009年12月30日(水) 麻薬密輸は死刑が当然じゃないか!        ブログランキング投票ボタンです。いつも投票ありがとうございます。m(_ _)m 携帯用URL by Google Fan

どうかお読みになる前に投票ありがとうございます。←応援のクリックをお願いします!年末年始は全体の投票数が減ってるので、
読者全員がクリックしてくだされば1位も夢ではありません m(_ _)m 必ず投票をお願いします 



 オレは中国のやり方があまり好きではない。チベット侵略やウイグルでの少数民族弾圧などに怒りを覚えるからだ。しかし、麻薬撲滅に関するこの強硬な方針だけは支持したいと思っている。芸能人が麻薬や覚せい剤で捕まっても執行猶予でお茶を濁す日本とは大違いである。世界各国が協調して麻薬流通を取り締まらないとこういう犯罪はなくならないわけで、中国にならって諸外国も死刑にすべきだろう。アサヒコムの記事を引用しよう。

中国、英国人に死刑執行 麻薬密輸罪2009年12月29日22時19分
 【北京=古谷浩一】中国で麻薬密輸罪に問われて死刑判決が確定していた英国人アクマル・シャイフ死刑囚(53)に対する死刑が29日、執行された。英政府は精神疾患があるとして刑の執行停止を求めていたが、中国国営新華社通信によると、最高人民法院(最高裁)は「精神状態を疑う理由はない」とし、執行を承認した。
 ロイター通信などは、欧州市民の中国での死刑執行は、新中国成立直後の1951年のイタリア人以来だと伝えている。
 シャイフ死刑囚は2007年、タジキスタンから空路で新疆ウイグル自治区のウルムチ空港に到着した際、ヘロイン4キロを所持していたとして拘束され、昨年10月に死刑判決を受けた。今年10月に控訴が棄却され、死刑が確定した。新華社電によると、29日、同自治区ウルムチ市内で注射を使った死刑が執行されたという。英当局者らが申請した精神鑑定は認められなかった。
 米紙の報道によると、シャイフ死刑囚はパキスタン出身のイスラム教徒で、10代の時に英国に移住。長く精神疾患を患っており、麻薬密輸もだまされて行ったものだ、と親族は話していたという。
 同法院は承認理由について「異なる国籍の犯罪者もすべて法律に基づき処理すべきだ」とした。中国の刑法はヘロイン50グラム以上の密輸が死刑になる可能性を定めている。  中国当局は急速な経済発展を背景に、国際的な人権批判に妥協しない姿勢を強めている。今月25日には、欧米諸国からの批判にもかかわらず、共産党を批判した「08憲章」の起草者、劉暁波氏に懲役11年の厳しい判決を下したばかりだった。
 英政府の反発に対しても、中国外務省の姜瑜副報道局長は29日の定例会見で「いわれのない指摘に強い不満を表明し、断固反対する。英側が誤りを正し、両国関係を損なわないように促す」と語り、逆に非難した。
 中国では麻薬密輸罪などに問われた日本人計4人の死刑が07年8月から今年4月にかけて確定しているが、同法院が承認せず、執行はされていない。今回の執行が邦人死刑囚への対応に影響を与える可能性も指摘される。中国での外国人に対する死刑の執行はほかに01年に麻薬密輸罪に問われた韓国人に対するものが確認されている。


 こうして外国人であろうとどんどん死刑を執行する場合に注意しないといけないのは冤罪の可能性である。ことばが不自由なために弁明の機会が奪われることもあるだろう。またスーツケースのすり替えなどで本人のあずかり知らぬところで麻薬の運び屋にされてしまうという悲劇もあるかも知れない。しかし、有罪であることが確実であれば死刑にすることをためらわないで欲しい。それが最大の抑止力になるとオレも思うからだ。

 英政府から横やりが入ってもどこ吹く風で方針を曲げないその姿勢をオレは高く評価する。もしも腰抜け日本政府ならばあっさりと麻薬テロの犯人を送還しただろう。そして麻薬が日常茶飯の欧州ではたいした罪にもならないのである。「この程度で死刑なんて」という感覚で犯罪を野放しにしてる国々と違うということを中国は示したかったのだろう。もっとも自国が厳しいので海外で中国人は犯罪をするのかも知れないが。日本で強盗や殺人で捕まる連中が多いことを思えば。

 上記記事の中で「長く精神疾患を患っており、麻薬密輸もだまされて行ったものだ」という親族の釈明には笑ってしまった。そんな人間に誰が4圓發離悒蹈ぅ鵑鯊すだろうか。それが末端価格でどれだけの金額になるかということを考えたとき、この男が信頼できる運び屋であったことは間違いない。日本人の死刑囚もさっさと刑を執行してくれ。日本ならおそらくかなり軽い罰で済むだろう。オレにはその軽さが納得いかないのだ。麻薬や覚せい剤の流通組織を壊滅に追い込むためには、関係者をどんどん死刑にするしかないとオレは思っている。使用者も必ず実刑にして、クスリが完全に抜けるまで何年でも刑務所に入れるべきだ。暴力団の場合は業務命令者として組長を死刑にしてくれ。驚くほど寛大な裁判で執行猶予が決まった連中はきっとお祝いにまたラリってるだろう。「次は見つからないようにしよう!」と思ってるに違いないからだ。オレは酒井法子はきっと再犯すると思っている。

 中国で死刑が多いのは、終身刑を増やすと刑務所の定員を超えて溢れてしまうからだという。それで経費節減のためにどんどん死刑にするらしい。また死刑囚から移植用の臓器を取り出すというウワサもある。「死刑囚の臓器なんかいらない!」と拒否する人もいるかも知れないが、助かるのならなんでもいいと思う人もいるだろう。政治犯や思想犯に対して死刑を執行するならそれは断じて許すべきではない。だが殺人や強姦などの凶悪犯、そして麻薬犯罪に関して死刑を執行することにオレは賛成する。先進国の「死刑廃止」の流れに対してもオレは文句を言いたい。たとえば無差別殺人という市民へのテロ行為を行う連中に対して、死刑以外のどういう罰がふさわしいのか。なぜそんなクソ野郎を税金で死ぬまで刑務所で面倒を見てやらないといけないのか。だったら即座に死刑にして移植用に臓器を利用する中国のやり方の方が少なくともオレには真っ当なことであると思うのである。

 この世はきちっとルールを守って正しく生きる者たちのためにあるべきだ。だから市民社会の平穏を脅かす者を排除するのは当然のことであると思うのである。それは中国でも日本でも同様である。経済犯でも悪質な者に対しては財産没収などの厳しい処置を取るべきだと思うし、それを税収の穴埋めに使うことに関しては大賛成である。


↑エンピツ投票ボタン。押せば続きが読めます。登録不要です。応援の投票ありがとうございます。←1位を目指しています! m(_ _)m      週刊アクセス庵もよろしく。   投票博物館

2009年12月29日(火) 温家宝の野望(中国の大いなる戦略)        ブログランキング投票ボタンです。いつも投票ありがとうございます。m(_ _)m 携帯用URL by Google Fan

どうかお読みになる前に投票ありがとうございます。←応援のクリックをお願いします! m(_ _)m 

 今注文したらお正月の年賀状の返信にまだ間に合うかも。新年は1月2日から発送してくれる上海問屋の互換インクはいかがですか?


 今、世界で一番経済発展してる国である中国の通貨である人民元が強くなるのは当然である。そこで当然起きてくるのがその人民元を切り上げしようとする動きだ。これはかつて円の対ドルレートが360円で固定されていたのが、変動相場制になったとたんにどんどん円高になったことを考えればいい。もしも人民元の対ドルレートが上昇すれば、中国の輸出産業は大打撃を受けるだろう。中国はなんとかそれを避けたいのである。今はまだ時期尚早と見てるのだろう。

 だから温家宝首相が「人民元の切り上げには絶対に応じられない!」と発言するのも当然である。しかし、この発言によってもう一つの為替相場の動きが起きることに気付いてるだろうか。つまり、米ドルと人民元の交換レートの固定は、米ドルの下支えになるということである。世界一強い人民元と米ドルが固定相場を維持すれば、米ドルの価値もまた固定されるということなのだ。円に対して瞬間的に84円まで下げた米ドルは今91円台半ばである。おそらくこの水準をしばらく維持し続けるだろう。ドルが90円台を回復したおかげで日本の輸出産業も一息つき、それが最近の株式市場の上昇につながっているわけだ。どうせこれも一時的なもの、いわゆる「だまし上げ」に過ぎないとオレは思っているのだが。

 中国は世界最大の米国債保有国である。ドルの下落はそのまま中国の持つ資産の目減りにつながる。だから中国としてはまだドルの価値を維持したいし、人民元を安いままに固定することで自国の輸出産業を守りたいのわけだ。しかし、いつか中国は保有する米国債を売ってくるだろう。価値を維持したいのはその時に少しでも高値で売るためだ。あるいはもう売り抜けは開始されてるのかも知れない。いずれアメリカ政府がデフォルトを宣言して紙切れになる米国債を、中国はできるだけ高値で売り抜けておきたい。だから今は固定相場がいいということなのだ。今のドル相場は人民元の価値によって支えられてるのである。

 中国にはいずれ新幹線網が広がるだろう。時速350劼任留超髪薪召はじまったがあの広い国土を高速鉄道が将来縦横無尽に結ぶようになるのは確実である。高速道路も全土を覆って広がるだろうし、クルマもすでに世界でもっとも売れている。中国の内需拡大が本格的になって自国経済が自立的な成長モデルとして確立されたとき、つまり輸出に依存する必要がなくなった時、中国はあっさりとアメリカを切り捨てるだろう。その日にはもう米国債は売却後かも知れない。そうなれば人民元の対ドルレートを固定している必要はない。どんどん人民元を切り上げて、世界から安く資源を輸入し、富をかき集めることを目指すだろう。そのときすでにアフリカの豊かな資源の権益はほとんど中国に奪われてるだろうし、人民解放軍は世界一強大な軍隊になってるだろうし、アメリカとロシアの核軍縮なんて中国にはどこ吹く風だろう。

 外国人参政権なんて馬鹿なことを導入しようとしてる民主党政権の中には、中国の手先が入り込んでるのかも知れない。チベットやウイグル自治区にどんどん漢民族が流入して住み着き、中国化をはかるように、日本の過疎の村もいつのまにか中国の植民地のようになっていくだろう。政治家が全く危機感を持ってないことに驚くのだが、今から100年も経てば中国語が英語に代わって世界の共通言語の地位を獲得していてもおかしくないと思うのである。

 人民元が米ドルとの固定レートをやめたときがドルの終焉である。おそらくドルは円に対しても暴落して30円くらいになるだろう。ドルの価値が下がって何も輸入できなくなくなり、ひどいインフレが起きたアメリカは世界最貧国に成り下がり、おそらく米国債のデフォルトを宣言するだろう。日本政府がそのときにうまく立ち回ってる保証はない。とうかむしろ絶望的である。日本がその時に生き残る唯一の方法は、中国の属国化かも知れない。それが何十年先なのか、もう目の前に来てるのかオレにはわからない。しかし近い将来確実にそうなるような気がするのだ。

 サブプライムショックでアメリカを支えた金融業が崩壊しなければ、中国の覇権なんてはるか未来のことだっただろう。敵失につけこんで中国は一気に自国の発言力を高めたのである。日本の株式市場は為替相場の影響をモロに受けて世界一下がったわけだが、政府はなんら有効な株価対策ができなかった。そのために世界の投資家は日本から資金を引き揚げてしまった。いつのまにか上海市場の規模は東証を超えてしまった。これも必然的な流れである。国益の拡大に血眼になってる権力者たちと、政権交代できただけで安堵してる田舎政治家とはプレーヤーの格が違うのだ。

 日本が生き残る唯一の道は中国の属国にされることなのだろうか。経済成長した中国がその富を日本で浪費や散財してくれることを願い、そのおこぼれに預かることでしか喰えなくなるのだろうか。子どもの頃、いつか国境なんてものがなくなって世界は一つの世界連邦になるということを思い描いたことがあった。それはもしかしたら実現するかも知れない。形は違うが、世界中が中国に飲み込まれるという形でだ。


↑エンピツ投票ボタン。押せば続きが読めます。登録不要です。応援の投票ありがとうございます。←1位を目指しています! m(_ _)m      週刊アクセス庵もよろしく。   投票博物館

2009年12月28日(月) 上海問屋の互換インクはすばらしい!        ブログランキング投票ボタンです。いつも投票ありがとうございます。m(_ _)m 携帯用URL by Google Fan

どうかお読みになる前に投票ありがとうございます。←応援のクリックをお願いします! m(_ _)m 


 わが家には何台かのプリンタがあるが、オレは最近メーカー純正のインクを買ったことがない。いつも上海問屋の互換インクカートリッジを通販で購入して使っている。これがものすごく安いからである。今も年賀状印刷の作業をしているのだが、一年前に7900円という激安価格で購入したこのEPSONのPX−A640という複合機に対応しているEPSON純正インクはヤマダ電機では4色セットが3800円で売られている。インクを2組買うともうプリンタの価格に匹敵してしまうのである。どう考えても高すぎるのだ。プリンタを安く売って、その代わりにめちゃんこ高いインクでゼニをぼったくるというのがEPSONやCANONというプリンタメーカーの共通戦略である。

 そんな卑怯な戦略に抗議し続けてきたオレは、信念を持って互換インクだけを使用する。それでプリンタが故障するのならまた買い替えれば済むことである。どうせ1万円足らずで新しいプリンタは手に入るからだ。

 その互換インクや詰め替えインクだが、過去にはいろんな種類の店頭に並んでるものを使って見たことがあるが、それほど安くもないのに不具合が起きたり色が悪かったりとあまり満足していなかった。せいぜい2割くらいしか安くなっていないものに対しては「なんで互換品なのにもっと安くないのだ!」と不満を抱いていた。しかし、上海問屋の激安インクに出逢ってからはそんな不満は全くなくなった。「こんなに安くていいんですかい?」と申し訳なく思えるくらいなのである。

 しかも発色もすばらしい。純正の顔料インクは少しくすんだ色合いなのだが、水性の互換インクの方が自然な色合いで写真が印刷できるのは不思議である。年賀状などのインクジェット専用紙の場合、純正の顔料インクよりも互換品の水性インクの方が相性がよさそうだ。それは印刷したハガキを比べてみればわかる。購入時の純正品インクで印刷した去年の年賀状よりも、互換インク使用の今年の方が写真はきれいである。

 今使ってるPX−A640に対応のEPSONの46シリーズのインクの場合、純正4色セットはヤマダ電機で3800円、北花田のアウトレットでは3200円で売られているが、これが上海問屋の通販の互換インクならたったの1299円(送料込み)である。オレはメインのカードを楽天カードにしていてふだんの買い物もガソリンもみんなその楽天カードを使っている。そうしてたくさん貯まった楽天ポイントを使ってこの互換インクが買えるのだ。だからオレにとってこの上海問屋のインクは「タダでもらえる」に等しい存在なのである。今楽天カードを使っていてポイントを貯めてる方は一度上海問屋のインクを注文して試してみようじゃないか。それで問題なかったらもう純正品を買うのをやめればいいのである。

 しかしオレがここで恐れるのはCANONの動向である。CANONは純正のぼったくり価格のインクカートリッジを売るために、互換品を販売する業者を裁判に訴えて攻撃してきた。もしかしたら上海問屋もその標的になるかも知れない。そうなるといませっかく安く手に入ってるインクカートリッジが買えなくなる。CANONの御手洗社長は経団連会長サマなのである。その権力の前には裁判の結果も曲げられるかも知れない。だったらどうしたらいいのか。答えは簡単だ。CANONではなくEPSONのプリンタを使用することである。EPSONはCANONと違ってそこまでの政治力はないから裁判の結果までは動かせないだろう。CANON互換インクは市場から駆逐されるかも知れないが、EPSONは大丈夫だとオレは予想する。そういうわけでオレは今、EPSONのプリンタを選んでいるのだ。あんなひどい社長が居るCANONなんて大嫌いだぜ。なんでも御手洗社長は自宅の周囲を警官にいつも警備させてるそうじゃないか。経団連会長がどれだけ偉いのかオレにはわからないが、税金をそんなとこに無駄に使わせるのじゃなくて自分でセコムにでも加入すればいいじゃないか。おっと、これはプリンタのこととは関係ないか。

上海問屋の主な互換インク
エプソン IC6CL50互換インク:[送料無料] 互換インク EPSON IC6CL50 (6色セット) [満足保証付き...
エプソン IC6CL32 互換インク:[送料無料] 互換インク エプソン IC6CL32 (6色セット) [満足保証...
キヤノン BCI-7E+9/5MP互換インク:[送料無料] 互換インク CANON BCI-7e+9/5MP (4+1色セット) [...
キヤノン BCI-321+320/5MP 互換インク:[送料無料] 互換インク CANON BCI-321+320/5MP (4+1色セ...
エプソン IC4CL46互換インク:[送料無料] 互換インク EPSON IC4CL46 (4色セット) [満足保証付き...
ブラザー LC09-4PK互換インク:[送料無料] 互換インク brother LC09-4PK (4色セット) [満足保証...


