某突起名の人生つぶやき日記

某突起名の独り言。
あくまで独り言ですので・・・まぁ、お気になさらず。

2015年10月31日(土) Twitter.











最近、エホバの証人の集会に、再び出席するようになった。

エホバの証人の集会に、出るということは、

エホバへの最上の贈り物を持って崇拝所に上がることを意味する。

贈り物とは、来るディスカッションに、参加するために、

時間を買い取り、自分ができる発言(注解)を心を込めて準備すること。





私の「贈り物」への準備は誰よりも簡単だ。

テキストの本文を読み、15分、本文をパラパラめくりながら

設問を読み、答えを空想する。

母親はもっと予習を時間をかけてするべきだと主張する

・・・正確には主張してきたが、

ディスカッション本番での正答率は高いので、

最近は何も言わなくなった。





エホバの証人との会話は快い。

誰の機嫌も取らなくていいし、

お互いが褒めあう。

お互いが築き上げる会話ができる関係である。

まあ、いけすかないオバサン姉妹とかもいるのだが、

鼻つまみものは何処でもひとりはいるということで。










何故、改めてそんな話をするかと言うと、

今日のディスカッションで、得たモノがあるからだ。

所詮、世の中は秒単位より早く過ぎ去っていく。

けれど、私は、世のグループの仲間に入れてもらおうと

四苦八苦していた。

「本気で変わるつもりがあるなら協力しますよ。」

言い替えれば、「自分に染まる気があるなら仲間に入れてあげますよ。」

誰に染まれと?

誰の顔色を伺って集まりに参加せよと?

一言一句、何が地雷なのかビクビクしながら食い物を口にしろと?

・・・冗談じゃない。





私は、そんなの嫌だ。

土下座して教えを乞うくらいなら、

これ以上、嫌がらせのぼっちゲームが続くなら、

自分でぶち壊す。炎上上等。

そして、私を上から目線でフォローする人間も、

私を嫌いでも、「貴女が嫌い」という勇気の無いものも、

全部、関係をぶち切った。





翌日は気持ちが荒れたので泣いて過ごしたが、

ある下衆のおかげで、早くグループから離れて良かったと感じた。

Twitterも、普通に会話できるのは5名程度に絞られた。

思ったより心のTwitter離れが早いらしい。





そして今日の集会である。

私は現実逃避にTwitterの友達を用いていたが、

王国会館に行けばリアルでしか繋がっていない、

病弱な私のコトを気にかけてくれる人がいっぱいいる。

体重の上がり下がりで目から涙が出るほど冗談を言いあう、

ウィットに富んだ仲間。

そして、ディスカッションでは真理の道を拒絶する団体に、

無理に迎合する不必要性も学んだ。










え、なに?某突起名が真面目になると面白くない?(笑)

