金色の夢を、ずっと見てる

2017年01月10日(火) 新年のご挨拶&2016個人的重大ニュース

明けましておめでとうございます。
今年もよろしくお願い致します。

…もう年明けて10日経ってますけどそこはまぁ、ね(苦笑)


さて、今回も1年間の個人的ニュースをさくっと振り返っておきたいと思います。今回は本当に個人的なものから世間的にもニュースだった事まで、いろいろ入り交じる予感。


まずは5位
猫エイズ陰性だった!

先日の日記にも書いてるんですが、2015年6月に我が家に来た2匹の猫。当初は猫エイズ陽性でおそらく母子感染だろうと言われてたのが、2016年秋に再検査したら陰転してた、という。

母猫が陽性の場合、産まれて半年ぐらいは母乳の影響で子猫にも陽性が出る事があって、でもそれは感染してるとは限らず、乳離れしてしばらく経つと陰性になる事があるんだそうです。その『しばらく』の目安が生後半年で、うちの子達は最初に検査したのがちょうど生後半年経った頃だったので、ギリギリで陽性反応が出ちゃっただけだったようです。

そう頻繁にあることではないようで、獣医の先生も驚いてました。いや〜でもホッとしたな〜。


4位
T.UTU with the Band 復活


ウツがソロデビューした時の名義がこれ。馴染みのあるサポートメンバーから「え、この人が?」と驚くような人まで、豪華なメンバーです。そのバンドが突然復活。ファンを驚かせてくれました。

完全なオリジナルメンバーではなかったのですが、ソロデビューから24年。メンバーもそれなりに年を取ってるのに、24年前に負けないぐらいカッコいいってすごいよ。今年はソロデビュー25周年。何をしてくれるのか楽しみです。


3位
SMAP解散


これはね〜…特にファンじゃなくてもやっぱりショックでしたよ。『特にファンじゃない』とは言っても、好きか好きじゃないかで言ったらそりゃやっぱり好きですよ。それにSMAPが結成された時、私は中学生でした。まだデビュー前のSMAPをアイドル雑誌で見て
「え、小学生がいるの!?自分より年下のアイドルが出てきた!」
と驚愕したのを覚えてます。

大学時代にカラオケ行けば誰かがかならず歌うし、飲みに行っても誰かが歌うし、社会人になったらなったで
「あ〜あの曲、誰かの結婚式で歌ってたな〜」
とか、とにかくいろんな曲にそれぞれ思い出がある。

迷ったけど、結局買ったんです、最後のベストアルバム。シングルだけじゃなくてアルバムからも選ばれてるという事で、半分ぐらいは知らない曲でした。でも
「あ〜これ知らなかったけどいい曲だな〜」
とか、歌にのせてメンバー紹介する曲があったり、ライブでコール&レスポンスやったら楽しそうだな〜って曲とか、本当にファンが選んだ曲なんだなってのが伝わってきて、なんか切なくなりました。解散の本当の理由は結局はっきり判らないままだけど、何年か経ってまた5人がそろう日が来たらいいなーと思います。



2位
引っ越した


2015年8月に台風で家の屋根が降っとんで以来ずっと私の実家に居候してましたが、2016年4月、やっともとの校区内に引っ越せました。

小学校への送迎も必要なくなったし、娘は自力で友達の家と行き来できるようになったし、私は職場も近くなったし。特に夫は、不満を口にした事はなかったけど、やはり妻の実家でサザエさん状態ってのはしんどかったと思います。まぁなかなか実家から引っ越せなかったのは私のせいではないんですけどね(笑)

あと、両親が家の中で動物を飼うのが苦手なので猫は2階の6畳間だけで暮らしてたんですが、地味に猫もストレスためてたようです。実家にいた頃は布団への粗相が本当に多くて、しょっちゅう布団を洗濯してたんですよ。夏はともかく冬になると、まず羽布団を洗うのが大変だし、洗ったら洗ったで冬の日差しじゃ乾かなくてコインランドリーに乾燥機だけかけに行ったりして。いくら洗える羽毛布団といっても、ニ○リさんもこれほど毎日のように洗濯されるとは想定してなかったろうに、と思うぐらい。

それが、引っ越してからはほとんどなくなりました。夏の間は何度か肌布団に粗相されたりしたんですが、何度かやったらそれっきり。『羽布団は鳥(=猫にとっては獲物)の臭いがするから、そこに粗相してしまうのはマーキングのようなものなので対策はない』というのをネットで見て
「じゃぁ冬になっても羽毛布団は出せないの!?」
と思ってたんですが、少なくともこの冬は1度もやられてません。毎晩一緒に寝てます(あったかい)。あれはやっぱりストレスのせいだったのかねぇ、と旦那と話してます。