↑エンピツ投票ボタン。押せば続きが読めます。登録不要です。応援の投票ありがとうございます。←1位を目指しています! m(_ _)m      週刊アクセス庵もよろしく。   投票博物館

2009年12月27日(日) 校内放送でなぜ「ハゲの歌」を流してはいけないのか        ブログランキング投票ボタンです。いつも投票ありがとうございます。m(_ _)m 携帯用URL by Google Fan

どうかお読みになる前に投票ありがとうございます。←応援のクリックをお願いします! m(_ _)m 


 校内放送で音楽を流す場合、絶対に流してはいけない曲というものが存在する。つまり、人の身体的特徴をからかったり、卑猥な語句や放送禁止用語、差別的な語彙が含まれているものなどである。そのような曲がいじめにつながることもあれば、児童生徒の持つ偏見を助長する場合もあるだろう。だからそのような曲は決して公共の場で流してはならないのだ。過去に放送禁止になった楽曲というのはたいていそういうことが理由である。

  つボイノリオ先生の名曲、「金太の大冒険」「お万の方」をもしも校内放送で流したらどうなるだろうか。その扇情的な歌詞に女子児童は悲鳴を上げるだろう。放送部の顧問教師は「こんな曲は決して流してはならない」という常識を指導しておかないといけないのである。

 今回、 「ハゲの歌」という曲が小学校の校内放送で流れ、それを聴いた男性教諭が激怒して児童を土下座させるという事件が起きた。日刊スポーツの記事を引用しよう。

児童に土下座強要 頭髪からかう曲で教諭
 前橋市立桃木小学校で、頭髪が薄い人をからかう歌詞の曲が校内放送で流れたことを問題視した40代の男性教諭が、児童28人を土下座させ反省を強要していたことが25日、分かった。斎木雄造校長は「不適切だった」としている。教諭は校長に伴われて児童の家庭を訪ね、保護者に謝罪した。
 斎木校長によると、曲は今月3日昼の校内放送で流れた。教諭は「人の身体的特徴を笑いの対象にしてはいけない」と、CDを学校に持ち込み放送委員会の児童に流すよう頼んだ6年の男子児童を注意。「誠意をもって反省の態度を示す方法がある」と自分の前で土下座させた。
 翌日には、曲を聞いて笑った4年生27人にも土下座を求めた。
 曲はインターネットで流されていた。教諭は4年の担任で放送委員会の顧問。「人の心を大事にしてほしいと願う指導のつもりだった」と話し、自身も髪が薄いが「個人的感情で怒ったわけではない」と釈明しているという。(共同)


 今回は「児童に土下座させた」ということが問題視されているが、オレはこの髪の薄い教諭の怒りは正当だと思うのである。だからそういう曲を勝手に流したことに関して、関係した児童を厳重に注意することは必要だ。その方法だが、たとえば「ハゲというものがどういうものか理解するために丸刈りにしなさい」という指導なら問題になっただろうか。いじめや差別というのは相手の身になって痛みを感じることができないから起きるのである。無神経に「ハゲの歌」を流しておもしろがった児童に対する罰としてふさわしいのは、土下座などという時代錯誤のやり方ではなくて、全員に頭を剃ってハゲになってもらってその上で「ハゲとは何か」ということを身体的に理解させることではなかったのかと思うのだ。

 こんなことを書くと、「頭を剃ってハゲにさせるのは体罰じゃないか!」と抗議してくる方が居るかも知れない。土下座よりもハゲにさせられる方が屈辱的だと思ってそれを体罰と感じるならば、その方の心の中には「ハゲ=劣等なもの」という差別意識が存在するのではないか。だから「こんな頭にさせやがって」と抗議すること自体が差別発言なのである。抗議をした時点で自身が差別者であることを認めたも同然だ。髪の毛のあるなしは単なる身体的特徴で、それは優劣の問題とは無関係だ。頭の中味の優劣を比較することは意味があるが、頭の外側は単なる脳みその入れ物である。オレは髪の毛が多いとか少ないという外見的なことよりも人間にとって大切なのはその中身だと思うのである。すぐれた頭脳を持つがハゲている人と、髪はふさふさだが救いようのない馬鹿とならどっちが人間的に優れてるだろうか。そもそも人のハゲを嘲笑するヤツに限って頭の中味は空っぽということが多いのである。その入れ物に毛が生えてるか生えてないかとの違いである。果物でいえば桃がスイカかという程度の違いなのだ。ちなみにオレは桃の方が好きだがそんなことはここではどうでもいい。 

 今回は「ハゲの歌」だったが今後もしも「チビの歌」「ブスの歌」などが登場し、それを校内放送で流されたことでチビやブスの人がいじめを受けるようになり、最後は自殺に至るなどということが起きればどうするのか。今の小学生や中学生の陰湿ないじめの実態を思えば決してそんなことがないとは言えない。人の身体的特徴を嘲笑することはどれだけ相手を傷つけるのか。そんな大事なことに対してあまりにも子どもたちは無神経だ。今の子どもたちにとって必要なのは塾で詰め込まれるこざかしい知識ではなくて、そういった思いやりの心ではないのか。

 前橋市立桃木小学校の今回の事件は、人権教育という点では一つのチャンスだったとオレは思うのである。そうした不適切な歌を流したことに対してきちっと当該児童を反省させ、他の児童たちにも「何がいけないのか」をきちっと理解させることが必要だったのだ。ところがこの大事な機会を、髪の薄い教諭が個人的な怒りのために児童を土下座させるという形で安易に解決をはかろうとしたことが間違いだったのである。土下座ではなくて反省文を書かせるべきだし、オレがその児童の親ならば先生に対する謝罪の気持ちを表すために頭を剃らせてお詫びをしただろう。「土下座というやり方は行き過ぎだ」と教諭の行為を非難する方が多いと思うが、その前にそんなCDを持ち込んで校内放送で流させた6年生の児童にはきちっと自分の行動の間違いを理解させ、きちっと謝罪させるべきである。「土下座させる」という方法が不適切だったからといって、悪意を持ってそんなCDをかけさせた児童の行為が免罪されるわけではないだろう。この児童が調子に乗って「先生を謝らせた!」などと放言するならば、オレとしてはただあきれるしかない。そんなクソガキは救いようがない。


↑エンピツ投票ボタン。押せば続きが読めます。登録不要です。応援の投票ありがとうございます。←1位を目指しています! m(_ _)m      週刊アクセス庵もよろしく。   投票博物館

2009年12月26日(土) 関空はなぜダメなのか教えます!        ブログランキング投票ボタンです。いつも投票ありがとうございます。m(_ _)m 携帯用URL by Google Fan

どうかお読みになる前に投票ありがとうございます。←応援のクリックをお願いします! m(_ _)m 


 関空は民間会社のようでそうではない。天下りの連中が役員に就いて高給をもらいながらろくに仕事もせず、足りないゼニは国からもらえると甘えている。そして「倒産するわけがない」とたかをくくっている。湯水のように赤字を垂れ流しながら、それを改善する方策も持たず、役員どもは給料泥棒になってるだけである。ところが国からの補給金もかなりやばくなってきたようである。アサヒコムの記事を引用しよう。

関空への補給金75億円どまり 大臣への直訴も不発 2009年12月26日5時15分
 関西空港への補給金は、国土交通省の概算要求160億円の半分にも満たず、今年度の90億円をも下回る75億円となった。地元は巻き返しを図ったが、事業仕分けで示された関空、大阪(伊丹)、神戸の3空港併存問題の抜本策が示されるまでは「凍結」という結論は動かなかった。
 地元経済界や自治体でつくる関西3空港懇談会は今月14日、3空港の一元管理を提案して解決への姿勢を示した。だが国交省は抜本策の議論を来年6月に先送り。このため財務省は18日に「75億円」とする方針を決めた。
 これに対し、関西国際空港会社の村山敦相談役が民主党大阪府連との会合で「民主党政権が関西に与える最大の失望」と強く批判。府連幹部が前原誠司国交相に直談判したが、認められなかった。尾立源幸・府連代表代行は「力が足りず残念。今後、抜本策に取り組まねば」と話す。
 関空会社の福島伸一社長は25日の記者会見で「大変がっかりしている」と肩を落とした。160億円が認められれば来春から着陸料の大幅値下げに踏み切る計画だったが、「経営のこともある」と再検討する意向を示した。
 一方、大阪府の橋下徹知事は「3空港懇の意味のなさがはっきりした。(併存問題の解決のために)伊丹廃港を明確に示すべきだ」と述べた。


 補給金が要求した160億円どころか75億円しかもらえないのである。関空の業績はというと年間の営業収入が991億円(2008年度)しかないのに有利子負債は1兆1000億もある。2010年には26億円の赤字に転落するという。補給金がないと存続できない状況なのだ。そんな会社でも役員たちはみんなあきれるほど高給取りなのである。だからオレは笑ってしまうのである。

 関空の常勤役員7人のうち、官庁のOBは4人いる。その報酬総額は7000万円だ。たいして仕事があるとも思えず、会社のカネを経費として使うことしか能がないクソたちが一人1800万程度の報酬を得ているのだ。補助金の多くはこうして天下りの連中のために浪費されるのである。これで経営努力してると言えるのか。

 この事実を突っ込まれた福島伸一社長は、役員9人の報酬を来春まで5〜10%削減するとあわてて答えたが、それでも高給取りであることには変わりない。問題はそいつらが果たして必要なのかということだ。そんな寄生虫はみんなクビをきっても何も支障はないだろう。いったい何の仕事をしてるのか。そんな高給の価値があるのか。このままではただの天下りの受け皿になってるだけだとオレは思うのだ。

 この高給取りの役員どもはハイヤーで通勤しているという。関空から自宅までハイヤーで帰ればいったいいくらかかるのか。もちろんそのゼニも関空会社から出てるのである。そんな贅沢をしているクソどもに「経営危機」の意識はカケラもないだろう。そんなヤツらが経営改革なんてできるわけがない。関空幹部の頭の程度は住宅ローンが払えないといいながらパチンコにゼニを浪費してる馬鹿主婦と同じレベルなのだ。「民間企業」であることで逆にやりたい放題に乱脈経営し、幹部は意味もない出張にビジネスクラスでゼニを浪費してるのが関空会社なのである。

 12月24日、関西空港の旅客ターミナルビルの出国エリアに「KIXエアサイドアベニュー」という商業施設がオープンした。マッサージチェアやシャワー室を備え、子どもが遊べるキッズスペースもあるという。30分500円で過ごせるこの施設の利用者はたぶんほとんどないだろう。そんなところでうだうだしてるヒマがあれば早く移動しようと思うが旅行者である。もしも関空が「ハブ空港」として機能していて、国内線の乗り換えのために時間をつぶさないといけないのならばそういう施設は大いに価値がある。しかし関空の国内線は本数も少なく不便である。だからそんな施設を作っても無駄なのだ。乗り換え客なんてほとんどいないのである。そんな当然のこともわかってないのが関空の幹部なのである。

 本業がダメなのをこういう副業でなんとかできるはずがない。どうすれば本業の収入を増やせるか。旅客収入を増やせるかを考える方が大事じゃないのか。需要を作り出すにはどうすればいいか。旅行会社と組んでどういう商品を開発するのか。中国や台湾の富裕層をどんどん大阪に呼び込んでゼニを使ってもらうためにどんな努力をしているのか。大阪の人間にあの不便な関空をどうやって使わせようとしてるのか。オレはそれが知りたいのである。あんな辺境の地にありながら1時間400円もするぼったくり駐車料金を放置していて、長時間割引もわずかだから3日間駐めれば8000円もかかるのだ。もしも関空の駐車場をタダみたいに安くすれば「旅行期間中ずっとクルマを置いておこう」という人が増えるはずである。空港島に土地は腐るほど余ってるのだ。

 この経営下手な関空に、なんと伊丹や神戸も合わせて3空港の運営を任せて一元管理させればどうなるのか。オレはその効果を全く期待していないのである。他の空港も合わせてダメにしてしまうことは確実である。そんなことしなくていい。関空単独でなんとかゼニを稼げるようにするのが先決だろう。そのためにはとりあえずただの月給泥棒の天下りどもを一掃し、利用しやすいように駐車場料金を値引きし、ついでに用もないカップルもどんどん関空デートを楽しめるようにブームを作り出せばいいのである。往復800円もする連絡橋代が「安い!」と思ってもらえるような工夫をオレは期待してるのだ。どうやってあそこまで人間を引っ張ってくるのか。今の関空会社の幹部たちにはその発想が足りない。かといってすぐに「カジノ誘致」なんて言い出す橋下知事にもオレは期待していないのだが。


↑エンピツ投票ボタン。押せば続きが読めます。登録不要です。応援の投票ありがとうございます。←1位を目指しています! m(_ _)m      週刊アクセス庵もよろしく。   投票博物館

2009年12月25日(金) ネットブックって安くていいぜ!        ブログランキング投票ボタンです。いつも投票ありがとうございます。m(_ _)m 携帯用URL by Google Fan

どうかお読みになる前に投票ありがとうございます。←応援のクリックをお願いします! m(_ _)m 

  「おばさんの、ひとりごと」というブログで当日記が紹介されました。お料理の写真が食欲をそそる素敵なブログです。ぜひみなさまも訪問なさってください。きぬえさま、紹介ありがとうございました。 m(_ _)m


 遅ればせながら最近流行のネットブックを買った。といっても自分用にではなくて部活動で生徒たちが使うためものである。5年くらい前に購入したシャープのノートパソコンがもうかなりの低スペックで、生徒たちはその貧弱な性能に耐えかねてわざわざ自宅からパソコン持参したりしていてちょっとかわいそうだったからである。とりあえずネットで価格の相場を知るために検索してみた。【Amazonオリジナル】 MSI 10インチワイド液晶 Wind Ultra Light U100 Light ブラック 100U-LA-BK-Aのネットブックが29800円という激安価格で買えることがわかった。重量も1圓箸いΔ海箸之搬咾砲睚慷である。そのあたりが価格の下限であるということを確認した上で、いつも掘り出し物を発見できる北花田の上新アウトレットに立ち寄ることにした。

 北花田のアウトレット店では展示されたノートパソコンがすべて値札の10%引きとなっていて、その価格も12万が7万に値下げされてるものなどがあって「うわっ!どれもめちゃ安いやんけ!」とオレは狂喜したのである。年末商戦でノートパソコン以外のプリンタなども安くなっていてもうびっくりだった。

 並べてあった商品の中でまずオレが目をとめたのは東芝のダイナブックである。TOSHIBA dynabook UX/23JWH ネットブックPC PAUX23JNLWH スノーホワイトである。さっそく友人にメールを送って調べてもらったところ、カカクコムで36800円が最安値だという。目の前の値札は39800円の10%引きとなっている。ということはこれが最安値だ。アマゾンでは4万円以上しているという。キーボードもなかなか押しやすそうである。これはもう買うしかないなあと思ったのである。CPUはatomN280、HDDは160GBあるから全く問題ない。もちろんOSはXPである。

 しかし、他に並んでるヤツも確認しようと思っていろいろ見てみた。工人舎のネットブックでワンセグ搭載のやつがたった3万円である。うーん、これもなかなかいいじゃないか。しかし液晶画面があまりにも小さい。8インチくらいだろうか。これでは生徒たちは作業しづらいだろうなあ。やっぱり10インチが限界だろうと思って却下した。SOTEC改めONKYOのネットブックもあった。こっちはHDDではなくて40GBのSSD採用となったいた。軽くて便利なんだがHDDではない記憶装置にはちょっと不安がある。それも4万円と安かった。NECのネットブックもあったが5万以上している。いろいろと比べたがやはり最初に目をとめた東芝ダイナブックがよさそうだ。

 アマゾンで売られてるネットブックも安くて悪くないと思うのだが、工業製品に関してできるだけ日本のメーカーを支援するという日頃の日記上のオレのポリシーに照らし合わせればやはりここは東芝やNECやONKYO、工人舎といった日本製を買うべきだろう。そういうわけでオレはダイナブックを買うことにしたのである。それにしても実際に支払った35800円は激安だった。

 ネットブックによる価格破壊が起きたのはASUSが出した Eee PC の登場以降である。3万円台の低価格と、イーモバイルとの提携販売で100円PCを実現して安さをアピールしたわけだ。同じような機種が次々投入されたときに当初国内メーカーは静観していた。せっかく新品ノートパソコンにいろんな付加価値をつけて20万円以上はぼったくるという卑怯なビジネスを展開していたNECや東芝、SONY、富士通などのメーカーにとって、低価格パソコンに参入することは大幅に利益を減らすことに直結したからである。

 しかし、市場でネットブックがかなり売れているとなると、国内メーカーも無視できないようになって発売するようになった。価格的にはASUSやACERなどの海外メーカーにくらべてまだまだ高かったが、それでもこのジャンルに参入にしてきたことはやはり「ぼったくり路線」の終焉を悟っていたのだろう。

 オレがアウトレット店で見て気付いたように、いつのまにか国内メーカの価格は海外メーカー並に下がってきた。つまり、コストを削減すればもともとそこまで安くすることは可能だったのだ。これまで不当に高く売られてきたものが妥当な価格(もちろんHDDやメモリの価格低下という追い風はあったにせよ)まで下がってきたということなのである。これは大変喜ばしいことである。頑張ればここまで安くできるということなのだ。もちろん利益が減ってしまうメーカーには打撃かも知れないが。

 さて、自宅でそのダイナブックを少し使ってみての感想である。気になるのは画面の小ささである。ふだん使ってるノートパソコンの画面1280×1024を見慣れているオレにしてみれば、1024×600の画面は特にタテが寸足らずの印象がある。WEBページを閲覧してみてもすぐに下にスクロールしないといけないからである。しかし、慣れればなんでもないことである。またキーボードのレイアウトが少し違っていて、日本語入力のためによく使う「半角/全角キー」が最上段の左から2番目にある。これはちょっととまどう。

 しばらくWEBページを閲覧したり、メールを書いたりmixiに入ってサンシャイン牧場をやってみたりして動作をチェックしたが全く問題ない。YOUTUBEを見るのも重くはない。自分がふだんやってることはこのネットブックですべてカバーできることがわかったのである。わざわざフルサイズのノートPCを使う必要など全くないのだ。




 もちろん年配の方など、小さな画面では見にくいという人もいるだろう。しかしいつも持ち歩きたい、できるだけ安い方がいいと考える若者ならばこうしたネットブック一台を自分のメインPCとして購入してもいいのじゃないかとオレは思ったのである。街中で無線LANの使える場所も増えた。ファーストフード店の中には店内でネットできることをアピールしているところもある。ということはそこで飲食しながらネット株取引などできるわけだ。その一台でデイトレ三昧でゼニを稼ぎまくることも不可能ではないということになる。

 職場で調査書作成のためにデスクトップのキーボードで入力するオレはふと気付いた。 「やべえ、ノートパソコンばかり使っていたからフルサイズのキーボード使いにくいわ」もう完全に手がノートの小さいキーボードになじんでしまっていたのだった。

アマゾンで売られている主なネットブック
DELL 10.1インチワイド液晶(Edge to Edge)ネットブック C310X-J-RD Inspiron mini 10 Z520 WXGA レッド
MSI 10インチワイド液晶ネットブック Netbook U100Plus パッションレッド U100Plus-RD U100 Plus-RD
ONKYO minimumPC C1シリーズ C102B4
acer Aspireoneシリーズ ノートPC 10.1inch w OfficePersonal Intel Atom processor N270 1.60GHz 1GB 160GB:Red AOD150-BRDOM
富士通 モバイルパソコン FMV-BIBLO LOOX C/E50(ルビーレッド)[Office Personal 2007 (SP2)搭載] FMVLCE50R3
工人舎 モバイルPC KOHJINSHA PM1シリーズ AtomZ510 SSD16GB WinXP HomeSP3 ホワイト PM1WX16SA
ASUS Eee PC 901 main 1G SSD 16G 8.9インチ WHITE パールホワイト EEEPC901-WHI051X
ASUS EeePC MK90 8.9型ワイド プリンセスピンク EEEPCMK90H-PIN003


↑エンピツ投票ボタン。押せば続きが読めます。登録不要です。応援の投票ありがとうございます。←1位を目指しています! m(_ _)m      週刊アクセス庵もよろしく。   投票博物館

2009年12月24日(木) タダより安いものはない        ブログランキング投票ボタンです。いつも投票ありがとうございます。m(_ _)m 携帯用URL by Google Fan

どうかお読みになる前に投票ありがとうございます。←応援のクリックをお願いします! m(_ _)m 


 もしも公立高校と私立高校の学費が全く同じだったとしたら、私立高校に進学する人の方が多くなるだろう。授業料が高いというハンデを背負ってる私立高校は、その分を「より高度な教育」を提供することで付加価値を与えてくれるのである。このたび民主党のマニフェストにあったとおり、公立高校の学費が無料化され、私学に通う場合はその相当額が補助されることとなった。タダだから公立に入るかというと、その分安くなった私学も同じ条件である。これまでの公立と私学の関係に決定的な差は生まれないだろう。12万は国が出してくれるから安くなる・・・という理由で積極的に私立高校を選ぶ人もいるはずだ。

高校授業料、公立高生徒からは徴収せず…文科相
 政府は23日、来年度から公立高の生徒から授業料を徴収しないことを決めた。
 財務、文部科学両省が同日行った高校授業料実質無償化をめぐる折衝で合意されたものだ。私立高については、年収250万円未満の世帯に、公立高の授業料相当額の2倍の額を支給することも決まった。両省協議の決着後、川端文科相が記者会見して明らかにした。
 公立高については、所得制限を設けず、生徒1人当たりの授業料相当額(年11万8800円)を基準に地方自治体に授業料収入の相当額を支給し、生徒からの授業料徴収は行わないことになった。世帯が支給申請書を出す手続きを省いて事務費を減らす狙いがある。
 私立高の生徒には公立高の授業料相当額を支給するが、同額の2倍となる年23万7600円を支給する世帯の年収を、当初予定していた500万円未満から250万円未満に引き下げ、250万〜350万円未満の世帯への支給額を同1・5倍の17万8200円とした。
 概算要求の4501億円は、568億円減って3933億円となった。文科相は「厳しい財政で、私学の上乗せ分を圧縮せざるを得なかった」と説明した。(2009年12月23日21時03分 読売新聞)