まあ、そこはそれ、私は根っからのカタギになれないのを

痛感しているところなので、ご心配なく。

とりあえず今はショパンに凝ってます。

次の更新は突起の気が向いたらです。

お時間のある時に読んでいただければ幸いです。

それではおやすみなさい。





2015年10月19日(月) あの頃よりも。












あの頃よりも、確実に。

賢くなった。

強くなった。

心に余裕もできたし。

狡猾にもなった。

同情、という、上から目線の感情も生まれた。

エゴイズムに拍車がかかったし。

孤独は感じなくなった。

人の価値を値踏みしなくなった。

偽善的にもなった。

何も知らない赤子ではなくなった。

上には上がいることも痛感したし。

自分が何も知らない趣味を持つ人種とも接触した。

自分を蜥蜴の尻尾のように扱っても

自己満足できるようになった。










10年。





月日は人を変える。

マーシャルアーツやコマンドサンボの構えを

人に対してしなくても、

警戒しなくていい処世術があることも知った。

いつも軸足を意識していた歩きも鈍った。





母親は、私が居なければ生きていけないと言うようになった。

私も、母親の骨は、自分が取るべきだと感じている。

ただ、こんなところに骨を埋めるべきなのか。

その応えを先伸ばしにしている。





平和。





ただそれだけ感じて生きている。

ただそれだけを守るようになった。

誰の其れなのでも構わない。

壊そうとする輩は排除する。

其れが例え自分自身でも。





10年。





海雪さんとの関係は続いている。

たまに邪魔しようとする下衆はいるが、

ふたりきりで話せば迷いは消える。

誰と親しい仲になっても、

結局、お互いが残ることを知っている。





某突起名の肩書きを知っている人は少なくなった。

誰も丸くなった「突起さん」なんて見たくはなかろう。

代わりに、作った肩書きもある。

リアルでそう呼ばれる機会の方が増えている。

皆、温和で、私が何者なのか知らない。





こうして隠居するまでの間に本当に様々な体験をした。

文字に出せない仕事をしていたこともある。

海雪さんに、「そういえば、○○さん(←私の本名。)

あんなこともしてたよねー。」と、言われて思い出す職もある。

でも結局すべて昔とった杵柄だ。





目下の目標は、「完全な家事手伝いになる!」

ははは。自分で言っていて笑えるほど平和だ。

今日も某突起名は平常運転だ。





2015年10月18日(日) 泣く。











今日は好きな漫画を読んで泣き、

好きなDVDを観て泣き、

すっきりストレス解消。





泣くっていいですね。

スカッとします。










心の蟠りは、涙でもって流してしまえ!





2015年10月17日(土) 悪者。











ひさびさに炎上(と言っても小規模だが。)した。

Hさん、こと、そこの仲良しグループの中では人気者の女性と、

その婚約者のKさんの話。





似合いの夫婦になるであろうな、と思っていたのに、

Hさんの方から婚約破棄したらしい。

仲良しグループがどうなるか、これから先のことをちょっと考えた。




Kさんにかけられる言葉は沢山あったが、

今の自分の状況を考えて選択した行動は、

ズバリ、地雷をわざわざ踏むコトだった。

Kさんは私の言葉に怒りを持って返した。

嗚呼、Hさんをまだ愛しているのだなあ、と思った。

そのまま「Hさんをまだ愛しておられるのですね」と、

言いそうになったが、喉元で押し留めた。





軽い謝罪をするに留めていたら、他の男性からも

わたしの言い様を咎められた。

それも軽い謝罪で返した。

また後から駆けつけた他の男性からは、

その仲良しグループには二度と接触してくるな、と、

激怒の言葉を頂いた。

これは利用できると思った私は、その男性の怒りに、

まさに、火に油を注ぐ言葉で返した。





そして、私のコトを気に入らない人間は、

即刻フォロー解除&ブロックするように、と

ヒステリックを演じて勧告した。





ものの5分も経たない出来事だったように思う。

周りはHさんをこれからも今までどおり扱ってくれるようとの

Kさんの言葉に従って解散した。





翌日も、ログを読むと私の処遇についてや、

中には下衆な勘繰りだけでモノを言っている、

女の腐ったような男もいて、

(ちなみにその下衆は私が見てますよアピールしたら

 即刻自分の発言のログを全消ししたが。

 後ろめたいですって言ってるようなもん。

 スクショ撮っとけば良かった。)

まあ、あそこで地雷踏んどいて良かったと思った。










タイムラインは閑散としてしまった。

が、

ひとりでも、ふたりでも、何とか救おうと思って

その仲良しグループに接していたが、

すべては元々徒労だったのだと。

消えてしまう人間を救おうとする努力は、

此処でするものではないのだと。

しかと自分の心に焼き付けることができた。

その仲良しグループに否定されてはいけないという
 
無意味な執着という呪縛から解き放たれたのだと。










ひさびさに悪者を、そして愚者を演じてせいせいした。

所詮、私は偽善者。

私はこっちサイドの人間なんだ。

早く原因不明の熱を下げて、エホバの証人の集会に行こう。

そして、みんなに長期不在の非礼を詫びよう。










しかし、仲良しグループで食べよう思って取り寄せた

3万円相当のバウムクーヘンと、手羽元と、ベーコンをどうしてくれよう?

1自分で食べる。

2海雪さんにあげる。

3母親に無理っと食わせる。

以外に消費手段を思いつかないのだが・・・(汗)






 < 過去  INDEX  未来 >



My追加。
ご感想をば。


某突起名 [MAIL] [HOMEPAGE] [BBS]