since 2003

みけねこ庵

INDEXpastwill
2009年10月31日(土)  三十路の今が一番。

今日は一般友の中でも私がキンキオタだと知っているY子と、同じく知っている7月にママになったS代のお家に遊びに行ってきました。
その道中でのY子との会話で、先日のスマスマを見たよと言ってくれました。
面白かったよ〜と話していた中で、



「いや〜久々に二人(キンキ)見たけど、老けたね」


へ?


「剛はまあそんな変わんないけど、光一はちょっと老けたかなぁ」


おおっと!


思わぬ感想に何と返していいかわからず、しどろもどろで、「うん、まあ三十路になったしね……」としか言えませんでした。

ごめんね、光一さん;

でもあの時の光一さんがそんな老けて見えたかしら?と思いましたけども(あんなにニコニコ可愛らしかったのに)、もしかしたら世間からすると、いつまでも若いというか幼いイメージがついてるのかもしれませんね。特に私らの世代には。


で、S代のお宅で可愛らしいベイビー(まだ三ヵ月なのに8キロという巨漢)と遊び、写メ撮り合戦をし、散々しゃべり倒して帰ってまいりました。
その際、S代からお土産をもらったんですけどもね。
なんと、キンキさんグッズ。
彼女のお友達がジャニコンを卒業したとかでグッズ関連を手放すからと、引きとってきたそうな。
これがまあけっこういっぱいあってですね。
どうやら、そのお友達は剛さんファンだったもよう。

・1999〜2005までのパンフとバッグとうちわ(剛さんのみ)
・1999〜2001までのフォト(オフショットで主に剛さん。ちょこっとツーショ; おまけで山Pも)
・バインダーとか下敷とかアルバムとかCDケースとかシールとか何かシートみたいなんとか色々。
・本(どーもとモード・アジアツアーのフォトブックとか)
・カレンダー(剛さんのみ)

私はあまりグッズを買わないので見ててすごく楽しかったですv
ただ保存がよくなかったのか、傷みや変色が激しいものが多くて、ほとんど使い物になりません。ていうか取っとくのもどうかなって感じ;
でも懐かしくってね〜。
フォトなんて剛さんの髪型でいつの頃かわかっちゃいますし、「あーできればこの頃の光一さんのも」なんて思ったりしました。
そんな中やっぱり思うのが“今が一番いいな”ってことでしたね。
過去の二人ももちろん可愛くてカッコイイんだけど、やっぱり今惹かれるのは三十路キッズなのですよ。
私はまだまだ卒業せず二人を見つめていきますわよ〜。
オタは執念深いのだ☆


さて、話変わって、本屋さんに寄ったんですが、TV誌がものの見事になかった! 三誌とも!(遅すぎた;)。
まだコンビニに行ってませんが、最悪見れなくてもいいかな、なんて。
オリスタ買いましたしね。
これから散財の時期が到来することですし、少しでも節約しませんと。
なにせSHOCKの日程を見て、「どっしぇー!」となりながらも、いつもは我慢する私が「7月なら何とかなる? ていうか無計画だけど!」な勢いで申し込む気でいるから、さあ大変だ;;
だって10周年とくればね。なんか弱いのよ、このフレーズ。
そしてさらに10周年を過ぎた、さ来年には新作を!
SHOCKは好きだけど(特にEndlessは)、でも個人的には、真新しい新品のピッカピカの初々しい新作が見たい!
きっともう構想は練られているはずだから。
いやーそうなると、ますますチケ取りが苛烈を極めるかもしれませんけどね。



それでは拍手レスです!

>30日 まつさん。
そうなんですよ〜。ステージが映ったときに「なんだあの狭さは!」って思いましたもん。
てっきり踊るものと踏んでましたから、棒立ちの瞬間ポカーンでした。
少年とからむキンキさんが可愛らしかったとはいえ、ショックは隠しきれませんよね。
年末の特番はFNSは期待できないですが、MステSPはリベンジしていただきたいなと思います。


>31日 紫焔さん。
はじめまして!
このようなサイトに遊びにきてくださって、ありがとうございます!
しかもそのようなお申し出をいただけるなど、ありがたすぎてオロオロしてしまいます;
あの、本気でよろしいのであればお言葉に甘えたいと思いますので、サイトのメルフォか、こちらまで(miketokoto☆mail.goo.ne.jp ☆を@に)ご連絡いただけますか?
気が変わったとしても全然構わないですからね〜(どんだけ消極的;)。


>31日 櫻さん。
ほんとにね、先週ほどの期待はしてなくても、まさか“踊らない”とは思いませんものね。
ある意味、ファンが“打ちひしがれ”ならぬ“打ちのめされ”ですよね。
終わったものは仕方ないので今夜の(もうそろそろ始まる)CDTVを待つとしましょう。
とにかく踊ってさえくれれば何もいらないの! という思いでいっぱいです。
年末の歌番組もどうなることやらですね……。




2009年10月30日(金)  Mステ・・・スワンソング

あれ?
まさかこういうパターンでくるとは露知らず、茫然自失でございます。


これは 2番の 歌詞を 聴かせたい から

曲を 編集すると 踊るのは 難しいという

ことに なったの かな?