 ここでオレが危惧するのは、生徒が退学した場合には授業料相当分は高校から国庫に返納されるのかという疑問である。入学試験の偏差値の低い一部の公立高校では、入学して一年のうちに2割くらいが退学してしまうところもあるという。その場合、国にちゃんとゼニは返還されるのだろうか。中途退学者が多いという状況は一部の私学にもあるだろう。経営難の学校の中にはそのゼニを着服してしまうありえないような事例が出るかも知れない。そんなことをオレは想像してしまうのである。

 学習意欲のある成績上位層の生徒にとっては今回導入される無償化は無条件に歓迎だろう。しかし、世間にはそういう生徒ばかりがいるとは限らない。全く勉強などする気がなく、それどころか引きこもってゲーム三昧で暮らしてるような者に対しても一律に国から授業料相当額が補助されるのだ。そうでないと著しく不公平だからである。「きみはやる気ないからナシね」とは言えないのである。やる気のある立派な生徒もやる気の全くないヘタレ野郎も平等に扱うのが民主主義の理念である。

 今ここに1000万円の資金があって、これを100人の生徒で分ければ一人10万円だ。しかし、生徒の取り分を一人9万円にすると100万円の余剰資金ができる。その100万を50万×2として、成績も良く学習意欲も十分な生徒の奨学金にしてやる方が意味があるとオレは思うのである。
 高校を「無償化」という方向から義務教育化を進めようとした場合、本当にやる気がなくて勉強したくない生徒はどうしたらいいのか。そういう生徒たちのために公金を支出することの意味はあるのだろうか。高校で受ける教育というのは価値あるものだ。その価値に対して対価を支払わないといけない。だから私学の授業料は高いわけだし、公立高校の授業料も決して安いとは言えないのである。人は高価なものだから大切にする。安いものやタダのものは粗末にするのである。街を走るベンツがピカピカで、古い国産車はろくに洗車もされずにほこりまみれなのはそういう理由である。タダで行ける公立高校が粗末にされそうなことをオレは危惧してしまうのだ。

 授業料を無料にした結果。ますます公立高校をやる気のない生徒が埋め尽くしそうな気がするのである。今、ちゃんと授業が成立してるのは一部の入学試験の偏差値の高い高校だけと言われているが「無料だからとりあえず」入学してきた学力の低い層が日本中の高校を埋め尽くすようになった時、高校はどうなってしまうのだろうかとオレは心配しているのだ。


↑エンピツ投票ボタン。押せば続きが読めます。登録不要です。応援の投票ありがとうございます。←1位を目指しています! m(_ _)m      週刊アクセス庵もよろしく。   投票博物館

2009年12月23日(水) 女子中学生の上履きを盗んだのは誰か?        ブログランキング投票ボタンです。いつも投票ありがとうございます。m(_ _)m 携帯用URL by Google Fan

どうかお読みになる前に投票ありがとうございます。←応援のクリックをお願いします! m(_ _)m 


 世の中には女性ではなくてその身につけたモノに対して異常な興味を示す変態がいる。いわゆる「○○フェチ」という人種である。昔ブルセラショップというものが存在し、そこでは女子高生の写真付きで使用済みのパンティなどが販売されていて、変態たちがそれを高価で購入するために女子高生が売りに来るという不思議な市場が形成されていたのである。安物のパンティを買ってはしばらくはいて、それから商品として売るというのが女子高生の小遣い稼ぎになっていたのだ。商品となるものは何でも売れるという資本主義社会ならではの現象だったと言えるだろう。性の商品化は文明の基盤であると岸田秀先生も著書の中で書いておられるわけで、ブルセラショップの存在は日本が性の先進国である一つの表れだったのかも知れない。

 さて、「パンティ好き」の次に多そうなのは「ブルマ好き」である。なぜブルマなのかというとやはりそれがパンティ同様に微妙な部分に関係するからだろう。しかし残念なことに日本中の学校からブルマはどんどん駆逐されつつある。オレはブルマが好きだ。それは変態的な興味からではなくて、それが女性の美しさを強調するからだと思っている。以前にオレはそのことを 「ブルマに関する一考察」という日記で書いたことがある。世の中の変態はブルマそのものが好きなのだが、オレはブルマによって美しくなる女性が好きなのである。昔観た「がんばっていきまっしょい」という映画の中の田中麗奈のブルマ姿はオレの宝物である。女性の脚線美をもっとも美しく表現できるのがブルマである。

 それ以外に想像できるのは「スクール水着フェチ」である。この3つ、つまり「パンティ」「ブルマ」「スクール水着」を3大フェチと呼ぶらしい。世の中にはそういう変態さんたち存在するのである。

 しかし、今回の変態はパンティでもブルマでもなかった。京都新聞のサイトの記事を引用しよう。

女子生徒のみ上履き74人分盗難 京田辺・田辺中、目的分からず
 21日午前8時10分ごろ、京田辺市興戸北鉾立の田辺中で、げた箱から上履きがなくなっているのを生徒が見つけた。学校が調べたところ、1〜3年の女子生徒の上履き74人分がなくなっており、田辺署に被害届を出した。同署は窃盗事件として調べている。
 田辺中によると、被害にあったのは校舎の入り口に設置された2カ所のげた箱。全生徒544人が使用する上履きの中から、まばらに抜き取られていた。げた箱には生徒名は記されていないが、女子生徒の上履きには赤色のラインが入っており、女子生徒だけが被害にあっていた。19日夕方まで異常はなかったという。山下芳一教頭(52)は「職員室の空き巣被害は耳にするが、こんなことは初めてで困惑している。何の目的で盗んだのか分からず、気持ち悪い」と話している。


 「何の目的で盗んだかわからず」とある。しかし、変態さんがこういうものを盗む目的はただ一つである。そんなこともわからないのかとオレは思うのだ。オレには上履きに鼻を近づけてクンクンしつつ興奮している変態野郎の姿が目に浮かぶ。そういうことのために盗んだのである。だからその変態野郎の部屋には上履きが大量に存在するはずだ。おそらくその上履きフェチの男(そんな女はいないだろう)はこれまでも目立たないように少しずつ盗んでいたに違いない。上履きフェチといのはかなりマニアックだが、決してないとはいえないような気がする。ただ、そのような嗜好を持つ人間の数はさほど多くないわけで、犯人を絞り込むのもさほど難しくないような気がする。上履きがなくなった事件の起きた学校をピックアップしていって、その現場の中心部付近に犯人の住居がある可能性が高いからだ。

 74人分の上履きはけっこうかさばる。クルマででもないと運べないだろう。背負って運ぶには相当な量である。誰にも目撃されなかったのは不思議だが、夜陰に紛れて犯行が行われたのだろう。部屋中に上履きを散乱させて狂喜してる犯人の部屋に警官が踏み込んで逮捕する場面をオレはついつい想像してしまうのである。

 今回の事件を記事にするにあたってオレが観ていた京都新聞のサイトにはもう一件、意味不明の事件が掲載されていた。火傷をされた被害者の方には申し訳ないのだが、こっちもまたマニアックな事件である。いったい犯人の意図は何なのか?

サンタ姿で会社襲い放火 埼玉・熊谷、社長が重傷
 21日午後6時40分ごろ、埼玉県熊谷市佐谷田、ビル清掃会社「サンアイ」事務所にサンタクロースの衣装を着た男が侵入、社長の新井正一さん(61)に催涙スプレーを吹き付けて顔を殴り、床にガソリンか灯油のような液体をまき火を付けて逃走した。
 県警熊谷署によると、鉄筋コンクリート3階建てのうち、サンアイが入居する2、3階部分の計約98平方メートルを焼き、新井さんは肋骨骨折、両脚やけどの重傷を負った。同署は放火と傷害の疑いで男の行方を追っている。
 同署によると、男は50歳ぐらい、身長160〜170センチの小太りで眼鏡を着用。上着やズボン、帽子や靴がサンタクロースの衣装だったという。新井さんは「男に面識はない」としている。
 事件当時、新井さんは1人で仕事中。男は無言で侵入、新井さんともみ合いになった後、ライターで火を付けたという。(共同通信)


 変装するためにわざわざサンタ姿になったのは、この時期ならサンタが一番目立たないと思った犯人の知恵である。もしもその格好で逃走していても少しも不審に思われないだろうし、そういう仮装の便利な点は「サンタ」という属性以外の情報がほとんど忘れられてしまうことである。しかし犯行そのものは相当に悪質だ。一つ間違うと殺人につながりかねない。今回の事件は「放火殺人未遂」としかオレには思えないからだ。強盗ではなくて怨恨関係という気がするので犯人はすぐにつかまるだろう。関係者をあたっていけばいいからである。もしかしたら解雇された男が逆恨みで犯行に及んだのかも知れないとオレは思っている。

 年末年始、いったいどんな変な事件がこれから起きるのだろう。不景気を反映してコンビニ強盗などが増えているというが、ゼニ目当ての犯行ならどうかゼニだけを持って行って人を傷つけないで欲しいということである。そんな事件に巻き込まれて命を落とすなんてばかばかしいし、たかがゼニのために殺されるなんてこともまたあまりにも馬鹿馬鹿しいのである。


↑エンピツ投票ボタン。押せば続きが読めます。登録不要です。応援の投票ありがとうございます。←1位を目指しています! m(_ _)m      週刊アクセス庵もよろしく。   投票博物館

2009年12月22日(火) ゼネコンはきちっと責任を果たせ!        ブログランキング投票ボタンです。いつも投票ありがとうございます。m(_ _)m 携帯用URL by Google Fan

どうかお読みになる前に投票ありがとうございます。←応援のクリックをお願いします! m(_ _)m 


 建設現場ではつり作業を行い「じん肺」になった元建設作業員が、元請けのゼネコンを訴える訴訟を起こした。長年にわたって粉じんを吸い込み続け、それが30年〜40年という長きにわたったことが原因であるという。読売新聞の記事を引用しよう。

「はつり作業でじん肺」5億円損賠求め提訴
 建設、解体現場でコンクリートを削る「はつり作業」で粉じんを吸い込み、じん肺になったとして、元建設作業員15人が21日、元請けの大手ゼネコン「竹中工務店」(大阪)や「大林組」(東京)など32社に計約5億円の損害賠償を求めて大阪地裁に提訴した。
 訴状によると、原告は56〜75歳。1960年代から2004年にかけ、大阪や兵庫、京都などのビルの建設、解体現場で、はつり作業に従事し、全員がじん肺の労災認定を受けた。
 原告側は「各社は、旧じん肺法が施行された60年頃には、はつり作業がじん肺の原因になると予見できたのに、防じんマスクを着用させるなどの義務を怠った」と主張している。
 提訴について、竹中工務店と大林組は「訴状が届いておらず、コメントできない」としている。(2009年12月21日23時32分 読売新聞)


 「防塵マスク」を着用する義務は労働者側にあったのか、あるいは元請けのゼネコンの側に着用させる義務があったのか。着用していると仕事にならなかったのか。まさかその解体の仕事を30年以上もするとは思わなかったのか。オレはこの記事からさまざまなことを考えた。ただ確かなことは、肺に重大な疾患を抱えて、働くどころか日常生活にも支障を来している方々が確かに存在するという事実である。少なくとも元請けのゼネコンにはその責任があるのではないか。今回の原告たちが所属していた企業はゼネコンの下請けや孫請けをする中小企業であり、賠償する能力もないのならば元請けが責任を負うべきなのか。元請けというのはその工事によって発生する経費の中でどの部分まで責任があるのか。もしも工事を請け負った下請けが手抜き工事を行って被害が生じた場合、元請けは責任があるのか。手抜き工事をするようなところに発注したことが悪いのか。

 奇しくも同じ日の読売新聞にはこんな記事もある。

防じんマスク十分に機能せず、50万個回収指示
 厚生労働省は21日、防じんマスク2製品について「排気弁が十分機能していない」として、約50万個の自主回収を輸入・製造会社2社に指示したと発表した。
 自主回収の対象は、スリーエムヘルスケア(東京都)が輸入・販売した「8822A―DS2―01」(輸入数44万8560個)と、重松製作所(同)が製造した「DR33L」(製造数5万4481個)。(2009年12月21日23時21分 読売新聞)


 その防塵マスク自体が欠陥品だったという。作業員たちはどうやって我が身を守ればいいのか。

 オレは建設業界の中のことはわからない。だが、今回の原告たちが全員労災認定を受けているということは、少なくとも「はつり作業」という労働が病気につながったことが客観的に立証されていることは確かで、それ以上の補償を求めて今回の提訴が起きたのだろう。果たして責任はどこにあるのか。元請けなのか、監督官庁なのか。

 もしもこの裁判で「我々の責任ではない」「補償の義務はない」とゼネコン側が突っぱねたとしたら、その時はその不人情な企業名を広く公表して欲しい。そんな利益優先の体質の企業は存在させてはならない。訴えられた企業の側の誠実さをオレは確認したいのである。

 建設現場で数十年間働いたということは。日本の高度成長を支えてきた人たちだったということである。その苦労に対し、高度成長の恩恵を被って豊かな暮らしを得てきた世代である我々は敬意を払わないといけない。このような裁判の時、オレはいつもそのように思うのである。仮に裁判で補償金を得られたとしても、じん肺によって損なわれた身体はもう元には戻らないのだが。


↑エンピツ投票ボタン。押せば続きが読めます。登録不要です。応援の投票ありがとうございます。←1位を目指しています! m(_ _)m      週刊アクセス庵もよろしく。   投票博物館

2009年12月21日(月) 灯油が安いとホッとするぜ!        ブログランキング投票ボタンです。いつも投票ありがとうございます。m(_ _)m 携帯用URL by Google Fan

どうかお読みになる前に投票ありがとうございます。←応援のクリックをお願いします! m(_ _)m 


 わが家の暖房器具のメインは石油ストーブである。2年前だったか、原油価格が高騰していたときには暖房費がかさんで困ったモノだが、幸い今年は落ち着いている。今のところ灯油は18リットル1080円で購入できているからだ。できればこのまま値上がりしないで冬を乗り切って欲しいと思っている。

 この灯油だが、オレが買うのは近所のセルフ式のガソリンスタンドである。エネオスのスタンドでいつも楽天カードで買うので、1%分の楽天ポイントが貯まる。たまった楽天ポイントを使って楽天市場でモノを買えるのでなかなか便利である。昔はエネオスカードを使っていたが、エネオスカードはポイント還元率が低下したので今はロードサービスを利用するためだけに保有しているに過ぎない。昔は利用すればするほどガソリン代の値引きがあったので重宝していたのだが、今は魅力を失ったのだ。いつまでロードサービスも付随するのかわからない。経費がかかるとなるとこういうサービスも切り捨てられるだろう。

 灯油を買うときは20Lのポリタンを2つ、スバルドミンゴに積んで買いに行くのだが、そこでオレは時々、自転車で灯油を買いに来ている他の客を見かける。自転車の荷台にポリタンを載せて、落ちないようにくくりつけているのだ。あんなに重たいものを大変だなあと思う。自転車で買いに来るなんてなかなかできないことである。近所の米屋に頼めば灯油は配達してくれるようだがきっとセルフスタンドほど安くはないだろう。ポリタンにはいつも灯油を限界まで入れる。22Lくらいは入るからだ。

さて、この灯油を使ったストーブなんだが、母の部屋にだけ昔ながらの石油ストーブが置かれている。上にヤカンを載せたりして使うからだがわが家に残る唯一のストーブで、残りはみんな石油ファンヒーターに置き換わっている。最近もダイニチ 家庭用石油ファンヒーター Sタイプ FW-325S-S プラチナシルバーを一台買ったが、1万円も出せば小型軽量のものが購入でき、スイッチを入れてすぐに点火する便利さが気に入っている。(ちなみに母の部屋の石油ストーブはかなり古くて、点火装置も壊れていていちいちライターで点火しないといけない。)

 古い日本家屋であるわが家は気密性が乏しい。昔は夏の暑さをしのぐためにこれでちょうどよかったのだが、今はこれは最大の欠点だ。クーラーは冷えないし、ストーブを炊いてもなかなか暖まらない。昔の建築だからおそらく断熱材もろくに入ってないのだろう。外壁工事をして断熱材をきっちりと入れればいいのだが、その経費が数百万かかることを思えば、灯油をがんがん買った方がマシかなということになり、その結果地球温暖化を促進する結果になっているのだ。

 暖房にかかるコストを比較すれば、エアコンの電気代やガスストーブなんかよりも灯油を使った石油ストーブやファンヒーターがもっとも安いらしい。(ファンヒーターは電気代もかかると思うのだがそのあたりはどうなのだろうか?)ただ、灯油の場合はクルマで買いに行くのが面倒であり、クルマを持たない家では灯油の配達される価格が高いために決して低コストとは言えなくなる。一日中ストーブを点けている北海道では巨大な灯油タンクが家に設置されていてそこからじゃんじゃん使える仕組みになってるという。

 できればこの冬は原油価格の暴騰なんてことが起きないで欲しいのだ。ストーブの灯油が買えなくて凍死するなんて痛ましい事故が起きて欲しくない。朝起きて服を着るまでの数分間のためだけに石油ファンヒーターを買ってしまった贅沢なオレは、家計を切りつめるために寒さを我慢しなければならない人たちのことを思うとなんだか申し訳ないのである。貧乏で灯油が買えずに凍死なんてニュースを見たくないのだ。

 寒い京都で過ごした学生時代、暖房器具はこたつがメインだった。電気ストーブはあったが電気代がかかるのであんまり使えず、部屋はいつも冷え切っていてこたつから離れられなかった。特に寒い日は、左京区の北のはじっこにある岩倉に住む連中はかなりの比率で欠席した。きっと積雪で下宿を出られなかったのだろう。もしもあの頃石油ストーブを持っていれば、自転車にポリタンを積んで灯油を買いに行ったかも知れない。そんなことをふと思ったのである。寒い京都で暮らすオレの教え子たちは、ちゃんと暖かい夜を過ごせているだろうかと。


↑エンピツ投票ボタン。押せば続きが読めます。登録不要です。応援の投票ありがとうございます。←1位を目指しています! m(_ _)m      週刊アクセス庵もよろしく。   投票博物館

2009年12月20日(日) 大阪は大型冷蔵庫になりました!        ブログランキング投票ボタンです。いつも投票ありがとうございます。m(_ _)m 携帯用URL by Google Fan

どうかお読みになる前に投票ありがとうございます。←応援のクリックをお願いします! m(_ _)m 


 地球温暖化が進んでると言われるがそれは間違いだ。実際の地球はめちゃんこ寒いのである。どこが温暖化なのかと思ってしまうぜ。それにしてもなんで急に寒くなったのか。オレは突如襲ってきた寒さに対処するために必死なのである。まず石油ファンヒーターを買ってきた。朝起きてから服を着るまでの寒さに対処するためである。たった40秒で着火するファンヒーターの熱風で身体をあたためつつ服を着てるのだ。

 妻はふとんではなくてこたつで寝ている。寒くてふとん+電気あんかでは耐えられないというのだ。電気毛布を使うという手もあるが、今のところこたつの方が温かいということでこたつで寝ている。確かにふとんで寝てると、明け方に寒さで目が覚めるのだ。体温でふとんが暖まるよりも、外気温でふとんが冷やされる方が強いのである。