そして1位

熊本地震

やっぱこれでしょうねぇ…。

2位の『引っ越した』のわずか1週間後でした。幸いうちの辺りは震源地からも遠かったし、山沿いで地盤が固い地域らしくほとんど被害はありませんでした。実家や妹宅では食器が棚から飛び出して割れたとかあったようですが、うちはそれもなく。しばらく断水して不自由はしましたが、よくニュースで流れてたような被害の大きかった地域に比べると、うちなんて被災者と名乗るのも申し訳ないぐらいのレベルで。

でもね、地震から半年経ったある日、震源地に比較的近かったある村からテレビの中継がありました。そこは私にとっては祖母の家がある場所です。見慣れた場所の、見慣れぬ風景。あぁ、あの場所はもうなくなってしまったんだなぁ…そう思ったら涙が出ました。

もう祖父母も伯父も鬼籍に入ってて、その家に住んでるのは伯母だけでした。でもその家はもう住める状態ではなく、伯母は仮設住宅に入り、おそらくあの家はいずれ取り壊されることになるのでしょう。大好きだった『おばあちゃんち』がなくなってしまった。そうか、私もやっぱり被災者なんだ…と初めて思いました。

年が明けて、冬休みの間に子供を1日ぐらいどこかつれてってあげないとね、と出掛けた先が、その村の近くでした。帰りに夫に頼んで少し寄り道してもらい、お墓参りに行ってきました。

震災直後に祖父母宅の近くにある伯母(上記の伯母とは別です)の所に様子見舞いに行った時、墓地への入り口は瓦礫で塞がれてて入れなかったんです。お盆の時期もあれこれと都合がつかなくて行けず、ずっと気になってました。リアシートで子供が寝てたので夫には車で待っててもらったんですが、1人で行って良かったです。

メインの墓石こそ無事に立ってましたが、お墓全体で見たらあちこち崩れてました。昇り口にある灯籠、囲い、階段。崩れ、倒れ、欠けたお墓。周囲の他のお墓に比べたらそれでもマシな方で。自分達の生活が優先で、お墓まではなかなか手が回らないのです。他のお墓の持ち主の方達がどんな思いでこのお墓を放置してるのか、それを考えるのも辛かった。

もちろん、私にとっては『おばあちゃんち』だけど母や伯母にとっては実家であり、住んでた家だったわけです。それを失った辛さは私なんかとは比較にならないだろうし、そう考えるとやっぱり私なんて被災者とか言えるレベルじゃないとも思うんだけど…大丈夫なつもりでいたけど、自覚してる以上に傷ついてたし疲弊してたんだな…と最近になって思うようになりました。



台風で屋根が飛んだってのもなかなかない体験だったけど、まさかその翌年に震度7を体験する事になるとは思いませんでした。いろんな意味で激動の年だったけど、2017年はもうちょっと明るい話題が多い年になるといいな。



2016年10月14日(金) 今月末で1歳半。

うちにやってきてやがて1年4ヶ月になる2匹の猫、クロとハチ。その名の通り、黒猫とハチワレ猫です(笑)


で、その2匹。実は去年の去勢手術の術前検査で、猫エイズと白血病が陽性である…との診断を下されていました。もちろん、猫エイズと言っても人のそれと同じで、陽性反応が出たからって即病気になる訳ではありません。ウィルスを体内に持ってる、いわゆる『キャリア』の状態で、将来的に発症するかもしれない、という事。しかし発症してしまったら進行は早いらしいので、できるだけ発症しないように、栄養状態を良くしてやったり体調の変化に気を付けておくしかないな〜という状況で1年やってきました。

生後半年の時点でキャリアで、でも生まれてからずっと室内飼い。つまりどこかで感染してきたわけではなく、おそらく母猫からの母子感染なんですよね。もしかしたら母猫じゃなくて父猫なのかもしれないけど、2匹を譲ってくれた元の飼い主さんとは私は直接知り合いじゃないので、そこまでは確認できず。


でね、その1年前の検査の時に言われてはいたんです。
「子猫は、生後半年ぐらいの間は母乳の影響でウィルスが体内に残ってるだけで本当に感染してる訳じゃないってケースもあるので、来年の予防接種の時にでも再検査してみるといいですよ」
って。で、先日その予防接種に行ってきまして。


接種の前に
「再検査します?」
って聞かれました。聞いてみると、検査料は4000円…やる予定の予防接種が5000円だから、合わせて9000円。それが2匹(苦笑)検査して『やっぱり陰性でした!』ってなる可能性が高いのならそりゃやるけど、わざわざ4000円(×2)払って『間違いなくキャリアです』ってだめ押しされるの辛いな……とちょっとためらっていると、先生に言われました。

「検査してやっぱり陽性だったらもう確定なので、その時は、月イチぐらいでインターフェロンの注射に来てもらった方がいいんですよ。発症を抑制できるから」

あ、なるほど。運が良ければ陰性の結果が出る可能性もあるけど、陽性だったらだったで、そういう対策もできるのか。そのためにもはっきり診断したいのね。じゃぁしょうがない、やるか!


