日々あんだら
DiaryINDEXpast


2017年05月23日(火) リセットボタン




友人が呟いた。
「ミサイルもテロも核実験も無くなればいいのに。
 一度リセットしてしまいたい」と。
気持ちはわかる。
今、世界中で起きている事件を見ていたらそういう気持ちにもなる。

でも、「リセット」という言葉は嫌いだ。
それは思考停止で現実逃避だと思うから。
今ある問題から目をそらして、「なにもないところからやり直せたら」という考え方だから。
世界も、誰の人生も、そんなことはできはしない。
世界の問題を解決したいなら、みんなで知恵を出し合って、力を合わせて変えていくしかない。

「リセット」という言葉は嫌いだ。
自分の中にもそういう気持ちがあることを知っているから。
誰でもそうだと思うけど、今までを振り返ったら「やってよかったこと」より「後悔」の方がはるかに多い。
今の自分は、子供の頃、否、若い頃に思い描いていた自分もはほど遠い。
でも、リセットボタンを押してセーブしたところからやり直すなんてことはできない。
今からその後悔を直視してより良くするように頑張って生きていくか、その後悔を受け入れて惰性で生きていくか、もしくは死を選ぶか、しかない。


そんなことはきっとみんなわかっているのだ。
なのに、世界を良くするためにみんなが力を合わせることはおろか同じ方向を向くことすらないし、みんなが昨日の自分より良くなるように頑張って生きているわけでもない。
そんな人間の集まりなのだ。
たとえリセットできたとしても、また今と同じ状態に行き着いてしまうんじゃないかな?

ファミコンから始まるコンピューターゲームが人類に与えた最大の害悪は「リセット」の意識ではないかと思う。



実は、世界のリセットボタンはひとつ(一種類)だけある。
核兵器の発射ボタン。
どこかの国の指導者がそのボタンを押したら、人類は滅んで「なにもなかったこと」になるだろう。

「リセットしたい」という気持ちは、極論するとそういう世界を望んでいるというところに行き着くんやけど…
それでもリセットボタンを押したいですか?



とりあえずおれは、この1年間で摂取したカロリーの10%をリセットしたい。(現実逃避)


hide |MAILHomePage

My追加