 クルマに乗って温度計を見ると3度くらいである。その冷蔵庫のような寒気の中でオレはコートを着るまでもなく耐えているのである。温風が吹き出すまでには数分待たないと行けないからだ。

 日本にはなんで冬なんかがあるのだろうか。昔はもっと寒さに耐えられたはずなのである。年齢と共に身体が寒さに対する耐性を失ったのだろうか。オレはいつからこんなに寒さに弱い軟弱な身体になったのだろうか。

 ズボンの下にはくパッチは必需品である。これがないと絶対に寒さに耐えられない。そして部屋にいるときは綿入れの半纏を着ている。オレにとって半纏は冬の必須アイテムである。これがないととても寒さに耐えられないのである。

 オレにとってとても不思議なのは、こんな寒さの中で大胆にも美脚を露出させている女性たちなのである。どうしてあんなに短いスカートなのか。あれで寒くないのか。見ているだけで寒くなってくるのだ。男に生まれて良かったと思う瞬間である。しかし、女性の中にはオレのような寒がりの方もいるはずである。どうやって寒さを防いでるのだろうか。オレが小学生くらいの頃「毛糸のパンツ」という強力な防寒アイテムが存在し、クラスのほとんどの女の子がはいていた。どうしてそんなことがわかったのかという突っ込みはナシだ。今の女性たちも毛糸のパンツに代わるなんらかの強力防寒アイテムをスカートの中に隠してるのだろうか。もしかしたらカイロなんかを隠し持ってるのだろうか。

 ヒートテックなどの防寒下着は効果があるのだろうか。もしもそれが本当に役立つ防寒アイテムならばオレは迷わず買って今の寒さを少しでも緩和したいのである。

 オレがまだ幼い頃、わが家にあった暖房器具というのは火鉢だけだった。こたつが登場したときに妙に嬉しかったことを覚えている。冬はいつもこたつに入っていたっけ。大学生の頃もこたつが暖房器具のメインだった。どんなに部屋が寒くてもこたつに入っていれば大丈夫だったのだ。あの頃よりも今の方が寒さは厳しくないという。昔は雪が降って積もるのが毎年のことだったのに、今は雪を見ること自体が滅多にないほど暖かくなってるのに、オレの肉体の耐寒性能の衰えの方が早くて肉体が寒さに追いつけないのである。

 この大型冷蔵庫に迷い込んだとしか思えない寒さはいつになったら緩むのだろうか。オレが恐れるのは来年4月までずっと寒いと言う状況である。このまま冬に支配されてしまうことである。それを阻止するためにオレは必死で寒さと戦ってるのである。どちらかと言えばすぐに逃げ出す卑怯者なんだが。


↑エンピツ投票ボタン。押せば続きが読めます。登録不要です。応援の投票ありがとうございます。←1位を目指しています! m(_ _)m      週刊アクセス庵もよろしく。   投票博物館

2009年12月19日(土) 松井秀喜が阪神タイガースに来てくれたら・・・        ブログランキング投票ボタンです。いつも投票ありがとうございます。m(_ _)m 携帯用URL by Google Fan

どうかお読みになる前に投票ありがとうございます。←応援のクリックをお願いします! m(_ _)m 


 ワールドシリーズMVPの松井秀喜をヤンキースが引き留めなかったことにオレは驚いたが、エンジェルスが年俸半減で獲得したことにはもっと驚いたのである。5億8000万である。これでは安すぎるじゃないか!4年間で20億の城島と比較したら、松井は一年で10億でもおかしくない。それがこんなに安くエンジェルスに買われてしまったのである。なんとも悔しいのである。ただ今回は一年契約ということにオレは注目している。もしかしたら来季終了後に松井は日本球界復帰を考えてるのではないだろうか。

 松井は膝に故障があるので、人工芝の球場は避けたいという。そうなるとやはり甲子園球場を持つ阪神タイガースが有利だ。しかも年俸はかなり下がってるので、もしかしたら7億くらいで獲得できるかも知れない。そのくらいなら阪神球団にとって十分出せる範囲内の金額である。

 2005年以降阪神はリーグ優勝から遠ざかっている。その理由はやはり金本の衰えとその前後を固める打者がいないことに尽きる。今岡が2003年には首位打者、2005年には打点王と働いたことが優勝に貢献したわけだが、今年は金本の前後を打つ鳥谷も新井もイマイチだった。もしも城島・松井の二人が加わることになれば一気に打線の厚みが増すのである。

 こんなことをオレが書くと「ゼニで選手を集めやがって・・・」という批判が起きるだろう。その通りなのだから批判されても仕方がない。自前で選手を育てることができればそれに越したことはないからだ。しかし、今の阪神に「自前で選手を育てる」だけの余裕があるだろうか。いい素質の選手が芽が出ないまま終わり、他球団に移籍してから活躍するのが今の阪神なのである。広島に移籍した赤松を見ればよくわかるだろう。赤松にあんなに長打力があったなんて阪神時代は全く思わなかった。赤星が引退してしまった今、もしも赤松を放出していなかったら代わりが務まるのに・・・と思っても後の祭りである。新井を獲得して赤松をその代償に放出したことでなんだか損をしたような気分になるのはオレだけだろうか。

 選手を育てることのできない球団は、すでに完成した選手を獲得するしかないのである。悲しいけど、それが現実なのだ。選手を育てることが得意な球団は、その選手を他球団に売り飛ばすというビジネスモデルを確立すればいいのである。最近の阪神でよく育った選手といえば赤星、藤川、鳥谷くらいだろうか。他は推して知るべしである。ドラフト1位の藤川や鳥谷が活躍するのは当たり前であり、赤星は引退してしまう。そう考えるとやはり、阪神に「育成」ということを求めるのは困難なのである。

 オレが松井秀喜に期待するのはその勝負強さである。今年の阪神で一番サヨナラ打の多かったのは金本だった。金本一人の負担が大きすぎたのだ。そして金本も「オレが打って勝たないと」という気分でいつも戦ってきたはずだ。それだけ回りがふがいなかったからである。しかし松井が入ればその負担はかなり軽くなるだろう。自分が打たなければならないというプレッシャーから解放されることで金本はますます連続試合フル出場の記録を伸ばせるような気がする。

 松井秀喜よ、選手生活の最後はぜひ甲子園のスターとしてプレーしてくれ。そして巨人戦でガンガン打ちまくってくれ。オレは阪神が他のすべての球団に負け越しても巨人にだけは勝って欲しいといつも思っている。そのためにやはり、キミの力を借りたいのだ。キミが帰国して王貞治の持つ年間最多本塁打の記録を実力で破ってくれることを願っている。あの記録自体イカサマだ。後楽園球場という当時もっとも狭いと言われた球場で作られた記録などクソである。あの本塁打のうち100本くらいは今ならただの外野フライだろう。そんなまやかしの記録ではなく、真の強打者にしかなしえない本塁打記録を出して欲しいのである。どうせなら年間に60本くらいホームランを打って欲しいのである。そんなことを期待するオレはかなりの欲張りなのである。 


↑エンピツ投票ボタン。押せば続きが読めます。登録不要です。応援の投票ありがとうございます。←1位を目指しています! m(_ _)m      週刊アクセス庵もよろしく。   投票博物館

2009年12月18日(金) 「カジノ」なんか絶対作るなよボケ!        ブログランキング投票ボタンです。いつも投票ありがとうございます。m(_ _)m 携帯用URL by Google Fan

どうかお読みになる前に投票ありがとうございます。←応援のクリックをお願いします! m(_ _)m 


 ギャンブルで豊かになれると思ったら大間違いだ。ギャンブルは産業ではない。ただのバクチであり浪費である。何もそこから生み出さず、そこには消費しかないのである。日本にはパチンコという最大最悪のギャンブルがある。何も生産せず、多くの貧乏人からさらに搾取するシステムである。もしも日本中からパチンコ屋を撲滅できたら、生活保護受給世帯は3割くらい減るだろう。昼間からパチンコ屋で遊んでる生活保護受給者がどれほど多いことか。彼らの勤労意欲を奪い、さらに生活費も奪ってるのがパチンコ屋なのである。橋下知事も「カジノ設置」なんて馬鹿なことを言う前に、パチンコ屋を条例で規制してみればどうか。すぐに効果は生まれるはずである。いい大人なのに趣味がパチンコなんて連中はろくでもない無教養な連中である。そんな余った時間があれば本を読んだり映画を観たりして教養を深めることに使うべきだ。

 パチンコとカジノは基本的に同じ性格である。だからオレはカジノにも反対だ。産業といえばそんなことしか思いつけない田舎代議士の発想の貧困さにはあきれてしまうのである。

沖縄に「カジノを」 亀井静香金融相2009.12.16 14:19
 亀井静香金融相は16日、代表をつとめる国民新党の定例会見で、沖縄県の経済特区に「カジノを設ければいい」と述べた。
 沖縄県は普天間基地の移設問題を抱えているが、亀井金融相は「県民の立場に立った安全と騒音の問題が重要」と強調。カジノ建設の狙いは「基地で苦労している県民の所得をあげるため。ホテルも作り、子供連れも集まる一つのレジャーランドとすれば膨大な雇用を生む」と地域振興の意義を強調した。


 レジャーランドなど作らなくてもいい。沖縄には沖縄にしかないすばらしいものがたくさんある。それこそが観光資源なのである。カジノなんて日本のどこに作っても同じである。そんなものをわざわざ沖縄に作る必要など全くない。

 カジノなんてものを作って誰がその治安を守るのか。もしかして警察が暴力団の代わりにみかじめ料をとって用心棒を引き受けるのか。負けてもゼニを払わない客が居たらどう対処するのか。バクチで勝った客目当てに世界中の売春婦がやってきたらどうするのか。そんなものを誘致してもろくなことはないのである。

 沖縄に人を呼びたかったら、安い価格で定期便の飛行機を飛ばすことだ。たった1万円で大阪から那覇まで行けるとなればかなり客は増えるだろう。人さえ呼べばあとはなんとかなる。旅行というのはとりあえず見知らぬ土地へ行くことからはじまるのだ。今、関西空港から那覇空港まで飛ぶ正規料金は36400円もするのである。往復で7万を超えるのだ。なんて高いのかとオレはあきれる。もしも往復2万円くらいで行ける格安チケットを売ればかなり客を集めることができるだろう。往復運賃を安くあげたぶん、沖縄に着いてからたくさんゼニを使ってくれるに決まってる。

 みんな旅行の意味を勘違いしてる。沖縄に行って、ただぼーっとして数日過ごして帰ってくる、それでいいのである。沖縄の空気を呼吸し、沖縄のおっちゃんおばちゃんと会話し、名物の料理を食って、おみやげに「ちんすこう」を買って、それだけでいいのだ。飛行機で行くのをやめて、奄美大島に寄ったりして船で行くのもいい。ついでに与論島とか徳之島に立ち寄るのもいい。もちろん何にもないわけだが、何でもある方が変だ。都会と同じものをそんな田舎で求める方が間違ってる。

 石垣島や宮古島、ついでに与那国島なんてところまで行ってみるのもいいじゃないか。旅行というのはただそこに行くだけで価値があるのだ。景色を眺め、海を眺め、何もしないで一日中過ごすのも旅の醍醐味である。

 せっかく高速道路が1000円乗り放題になったのに、今の若者は昔と比べてあまり旅をしなくなったという。デートの定番だったドライブデートも、クルマを持たない若者が増えているのだ。昔は観光シーズンにはどこも超満員だったユースホステルも今は閑古鳥が泣いてるという。なんてことだ。クルマも買わず旅もせず、若者は引きこもってゲームをしたり携帯電話をいじったりしているのである。そんな風潮を打ち破るのに必要なものはカジノではない。そんなものを作っても来るのはろくでもない金持ちのおっさん、おばはんだけだ。沖縄にそんな連中がたくさん来るのはかえって有害だ。

 若者に旅行ブームが起きるように政府はもっと広報活動に力を入れないとだめなのである。旅が好きになった若者はほっといてもどんどん新たな旅をするだろう。沖縄にもたくさんやってくるだろう。若い頃に旅行が好きになれば、一生旅行をし続けるだろう。

 礼文島に桃岩荘ユースホステルという旅を愛する若者の聖地がある。そこに行けば、今の旅人に本当に必要なモノが何なのかわかるだろう。かつてオレもそこで多くのことを学び、馬鹿みたいに踊り、走り回ったものである。


↑エンピツ投票ボタン。押せば続きが読めます。登録不要です。応援の投票ありがとうございます。←1位を目指しています! m(_ _)m      週刊アクセス庵もよろしく。   投票博物館

2009年12月17日(木) 鴨川ホルモーを読んで京都大学に行こう!        ブログランキング投票ボタンです。いつも投票ありがとうございます。m(_ _)m 携帯用URL by Google Fan

どうかお読みになる前に投票ありがとうございます。←応援のクリックをお願いします! m(_ _)m 


 オレは京都大学が好きだ。文学部を志望する受験生だったオレは東大文靴任呂覆て迷わず京都大学文学部を選んだ。模擬試験の結果は東大京大どちらもA判定が出ていたが、東大文には文気篳賢兇貌れなかったものがやむなく選ぶというあきらめの悪さが感じられたのに対し、京都大学文学部は18歳にして人生そのものをあきらめるという潔さが感じられた。(このあたりはオレの全くの偏見であることをご容赦いただきたい)当時言われていた東大の序列は文機篳賢供篳賢で、京大は法>文>教育>ネコ>経済ということだった。京大文学部のクラスメイトで「浪人したのに経済なんて恥ずかしくて文学部にしましたよ!」と語ったスバル360に乗る男が居たくらいである。そういうわけでまじめな人生をあきらめて放蕩無頼に生きることを宣言していたオレにとっての選択肢は京都大学文学部だったのである。まさか教員というまじめな職業に就くとはその時は夢にも思わなかったのだ。

 だから京都大学を舞台にしているこの「鴨川ホルモー (角川文庫)」という本を読んだときに、その面白さにしびれたと同時に、そこで登場するいろんな場所に対するなつかしさがこみあげてきたのだ。そこにはオレが入ったことのある実在の喫茶店が登場する。もう一度行ってみたいと思うのは必然である。京都大学を舞台にした作品でこれほど面白いものがかつてあっただろうかとオレは読みながら狂喜したのである。この作品の面白さはその荒唐無稽さ、馬鹿馬鹿しさにある。そんなアホな!と思うような内容がこれでもかこれでもかと満載されたとてつもないストーリーなのである。

 ホルモーとはいったい何か?この本の題名を「鴨川ホルモン」と誤解する人が多いのも仕方がない。ホルモーなんて言葉は我々の日常には存在しないからだ。ホルモーとは何なのか。それをオレがここで書いてしまうと読む楽しみがなくなってしまう。だから敢えて説明ははぶくが、それはある団体競技である。京都に古くから続く謎の団体競技で、4大学対抗で争われるのである。千年の伝統を持つ謎の対戦型競技なのだ。

 抱腹絶倒のこの本を読み終えたとき、オレは思った。すべての京都大学関係者はこの「鴨川ホルモー (角川文庫)」を読むべきである。映画(すでにDVDになっている)を見るべきである。そして京都大学を志願する受験生は、できるだけ早く見てモチベーションを高めるべきだ。「鴨川ホルモー」を知ればどんな馬鹿野郎でも偏差値38の鈍才でも「なんとしても自分はこのすてきな大学に入りたい」と思うからだ。受験勉強に掛かる時間を思えば、中学生くらいのうちに読むべきかも知れない。しかし、中学生この本の面白さが完全にわかるとも思えないのである。

 鴨川ホルモーは、実にばかばかしいことをまじめに描写している作品である。その系譜をたどれば、あのモックンがまわしをしめた映画「シコふんじゃった」や、男子高校生がシンクロをやる「ウォーターボーイズ」に行き着くだろう。いわゆる「青春ドタバタ喜劇」に属する一作品である。笑いあり涙ありの世界が最後まで勢いよく読者を飽きさせないのである。そしてオレはそういう世界をこよなく愛するのだ。オレ自身がそれにあこがれてわざわざ大学のサイクリング部の日常を描いた 「イノコ」という小説を書いたくらいである。

 大学入試センター試験まであと1ヶ月を切った今になって、この本を紹介したところでもはや手遅れかも知れない。ただ、オレはこの本を読んだ受験生諸君が必ず「京都大学に進学したい!」と思うことを確信している。そんな本がこの鴨川ホルモー (角川文庫)である。すべての京都大学を目指す受験生諸君の健闘を祈る。ただどちらかというとオレの教えた受験生が一人でも多く京都大学に合格してくれればと思っている。

万城目学最新情報






↑エンピツ投票ボタン。押せば続きが読めます。登録不要です。応援の投票ありがとうございます。←1位を目指しています! m(_ _)m      週刊アクセス庵もよろしく。   投票博物館

2009年12月16日(水) シャブ中警部補、千葉県警に出現!        ブログランキング投票ボタンです。いつも投票ありがとうございます。m(_ _)m 携帯用URL by Google Fan

どうかお読みになる前に投票ありがとうございます。←応援のクリックをお願いします! m(_ _)m 


 薬物犯罪を取り締まるべき警察の側に薬物中毒者がいたとしてもオレはちっとも驚かない。もはや覚せい剤は国民的嗜好品になってるわけで、あらゆる階層や職業に広まってしまってるのである。小学生中学生のシャブ中もこれから出てくるだろうし、少なくともオレにはこれから減っていくとは思えないのだ。毎日新聞の記事を引用しよう。

覚せい剤:千葉県警警部補を所持容疑で逮捕 警視庁 2009年12月15日 21時32分 更新:12月15日 21時46分
 乗用車内で覚せい剤を隠し持っていたとして、警視庁組織犯罪対策5課と久松署は15日、千葉県警佐倉署の警部補、佐藤祐介容疑者(48)=我孫子市都部=を覚せい剤取締法違反(所持)容疑で逮捕した。佐藤容疑者は佐倉署刑事2課薬物銃器対策係に所属していた。組対5課は、覚せい剤の入手ルートや使用の有無を捜査する。
 逮捕容疑は、知人の女(43)=同法違反(使用)容疑で逮捕=と共謀し、9日午前0時ごろ、佐倉市井野の回転ずし店の駐車場に止めた女の乗用車内で覚せい剤若干量を所持した疑い。組対5課によると、佐藤容疑者は「逮捕された事実については分かりました」と供述しているという。
 久松署員が9日夜、東京都中央区内で女が運転する乗用車を止め、女の尿検査を実施。陽性反応が出たため緊急逮捕した。女が「佐倉市の駐車場で覚せい剤を注射した。佐藤容疑者と一緒にいた」と供述したことなどから、佐藤容疑者の容疑が固まったという。
 また警視庁は15日、佐藤容疑者の勤務先や自宅などを家宅捜索し、自宅から覚せい剤の計量器1台と新品の注射器1本を押収した。
 千葉県警の山本和毅警務部長は15日夜、記者会見で陳謝し「極めて遺憾。今後、警視庁の捜査状況を踏まえ事実関係を明らかにしたうえで厳正に対処する」とコメントを読み上げた。佐藤容疑者の勤務態度は普通で、これまでに問題となるような行動はなかったという。【町田徳丈、荻野公一】