というわけで再検査。そしたら。





「…陰転してます!」





え、マジで!?


猫エイズも白血病も陰性。どうやら本当に、前回の検査では母乳の影響で陽性が出てただけだったようです。うわ〜本当にこんなことあるんだ〜!

驚きつつも喜んでいたら、先生がカルテに書き込みながらボソッと
「本当にあるもんだなぁ」
と呟くのが聞こえました(笑)え、先生も驚く?それってつまりかなりのレアケースだって事?


何はともあれ一安心。その日の夜はお祝いに猫缶を開けてあげました(笑)←普段はカリカリで、猫缶はたま〜にしかあげないのですげぇ喜ぶ。


その後ちょっと調べてみましたが、陽性と出たのが後から陰転する確率がどのぐらいなのかってのは判りませんでした。一般的にはその境目は生後半年だそうです。つまり母猫の母乳の影響が消えるのがその頃って事ね。でも病院や検査キットのメーカーによっては4ヶ月とか8ヶ月とか結構マチマチ。うちの場合、去勢手術のために検査したのがちょうど生後半年の頃だったので、まだギリギリ移行抗体が残ってたって事なのかなぁ。


なぜかハチの方が1kgほど重いという体重差には驚きましたが、2匹とも健康体ですよ〜とお墨付きをもらってホッとしました。順調にいけば娘が成人するぐらいまではいてくれるはずだけど、なんならもう猫又になるまでいてくれてもいいのよ?



2016年09月04日(日) ブレーカーに手が届かないから面倒なんです。

4月に引っ越してきてもうそろそろ5ヶ月。


………その5ヶ月の間に、3回ブレーカー落としました(-_-;)



1回目は、炊飯器と電子レンジとトースターをいっぺんに使ったら落ちたんですよ。だから
「あぁこの3つを同時に使っちゃダメなんだな」
と思ったんです。


そしたら最近になって、炊飯器と電子レンジを同時に使ったらそれだけでまた落ちた!えー2つだけでもダメなの?そしたらご飯炊きながら冷凍してたお肉をレンジでチン、てのができないじゃん!

まぁ仕方ないのでそこは気を付けながら使ってたんですが、なんと昨日、炊飯器とトースターだけでまた落ちたんです。



…………ウソでしょ?確かに『熱を発するものは意外に電気を食うから、できるだけ同時に使わない方がいい』って旦那には言われたけど、炊飯器とトースターだけで落ちるってどんだけアンペア数少ないの?


驚きすぎてちょっとムッとしながら(苦笑)ブレーカーを上げたら…え、ちょっと待って。



ブレーカー上げた途端、炊飯器・LDKの照明・テレビ・流しの上の蛍光灯・換気扇・換気扇についてる照明・廊下の照明・脱衣所の照明…がついた。

ついでに自動で復活はしなかったけど、この時はトースターと洗濯機も動いてました。確認しなかったけど、もしかしたら冷蔵庫も1回消えてたのかもしれない。


つまりそのブレーカースイッチ1つで、クーラーを除くLDKの電気を使うものすべてと廊下とお風呂場の電気まで入切するって事?スイッチ1つで担当する範囲広すぎない!?

いや、そんなあっちゃこっちゃつけっぱなしにしてた私も悪いんだけど(笑)でもうちの廊下は窓がなくて昼間でも暗いので、家にいる間はつけっぱなしにしてる事が多いんですよ。廊下に猫のご飯と水を置いてるってのもあるし。台風来てて天気が悪く部屋が薄暗かったので昼間だけどLDKの電気もつけてたし、お昼ご飯を食べたら洗濯物を乾燥機にかけにコインランドリーに行こう…と思って、洗濯しながらご飯を作ろうとしてたわけです。


これはちょっと不便だな〜と思って旦那に「なんとかならんのか」と聞いてみたところ
「なんともならん」
と言い切られてしまいました。そもそも昔の家はブレーカーのスイッチが少ない(=どうしても1つのスイッチで担当する範囲が広くなる)ってのと、どのスイッチでどこまで担当するかってのは家を建てる時に配線するので今さら変更のしようもないんだそうです。

そ、そうか〜、じゃぁこっちが気を付けながら使うしかないのか…(- -;)


まぁ普段は炊飯器と洗濯機を同時に使う事ってほとんどないし、とりあえず炊飯器と電子レンジとトースターに気を付けておけばいいのかな。…いつか家を建てる時はできるだけ小分けにしよう。


 < 過去  INDEX  


咲良 [MAIL]

My追加