いやー斬新!(←ヤケ;)

OPでご登場の際、光一さんの衣裳が先週と一緒!?
なーんて下手なダジャレを思って「どこか違うとこないかしら? あ、ネクタイが」とニマニマ探してみたり、剛さんはまるっと変えてるのを見て、深いグリーンの綺麗めスーツが「お似合いお似合いv」ってニマニマしたり、トークでは意外な伏兵登場! でキンキファンという、まねきねこダックの少年と和気あいあいな姿にニマニマして、順調に萌えモードに入っていたはずなんですけどね……。

ま、終わったことはしょうがない。
まねきねこダックの少年のおかげで終始ニコニコしている二人でしたしね。

あーでも踊らないとなるとお得意の背中合わせで剛さんが全然左側を見向きもしないという、踊る時の背中合わせとは萌え度が天と地ほどの差がありますね。

でも、しょーがない。

しょーがない……。

えー…………。

(めっちゃガッカリしてる自分を持て余し中)。




2009年10月29日(木)  過剰な期待は禁物。

と思って、明日のMステに臨みたいと思います。
ちなみに過去に二回目でツボったシングルって……ビロ闇(曲終わりのイチャつきっず)と、永ブラ(光一さん歌詞間違い、剛さんが肩をぽんぽん)は一回目? んじゃあとはー、SC(剛さんの細かいカメラ目線と光一さんが公共の電波でお尻ぽんぽん)ぐらい?
ていうか、それ以上過去が思い出せない;

まあツーショだったら何でもよいのですけどね。
とか言いながらHEY!の感想を適当にしちゃってね、そのせいだとは思わないんですけど、まさか剛さんの帽子をホーロー鍋なんて書いたせいだとは思いませんけども、、、、、録画したはずのHEY!の映像が消えちゃいました☆

いやーなんのタタリや。
きっと自分が何か操作を間違えて、まるっと消したんでしょうけど、何をどうしてああなったのかサッパリ。
しょーがないと半ば諦めてるんですが(意外にあっさり)、ただ未練は光一さんの“椅子取りゲーム失敗”でしょうね〜(そんな場面だった?)。
座る場所がわかんなくてマイマイしてた光一さん。
剛さんに見上げられながら右隣を示されオタオタする光一さん。
傍で説明を受けたと言われてさらにワタワタする光一さん。
やっぱ諦めがたいですね。
ブジワラが出てきてからの二人それぞれに色んな感情が渦巻いたであろう微妙な表情もありましたしね。
一般友が奇跡的に録ってないか訊いてみようかな……。


話変わって、ブログを巡ってるとTV誌の話題が花盛りなんですが、いつものごとく出遅れております。
なんでもLIFEは売り切れ続出らしいので、ウチのような片田舎でも影響あるかしらと心配です。
土曜日なら見に行けると思うんだけど。それまで置いてて!(ご近所の本屋さんとかコンビニとかスーパーとか)。

ところで、スワン初回盤にはインストが入ってたんですよね。
すっかり忘れて聴いてませんでした(インスト好きのワタクシが!)。
なので、いそいそとインストだけ再生。
うん、音だけでも充分ドラマチック。打ち込みが軽くならずに弦楽器が壮大な広がりと厚みを持たせてますね〜。
アレンジャーさんが巧いんでしょうなぁ。メロディが引き立ってます。
あとコーラスがすごく控えめなんですね。
今回はカップリングも含めて光一さんがコーラスに参加していないようですが、ストレートに二人の声が伝わる曲調のものばかりですし、たまにはいいのかもしれません。
でも光一さんのコーラス大好き人間としては、ちょっと寂しいので、そろそろ告知があってもいいんでないかい!? と思うアルバムに期待したいと思います。



ではでは拍手レスでございますv

>28日 櫻さん。
こんばんは!
Mステリピは止まりませんよね〜。止めようともしませんから暇さえあれば見てしまいます(重症です)。
あの、ワタクシの部分萌えをマニュアルになんかしたら、H/E/N/T/A/Iの仲間入りになってしまいますわ! いけませんっそれはぁ!(手を伸ばしダイビング阻止!)。
……はしゃぎすぎですね;
でも明日のMステがさらにドツボにハマることを祈りたいです。
そしてアルバムのお知らせ、早くきてほしいですね〜。
ほんとキンキファンは焦らされっぱなしですね。
拍手小話、お読みくださってありがとうございました!


>28日 まつさん。
ホントです。逃したらシャレになりませんよね。まるっと録るのが一番でしょう(笑)。
ええっ!? 通常盤がなかったのですか!?
ちゃんと新譜コーナーにどどんっと並べてくれないと! 店員さんったら!
それともきっと売れ行きが良すぎたんですね。通常盤の三曲目は意外やツボにくる部分がありますから、いち早く情報をキャッチしたオタファンが買い占めに走ったのかもしれません。
まつさんが早く手に入れられることを祈ってます!
あ、でも私の感想は参考にしないほうがよろしいかと;
音楽って個人の嗜好が働くものですからして。



2009年10月28日(水)  スワンソング・・・初回、通常盤。

ジャケ写の丸いのはシャボン玉だったんですね〜。
それを追っかけてるから目が寄ってるのか(通常盤)。
いや〜どの写真も癒されます。剛さんニコニコだしね。光一さんは……笑ってv
あのスマスマでも使われてた“見返り美人の光一さん”のお写真はどこ?
どーこーよーーーーー!!!(叫)


★スワンソング

BASSを効かせ、ボーカルよりも演奏を引き立たせるように3D効果を上げて聴いてみました。
華 や か !
さすがシングル。ピアノとストリングスが綺麗ですね〜。なんともドラマチック。
リズムが打ち込みだけど、かえってそのほうが重くならなくていいのかもしれません。
“儚さ”と“切なさ”がよく伝わってきます。
二人の歌声はもはや鉄板。気持ちよく聴き惚れることができます。


★サマルェカダス 〜another oasis〜

バラライカとマンドリン……アラビアンですなぁ。
世界観と雰囲気は充分ありますけども、メロディやアレンジがまたしても歌謡曲っぽい(詞もか)。
それにしても唄うのは難しそう。
剛さんの声がいいですね〜。ほんとに上手い。


★深紅の花

Aメロが「乾いた〜風を抱きしめたらぁ(@Misty)」て、行きそうに聴こえたよ;
光一さんにとても似合う曲調ですね。ラテン系。
サビのメロディが好きです。好きなところへ流れていく感じ。聴いてて気持ちがいいです。
ああっ、ちょっと! 2コーラス目の剛さんの声にエフェクトかけないで〜!! いらない!(ごめん、はっきり言う)。
そこ光一さんにハモってもらっても全然良くないかしら!?
この曲はライヴで踊ってくれたらいいなぁと思います。