 この「知人の女」というのがどうやら佐藤警部補のシャブ仲間と思われるが、薬物事犯を担当する警部補が覚せい剤を所持していたということから考えて、入手先はどうも捜査に関係していそうな気がするのである。あるいは捜査に手心を加える見返りにシャブの提供をさせていたなんてことになれば警察の面目丸つぶれである。ただオレは思うのだ。警察官だけじゃないと。あらゆる階層、階級に覚せい剤使用者は存在し、シャブ中になってる多くの人たちが居るわけだが、ある程度の収入があって常に入手可能な状況では通常の社会生活を営むことも可能なのかも知れない。入手できなくなって禁断症状が出て、犯罪に走るからそのときに使用が明らかになるのであり、バレずに法の網をくぐりぬけてる連中が多いのだ。一気に覚せい剤使用者を減らすにはどうしたらいいのか。

 オレは一つの案を持っている。それはたとえば2010年4月以降、覚せい剤の販売者の最高刑を死刑、使用者は必ず実刑にするという法律改正である。売るヤツがなかったら入手できなくなってシャブ中たちもお手上げだ。もちろん海外まで出向いて自分で買い付けようとする馬鹿も発生するだろう。海外のヤクザからすればいいカモである。ゼニだけ巻き上げられて挙げ句の果てに粗悪品を売りつけられ、乗り継ぎに使った北京の空港で所持がバレてそのまま死刑なんてことになってもそれは自業自得というものである。

 大阪の盛り場にはかなりの数の覚せい剤の売人がいる。こんなに公然と売られてるのにどうして警察は取り締まらないのかオレにはとても不思議なのだ。本気で取り締まろうとしてるとは思えないのである。アメリカ村や釜が崎に行けばいかにも怪しい人たちが指でサインを送ってくる。客のふりをしておとり捜査をすればいくらでも検挙できるはずだ。どうしてそうやってどんどん捕まえないのか。通勤時に警察官がシートベルト取り締まりや意味のない速度取り締まりをしてるのを見ると腹が立ってくる。そんなことに人員を割けるのならなんでもっとまじめに薬物事犯を取り締まらないのかと。 

 もしかしたら警察が覚せい剤を本気で取り締まらないのは、売り上げの何%かはお目こぼしをした警察側に還流してるせいではないのかとオレは想像してしまう。かつて警察内部の腐敗を告発した本があったが、今回のシャブ中警部補は警察の腐敗の実態について我々に明確に示してくれたのかも知れない。取り締まる側がこうなのだからいつまでも覚せい剤はなくならないのだと。


↑エンピツ投票ボタン。押せば続きが読めます。登録不要です。応援の投票ありがとうございます。←1位を目指しています! m(_ _)m      週刊アクセス庵もよろしく。   投票博物館

2009年12月15日(火) エコカー減税とクソカー補助        ブログランキング投票ボタンです。いつも投票ありがとうございます。m(_ _)m 携帯用URL by Google Fan

どうかお読みになる前に投票ありがとうございます。←応援のクリックをお願いします! m(_ _)m 


 そもそもGMやフォードといったアメリカのメーカーのクルマに「エコカー」と呼べるものが存在するのだろうか。企業努力を怠ってきた結果、日本や韓国、欧州のメーカーに完全に敗北して経営危機になったのは自己責任なのに、その責任を外に求めているのである。全く情けない連中である。オレはGMなんか地上から消滅させるべきだったと思っているし、アメリカから自動車メーカーがなくなってもそれが自然な成り行きだと思っている。「モノを生産して世界に輸出する」という正常な経済活動の発展はもはやアメリカには期待できないのである。今は一時的に持ち直したように見えても、将来アメリカはさらなるドル安に押しつぶされてただの貧乏国になってしまうだろう。

 オレが笑った読売新聞の記事である。

エコカー支援、「米車対象外は不公平」と米反発
 米通商代表部(USTR)が日本政府に対し、日本の環境対応車(エコカー)購入支援策について、「米国車が対象になっておらず不公平だとの不満が米自動車大手の間で強まっている」と、非公式に伝えていたことが14日、分かった。
 米国では自動車大手フォード・モーター、ゼネラル・モーターズ、クライスラーの3社が、日本車に極端に有利な制度だとして反発を強め、USTRに対し、日本に抗議し、制度変更を要請するよう求めている。
 日本のエコカー購入支援策は、一定の燃費水準を満たした新車を購入する場合などに最大25万円を補助する制度と減税がある。
 エコカー購入支援を利用して新規に購入する場合、日本車の約5割が対象になっているが、輸入車の対象は独メルセデス・ベンツなど数車種のみで、米国車はゼロだ。(2009年12月14日14時41分 読売新聞)


 アメリカで日本同様に政府による自動車の購入支援を行った結果、一番よく売れていたのはトヨタ車だったことを思い出せばいい。あの愚かなアメリカ人たちでさえもトヨタ車やホンダ車などを選ぶのである。まともな日本人がエコカー減税を利用してトヨタや日産やホンダの車を買うのはしごく当たり前の現象であり、全く疑問の余地はない。

 「米国車が対象になっておらず」とあるが、対象になるようなクルマがそもそも存在しない。ガス食い虫でしかないクソカーを作りながらそれが日本で売れると思ってる脳天気ぶりにオレはあきれるのだ。もっと謙虚になって自分たちの国の製品の欠陥を認めればどうか。米国のこの主張はまるでお見合いパーティーで美人から売れていくのに反発したブスが「わたしたちを選ばないのはおかしい!」と文句を垂れてるようなものである。あくまで買うかどうかを決めるのはユーザーの側であり、そこで選ばれないのは選ばれるような製品を作っていないからである。決して制度が悪いのではない。

 もしもアメリカ車を日本でもっと買って欲しいのならば、日本政府に圧力をかけるのではなくて、アメリカ自身がゼニを出して「エコカー減税」ではなくて「クソカー補助」という仕組みを作ってもらうしかない。これは燃費が悪くてどうしようもないいわゆる「クソカー」を購入すればアメリカ政府の補助が受けられるという制度である。我々の生産する車は日本車にくらべればただのクソです。だからそのクソにわざわざお金を出してくださる奇特な方々に少しでもゼニを払って還元したいし、これから余計なガソリン代がかかってしまうので少しでも負担を軽減させたい・・・などと謙虚に発言すればいいのだ。これをやればきっとアメ車は今以上に売れるだろう。今アメ車を買えば一台当たり50万円の補助金がアメリカ政府から支払われるということになれば、少しくらいは購入者が増加してくれるかも知れない。オバマさんよ、やってみればいいじゃないかこの「クソカー補助」という仕組みを。オレは別にアイデア料などいらないからそっくりこのプランをさしあげるよ。世界中でこの「クソカー補助」という仕組みを導入すればじきにGMは世界生産一位に返り咲けるはずだ。ただその補助金がどれだけ巨額になって、アメリカ政府の借金をどれだけ増やすことになるのかはオレには予想もつかないが。


↑エンピツ投票ボタン。押せば続きが読めます。登録不要です。応援の投票ありがとうございます。←1位を目指しています! m(_ _)m      週刊アクセス庵もよろしく。   投票博物館

2009年12月14日(月) タイガー・ウッズは反省などしなくていい        ブログランキング投票ボタンです。いつも投票ありがとうございます。m(_ _)m 携帯用URL by Google Fan

どうかお読みになる前に投票ありがとうございます。←応援のクリックをお願いします! m(_ _)m 


 交通事故を発端にして、タイガー・ウッズに多数の愛人が居たことが判明し、ついにタイガー・ウッズは無期限出場自粛という形で反省することになってしまったのである。しかしオレはどうにも腑に落ちないのだ。だって、彼の浮気相手というのはみんな合意の上での行為じゃないか。もしも彼がいやがる女性を無理やりに襲ったということならば、ゴルフの世界から永久追放されても仕方ないだろう。しかし、どちらかというと今回の事例は、大金持ちで人気があるタイガー・ウッズに女性が積極的にアタックしたような気がするし、逆にタイガーウッズが積極的であったとしても、有名スポーツ選手に派手な女性関係を繰り広げる方はけっこう多いわけで、愛人が2人ならOKで12人ならダメかというと数の問題ではないはずだ。

 動物の世界なら強いオスが群れのすべてのメスを支配することは全くおかしくない。ところが人間の世界は一夫一婦制というルールで強いオスにも弱いオスにも妻は一名と定められてるわけで、それはオレのように普通のオッサンにとってはありがたことだが、ウッズのようにゼニがあってカッコイイ男にとっては納得できないことかも知れないのである。おそらく今回の愛人騒動、世間の大多数の男たちは「モテる男はいいなあ。うらやましいぜ!」と思っているだろうし、怒ってるように見える一般人の女たちももしも自分がウッズに誘われたら「えっ、うそ!私が・・・まあどうしましょう。うーん困ったわ。もう好きにしていいわよ!」となりそうな気がするのである。

 ここで大切なことは、愛人が多いこととゴルフの間には全く何の関係もない。女にのめり込んでゴルフの成績が落ちるような2流のゴルファーとウッズは違うのである。ベッドの上では○○の○に○○を・・・なんてことを考えていても、グリーンの上ではただ球をあの穴に入れることだけを考えているわけで、切り替えはきっちりとできているのである。そのどこが問題なんだろうか。

 おそらく今回の騒動で、ウッズは妻に慰謝料を払ったり愛人たちに手切れ金を払わないといけなくなったりというふうに大変な目に遭うだろう。あれだけ収入が多いと、そうして払わされるゼニもまたかなりの金額になるだろう。金持ちほど浮気の代償は高くつくのである。また「妻を愛して家族を大切にする」というふうに語られていた部分が全くの虚像であったこともバレてしまい、CM降板や違約金の発生という形のダメージもかなり大きいと思われる。社会的制裁は十分に受けることになるわけで、そこらの男が浮気の時に払う代償とは比較にならないのだ。

 古典文学の世界では、光源氏が多くの女性と浮き名を流すからと言ってその人格が否定されるなんてことはない。むしろ逆である。それだけ多くの女性に愛されるということでなんと素敵な殿方であるかということになってしまうのだ。「伊勢物語」の在原業平もそうである。「好色一代男」の世之介もそうだ。物語の中ではヒーローなのに、なぜそういう人物が現実に登場すると世間はバッシングするのか。それはダブルスタンダードではないのか。「モテる男はすごい!」と素直に敬意を払うべきだとオレは思うのである。タイガー・ウッズのように稼ぎたくでも稼げず、そしてモデルや女優といった一流の女性にモテたくてもその可能性が皆無である世間の普通の男たちが「浮気はよくない!」と怒るのは単なるひがみ根性のように思えるのだ。そういう男たちに限って自分がイケメンでしかも大金持ちだったらきっと奔放に遊び回るに決まってるのである。

 タイガーウッズは反省してCMを降板し、ゴルフもしばらく休むと言ってるらしいがそれは間違いだ。ゴルフをやらないウッズはただのエロおやじである。世間にエロいおっさんは腐るほど居るが、エロいおっさんでもそれ以外に強烈な個性があれば、その個性が注目されるあまり「エロい」という欠点に世間は目をつぶってくれるのである。今ここにロリコンでアニメオタクの変態東大生がいるとしよう。「東大生なのにロリコンでアニオタ」というのはその人格の幅を感じさせるわけでむしろ褒め言葉になる。ところがFランクのお馬鹿大学生がロリコンでアニオタならば、世間は「ただの変態学生」のレッテルをはるだけだ。

 タイガー・ウッズという世界の頂点を極めたゴルファーがいた。ただ彼は不幸なことに人一倍性欲が強く、妻一人では満足できない男だった。そのために12人(もっと増えるかも知れない)もの愛人を作ってしまった。ただそれだけの事件である。オレはウッズにアドバイスしたい、今からでも遅くないからイスラム教に改宗すればどうだろうか。イスラム世界では男は妻を4人まで持てるらしい。12人ということはこの制限のわずか3倍であってどうってことないと思うのだ。改宗さえすればキリスト教世界に所属していた頃と比べてかなり罪が薄まるかも知れない。

 ネットに出てくるウッズの愛人たちの美貌を見ると、モテる男はうらやましいぜと正直に思ってしまうのである。本当は擁護なんてしてはいけないのだと思うが、オレはここでウッズを罵倒する言葉など思い浮かばないのである。それよりも応援してしまうのだ。世間の男たちの嫉妬に負けずに無事に復帰してくれよと思うのである。ゼニもなく、仕事もないのに女の稼ぎをあてにするニート野郎やヒモ野郎たちにくらべれば、ウッズははるかに立派だとオレは思うのだ。こういう考え方はおかしいだろうか?今回の騒動でウッズの人格を全否定するのならば教科書から「源氏物語」や「伊勢物語」も排除すべきだろう。ウッズは反省なんかしなくていいのだ。「14人、そんなに少なくないですよ。もっとたくさんいますよ!」と開き直って欲しいのである。ゴルフで稼いだゼニを多くの女たちやその子どもにばらまいていくなら、富の分散がはかられて貧富の格差是正にも役立つだろう。


↑エンピツ投票ボタン。押せば続きが読めます。登録不要です。応援の投票ありがとうございます。←1位を目指しています! m(_ _)m      週刊アクセス庵もよろしく。   投票博物館

2009年12月13日(日) 日本に生まれること、中国に生まれること        ブログランキング投票ボタンです。いつも投票ありがとうございます。m(_ _)m 携帯用URL by Google Fan

どうかお読みになる前に投票ありがとうございます。←応援のクリックをお願いします! m(_ _)m 


 人が生まれてくるときに親を選べないように、生まれる国や民族もまた選べない。生まれて来る子どもが日本人に生まれてくるか、中国に生まれるか、ウイグル自治区に生まれるかは全くわからないのである。現代中国でこのような悲劇が起きているという事実を知るとき、オレは2人の子の親としてなんともやりきれない気持ちになるのだ。あんなに豊かになったはずの中国で、未だにこんな悲劇が存在するのだから。

新型インフルの3歳児を遺棄か 中国、医療費払えず退院 2009年12月12日22時37分
 【北京=古谷浩一】11日付の北京青年報などによると、広東省広州市で9日、新型インフルエンザに感染して重症になっていた3歳の男の子が道路脇の側溝で遺体で見つかった。医療費の負担に耐えかねた両親が遺棄したとみられ、中国衛生省などが調査を始めた。
 報道によると、男の子は気管支炎などを併発して同市内の病院に入院していたが、6日深夜に両親が病院の反対を押し切って退院させていた。1万9307元(約25万円)の医療費に対し、両親は1万3100元(約17万円)しか支払っていなかった。同市衛生局は、医療費が負担できなかったための退院だったとみている。
 警察当局は両親から事情聴取を始めた。両親は退院後の3日間に何が起きたかについて、「知らない」との供述を繰り返しているという。
 中国では医療保険制度が不十分で、医療費の負担の重さが問題化しており、中国各紙も遺棄事件を大きく取り上げている。衛生省幹部は11日に北京で開かれた記者会見で、広東省に調査を求めたことを明らかにした。中国での新型インフルエンザによる死者は326人に上っている。


 医療費が25万円かかるとなれば、日本でもかなりの高額の負担である。物価が日本と全然違う中国でその金額なら、日本での200万、300万円に相当するだろうか。入院費が払えそうもないからと無理やり退院させ、数日後に死亡させた親たちをオレは責める気にはなれない。その高額の医療費を払い続けることは、自分たちがその支払いの借金を背負うことを意味するわけで、自分たちが夫婦が生きるためにはインフルエンザの我が子を見捨てる以外に方法はなかったのかも知れないのだ。

 もしもこの子が中国ではなく日本で、日本人の子として生まれていたら、インフルエンザで死ぬなんてことはなかっただろう。かかったとしても適切な治療を受けて快癒しただろう。ところがこの子は中国の一般家庭に生まれた。そして中国の医療費の水準は貧しい人間にはとても払いきれない金額だった。

 たまたまオレは日本人の子として生まれた。子どもの頃はしょっちゅう病気ばかりしていたそうだし、大人になってからも3度入院している。もしも自分が日本以外の国、いわゆる発展途上国に生まれてきていたら、同じ病気でももしかしたら死んでたかも知れないのだ。それを思うと、人が生まれてくることの意味を考えてしまうのである。自分が日本人であることを幸福だと思うならば、それと同時に世界のさまざまな恵まれない環境の中で苦しむ人たちのことに思いを馳せるべきではないのか。

 医療保険制度の不十分な中国では高額医療費が払えない人が多く、そのために満足な治療が受けられずに多くの命が失われる。では日本は医療保険制度が機能してるのかというと、不正請求して捕まる医師が毎年後を絶たない。両者の問題点は大きく異なっているが、真に医療を必要とする人のところにそれが届かないという点では同じかも知れない。


↑エンピツ投票ボタン。押せば続きが読めます。登録不要です。応援の投票ありがとうございます。←1位を目指しています! m(_ _)m      週刊アクセス庵もよろしく。   投票博物館

2009年12月12日(土) 府立高校では教室で大麻売ってます!        ブログランキング投票ボタンです。いつも投票ありがとうございます。m(_ _)m 携帯用URL by Google Fan

どうかお読みになる前に投票ありがとうございます。←応援のクリックをお願いします! m(_ _)m 


 最近は何が起きてもあんまり驚かなくなったオレだが、大阪でこんなことが日常なのかと思うとちょっとあきれてしまうのである。産経新聞の記事を引用しよう。

昼休みの教室で大麻譲り渡し 容疑の高校生逮捕 大阪府警 2009.12.11 21:51
このニュースのトピックス:ドラッグ
 高校の教室内で昼休みに大麻を譲り渡したとして、大阪府警少年課と泉南署は11日、大麻取締法違反(譲り渡し)の疑いで、府南部の府立高校3年の男子生徒(17)を逮捕したと発表した。府警によると、男子生徒は容疑を認め「お金は後でもらう予定だった」と供述しているという。
 この高校では同法違反(所持)容疑で別の男子生徒2人が逮捕されていた。府警は、今回逮捕した男子生徒が日常的に大麻を校内に持ち込み、他の生徒に売りさばいていた疑いがあるとみて自宅を捜索。入手経路などを調べている。
 逮捕容疑は11月6、9の両日、同じクラスの友人の男子生徒(18)=家裁送致=に「ウィード(大麻の別名)があるけど欲しいか」と持ちかけ、ポリ袋に入った乾燥大麻0.64グラムと0.45グラムを計9千円で売ったとしている。2回ともクラスの教室内で他の生徒がいる昼休み中に受け渡しをしていたという。
 府警は11月、男子生徒2人が校舎内のトイレで大麻のようなものを吸っていたと学校側から通報を受け、自宅の勉強机から少量の乾燥大麻を押収し2人を逮捕。「大麻はクラスメートからもらった」との供述を得て裏付けを進めていた。


 教室で他の生徒が見ている前で堂々と大麻を売買していたのである。それを見ている生徒はなんとも思わなかったのだろうか。それともクラスの全員が客なので逆にみんなで秘密がバレないように口裏を合わせていたのか。

 もう一つオレが驚くのは、その大麻を9000円で買っていたという事実である。9000円は大金だ。オレが高校生の時、そんな大金はおいそれと出せる金額ではなかった。それをたかが大麻のために出せるということは、今の高校生の金銭感覚はどうなってるのだろうか。バイトをしてもそれだけ稼ぐにはかなり働かないと行けないはずである。時給800円で11時間以上働かないと手に入らない金額だ。それを大麻のために使えるのが今の高校生なんだろうか。オレにはすごく不思議なのである。

