サッカー観戦日記

2017年01月21日(土) 大阪府一部リーグ第1節 興國−摂津


まず断っておくと秋以降目を悪くしていたので、観戦自体はしても双眼鏡観戦となり、観戦に支障もきたしていたし、観戦ノートもあまり取れなかった。そのため観戦記の更新も滞り気味だったが先日、目を手術して復活し、その第1戦がこのゲームである。観戦を楽しむことを第1に考えつつ、ノートもとり、観戦感覚も鈍っていなかったと思う。

興国はグァルディオラ式バルサの4−3−3で技巧派を揃え、圧倒的なポゼッションが売り物のチームである。対する摂津は昇格組で一部唯一の公立高校だが、近畿大会優勝歴があり、体育科や人工芝ピッチを持ち、単なる指導者の能力だけのチームではない。守備力は高い。


大阪府一部リーグ
興國高校−摂津高校
堺S8 晴 人工芝


興國           摂津
十四−−−十番−−−九番 −−−十番−−十一−−−
−−−十一−−八番−−− −−−−−−−−−−−−
−−−−−四番−−−−− 九番−七番−−六番−八番
五番−六番−−三番−二番 三番−五番−−四番−二番
−−−−−一番−−−−− −−−−−一番−−−−−

立ち上がりから支配にかかる興國に対し、摂津は素晴らしい集散で攻守の切り替えが早く守備を固めつつカウンターを狙う。しかし新チームの悲しさでカウンターのパターンとか連携が固まっておらず、タテに蹴るだけという感が強い。8番は徹底的に裏を狙うウインガータイプ。対する興國はフォメ図と違ってやや左右非対称で8番が上がり目で力強いプレーを見せ、11番が開いてサイドバックのカバーにも積極的。4番は展開力があり、14番はタメて中に切れ込むこともできる。10番(大垣勇樹)は圧倒的な技巧で魅せるが足元でもらいたがり、いい体勢で受けられない為突破できず、裏もとる動きがない。11番は左足FKあり。14分、興國、左から崩し、こぼれを唐突に10番ミドル、左隅に突き刺さり興國先制!1−0。その後も回す興國とカウンター狙いの摂津という構図は変わらず、興國はフリーになりがちな4番からスルーパスなども出るが、前線は摂津に厳しくマークされ、シュート数ではむしろ摂津が上回る。4番や8番がパス狙っても3トップの動きにイマイチ受ける工夫がないのだ。ベンチからも10番の受け方について指示が繰り返し飛ぶ。前半1−0で終了。

後半も構図は変わらず。摂津のCKに対し興國はゾーンで守る。摂津はFWが追うところと無理に行かなくてもいいところについて的確なコーチングが入り、スタミナを保てている。興國もしびれを切らしCFに19番を入れるなどして打開を図る。10番はインサイドハーフに。19番はFWらしいFWで裏を積極的に狙い流れが変わるも、摂津のDF陣の秩序も素晴らしい。守備については現段階である程度完成している。興國もバランスを崩さず時計を進めた後半45分、右を破りクロスにニアに突っ込んだ10番がポストにぶつかりながら押し込み、2−0として勝利をつかんだ。

未完成のチーム同士、個性が出て面白かった。興國はサイドチェンジを意識してはいたが決まらず、ゆっくりしたパスになっていたが、今後パススピードが速くなるだろうし、摂津はカウンターが鋭くなるだろうから今後が楽しみ。久しぶりに観戦を満喫できたのがこのカードで本当に楽しかった。


 < 過去  INDEX  


T.K. [MAIL]