★面影

Aメロの出だしを聴いた途端、カーペンターズの「Superstar」が浮かんできました。
もしくは二時間ドラマのエンディング。竹内まりやとか。80年代歌謡の雰囲気ですね。
でもリズムはR&Bですよね。
ある意味、今のアーティストたちの中で、こんなテイストの曲はキンキさんぐらいしか唄えないだろうと思いますよ。
もうね、間奏明けの「夢では あなたを 抱けない」はゾクゾクしてたまりません。
哀愁、万歳!(←またか;)


今回のCDを聴いていて、ますます思いました。
80年代歌謡曲のカバーアルバムをKinKi Kidsで出していただきたい。
最初は剛さんがやらないかなぁと思っていましたが(「昴」唄うしね)、二人の声の重なりは恋愛の哀切を怒涛のように生みだすものだと、つくづく感じました。
N○Kの歌謡コンサートで唄っても全然違和感ないかも。あと懐メロ特番とか。アラサ―とアラフォーの心を鷲掴みにできること間違いなし!(自分世代じゃん; とっくに掴まれてるから)。




……ところで今週は一人どヤなんですね(泣くぞ叫ぶぞみっともないぞ!)。



2009年10月27日(火)  SMAP×SMAP・・・BISTRO SMAP

はぁ、楽しいなぁ!
ただいまリピート中です。
すごいね、約40分もキンキ×スマづくし。
OPタイトルから何か感動しちゃったもん(笑)。

登場からみんなニコニコです。
特に座ってから、二人が揃って中居くんを見上げてる時なんかもうミーアキャット?ってくらい、視線の高さも顔の角度も一緒。(どういう譬え?)
ここ一時停止して眺めたい(今は見だしたら止められないのよね〜)。

過去映像は知らないのが多かったですね。
紅白はもちろん、夢モリとか、がんばりましょうとかは見てなかったですから……(がんばりましょうは、たぶんウチの地方は放送されなかったような)。

あいや〜剛さんがホームシックになったというエピソードが(それ霊的なことじゃなく?)。
中居くんの言い方がお兄ちゃんで、きゅんときちゃった。

おおっ、お辞儀合戦!
ええっ、土下座きて、さらに土下寝!
楽しいなぁ、この先輩後輩(笑)。

さあ、ここからは先輩とのエピソードを語るよ!
というより、Jr時代に先輩を見つめ続けてきたあれやこれやを語るよ!
剛さんがめっちゃしゃべってますね。
予想通りですね。
そして隣で光一さんがニコニコと見守ってますね。
予想通りですね。
キンキキッズですね。
すっかり少年のころに戻ってますね。
でも慎吾ちゃん覚えてない(笑)。
それってキンキさんもそうですもんね。後輩たちが言うエピソードをさっぱり覚えてない人たちですから。

秘蔵映像……あ〜かくし芸は覚えてますわぁ。
この番組は何故か恒例のように家族みんなで見てましたから。
光一さんがサラ髪。すでに別嬪さんv

さてお料理です。
ずっとBGMにシングルが流れてて、すごい粋な計らいをしてくれますよね〜。素敵だ。
お料理は双方とも和食だったことに意外性を感じました(フォンデュがありましたけどね)。
お魚のキンキがきましたね〜。
「お出汁の甘さと〜、酢橘の酸味が相まって……」
「それ!」
「横取りやん」
「それ! それやねん!」
このやり取り好き〜。キンキやわぁv

おおっ慎吾くん、すげー! 真っ赤!
サカナクン、じゃないお魚キンキの声が可愛いv

草なぎくん香取くんペアのお料理のほうが反応が良い気がしましたが、勝者はキンキの煮つけ、じゃなくて木村くん稲垣くんペアでしたね。
二人で相談のシーンは、やはり見せてくれませんでしたか……まだまだですな、スマスタッフ(何がや;;)。
でも、「せーの!」の二人が可愛かったので良いです(あ、上目線)。
ところで何で包丁なのー?
二人で考えて包丁なの?
この瞬間は、いきなりコケそうになりました。

次は歌で出演!
でも選曲に「硝少」は抜きで。
ていうか、短パンですか!
光一さん、短パンですか!
剛さんならいくらでも想像できますが、光一さんの短パン姿!
運動会以来じゃないでしょうか?
食いつきすぎてるのは重々承知です。
聞いた途端、めっちゃテンション上がってしまったんですもん。
自分にこんな趣味があったなんて(て、どういう趣味になるん?)。

何はともあれ、近いうちに実現をお願い致します。

それにしてもTV誌に載っていた、光一さんが座る時のアクシデントや剛さんがお肉を食べなくなった件とかは放送されなかったですね。残念。
あ、放送されないところだから載せましたよ〜なのかしら?
えーそんな補完の仕方やだ。



ではでは、いつも拍手をありがとうございます〜。
拍手レスです。

>27日 まつさん。
ビックリですよね! 剛さんが「昴」を歌うなんて。
番組名ですが、TBS系の「JNN 50周年記念歴史大河スペクタクル唐招提寺1200年の謎」、11/3の19:55〜22:48放送だそうです。
一回だけフルで流れるそうなんですけど、ドラマ中なのかエンディングなのか、その辺はまったくわからないので、まる録りするしかないでしょうね〜。
きっと他に聴ける機会はないと思うので絶対逃せませんね!
HEY!は歌が短すぎましたよね。ちゃんとワンハーフあれば見所があったと思うんですけど。
Mステ! 私の萌えポイントがお役に立ったなんて嬉しいです〜v
きっと見るたびに新たな萌えが見つかると思います。それくらい衝撃的でしたからv



2009年10月26日(月)  新堂本兄弟+HEY!