 大麻は害がないとか、習慣性が低いからタバコよりもマシだなどということを主張される方々もいる。そしてオレはもちろんのことだが一度も大麻を吸ったことがない。タバコも吸わない。すると必ず「大麻を吸ったことのないおまえに大麻のことをとやかく言われたくない!」と言われそうである。しかし、そんなことを言う方は大麻を吸ったことがあって、その上で「タバコよりもマシ」と語るのだろうか。どっちもわからないオレは少なくともどっちも規制すべきであると思ってるし、いちおう日本の法律が許すタバコと違って日本の法律が許可していない大麻を吸うことは、法治国家てある日本に対する挑戦のような気がするのである。まあ吸ってる方々はそんな大義名分などどうでもよくて自分自身の快楽しか考えていないのかも知れないけど。

 教室で大麻を売買していたこの生徒たちにはどんな処分が下るのだろうか。学校としては停学や退学という処分があるだろう。やっぱり日本の裁判所は執行猶予をつけるのだろうかとオレは思ったのである。おっと、少年だから保護観察か。


↑エンピツ投票ボタン。押せば続きが読めます。登録不要です。応援の投票ありがとうございます。←1位を目指しています! m(_ _)m      週刊アクセス庵もよろしく。   投票博物館

2009年12月11日(金) 祇園の女子高生ホステス逮捕される!        ブログランキング投票ボタンです。いつも投票ありがとうございます。m(_ _)m 携帯用URL by Google Fan

どうかお読みになる前に投票ありがとうございます。←応援のクリックをお願いします! m(_ _)m 


 女子高生のバイトと言えば、コンビニやマクドナルドなどを思いつくのだが、まさか祇園のホステスが務まるとはオレには思えなかったのである。それだけこの女子高生が大人だったのか、あるいは祇園のホステスさんのレベルが下がったのか。祇園の高級クラブになど行ったことのないオレには全く未知の世界なのである。

姉の住基カード入手し、ホステス勤務 容疑の高校生逮捕 2009年12月10日22時12分
 京都府警は10日、19歳の姉になりすまして住民基本台帳カードを不正に入手したとして、京都市内の女子高生(当時17)を有印私文書偽造・同行使の疑いで9月に逮捕したことを明らかにした。捜査関係者によると、風俗営業法で18歳以上でないと働けない京都・祇園のクラブにカードを提示し、ホステスとして数カ月間働いていたという。
 府警などによると、女子高生は昨年12月、住基カードの交付申請書に姉の名前や生年月日などを記入し、自分の写真を張って区役所に提出。自宅に送られた「交付通知書兼照会書」を区役所に持って行き、姉名義の住基カードを受け取った疑いがある。
 捜査関係者によると、女子高生は年齢確認用にカードをクラブに示していた。女子高生は同容疑で京都地検に送検され、その後、家裁に送致された。
 京都市の担当者は「同居している同じくらいの世代の人物になりすまされたら、住基カードの不正取得を防ぐのは難しい」と話している。


 身分証明書として運転免許証などを使おうとしても偽造が難しいわけだが、もしも兄弟姉妹で顔が似てる場合は、堂々と兄や姉の写真が貼られた身分証を提示して「自分のモノです」とやられてもわからないような気がする。幸いオレの兄弟はみんな違う顔をしてるのでそんなごまかしはできないが、世間には案外そういうなりすまし兄弟姉妹がいそうな気がするのである。たとえば紛失したと言って免許証を再発行してもらって、それを双子で使ってるとかいうパターンだ。

 住基カードが就職時の身分証明に使えるということは、オレはこの記事ではじめて知ったのだが、もちろんこのような記事を読んで模倣犯が次々と出ることも予想される。今のところ「打つ手なし」だろう。17歳のホステスを雇っていれば店も検挙されるわけだが、店側が「ちゃんと19歳という身分証明書の提示を受けました」と主張した場合、店に落ち度はないだろう。同様にこの年齢詐称女子高生が成人男性と淫らな行為を行った場合、その男性の行為を「青少年保護育成条例違反(淫行の禁止」」で処罰するのも困難な気がするのである。「ちゃんと身分証を提示させて、18歳以上と確かめました」と男性が主張したら果たして罪に問えるのだろうか?

 女子高生が数ヶ月働いていたこのクラブに来ていた客は、そのホステスの正体が女子高生であったことに気がついたのだろうか。それともうまくごかませていたのだろうか。こういう事件が起きると「最近の女子高生は堕落した」などと思う方がいるかも知れない。しかし、それは偏った見解であり「最近のホステスさんは昼間は勉強している」というとらえ方も可能である。女子高生の援助交際も発想を転換すれば、売春を生業とする女性がわざわざ高校で勉強しているというとらえ方もできるわけだ。

 17歳にして祇園のクラブで務め、おっさんたちの実態を知ったこの女性が祇園に復帰して売れっ子になればいずれ本を出すかも知れない。「わたし、17歳から祇園の女です!」などというタイトルをつけるのだろうか。いやはや、若いというのはうらやましいのである。無限の可能性が広がってるのだから。どんな事情があったのかはわからないが、少しでも高収入の得られるところで働きたいという気持ち自体は責められるものではない。そしてこの女子高生が普通のお仕事に魅力を感じなかったことは、彼女自身の責任ではないのだ。


↑エンピツ投票ボタン。押せば続きが読めます。登録不要です。応援の投票ありがとうございます。←1位を目指しています! m(_ _)m      週刊アクセス庵もよろしく。   投票博物館

2009年12月10日(木) 感動をありがとう赤星憲広選手!        ブログランキング投票ボタンです。いつも投票ありがとうございます。m(_ _)m 携帯用URL by Google Fan

どうかお読みになる前に投票ありがとうございます。←応援のクリックをお願いします! m(_ _)m 


 オレは物心ついたときからのコテコテの阪神ファンなんだが、今のタイガースの選手の中で誰が一番好きかと聞かれたら迷わず赤星選手だと答えることにしている。昔は江夏だったり、掛布だったりしたが赤星が入団してからはずっと赤星である。その理由はやはり、小さな身体で必死に頑張ってる姿が伝わってきたからである。しかし、故障やケガを克服して彼が頑張り続けるその勇姿を観ることももうできなくなってしまう。33歳という若さで彼が引退してしまうからである。

 日刊スポーツの記事を引用しよう。

阪神赤星が引退、脊髄損傷の回復困難で
 阪神赤星憲広外野手(33)が9日、兵庫・西宮市内のホテルで会見を開き、現役引退を発表した。9月12日横浜戦で負傷した「中心性脊髄(せきずい)損傷」からの回復が難しく、100%のプレーができないと判断。事実上のドクターストップで、9年間のプロ野球人生に幕を閉じた。
 赤星は会見で「今度やったら不随になるかもしれないし、最悪命を落とすかもしれない。ファンの人に喜んでもらえるプレーができないなら、野球を続けるのは無理。引退する気持ちを固めました」と話した。
 01年にドラフト4位で入団した赤星は、1年目から5年連続で盗塁王に輝いた。しかし今季は故障もあって91試合の出場にとどまった。 [2009年12月9日22時17分]


 ある選手が活躍できるか否かを決めるのは本人の努力次第である。しかし、それだけではないのだ。プロ野球にはさまざまな偶然が存在し、それが実力以上に選手の運命を左右する。関西大学の4番バッターとして大学選手権でも活躍した難波昭二郎が巨人軍に入団したとき、同じ3塁手だった長嶋茂雄がもしも入団していなかったらどうなっただろうか。もしかしたら難波が巨人の4番打者になっていたかも知れない。

 赤星が入団したのと入れ替わりに阪神のセンターを守っていた新庄剛志がFA宣言してタイガースを離れた。もしも新庄がそのまま阪神に残ってれば赤星はセンターの定位置を奪うことはなく、試合出場が少なかったら当然ながら新人王と盗塁王を同時に獲得することもなかっただろう。たぐいまれなる足の速さを持ちながらも、代走や守備固めでしか出場機会を与えられずにそのまま球界を去った多くの選手がいた。その一人になっていたかも知れなかったのだ。広島からトレードされた福地、そして阪神から広島に移籍した赤松の活躍を思うと「試合に出られるかどうか」がいかに重要であるかがよくわかる。

 かつての暗黒時代の阪神タイガースと言えば、打てない走れない守れないだった。阪神部屋と呼ばれるほどベテランの肥満選手が多く、盗塁などで足を絡めて機動力野球をするなんてことは全く期待できず、外人の一発に頼るもののその外人がことごとくはずれという状況だった。だからオレは赤星の活躍を観て「これで阪神の野球は変わる!」と期待したものである。赤星が出塁しては走りまくるその姿はすべての阪神ファンを魅了した。そしてオレは、いつか福本豊の持つシーズン106盗塁の記録を破ってくれないかとひそかに期待したものである。きっとオレ以外の阪神ファンも同様の夢を持っていたはずだ。

 2003年、2005年のリーグ優勝に赤星の力は不可欠だったとオレは思っている。彼が出塁して盗塁したから主軸の打点につながったのである。主力の誰が欠けても優勝は難しかっただろう。しかしもっとも優勝に貢献したのは赤星だったとオレは今でも思っている。

 「脊髄損傷」と診断された以上、野球のような激しいスポーツは命に関わってしまうわけで、引退を決めたこと自体は最良の選択だったとオレは思うのである。そのプレイを観られないことは淋しいが、傷ついた身体で戦う痛々しい姿を見るのも忍びない。9年間でもう十分に阪神に貢献してくれた。たくさんの感動を与えてくれた。それで十分じゃないか。これ以上、一人の阪神ファンとしてオレは何を望めるだろうか。

 赤星選手の甲子園での戦いは終わったわけだが、人生はまだまだこれからである。盗塁数だけの車いすを贈るという形で社会貢献を果たしてきた彼が、これから社会とどんな関わり方をしていくのか。それを一ファンとしてオレは見守っていたいのである。


↑エンピツ投票ボタン。押せば続きが読めます。登録不要です。応援の投票ありがとうございます。←1位を目指しています! m(_ _)m      週刊アクセス庵もよろしく。   投票博物館

2009年12月09日(水) そもそも日米安保っていったいなんだ?        ブログランキング投票ボタンです。いつも投票ありがとうございます。m(_ _)m 携帯用URL by Google Fan

どうかお読みになる前に投票ありがとうございます。←応援のクリックをお願いします! m(_ _)m 


 普天間基地の移設問題がなかなか決着しないので、アメリカ側の木っ端役人どもが日本に向けて「日米安保に修復不能な深刻な影響・・・」などとほざいて岡田外相を揺さぶってるようだが、オレは一言「あほか!」と言いたい。そもそも日米安保条約っていったい何なのかわかってるのか。これは100%米国人による米国人のための条約なのである。アメリカの安全保障のために、もしも中国や北朝鮮から攻められたらそのときは日本人がみんな盾になって死んでくださいよ。そのために攻撃目標用の基地を設置しますからという性格なのである。そんな本質的ことも知らずになんでみんなこんなクソみたいなモノを守ろうとするのか。オレにはちゃんちゃらおかしいのである。「日本を捨て石にして米国安全を保障するための条約」という名前の意味をきちっと理解し、今すぐにこんなものは廃棄すべきなのだ。

 「そもそも深刻な影響」っていったい何だ?気分を害した米兵が街に出て日本人女性を襲うとかいうことか?そんなことずっと前からそうじゃないか。昔から米兵はならず者の集団だし、沖縄では多くの女性が強姦されたり殺されたりしてきたし、連中が日本を守る軍隊であったことなど駐留を開始してから一度もなかった。ずっと連中は日本人に被害を与えるクソどもだったわけだ。それを日本は「思いやり予算」とかで優遇してきたのである。ふざけるなとオレは怒ってるのだ。

 朝日新聞にはこんな記事がある。

日米普天間協議中断へ 決着先送りなら米「合意壊れる」2009年12月9日3時9分
 岡田克也外相は8日、米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)の移設問題を協議する日米閣僚級の作業部会が、当面中断されるとの考えを示した。4日に開かれた前回の作業部会では米側が、このままでは日米首脳が11月に合意した同盟深化のための「協議のプロセス」が進まなくなるとの懸念を表明。普天間問題の影響が日米関係全体に広がり始めた。
 作業部会は、普天間問題の解決策を探るため、11月中旬にスタート。同県名護市辺野古への移設という現行計画に至った経緯の検証が目的で、4日に2回目が開かれた。米側は作業を通じて、早期に辺野古移設を容認するよう日本側に求め、結論を先送りする姿勢の日本側に反発を強めていた。
 岡田外相は8日の会見で、「今後どうなるかは様子を見ないとわからない。日本政府がどういう考え方でやっていこうとするのか、方向性が出た上で議論すべきだと思う」と述べ、米側との対話は当面困難との見方だ。「しっかり対応しないと、日米双方に深刻な信頼関係の喪失を招きかねない」とも述べた。
 関係者によると、ルース駐日米国大使ら米側は4日の作業部会で、「普天間がこのままなら、日米合意が壊れる。日米安保改定50周年にも差し障りがある」と表明していた。
 2006年に日米が合意した米軍再編のロードマップ(行程表)全体が白紙に戻りかねないとの認識だ。ロードマップには、14年までの普天間飛行場の辺野古移設のほか▽米海兵隊8千人とその家族9千人のグアム移住▽沖縄本島中南部の米軍基地の多くを返還する――などが盛り込まれている。
 「新しい協議のプロセス」は、50周年の来年に向けて、今後1年かけて経済、環境など幅広い分野の協力を話し合う構想で、11月の日米首脳会談の主要な成果とされていた。


 そして読売は協議の中止を伝える。

普天間、日米作業部会が停止…結論なく終了も
12月8日22時48分配信 読売新聞
 沖縄の米軍普天間飛行場の移設問題で、政府は、移設先をめぐる検証機関として日米間に設置した外務・防衛当局の閣僚級作業部会の協議を停止した。
 岡田外相が8日の記者会見で発表した。米側は、来年の日米安全保障条約改定50周年に向けて「日米同盟の深化」を目指す協議についても延期を日本側に通告したばかりだが、普天間協議の停止まで決まったことは、両政府間の亀裂が一段と深まったことを示すといえそうだ。
 外相は普天間作業部会が停止となった理由について、「連立の話や先送り論、ほかに(新しい移設先を)探す話も出てきた。それらは作業部会を超える話だ」と説明した。そのうえで、「政府内の議論の結果、方向性が出れば、作業部会の問題でなくなるかもしれない」と述べ、そのまま終了する可能性にも言及した。
 作業部会は、過去の自民党政権のもとでの日米協議で、沖縄県名護市の米軍キャンプ・シュワブ沿岸部に代替施設を建設する現行案に決まった経緯を検証する目的で、先月17日に発足した。これまで外相と北沢防衛相が出席した閣僚級協議が東京で2回開かれ、事務レベル協議が東京とワシントンで行われた。外相は、米軍嘉手納基地への「統合案」が過去に何度か浮上して消えた経緯も検証したいとしていた。
 しかし、鳩山首相が現行案以外の移設先の検討を外相らに指示し、結論先送りの方針を示したことに米側が強く反発。作業部会の次回日程が決められない状態となった。
 首相は8日午後、2日連続で平野官房長官、岡田外相、北沢防衛相、前原沖縄相と首相官邸で会談し、普天間の対処方針に関する詰めの協議を行った。首相は記者団に、「かなり詰まってきている。議論がまだ必要なところがある」と述べた。外相は「議論の方向性はだいたい一致しているが、連立している(社民、国民新)両党も、米国も納得する答えを見つけないといけない」と述べた。首相と防衛相が海外出張から帰国後、11日にも再度協議する予定だ。
 外相は8日、「日米同盟の深化」の安保協議について、「(始める)状況にないと自覚している。普天間問題を解決せずに、同盟のあり方の議論に入る気持ちには、私自身がなれない」と述べた。普天間問題の混乱が協議の先送りにつながったことを認めたものだ。


 そもそも辺野古に空港を造りたいのは実は米軍ではない。その工事を受注することになってるゼネコンの連中と、その利権に絡んだ田舎議員どもである。日本全国で見られたイナカモンドリームの悪しき一例に過ぎない。米軍はもともとその部隊はグアムに移転させる予定でいて、それを「こっちに施設を造るからどうか残ってください」というのが真相らしいのである。だからそもそも出発点からして違ってるのだ。辺野古に滑走路やヘリポートなど造ってもらわなくてもいいのだが、日本という忠犬ポチがどれだけ無理難題に応えて税金を浪費してくれるかどうかを試してるだけなのである。そのことが見えていない岡田外相はよほどまっすぐな考え方の方なんだろう。そんなことでは魑魅魍魎の棲む外交の世界ではやっていけないぜ。

 今度アメリカの木っ端役人どもが遠回しの言い方で恫喝してきたら逆に「それはいったいどういう意味だ?ちゃんと説明しろこのクソ野郎!」と罵倒して、その思い上がった連中に恥をかかせてやればいいのだ。これ以上舐められてたまるかなのである。

 アメリカはアフガニスタンの問題が一段落したら今度はイランと戦争をおっぱじめるだろう。オレにはそんな気がしてならない。このような腐った国は世界から葬り去らないとダメだ。サブプライムローンがらみの詐欺みたいな金融商品を世界に売ったことに対してアメリカは何一つ国家として責任を取っていないじゃないか。少なくとも外国の投資家が保有する分の証券類や金融商品に関しては国家として保証すべきだったのである。それをしないで踏み倒したアメリカの政策は歴史的な大犯罪である。日本はこんなクソみたいな国からちゃんと距離を取るべきだ。その第一歩が沖縄の基地縮小なのである。普天間基地の廃止である。「移設」じゃなくて「廃止」だと本音を明かして提案すべきだったのだ。

 オレはアメリカによるフセイン追放とイラク建国は、満州事変と本質的に変わらないものだったと思っている。あの時来日したリットン調査団のように、日本もイラクに調査団を送り込んでみたらどうだ。きっと多くの、アメリカにとって不利な事実が明らかになるだろう。もっとも公表されたくないことがあれば、調査団は自作自演の自爆テロで消されちゃいそうだが。アメリカの本質が日本人には想像もつかないような陰謀国家であったことを忘れてはならない。

 日米安保条約はクソである。冷戦構造が崩壊してその本質的な意味を失った今、この条約の存在は巨大な軍需利権をアシストするためだけに必要なのである。このあまりに見え透いた馬鹿馬鹿しさに接していると、オレは日本国民であることが悲しくなるのである。


↑エンピツ投票ボタン。押せば続きが読めます。登録不要です。応援の投票ありがとうございます。←1位を目指しています! m(_ _)m      週刊アクセス庵もよろしく。   投票博物館

2009年12月08日(火) 2万8000件のカラ予約をホテルに入れた男        ブログランキング投票ボタンです。いつも投票ありがとうございます。m(_ _)m 携帯用URL by Google Fan

どうかお読みになる前に投票ありがとうございます。←応援のクリックをお願いします! m(_ _)m 


 予約した客がやってこないことを業界用語で「No Show」と呼ぶそうである。「姿を見せない」という意味なんだろうか。電話一本で予約が取れるのに、その客のためにわざわざ部屋を用意するというリスクをホテル業は冒しているわけである。その予約客が現れないというトラブルはどの程度発生してるのだろうか。それはいったい何%くらいの確率で起きるのだろうか。そんなことをオレが考えていた矢先にこんな珍妙な事件が起きたのである。この2人組は楽天トラベルでホテルの予約をして楽天ポイントを稼ぎまくり、貯まった高額の楽天ポイントで豪遊を続けていたのである。まっったくどうしようもない連中である。毎日新聞の記事を引用しよう。

偽計業務妨害:ホテルに空予約2万8千室…2容疑者を逮捕 2009年12月7日 12時27分 更新:12月7日 13時34分
 インターネットの宿泊予約サイト「楽天トラベル」でホテルにうその予約を繰り返したとして、警視庁捜査1課は7日、いずれも住所不定、無職の村中健(28)、小原健作(27)両容疑者を偽計業務妨害容疑で逮捕したと発表した。2月から、全国延べ約1600のホテルに約2万8000室の空予約をし業務を妨害していたとみて捜査している。
 逮捕容疑は、村中容疑者は3月29日、小原容疑者は4月27日と29日に携帯電話から予約サイトに接続し、東京都豊島区のホテルに空予約をしたとしている。2人は「予約するとポイントがもらえる。そのポイントを使いホテルに泊まったりゲームソフトを買った」と認めているという。2人とも予約したまま、キャンセルしていなかった。
 同課によると、このサイトでは宿泊代100円分につき1ポイントが付与され、蓄積したポイントで宿泊したり、商品を購入できるという。小原容疑者は「1週間で数十万円分もうけた」と供述しているという。【神澤龍二、山本太一】


 宿泊代の約1%が楽天ポイントとなる。それを稼ごうとしてこの男たちは偽名の宿泊予約を日本全国のホテルなどに出し続けたのである。それにしてもなぜ防げなかったのだろうか。一人の会員が出す宿泊予約にしてはあまりにも多すぎることに楽天側は気付いていて当然である。本来その業務に当たるべき人たちが恐ろしくボンクラで頼りなくてどうしようもない結果起きたトラブルではない。この事件が起きたのは楽天のシステム上の問題である。もっとも現在は改善されているそうだが。

 いずればれる犯罪である。短期間にポイントを稼ぎまくって、そして使いまくって、最後は逮捕されるという刹那的、自爆的な犯行である。そして日本の刑罰は驚くほど軽く、このクソみたいな犯罪には執行猶予がつくのかも知れない。そう考えれば、世間には「犯罪は引き合う」と考えてしまう手合いも出てくるわけで、そう思えばこのクソ2人組にはちょっと重めの罰でもいいかと思ってしまう。どこかのホテルで長期間強制労働させるとかを更正の条件にするとかである。ホテル業の仕事の大変さをわかってもらうことで、自分たちがいかに迷惑を掛けてしまったかを知るのも大切なことだとオレは思うのだ。

 この男たちが行く気もないのに2万8000室に予約を入れ、そして当日は全く連絡もせずに無断でキャンセルした結果、本来泊まれるはずだった2万8000組のお客は泊まれなかったのである。泣く泣く旅行をあきらめた方もいたかも知れない。それを思えばきっと迷惑をかけられた方々は「死刑だ!」と思うかも知れない。オレが断られた分の中にもしかしたらこいつらのために埋まったものがあったかも知れないのだ。やっぱりこいつら死刑だぜ。

 ちなみに楽天トラベルの紹介はオレもしている。こういうクソどものせいで大変だった楽天トラベル、なかなか便利なのでオレは旅行や出張の時によく利用してるのである。楽天トラベル経由で予約すると1万円が8000円に割り引きされたりして安くなることがあるのでとっても便利である。




↑エンピツ投票ボタン。押せば続きが読めます。登録不要です。応援の投票ありがとうございます。←1位を目指しています! m(_ _)m      週刊アクセス庵もよろしく。   投票博物館

2009年12月07日(月) 田舎に造った額賀空港の末路        ブログランキング投票ボタンです。いつも投票ありがとうございます。m(_ _)m 携帯用URL by Google Fan

どうかお読みになる前に投票ありがとうございます。←応援のクリックをお願いします! m(_ _)m 


 地元ではみんな額賀空港と呼んでいるという茨城空港、どうやら売店もレストランもないクソみたいな空港になりそうである。定期便が一日に一本しか飛ばない空港にそもそも意味があるのだろうか。日刊ゲンダイの12月3日付にこんな記事があったので引用したい。

壮大なムダ 茨城空港を造った責任者出てこいっ! 2009年12月6日(日)10時0分配信 日刊ゲンダイ
●大甘需要予測の張本人は国交省の元ドン
 来年3月に開港予定の茨城空港が、目も当てられない状況になってきた。空港ターミナルに出店予定だった飲食業と菓子販売業の地元2社が「今のままでは赤字は歴然」と、出店見送りを検討。空港側は交渉を続けているが、「食堂もねぇ、土産屋もねぇ」という“お寒い”惨状のまま、新空港がスタートする公算が大きくなっている。
 地元企業が出店をためらうのもムリはない。開港を4カ月後に控えているのに、手を挙げる国内の航空会社はゼロ。決まったのは、アシアナ航空のソウル便のみで1日1往復に限られる。想定利用客数は、搭乗率75%と高めに見積もっても年間7万7000人に過ぎない。
 それなのに、旧運輸省は99年、「年間80万7000人の旅客が見込める」なんて夢みたいな需要予測を立てていたのだ。「札幌、大阪、福岡、那覇へ1日4便就航」「水戸―札幌の移動で羽田を使う場合より2時間短縮」「県民の利便性向上」とアピールしていたのだからヒドいものだ。大ウソをついて、空港を着工させたのである。
「空港本体の工事費は220億円、隣接地に増設した産業団地の整備費は100億円に上ります。アクセス道路や公園の整備などを含めると、国と県合わせて総額780億円ものカネが投じられたのです。これだけのカネをかけながら、空港はオープン前から惨憺たるありさまで、産業団地に進出企業はありません。潤ったのは、建設費に群がった土建業界だけです」(地元関係者)
 そもそも誰が茨城の空港なんて利用するものか。県南部の住民は羽田や成田を利用した方が便利だし、北部は福島空港が近い。
 まさに「責任者出てこい!」ではないか。
「空港建設の旗振り役は、自民党の額賀元財務相でした。鹿島沖など他の候補地に対して航空自衛隊・百里基地との官民共用案を推進。基地のある小美玉市は、額賀氏の選挙区です」(航空行政事情通)
 共用案を96年の第7次空港整備5カ年計画で採択したのは、当時運輸省の航空局長だった黒野匡彦氏。黒野氏は後に運輸事務次官まで上り詰め、民営化された成田国際空港会社の初代社長に“天下り”した航空官僚のドンだ。
「いまも成田の取締役特別顧問として、後輩官僚にニラミを利かせています」(国交省関係者)
 前出の甘〜い需要予測は、黒野氏が次官在任中にまとめられた。国民に謝罪して欲しいものだ。(日刊ゲンダイ2009年12月3日掲載)


 空港というよりは、田舎の無人駅みたいなものである。何しろ食堂も土産物屋もないのだから。そして、就航するアシアナ航空のソウルとの往復の便がもしも「需要低迷」で撤退すれば、それこそ「飛行機の飛ばない空港」になってしまうのである。なんでこんなものを造らせたのか。それとも日航が経営危機に陥ってなかったら、赤字路線を無理やり飛ばせていたのか。それも実にばかばかしい話である。

 茨城空港は県民にとって必要だから造ったのではない。額賀にとっては茨城空港が必要だったわけではなくて、茨城空港建設という工事が必要だったのだ。その工事を必要としたのは額賀の地元の土建屋である。その土建屋は当然のように額賀に献金をしてるのだろう。そして土建屋には税金から巨額のゼニが支払われているのだ。

 茨城県のこんな腐った状況をなんとかしなければ・・・と思ってもなんともできない。それはゼネコン汚職で実刑判決を受けた 中村喜四郎を当選させてしまうことからも明らかだろう。それが茨城県なのだ。茨城県知事選挙に競輪選手の長塚智広さんが立候補して、茨城空港や那珂川導水路に反対して敗れたが、県民の多くはそうした土建行政を熱烈に支持しているのである。もと犯罪者であって実刑判決を受けた男でも自分たちにゼニを落としてくれる立派なお方だと信じてるのである。しかしそのゼニは県民みんなに配られるのではなくて、一部の利益になるだけであり、将来は県民負担にしかならない。茨城空港もいずれ税金で穴埋めしないといけなくなるのは必定である。そんな将来のことなど何も考えていないのがイナカモンドリームを夢見る連中のお決まりの行動なのである。しょせん茨城は茨城なのである。東京に割と近い田舎という分を弁えていればいいのだ。

 オレの予測ではアシアナ航空は2010年のうちには撤退することになるだろう。つまり一年持たないのである。その後茨城空港は飛行機の飛ばない空港になる。ただの原っぱだ。閑古鳥が鳴くというのはまさにこのことを言うのである。そのあとはいったいどうなるのだろうか。飛行機が飛ばなくても莫大な維持費はかかっていく。それは県民負担になるだろう。いっそ普天間基地をここに移転してもらったらどうだ。関空も移転を望んでるそうだから早く表明しないととられてしまうぞ。

 この空港ができた理由は、そんな馬鹿なことを推進する候補者を茨城県民が選んだからである。だから茨城県民には税金の無駄遣いをさせたことの責任を取らせて、県民で頭割りして空港の建設費を払わせるべきだとオレは思うのである。780億円を県民一人当たりで割れば、たった2万6000円だ。このゼニを一律に払わせればいいだけである。それがクソ公共工事で税金を無駄遣いさせた連中へのペナルティである。この馬鹿事業ペナルティ制度をルールとして定め、これからそういうことをやってしまった自治体にはすべてペナルティを課せばいいのだ。

 空港建設派の知事を当選させた責任は茨城県民にある。だからオレは県民に払わせたいのだ。オレが払った国税が茨城県民の道楽に消えるなどと言うのは腹立たしい、おまえら責任取れ納豆野郎!と茨城県民を罵倒したくなるのだ。あるいは記名投票にしていれば、支持した連中にだけ負担させられたかも知れないぜ。

 しかし、大阪にも当然これは適用されることになる。そうなるとどうなるのだろうか。オレは大阪の馬鹿事業を思い浮かべてみた。彩都も、箕面の山の向こうのニュータウンも、みんな大阪府が開発主体となった馬鹿事業である。オレの考えたルールを用いるならば当然府民が国に賠償することになる。もしかしたら大阪は馬鹿事業1位かもしれない。関西空港はどこが責任を取るのだろうか。国は「関空は民間会社なので無関係です」と主張するだろう。そうなるとやっぱり府民負担になってしまうのだろうか。


↑エンピツ投票ボタン。押せば続きが読めます。登録不要です。応援の投票ありがとうございます。←1位を目指しています! m(_ _)m      週刊アクセス庵もよろしく。   投票博物館

2009年12月06日(日) イーモバイルはやっぱりすごい!        ブログランキング投票ボタンです。いつも投票ありがとうございます。m(_ _)m 携帯用URL by Google Fan

どうかお読みになる前に投票ありがとうございます。←応援のクリックをお願いします! m(_ _)m 


 オレが登録している テキスト庵という日記リンク集がある。幸運なことにそこに登録されたテキストの中でオレの暴言日記は一番読まれているらしく、アクセス数ランキングに当たる 「週間アクセス庵」でオレはここしばらくランキング1位になれることができているわけだが、そのテキスト庵の10周年記念のオフ会が新宿で開催されたので、オレはそれに参加するために東京に行くことになったのである。オフ会そのものの報告は、もう一つのオレのブログである 「大人の写真日記」に書いてあるのでそちらを読んでもらえるとありがたいのだが、今日はその新幹線での移動のことについて書こうと思うのである。

 新幹線での移動中、オレはイー・モバイルでネットに接続することを試してみた。もちろんトンネルの中ではつながらないとか、さまざまな不便な点はあるし、新幹線はトンネルが多いのであまり参考にならないかも知れないが。少なくとも大阪から東京までの移動中においては、イーモバイルはかなりの安定した接続状況だったのである。

 最初、時速200でイーモバイルがつながるなんてありえないとオレは思っていた。だから停車時にちょこちょことやれればいいかと思っていたのである。京都、新横浜、そして品川東京間などでイーモバイルが使えればいいと思っていた。しかし、大阪駅から動き出した新幹線の車内で、ちゃんと途切れずにつながっているのだ。そのまま京都まで大丈夫だった。オレは心の中で「でも滋賀県入ればだめだろう」と思っていた。しかし、京都過ぎて、山科トンネルのところではさすがに入らなかったが、その後ずっと滋賀県内でも入ってるのだ。いつのまにイーモバイルはこんなにも通信可能なエリアを広げていたのかとオレは驚いたのである。

 以前にオレは 「エッチはすごい」という題名でAirH"のことを当時書いたことがあった。そのAirH"を運営するウィルコムが今経営不振にあえいでいるという。その理由は顧客がイーモバイルへと流出したからなんだが、その時の通信品質と、今回のイーモバイルの性能を比較してみれば明らかにイーモバイルの勝ちであり、だからウイルコムは負けたのだとオレは納得した。高速移動時にも使えるイーモバイルの方が便利だから競争を制したのである。

 100円パソコンを買って、イーモバイルに加入すれば一日中いつでもネットにアクセス可能である。世間には「mixiでサンシャイン牧場したい」というだけの理由でイーモバイルに加入して100円、場合によっては1円のネットブックを買い、それで牧場の世話をしている方もいるという。娯楽のために惜しみなくゼニを使うのはいいことである。オレも考えたらパソコン関係にかなりの投資をしているわけで、それは「株式投資」という実利につながる部分もあるが、その多くはやはり「娯楽」であり「自己満足」であり「愚行」であると認識している。毎日こうして日記を更新し続けることはオレにとって愚行の一つかも知れない。今も実はかなり頭が痛い。昨日遅くにホテルに入って、そのまま倒れるように寝てしまって、二日酔いの症状なんだろうか少し頭が痛いのである。しかしそんなことを日記を書けない言い訳にはできないし、まさかその程度のことで毎日更新というこれまで続けてきたことを途切れさせるわけにもいかないのである。おっと、チェックアウトの時間が迫ってきたぜ。なんとか書き終えられたかな。





↑エンピツ投票ボタン。押せば続きが読めます。登録不要です。応援の投票ありがとうございます。←1位を目指しています! m(_ _)m      週刊アクセス庵もよろしく。   投票博物館

2009年12月05日(土) ゲームのように人を殺す鬼畜ども        ブログランキング投票ボタンです。いつも投票ありがとうございます。m(_ _)m 携帯用URL by Google Fan

どうかお読みになる前に投票ありがとうございます。←応援のクリックをお願いします! m(_ _)m 


 米軍にとってタリバンを殺すのは正義なのか?タリバンは全員テロリストなんだろうか。誤爆によって自分の家族を殺された民衆は心情的にタリバンの側に立つかも知れない。それもまた米軍からみれば排除すべき敵になるのだろうか。オレはこの「無人機による空爆」という記事を読んで、さらに気分が悪くなった。オバマ大統領はアフガニスタンへの増派を決めたそうだが、人殺しばかり大勢投入してもいったい何が変わるというのか。

米、無人機でのアフガン空爆を拡大か 米紙報道 2009年12月4日23時49分
 【ワシントン=望月洋嗣】米紙ニューヨーク・タイムズは4日、オバマ政権が、国際テロ組織アルカイダなどの拠点とされるアフガニスタンとパキスタンの国境地帯で、無人機による攻撃の拡大を承認したと報じた。駐留米軍3万人を増派するアフガン新戦略に合わせ、攻勢を強めたとみられる。民間人の犠牲が増える恐れもある。
 同紙によると、オバマ政権は無人機の使用を控えていたパキスタン西部バルチスタン州への攻撃も検討し、パキスタン当局と協議している。同州にはアフガンの反政府組織タリバーンの後方支援基地があるとみられ、州都クエッタには最高指導者オマル師が潜伏するとされる。


 記事の中に「民間人の犠牲が増える恐れもある」と書かれているが、恐れではなく実際に民間人が犠牲になってるのである。「誤爆」によって日々多くの命が失われてきたのだ。そしてこの「誤爆」に対しては何の賠償もされない。その死には何の意味もないのだ。おそらくこの無人機も多くの無辜の死を生むのだろう。そのどこに正義があるのか。

 フセイン政権のイラクには平和と秩序があった。教育は無償で、人々は豊かな生活を享受していた。その幸福を破壊したのは誰か。圧倒的に優勢な兵力と武器で、一方的に言いがかりを付けて攻め込んできたのは誰か。鳩山総理はこのイラク戦争のどこに大義があったと思うのか。もしもこれが間違った戦争であったと思うならば今からでも遅くない。しっかりとその主張をすべきである。

 100%安全なところから無人機で攻撃を行い、一方的な破壊と殺戮を行うことがゲームとどう違うのか。そうして殺される側は関係のない市民の場合だってあるのだ。無人機で攻撃されるのがタリバンの兵士であったとして、タリバンには米軍によって殺されるだけの理由があるのか。タリバンがケシの栽培を禁じたことがいけなかったのか。西欧社会が必要とするだけのヘロインが入手できなくなるからタリバンを排除しないといけなかったのだろうか。そう、なぜ彼らは殺されないといけないのか。オレにはその理由がわからないのである。テロリストだから殺すという。そのテロはそもそもなぜ起きるのか。百歩ゆずってタリバンたちがテロリストであったとして、テロによって彼らが目指しているものはいったい何なのか。それを理解した上で米軍はタリバンを鎮圧したいのかどうか。

 殺人がまるでシミュレーションゲームのように行われ、そのために膨大な戦費が投入され、そして多くの破壊と孤児を生むこの事実を前にしてオレは暗澹たる思いになる。かつてその殺戮を熱狂的に支持した小泉純一郎という男がいた。鳩山総理はこの殺戮をどう感じておられるのだろうか。天皇陛下はどう思っておられるのだろうか。アメリカの悪に対してきちっとモノが言える、そんな総理はいつになったら出てくるのか。

 ただ、これだけははっきりと言ってもらいたい。

「我が国はアフガニスタンを破壊することに協力する気はない。あんたたちがめちゃめちゃに壊した国を復興するためにこそ働きたい」と。


↑エンピツ投票ボタン。押せば続きが読めます。登録不要です。応援の投票ありがとうございます。←1位を目指しています! m(_ _)m      週刊アクセス庵もよろしく。   投票博物館

2009年12月04日(金) 文句があるならオバマ大統領に言おうぜ!        ブログランキング投票ボタンです。いつも投票ありがとうございます。m(_ _)m 携帯用URL by Google Fan

どうかお読みになる前に投票ありがとうございます。←応援のクリックをお願いします! m(_ _)m 


 沖縄の米兵にはクソみたいな連中が多い。過去にも小学生の女の子がレイプされたり、無惨な事件が多数起きている。もちろんそういう事件を起こす鬼畜どもはどんどん捕まえて日本の法律で死刑にしてやればいいのだが。残念ながらそういうわけにもいかず、中には逮捕して拘束することさえできない場合もある。人殺しを捕まえることができず、悠々と帰国されてしまうのである。それが日米地位協定というクソみたいなルールで、今回も死亡ひき逃げ事件の容疑者が基地の中にいても、また、これは沖縄ではないが道路にロープをはってバイクで通る人を殺そうとするクソガキが居ても、日本の警察は手出しできないのである。なぜ鳩山首相はこういうときにオバマに電話を一本入れて文句を言わないのか。国民の安全を守れないような指導者はその資格がないとオレは思うのである。

 アサヒコムの記事を引用してみよう。

沖縄・読谷村の死亡ひき逃げ 県内議会で抗議決議相次ぐ 2009年12月3日22時2分
 沖縄県読谷村で起きた死亡ひき逃げ事件をめぐり、県内の議会などで日米地位協定の抜本的な改定や県警への捜査協力を米側に求める抗議決議と意見書の可決が相次いでいる。地位協定が「壁」になり、関与が疑われている在沖米陸軍の2等軍曹の身柄を確保できず、軍曹が任意の事情聴取にも応じないため、捜査が難航していることが背景にある。
 読谷村議会は事件発覚から6日後の11月13日、「人道上まったく許せない凶悪な犯罪行為」として、軍曹の身柄の引き渡しや地位協定の改定を求めて決議。その後、同村に隣接する嘉手納町議会や那覇市議会、北部市町村会も「基地が存在するがゆえに県民の生命・財産は常に恐怖と危険にさらされている」「事件の解決が遅れているのは地位協定に問題があることは明らか」などとして同様の決議をしている。


 容疑者の身柄拘束ができず、事情聴取もできないというのは明らかに米軍側の問題であり、「ジャップなんか殺しても罪にならない」という差別意識の表れだろう。日本や日本人を舐めてるこういう連中に対して政府はなぜ抗議しないのか。なぜ鳩山首相はこの件で動かないのか。このような不法行為が存在するということを交渉のカードに使うのは不謹慎かも知れない。しかし、この事故をきっかけに米兵の犯罪が厳しく取り締まられるように変わるのならば、その尊い犠牲に対して少なくとも日米双方は誠実に対応したことになるのではないか。

 鳩山首相は今すぐにオバマと連絡をとって、このクソ米兵の身柄引き渡しを即座に実行させると共に、それをここまで引き延ばした上官の更迭ないし罷免をも要求すべきである。軍隊に於いて上官が責任を取るのは当然のことだ。はっきり言って日本は舐められてるのである。それこそひき逃げして逃げようとした車両が基地に逃げ込む前に住民が捕まえてその米兵をリンチして半殺しにしてもオレは悪いとは思わない。ざまあみろと思うだけだ。

 沖縄の米軍関係者が使用するクルマの中には任意保険に加入してない車両も多いそうである。そういう連中が乱暴な運転を繰り返し、飲酒運転や暴走行為など好き勝手なことをし放題なのである。そんな連中を「県外移設」して放り出してくれという沖縄県民の願いはもっともである。硫黄島あたりにみんな移転させれば、そこには住民もいないので何も問題は起きないだろう。

 日米地位協定は一種の治外法権のルールである。法治国家である日本で、日本の国内法が及ばず、日本のルールで処罰されない連中が野放しになってるなんて矛盾を放置していていいのか。こんなクソみたいなルールは即刻廃止させろ。もしも廃止を拒むのなら米兵の犯罪に対してきちっとアメリカ政府に賠償金を払わせろとオレは主張したいのだ。独立国家としての主権を踏みにじるこんなルールが存在することをオレは断じて許せない。鳩山由紀夫よ、今すぐブッシュに電話して謝罪の言葉を引き出させろ。下っ端の米軍関係者と交渉なんかしなくていい。オバマに文句を言え!