ほえ?
剛さんが「昴」を歌う?
ほえぇぇぇぇ!? びっくりしたー。

しかも来週放送のSPドラマとな。
フルで流れるそうなので、一応まるっと録画ですかね?
エンドロールでフルはなさそうですもんね。

剛さんが誰かの曲を歌うのってホント楽しみです。
しかも「昴」っていうのが意外も意外というか、あの壮大な曲を剛さんがどんなふうにアレンジして歌うのか、まったく想像がつかないですもん。
でも、なんとなくですけど、原曲のようなオーケストラどーん!な感じではなさそうな気がします。

来週も楽しみができて嬉しいなぁv



★新堂本兄弟・・・原田知世さん。

今回のゲストさんは私にとっては“お姉さん世代”の方でトーク番組に出られているのは見たことがなかったので楽しみでした。

のっけから光一さんが「こんな人間ですみません……」ゆったのにはビックリした(笑)。
めちゃ弱気やん;
滅多にトーク番組に出ない女優さんなだけに探り探りだったのかしらん?
でも意外と原田さんはしゃべる方でしたし、光一さんのマニアックな話を興味深そうに聞いていた気がしますよ(え、良く見過ぎ?)。
虫の話は思わず一緒になって頷いてしまいました……。
まあ私の場合は生物学とか天文学的にというよりは、空想に繋げてしまうんですけどね。
あとカエル倒立?
そういう名前だとは初めて知ったんですけど、あの体勢で歩こうとして転んだ光一さんにほっこり。かわええ〜v
光一さんが動くと剛さんが楽しそうだしね。そりゃ常に90度傾き座りになるってもんです。

今回のキンキさんで盛り上がったのは、“お料理を器に盛るか、そのまま出すか”論議ですかね。
先に書きますと、私は両方です(笑)。
基本、器に盛りますが、料理によってはそのままでも平気で出しますな。
いや〜臨機応変でいいんじゃないの? と思いますが、剛さんから言わせると「女らしさ」を出すべき場面なようなので、はい、相手によって臨機応変に対応したいと思います!(ぇ)。
でも光一さんのような人なら楽だなぁと思います……洗い物もしてくれるし。あ、でも剛さんは“阿修羅洗い”してくれるんだよね!

……失礼しました。自分に投影しすぎですね。
いやはやこの話、完璧に“夫と嫁”の関係そのもので、バランスの良さに今更ながら感嘆致しました。
一緒に暮らしてて退屈しないよねv(おぉい!?)。

あ、そうだそうだ。
トークの時の剛さんの帽子がカッコイイ。
ああいうシックなの似合いますなぁ。



★HEY! HEY! HEY!・・・スワンソング。

さっき見終わったばかりです。
いやー何書く?(オイ;)。

最初のトークで、光一さんが席を間違えたくだりが一番の萌えどころですかね。
嫁さんは聞かされていたというのに(しかも思いっきり傍で)、聞いてないと言い張るダンナさま。
何を考えてらしたのかしら?
それとも意識を飛ばしてたのかな?
というより、いつもの座り位置でないと、しっくりこないんですね。わかります。
嫁の左隣はオレの領分!
これ、座右の銘にしない?
あ、もう一つニヤニヤしたのが、フジモンが剛さんの話をしている間に時々映る光一さんの表情が、もうね、複雑すぎて面白すぎます。
その上、原西さんからお近づきになりたいと独自の振りを伝授されて、渋々お付き合いすることに。
でも、おんなじ振りしてるのに華麗ですなぁ、光一さん。さすが☆

さあスワンですよ。踊るスワン!
って!
剛さん、そのお帽子は!
一瞬、ホーロー鍋を被ってんのかと思った!
萌えダンスのはずが、笑えて仕方なかった……すんまそん(泣)。
しかも歌が短縮されてしまったばかりに、一番の萌えポイントだった間奏がなかったぁ(号泣)。
見つめあいもツーショメインで(確かにそれも良いが)カメラスイッチがなかったために、お互いの表情がイマイチつかめなかったです。
でも、剛さんはしっかり見つめてたよね。
光一さんはやっぱりフラフラしてたけど。

踊るスワンはMステに期待ですね。
CDTVもありますし。
まだまだ萌えられます。エヘ☆


さて、もう少ししたらスマスマが始まります〜。
ニコニコな二人に会えますね。



2009年10月25日(日)  しつこいですが。

暇さえあればMステをリピートしています。
あんまり見過ぎて、見る視点がだんだんと変態チックになってきてるかもと思い始めました。

つまり、“部分萌え”でございます(あ、今引いたね?)。

光一さんで言えば、
・イントロのシンメで左右にステップ踏む時の、つま先。
・手をクロスしてパタパタする時に、なぜか唇を噛むところ。
・Aメロアップで最後にカメラ目線になっちゃったところ(意識してないと思われ)。
・間奏終わりで剛さんの肩を押したあとに手を翻した時の指の形。
・向かい合わせでさまよう瞳(黒目全開! 瞳孔開いとんちゃうかってくらい真っ黒。まさに犬!)。
・ラストポーズの腰の傾き加減(脇腹からのラインが綺麗。ジャケット邪魔よ!)。

剛さんで言うと、
・カメラがスイッチした時の帽子を触った手と下目線。
・しょっぱからターン!!
・手をクロスしてのパタパタが剛さんの場合、ひよひよという擬音に思えてしまう。
・Aメロで光一さんの後ろで緩やかに動いてる時の、うなじと肩まわり。
・歌ってる時の口元とマイクを持ってる手の指がぴよぴよ動いてるところ。
・踊ってる時の右手の指が指を鳴らす形になってるところ。
・間奏終わりで光一さんに肩を押された時の、うなじと肩と背中と腕(あのカットをデスクトップに貼りたいくらい)。
・見つめる瞳(ちょっと上のほうをさまよってる時の潤み具合)と首の傾き加減。
・見つめあいが終わったあと、何事もなかったように正面に向いて踊りだす(つまり表情が動かない)。


……細かすぎますね(あ、誰もいない?)。


歌番組によってカメラワークが変わったりすると、新しい萌えどころが生まれるかしら?
た・の・し・みv(←きしょいわ!)。



2009年10月24日(土)  リピート率、過去最高になるかも?

キンキさんにハマったきっかけが、歌声はもちろん、ダンスも大きな割合を占めていた私にとって、今回の新曲「スワンソング」は予想外の衝撃を受けました。

なーんて、真面目な文章はどこぞに放り投げて、突然ですが、過去のシングルでワタクシ的ツボなダンスナンバーを列挙しようかと思います。
あくまで妄想癖のある偏った感想ですので適当に読み流してくださいませ。


★愛されるより愛したい

何よりハマったきっかけ曲なので、これを挙げずにはいられません。
とにかくイントロアウトロで、剛さんのクルクル回る姿がかわゆーてかわゆーて、いまだに剛さんのターンはツボです。
両手を上げちゃう感じが“甘えっ子”な印象があるんですよね(そこがいいのかい;)。
ちなみに光一さんのターンで一番好きなのはミラコンの「アンブ」です。こちらは片手上げね。素敵v(細かいなー)。


★雨のMelody

シングルで二人が初めてハモった曲かな?
もう曲自体が好きすぎるんですけど、振りも「面白いな〜」と思う形が満載なのに妙にツボる。それにイントロの振りはライヴで披露するたび、ちょこちょこ変わったりして常に新鮮でもあります(単独CDでも踊ってくれて嬉しかったv)。
当時は最後のシメポーズで光一さんがバランスを崩しそうになってハラハラしながら見てましたねぇ。
剛さんはどこもかしも男前(スーパーサイヤ人v)で、光一さんは髪型含め女優ばりの別嬪さんだったという、すんばらしい時期でした。


★カナシミブルー

唇を指差す振りが斬新で「おおっ」と感嘆した覚えがあります。
間奏の振りが好きでしたね〜。カク、カク、カクと膝から落ちていくやつとか(どんな説明;)。
この曲は二人ともが気に入ってるとよく言ってたはずなんですが、なぜかあまりライヴで披露されないという、ちょっと歯がゆく思ったりします。
今のキンキさんが踊ったら、ますますハマりそうな予感がするんですけどね〜。ライヴで踊ってほしいなぁ。


★ビロードの闇

聴くたびに好きになったスルメソング。
ライヴでもよく披露してくれますが、この曲ほど踊り方が変わってきてると顕著に現れてるのって他にない気がします。
手とか腰の動きが特に。
個人的にはMステ一回目の初披露が一番ベストだと思ってます。
バックをつけずに二人だけで踊ったというのもあるし、二人が一番揃ってるというのもある(笑)。剛さんの頭巻き巻きも好きだったしなぁ(巻き巻き加減は、徐々に外れそうになった「音楽戦士」がめちゃツボった!)。
“打ちひしがれのハットトリック”もあったおかげで、一番リピートしたダンスナンバーです。


★番外編 涙ひとひら

実はサビの振り付けが一番好きなんです(笑)。
剛さんがちょいちょい軽〜く踊ってたりして、ちゃんと踊っても全然歌えるだろうになぁと思ったものです。
イントロの顔の傍でグーしてるのとか、よく動く腰の感じとか(笑)、けっこうツボがある曲ですね。


他にも、僕羽(最後のキメ)とか、情熱(猫手!)とか、やる気まんまんも好きですけど、この辺りの曲は最近のライヴでも歌ってくれますけど全然踊らなくなりましたね。
まあ歌うのに支障があるなら無理にとは思わないんですけど、二人それぞれに踊ってる時の仕草というか形というかにツボがあるんで、時々はお披露目してほしいなと思います。
今回のスワンはガッツリではないですし、ツボったのも振りの形というよりは構成が好きですね。
もう間奏の最後、昨日も書きましたが、剛さんが光一さんの前に立ちふさがりーの、その剛さんの肩を押しつつ前に出る光一さんの手の動きだったりーの、その時に音に合わせて肩を引く剛さんの後ろ姿〜のという、この一連の動きが、何回見てもウットリしますvv
あれ好きやわぁ。
ささ、寝る前にもう一回リピートを(一回ですむの?)。え?



2009年10月23日(金)  Mステ・・・スワンソング

何から書こう?(笑)。

いやーもうすごい破壊力で。
そしてツボだらけのスワン初披露でした。

残念ながら、うちの地域ではミニステが放送されないので本編のみを、とりあえず順番に書いていこうと思います(そうやって落ち着こうと思います)。

OPの登場は一番手でしたね。
衣裳を見て、いつにも増してバラバラな感じ〜と思いながらも、白と青という配色で合わせてましたね。
剛さんの帽子とベストと青いふわふわ(あの生地はなんていうんでしょうねー)のバランスが良くって可愛いんですけど、左につけると光一さんとの距離が空いちゃうねと、ちょい不満に思いました(事実、座ってる時えらく空いてたもん。しかし、この不満は歌で払拭されました……)。

さて、キンキさんの出番です。
今回のMステは7組なので、こりゃトークは短いなと思っていたらホントに短くて。
でも、そんなこたぁもうどうでもいいのです。
もしやと思わなくもなかった“パンちゃん”の話題が出ましたよ。
自慢げどころか、自画自賛までする光一さんに少々びっくりしましたが(まさか自分のことまで可愛いと言いだすとは。そりゃあなたは十二分に可愛らしいですよ。そんなこたぁオタはとっくの昔にわかりきってる!)、剛さんの口から語られる日がようやく来たことに感激しました(大袈裟です。今回はすべての表現が大袈裟です。仕方ないんです!)。
とはいえ、ほんの一言二言ですけどね;
それでも「檻を開けたら、まっさきに僕のところにくるんですけどね」という暴露話に、「つよっさんオリって。ゲージとかカゴとかキャリーバッグとか言ってよ」なんて思いながらも「そうかぁ。やっぱそうかぁ」とニヤけが止まりませんでした。

そして歌です。
踊るスワンはどんな振り付けなのか。ドキドキです。
しかも“向かい合わせで歌う二人にご注目ください”と、きたもんだ。
やはり“向かい合わせ”が売りなのかと、さらにドキドキ。
おまけに剛さんが何だか緊張してるっぽいです。
胃のあたりを押さえてます。
歌いだし大丈夫かなぁと固唾をのんで……。

スワンソング、侮りがたし。

剛さんの歌い方の、なんと甘く優しいことよ。
光一さんの歌い方の、なんと切なく苦しいことよ。
やっぱり生歌のほうがいいですね!