↑エンピツ投票ボタン。押せば続きが読めます。登録不要です。応援の投票ありがとうございます。←1位を目指しています! m(_ _)m      週刊アクセス庵もよろしく。   投票博物館

2009年12月03日(木) ママは兄弟どちらにも仲良く9億円あげるよ!        ブログランキング投票ボタンです。いつも投票ありがとうございます。m(_ _)m 携帯用URL by Google Fan

どうかお読みになる前に投票ありがとうございます。←応援のクリックをお願いします! m(_ _)m 


 鳩山由紀夫が母親から合計9億円の小遣いを受け取っていたという報道に対してオレが真っ先に思ったことは、「そんなことをしたら弟がひがむじゃないか」という鳩山邦夫氏に対する同情だったのである。しかし、鳩山ママは実に立派な女性だった。兄弟を分け隔てなく愛する精神は、兄に9億円の小遣いをあげた以上、弟にもあげるという行為につながったのである。なんて素敵なママだろう。総理になった兄だけではなく、自民党の議員としてがんばってる弟にも分け隔てなく小遣いをあげていたのだ。兄弟を平等に扱っていたのである。なんて息子思いの母親だろうか。なかなか9億円なんて小遣いはあげられない。オレにはとても無理だ。この事件を知った多くの人は「私もそんなママが欲しい!」とは思っただろう。逆に「いつまでも母ちゃんから小遣いか。早く乳離れしろよ!」と腹を立てる方は少なくともオレの周囲にはいない。それにしても9億×2=18億だ。それだけのゼニが出せる母親が居てくれたらと願ってる男性は多いはずだ。オレももちろんその一人である。

 さて、今のところ由紀夫も邦夫も「知らなかった」で逃げ切ろうとしている。おそらく由紀夫の方は総理に就任するまでに身辺整理をしているはずだ。スキャンダルに関する話題はなかなか出てこないだろう。今回の献金疑惑も「知らなかった」で切り抜けようとしているのである。しかしどこの世の中に母親から9億円の小遣いをもらいながら知らなかったという息子が居るだろうか。どう考えてもウソである。

 これから民主党政権は次々と増税を打ち出してくるだろう。その時に総理大臣が脱税野郎では話にならない。自分たちの増税を国民に納得させるにはまず自分から払うべきだ。弟の邦夫氏とともにここは贈与税の納税に応じて、そして「ごまかそうとしてすみませんでした。自分の家にはカネがありすぎるので感覚がマヒしていました。」などと弁明すべきである。

 オレも鳩山総理同様に株式投資をしているので、時には確定申告しないといけないほど儲かる年もある。鳩山総理のように数十億を動かして・・・という豪快なものではなくてただの零細個人投資家なんだが、ちゃんと自分のキャピタルゲインに関しては確定申告している。鳩山氏なら当然、専属の税理士や公認会計士の方に自分の莫大な資産のことについて相談しているはずである。そしてまっとうな税理士ならばちゃんと税額を計算してくれているはずだ。それなのになぜ今回まで明るみに出なかったのか。どんな取引が警察との間にあったのかをオレは知りたいのである。

 ただオレは今回の事件、鳩山兄弟の母親がちょっとかわいそうなのである。親が子に小遣いを与えるのは当たり前のことだ。それがたまたま大金持ちの家だったからと、法外な価格のお年玉を子どもにぼったくられるのである。そしてせっかくママからの小遣いをもらったのに、他のならず者たちから「やいやいやい、そのゼニ誰からもらったんだ?」と執拗に責められたりするのだ。なかなか政治家の母親というのも大変である。

 オレはこういう9億ぽっちのはした金のことでどうこう言うつもりはない。今時そこまでポーンと出してくれる親が居るだろうか。そう考えたらやっぱりうらやましいのである。


↑エンピツ投票ボタン。押せば続きが読めます。登録不要です。応援の投票ありがとうございます。←1位を目指しています! m(_ _)m      週刊アクセス庵もよろしく。   投票博物館

2009年12月02日(水) スポーツ振興のためにもっとゼニを使え!        ブログランキング投票ボタンです。いつも投票ありがとうございます。m(_ _)m 携帯用URL by Google Fan

どうかお読みになる前に投票ありがとうございます。←応援のクリックをお願いします! m(_ _)m 


 スポーツをやるためにはゼニが掛かる。しかし、ゼニを掛けた人がすべて一流になれるわけではない。子どものうちから我が子にゴルフをさせる親は多いが、誰もが石川遼になれるわけではない。その多くは下手くそなままでやめていく。膨大な金額をゴルフにつぎ込みながらもモノになるかどうかはわからないのだ。スポーツというのはそういうものである。しかしその贅沢さこそが資本主義社会には必要な浪費なのである。

 超一流のプロ野球選手はみんな高給取りである。それだけに野球選手を目指す少年はとても多い。全国の中学や高校にはたいてい野球部が存在していて、膨大な数の部員が在籍している。彼らが消費する野球用具にかかる費用は膨大なものである。移動のための交通費や遠征費など、全国の野球少年たちが使う金額のトータルはものすごくでかい。これがどういうことかわかるだろうか?

 日本はなぜかフィギュアスケートが盛んである。浅田真央ちゃんは文句なしにかわいい。しかし、誰もが真央ちゃんになれるわけではない。数え切れないほどの多くの少年少女がオリンピックを目指してレッスンに大金を使ってるわけなんだが、その中で頂点に立てるのは何万倍もの競争に勝ち抜いた者だけである。競争に参加させるにはカネがかかる。子どもにスポーツをさせるというのはかなり贅沢な経済活動なのである。そして、その経済活動の動機の一つとなるのが、オリンピックで日本選手が活躍することである。強い選手が多い競技ほど、その裾野を支える競技人口も多い。つまり、政府がゼニを出して選手を強化することは、その何十倍もの経済効果を生み出す投資活動のようなものである。だからこのゼニはかなり有効なゼニなのだ。そんなこともわかってない仕分け人たちにはあきれるのである。

スポーツ予算「縮減」に五輪メダリスト異議
 政府の行政刷新会議(議長・鳩山首相)が、「事業仕分け」で、日本オリンピック委員会(JOC)の選手強化費などスポーツ予算を「縮減」と判定したことについて、五輪メダリストたちが1日、都内のホテルで記者会見し、判定に異議を唱えた。
 会見したのは、アテネ、北京両五輪で連覇した女子レスリングの吉田沙保里(綜合警備保障)、北京五輪フェンシング、男子フルーレで銀メダルを獲得した太田雄貴(森永製菓)、ロサンゼルス五輪で銅、アテネ五輪で銀を取ったアーチェリーの山本博(日体大教)ら。
 吉田は「私たちは胸に日の丸を付けて出場している。選手が安心して戦えるように、国がしっかり支援して欲しい」、山本は「マイナーな競技団体は、選手の自己負担で五輪の出場権を獲得しに行っている。20年以上も、妻に頭を下げて(遠征費の)振り込み用紙を渡してきたことを知ってもらいたい」と語り、判定結果が予算額決定に影響を与えないよう訴えた。
 11月25日に行われた「事業仕分け」では、国の補助金について、スポーツ振興くじ(サッカーくじ、愛称・toto)からの助成金や、国と民間からの資金を原資としたスポーツ振興基金からの助成金と「使途が重複する」などの指摘がなされ、JOCの選手強化事業費など約27億円を含む約33億円の「民間スポーツ振興費等補助金」が「縮減」と判定されていた。(2009年12月1日21時36分 読売新聞)


「どうして世界で1番じゃないとダメなんですか?2番ならだめなんですか?」

と言った民主党の議員がいたそうだが、オリンピックでは1位と2位では大違いである。金メダルと銀メダルは違うのだ。「どうして1位じゃないとだめなんですか?」と訊かれれば「そうだ。金メダルをとらないとだめだ。」という答が当然のように返ってくるだろう。そしてマイナーな競技ほど金メダルを取りやすいのだ。もしも100m走のようにメジャーな競技に選手強化の費用を1000億円くらいぶちこんだら必ず金メダルがとれるだろうか?そんなわけがないだろう。

 日本がオリンピックでメダルを稼ぐ方法として有効なのは、マイナーな競技に他の国ではとても出せないような金額の投資を行って環境を整備し、選手層を厚くすることである。もしもオリンピックで好成績が出れば、それに影響されて勝手に競技人口が増えるだろう。そうして結果的にレベルUPしていってメダルにつながるのである。だからこそスポーツ振興のためのゼニは必要なのである。

 しかも財源としてサッカーくじのtotoがあるじゃないか。確かtotoは賞金が持ち越されることで射倖性が高まって今年は売り上げを伸ばしているはずである。何も縮減する必要などない。むしろもっとゼニを使うべきだ。最初に書いたようにそれは効果付きの投資だからである。数量的に計算できるものではないが、一人の金メダリストの登場は何万人もの新たな競技人口の増加につながるのだ。スポーツが盛んになること自体は無条件によきことである。また、マイナーなスポーツにまで人々の興味が分散することは、多くの人にチャンスを与えることになる。

 ただそのゼニの使われ方に関しては精査が必要だ。単なるバラマキではいけないのだ。本当に選手強化のために使われるのか、それとも関係ないところに使われるかだ。スポーツ振興団体に天下ったジジイどもの役員手当なんかはなくすべきだ。スポーツ振興の名を借りて私腹を肥やすクソどもに回るゼニは全くいらない。本当に厳しい環境の中でがんばってる選手のためにこそそのゼニは使われるべきであり、ぬくぬくとしたところでふんぞり返っているジジイどものビジネスクラスの航空運賃や豪華な宿泊費に浪費されるべきものではない。スポーツ振興の美名にたかるクソどもや、文部科学省の天下りのクソどもは排除すべきである。縮減の結果、こういうくだらないゼニが聖域として残り、選手個人のために使われるゼニが縮減されるならオレは「あほか!」と怒りたいのである。

 スポーツ振興もまた資本主義社会の中でひとつの役割を持つ。スポーツに参加することも観戦することもすべてが経済活動である。そういう意味では大きな投資効果のあるスポーツ予算を「縮減」すべきものと考えた仕分け人の方は、その投資効果について全く理解しておられなかったのだろうとオレは感じるのである。


↑エンピツ投票ボタン。押せば続きが読めます。登録不要です。応援の投票ありがとうございます。←1位を目指しています! m(_ _)m      週刊アクセス庵もよろしく。   投票博物館

2009年12月01日(火) みなさん、家を買うのをやめませんか?        ブログランキング投票ボタンです。いつも投票ありがとうございます。m(_ _)m 携帯用URL by Google Fan

どうかお読みになる前に投票ありがとうございます。←応援のクリックをお願いします! m(_ _)m 


 日本人の金融資産がなぜ投資に向かわないのか?それは簡単なことで、日本で一番有利な金融商品というのはすなわち「土地」だからである。そんな有利な商品があれば、投資信託や株式投資や外貨預金というリスクのある投資が敬遠されるのも当然だ。値上がりを続けてるかぎり、土地というのはノーリスク・ハイリターンという意味で金融商品の王様だった。しかし、バブル崩壊後土地価格が下がるという異常事態が発生し、なんとか地価の値下がりを抑えようとして行われたのが規制緩和の中でのマンションの乱立だった。マンション用地として活用されることで都心の土地は再び高騰したのである。多くのサラリーマンが住宅ローンの奴隷になってるという現状を見たとき、オレはある仮説を思いつく。

 戦後の農地改革は、大地主の所有する土地を小作人に分け与えることだった。その結果、小作料という形の搾取はなくなったわけだ。しかし、大地主たちの「土地を持ってるだけで勝手に入ってくる不労所得が欲しい」という願望をみごとに叶えたのが賃貸住宅であった。アパートや賃貸マンション経営といった形で地主たちは不労所得を手に入れたのである。こんなに空き家が多いのに家賃が下がらないのはなぜか。みんなで談合して適正価格になるのを妨げているからである。本来ならもっと安くならなければならない公営住宅やUR(都市公団)の賃貸住宅の家賃水準がかなりの高額でしかも競争率が高いため、民間の賃貸住宅も値下げしないでやっていけるのだ。犠牲になってるのは入居者だけである。「民業を圧迫しない」という大義名分のおかげで、高い公営住宅に引っ張られて全体の家賃水準が高止まりしてるのだ。貧困問題の本質はこんなところにも潜んでいる。その高い家賃を払わせることで、生活保護費は実は家主たちへの援助金みたいなものに化けるのである。

 確かに小作料を納める必要はなくなった。しかし、賃貸住宅で家主に払う家賃は小作料みたいなものである。そして「持ち家」を手に入れたとしてもその家はローンを完済するまでは完全に自分のものにはできない。持ち家のようでありながらも、我々は住宅ローンという形で銀行の奴隷となっているのである。戦前の小作制度とどこが違うのだろうか。どちらもその理不尽さに疑問も抱かずに受け入れてるわけで、オレの目には全然違わないように見えるのだ。

 賃貸住宅の入居者であるか、あるいは住宅ローンを払ってる最中の我々は、この理不尽な搾取にどうやって応えればいいのか。それは一斉に家を買うことをやめることである。ある日を境にして、日本中で全く家やマンションが売れなくなることを想像してみようじゃないか。そうなるとマンションデベロッパーは次々と破綻するだろう。半年や一年耐えてから一気に倒産しまくるわけで、銀行は返済金がわりに不良在庫となったマンションを叩き売りするしかなくなり、壮大な値崩れが起きる。でもまだ買ってはいけない。土地を売ったり貸したりして不労所得を手に入れることが当然だと思ってる連中に「ゼニが入ってこない恐怖」をとことん与えてやるのだ。はっはっはざまあみろなのである。

 2年くらいの間、家が全く売れないという異常事態が発生すれば日本経済はかなり混乱しているだろう。そしてその異常事態を解消する唯一の方法は、公営の賃貸住宅を増やして家賃も安くして、民間のぼったくりアパートやマンションに住む人を横取りすればいいのである。それは民業圧迫ではない。暴利をむさぼる悪徳家主の駆逐である。こんなに空き家が多いのになぜ家主たちはダメージを受けないのか。それはあまりにも家賃水準が高いからである。入居率が減っても十分食っていけるような莫大な収入をすでに得ているので、空き家が多少増えても問題ないのである。

 マイホームを手に入れることでぼったくり悪徳家主から訣別できたと思ってはいけない。今度はローンを支払う先の銀行がそのぼったくり家主にとって代わっただけのことである。我々が搾取されるという構図は不変なのだ。ではどうすればいいのか。それがオレの提唱する「住宅購入2年待て!」計画なのである。ただ2年間でいい。弱い国民が一致団結して家を買うのを我慢すれば、土地も家も信じられないくらいに安くなる。そして開発した業者も資金を提供した銀行もみんなつぶれてるだろう。

 小作人はほとんどいなくなった。しかし、住宅ローンという新たな小作料を搾取するという形で地主の役割が銀行に移っただけである。ローンの奴隷となってるすべての国民は、戦前に「小作人」と呼ばれた人たちとなんら変わらない。そしてもっと下にはその家すら手に入れられない人々が居る。

 もしもオレがネット上でこの「2年間住宅購入延期のススメ」を声高に主張し、多くの賛同者を得て実際に国民の多くが家を買うことをやめてしまったとしたら、銀行や不動産会社がつぶれまくるだろう。しかしその後にやってくるのは今よりもきっとよい社会のような気がする。不労所得を排除すれば、後に残るのは正当な労働の対価としての収入だけになるからだ。真っ当に身体を動かして働くよりも土地持ちで家賃収入なんかをもらってる方がはるかに実入りがいいという世の中の不条理を無くしたいのならば、家なんか買わないことだ。

 かつて家にはお母さんがいた。遊びに行った先のどこの家でもお母さんが家にいた。共働きなんて家はほとんどなく、主婦は家で子どもの世話をしているものだった。ではなぜ共働きしなければならなくなったのか。それは家賃が高騰し、住宅ローンを背負わされて夫一人の収入ではやっていけなくなったからである。江戸時代の女性たちは夫一人の収入でちゃんと食べていけるものだった。子どもたちからお母さんを奪って幸せな家庭を破壊していった戦後の歴史は、国家の間違った住宅政策のもたらしたものである。

参考文献
居住の貧困 (岩波新書)
格差社会の居住貧困―住宅白書〈2009‐2010〉
住宅貧乏物語 (岩波新書 黄版 77)


↑エンピツ投票ボタン。押せば続きが読めます。登録不要です。応援の投票ありがとうございます。←1位を目指しています! m(_ _)m      週刊アクセス庵もよろしく。   投票博物館


My追加

前の日記   後の日記
江草 乗 |ファンレターと告発メール   お勧めSHOP HP・教師EXAの秘密の部屋 お金儲けの情報満載 江草とeichanの株式問答掲示板 こだわりのマウス専門店、マウスヲタク エンピツユニオン