その上、振りが良くって!
ワタクシ、前々から左右もいいけど“前後の背中合わせ”で歌う振りをやってくれないかしらと思っていたのです。
それが実現した。
しかもAメロだけじゃなく、間奏あけでもあったし、さらにあける前には二人が表の向かい合わせで光一さんが剛さんの肩を押して前に出るという(その時の剛さんの肩を引く動作がすごくイイ!)あの瞬間が一番ときめきました。

そして真打ち登場とばかりの“向かい合わせ”には正直期待してなかったんですけど(だって二人が眼を合わせることは絶対ないと思ってましたもん)、確かに眼は合っていなかった!
つーか合ってないと思う。
交錯はしてると思いますけどね。あれだけ剛さんが見てれば(笑)。
ただ剛さんにしてもガッツリ眼を見ていたわけでなく、ふわふわしてる髪とか見え隠れしてる耳とか、そのあたりに視線を置いてたのかもしれませんけど、でも、あのうるうるしすぎてる瞳は、ほんま反則や……。
あれはファンを完璧にノックアウトしたはずです。
光一さんはもうね、正視できないのはわかりきってるから 歌詞を見るほうへ行ってましたけど、でもちょっとは頑張ってたかなぁ。
この“向かい合わせ”、なんとなく二人の間で、「見るで」「見るのー?」「見るよ」「じゃ頑張るわ」みたいな打ち合わせがあったりしたんじゃなかろうかと邪推したりして。

いやぁ、とにもかくにも今回はカメラワークもよかったし(最初の片方が歌ってると片方にスイッチするのとか、前後の背中合わせで背後にいるほうに視点を置くとか)、振りの構成がシンメが多くて二人の距離が近いなんて、今まであったかしら? って感じだったので、期待以上でございました。

来週も楽しみですわ〜。
あ、光一さん、来週までに歌詞を覚えてくださいね。
意地とかヤケでもいいですから、ガン見合戦をやってみてください。
もうそうなったら本気で萌え死ぬかも……。
この曲、冬コンでもやりますよね?
ていうか、年末の歌番組もスワン……!!
白鳥、万歳!!! ←断末魔。



2009年10月22日(木)  二人どヤ! 10/22編。

あら〜? 剛さん、どこ行かはりました?
ってくらい、オレふぁんの間は声が聞かれませんでしたね。
前回みたいな割り込みハイテンションにならなくて残念でしたが、ままそんな時もあるさということで、今回は穏やか〜な会話でした。

OPトークは、パレスチナの動物園で子供たちのためにロバをシマウマにしようと白髪染めとかで染めちゃったというお話。
K 「人間が染めたってことですよね」
T 「ん〜」
K 「そこまでしてシマウマが見たいかっていう」
T 「ん〜、ちょっとかわいそうですね」
K 「ロバの気持ちからすると、なんでやねん! わしゃロバや!って感じですよね」
T 「ちょっとかわいそうですな。う〜ん」
K 「キンキキッズどんなもんヤ!」
T 「はい、はじめます!」

オレふぁんは当然光一さんの独壇場でして、鈴鹿のコースについて低音を響かせながら淡々としゃべり続けてます(笑)。
途中、どなたかの着信が鳴ったようで、しゃべり続けている中でも「はぁい、もしもし」と自然に挿入した光一さんが面白かったです。
ほんと自由なラジオですね〜。

ポエムです。
剛さん、ちゃんといた(笑)。
絵本を読んでいる子供が“うんことどっこいしょ”と言っていて和んだというお話。
K 「“うんとこ”ですね」
T 「ああ、そうか」
K 「うんとこどっこいしょ」
T 「一所懸命やったな。これまでも確かに“うんこ”にちょっと見えちゃうからな」
K 「子供からするとこれは“うんこ”やと」
T 「残念ながらの、かわいい事故ですな」
K 「和みますね。はい、お相手は堂本光一でしたー」
T 「はい、堂本剛でしたぁ」
何に和んだかって、このポエム読んでる光一さんの“うんことどっこいしょ”の言い方が、たどたどしくて可愛いったらありゃしない。
逆に剛さんは、お兄ちゃん発言というか優しい口調で素敵でしたわv

来週も二人だといいですね〜。


さて今日は、ちょろっと本屋さんに寄りまして、TVガイドとポポロやMyojoを見てきました。
ガイドはもちろんスマスマの記事を眺めたおしましたよ。
ほんとにみんなでお辞儀の写真ばっかだった(笑)。
すごい光景ですよね〜。
何だかいい雰囲気で放送が楽しみですv
それにしても予告CMが見れない〜。
こういうの、ホント遭遇しない性質なんで、結局は本編までお預けなんでしょうなぁ。
あ、でもスワンのmusic.jpとJEのCMは見れました(録るのは無理だったけど;)。
今回は「じゃにーずえんたーていめんっ」普通でしたね……二人の変顔バージョンがシリーズ化してくれることを祈ってたのに。残念。
そしてPVは、あんまり動きがなかったですけど、色々と妄想が出来そうな映像風景でした。二人とも衣裳が可愛らしかったしv

さあ残るは“踊るスワン”ですわよ!
明日には舞い舞いするキンキさんが見られる!
どうしよう。期待しすぎて「こんなもん?」な振り付けだったら(失敬な!)。
いやいや過去にそんなふうに思ったダンス曲はありませんけどね。
たーのしーみだぁvv



2009年10月21日(水)  二人どヤ! 10/20編。

ん〜と、今回は二人ならではの適当なトークだったかと(褒め言葉)。
T 「堂本光一さんと四人でお送りしてるわけですけども」
K 「誰や。あと二人誰や」←ものっすごい低音(笑)。
OPの話題から、あまりにも食いつき難い内容だったせいか二人のテンションが上がりませんよ。
特に光一さんは完璧リビングで寝っ転がってる状態になってませんか?
欠伸してるし(笑)。

フツオタ。
“歯医者さんで寝ちゃいますか?”という質問。
寝ちゃう光一さんに対し、歯医者が苦手な剛さんは寝られないと。
でも寝られない理由が、
K 「よう寝ますわ〜。あんな横になったら寝るっちゅうねん」
T 「いや、歯ぁ掘られてますからね」
K 「て今、痛くないやん」
T 「痛くないけど、何かその、もうちょっとこう開けたほうがやりやすいかとか、そんなこと考えてたら寝れないっすね。僕は」
K 「へぇ〜」
T 「うん」
「ふははは」←たぶんスタッフの笑い。
T 「ええ〜」←まねっこ?
K 「まあ、寝ていこ」
T 「はい」
剛さんの理由わからなくもないかなぁ。
診てくれてるから、ちゃんと開けとかないとって思いますもんね。
でも寝ちゃうのって、診る側としてはそんな不快に感じたりはしないですよ。まあ先生によるかもしれませんけど。
小さいお子さんなんかは寝るぐらい豪胆な子のほうがやりやすかったりしますしね(経験上思うことですが)。

続いて、しょうもないサミット。
何だかどれも、どうでもいい内容らしく紹介したのもたいして話が広がらないまま終わってしまいました。
なので、
K 「何でおまえ、これ選んでん? おまえ(笑)」←楽しそうに笑ってます。
T 「いや他も」
K 「あ、そう」←ボソッ。
T 「なんかちょっとな、というね」
K 「そうか」←ボソッ。
T 「さ。サミットで紹介する……」
K 「ほうか、ほうか」←ボソボソ。
ボソボソ言うてる光一さんがおもろい〜。

ポエムの“パープルちゃん”も面白かったですが、最後にオモチャと化した光一さんがかわゆすぎました。この人はどんどんキュートになりますなぁ。低音なのに(笑)。
え〜最後に告知をし始めた剛さんですが、
T 「(省略)……調べてくれはったらええんちゃうかな!」←この口調好き。
K 「んで、です、です」←ん? どもってるの?
T 「ということでございまして、ライヴもまたね、回りますので、少しではございますけれどもね、地方にもちょろっと行きますので、みなさんもしよろしかったら、え〜ころっ、え〜※△★ください」←最後適当(笑)。
K 「い、いま、微妙にコロ助が出てきたな」
T 「さ、ていうことで」
K 「ころっころっ、つて、ころっ」←なんか面白いオモチャが。
T 「またね、お会いしたいと思います。え〜明日もみなさんの、え〜心に甘い愛をそそぉぎながらお届けしたいと思います。それではお相手は堂本の、おぉ〜剛と」←ここにも妙に言葉を引っ張るオモチャが。
K 「ころっ、ころっつて、堂本光一でした」←あ、オモチャじゃなく光一さんでしたか。
T 「ばいばいっ」

さて今夜は「フィッシング天国」と「オレふぁん」、どっちだろ?


そうだそうだ。
先週出たオリスタをやっとゲットしました。
“光ちゃんの鈴鹿記念”ですからね。
あの笑顔を保管しておかないわけにいかないですもん。
ある意味、乙女になった瞬間かも。
光一さんの中の乙女が全開になったとしか思えない、あのトロトロ加減を誌面で保存できるなんて滅多にないでしょう。
今週のライヴ特集より貴重かもしれない。
ていうか、来週はキンキさん?
また三週連続(って、いつ以来やろ?)……。
TV誌もあるしなぁ。
そして肝心のスワンCDも(今回は店頭買いです〜)。
嬉しいんだけど、色々とキビシイですな〜。


……ところで、「うたばん」は出ないの?




拍手レスでございます。

>20日 櫻さん。
こんばんは!
二人どヤがあると寝不足になってしまいますね(*^_^*)
ほんとに二人のリビングトークが一番ですよね。
それか、キンキラみたいにラジオでは伝わりにくい(笑)ヘンテコな企画で遊んでる二人の声が聞きたいです。
光一さんの“あひゃひゃ笑い”をしばらく聞いてない気がしますもん。
ああ、キンキラが懐かしい……。
「サマーヌード」はすごく雰囲気のある素敵な曲ですよね〜。
キンキさんにも似合いそうなメロディだなぁと思いました☆
さてさて、金曜日のMステを皮切りに「スワンプロモ」が始まりますね!
ツーショをいっぱい堪能して、日々の糧に致しましょう(笑)。
アルバムは来月にはお知らせがあるといいんですけど。
冬コン初日までには出ると信じてます!



2009年10月20日(火)  二人どヤ! 10/19編。

OPトーク。
光一さんの地響きを起こしそうな低音から始まりましたが、ここで「おお!?」と思ったことがありました。
不景気のためにトイレットペーパーを持参しているというアイルランドの学校のお話をしていたんですが(“オニール校長”と言ってる光一さんの口調が妙に面白かった)、そこからこんな流れに。

K 「親からしたら、うちの子はちゃんとウンコをしているのかしら?ってね」
T 「今日も外したんやろ? おまえ」←いきなり何の話?
K 「ん? 何がや?」
T 「おしっこ外したんやろ?」←まさか光一さんが?
K 「ここ来て、あの何か、あれやろ? トイレシート出す前にしてもうたらしいな」←このセリフ前、編集された? それともキンキさんによくある説明なくても成立する会話ってやつ?
T 「そうかぁ」←小声
K 「んん」
T 「してもたか」←囁いてます。ものっすごい甘いひらがなしゃべり。
K 「キンキキッズどんなもんヤ!」
T 「え?(笑)、ふわっとしてますね〜」
K 「ん〜、行くでぇ」
T 「はい、始めましょう」

あらまあ、パンちゃん、おるんや〜んvv
剛さんがいきなり「外したんやろ?」と言いだし、まさか光一さんに言うてんの? 光一さんもしかして? な、これまた疑惑(笑)を呼びそうな振りだなぁと思っていたんですが、“トイレシート”とくれば犬の話ですわな。
しかも剛さんが小さい声で言ってるのが、普通の呟きというよりは、傍にいると思われる(もしや膝の上にいたりしてv)外してしまった張本人に「やっちゃったかぁ、そうかそうかv」みたいな甘い声だったんですよね。
光一さんってば兄弟の収録には当り前のように連れてってるのかもしれませんね。
いやはや二人して親バカしてるのかしらねぇ。
あやしあやされて和んでるのかしらねぇ。
お父さんはどんな顔して、お母さんにあやされている娘を眺めてるんでしょうねぇ。
いやー楽しい!
これだけで、すんごい萌ゆるわ!
いくらでも妄想が広がりそうな感じです。
なので他はたいしてツボってないんですけど、一応レポってみますと。

本編は、フツオタが“お父さんの存在がウザイので剛くんにお父さんになってほしいです(はしょりすぎ)という女子”、ドン引きが“飲み会でお皿を片づけている男子が「オレって気ぃきくと思えへん?」と言ったことに引いた女子”と“ケチな上司が新婚旅行に勤続記念でもらった旅行券で熱海に行くと聞き、新婚旅行は海外がいいですという女子”というお便りでした。

個人的には、みんな「どーでもええやないかい」と思う内容ばかりで、正直「キンキさんに何を言わせたいんや」とも思って、送った女子たちや選んだスタッフに呆れてしまったんですが、まあ二人のやる気なさそうな受け答えが耳には楽しいのでね(結局なんでもいいんかい)、光一さんの「アカンか?」の繰り返しは男前でした(こういう口調の光一さん好き)。

そしてポエムは、雨の日に頭からスーパーの袋を被っていた大阪のおばさんはすごい、というお話から、剛さんの空想劇が始まりました。
チャリンコに傘差すのをつけてたり、前にシールドみたいなのを張ってたりと、さまざまなアイテムを装備しているおばちゃんは、何者かに狙われているらしいと。

T 「あれ卵よけるんでしょうね」
K 「ああ」
T 「大阪のおばちゃんぐらいになると、やっぱり狙われますからね」
K 「よっぽど嬉しいんやな」←こう聴こえたんですけど。違うよね……意味わからんもん;
T 「近所の揉め事とかに巻き込まれるじゃないですか。あそこの奥さんの庭掃除のやり方が腹立つとか、水がここまで飛んできてることは何事やみたいな、そういうことがあって、すれ違いざまにカッとやられますから。あれもうほんとに防弾シールドっていうか」
K 「なるほどな、自分を守ってかなあかんな」
T 「おばちゃんもやっぱそうですよね」
K 「守ってこ!」
T 「ふふふ」

剛さんの想像力には誰も敵いませんな。

最後は冬コン告知でした。
そろそろ振り込め用紙が届きますかね〜。
何とか参加できますように。お祈りお祈り。



さて昨夜は、はりきってHEY!とスマスマの予告を見ました。
ちっちゃな静止画は、黒ベレーの剛さんとふわゆるヘアの光一さんです。
いつもと座り位置が違いますな。
またしても芸人さんが絡むみたいですし、メインは平井くんのようですし、やっぱり懐かしの名曲なんぞがあるみたいですし、あまり期待できなさそうですね。とりあえず“ツーショでニコニコ”が見れたら、それでいいかなと思っておきます。
それとは反対に、ジャケ写の別パターンっぽい二人(せめてジャケ写の中とか裏面に使われてますように! めちゃ可愛いかったわぁ)にテンションが上がりまくり、映像はなかったですけども“ビストロ”だってことだけで楽しみで仕方ありません。
スマップ5人と絡むのは久しぶりですもんね〜。
もう剛さんがてろんてろんの笑顔だろうことは想像に難くないので、光一さんが大人しくならないように中居くんの手腕には期待したいところです。




2009年10月19日(月)  新堂本兄弟・・・真心ブラザーズ。

なんだか和気あいあいと楽しいトークでしたね。
20周年というゲストさんの空気がいいんでしょうね〜。
仕事と思わずに「楽しい」と感じながら毎日を過ごしていたら20年経ってた、なんて羨ましすぎます。
でも、その楽しいことを、まっすぐ見据えて頑張ってきた結果なんですもんね。当たり前の時間を過ごしてきたわけですよね。

とまあ、そんなゲストさんとキンキさんの繋がりは、兄弟初回での偶然?の遭遇と、「Hey!」の楽曲提供ですね。
しっかし、光一さんがこの曲を「キンキの明るい曲の中で1、2を争う」と言っていたのに「え?」と首をひねってしまった(笑)。
当時“この詞って何気に切ない”ってことを言ってませんでしたっけ?
曲調は明るめかもしれませんし、確かにコール&レスポンスができる貴重な曲かもしれませんけども、スワンのことを「明るい」と言ったことといい、光一さんの基準がちとわかりませんわ。
きっと“光一さんが思うキンキ曲のイメージの中では”なんでしょうけどね。

そんで、今回はお衣裳が黒のニットに紫のストールを巻いて可愛くなってる光一さんは、歌詞をすっとばす常習犯でもあります。
剛さんに思いっきり暴露されました。
「ん〜、わかんね!」と言って客にマイクを向ける、という行為を。
いやもうファンにとっては慣れっこだし面白がってるんで全然オッケーなんですけど、世間的には、さらにアーティストとしても(YO-KINGさんが「言っちゃダメでしょ!」と突っ込むほどだし)アカンことなんですよね、ほんとは。
でもやっちゃえ。(←コラ;)。

あと光一さんの(また光一さん;)“尿管結石”の話を聞いている間の「あ〜」がおもろかった(笑)。
なんかすごい実感こもってるっていうか、経験ないのに実際になられた方の話を相当聞いてるかのような「あ〜」でしたね。

「ハナゲ」の歌。
わろた(笑)。
適当なオチと言っていた“こけた”に、まんまとハマりましたよ。

そして、本来なら「モエ〜」なんでしょうけど、いまいちよくわからなかったワタクシは後からじわじわきたという……。

「“音楽”ね。“楽しい”っていう字がありますからね」
「何か上手いこと言うてるような気がしますけども」
バッサリ切ってから雪崩とる光一さん。
「ちゃんと眼をつぶって」 ←?
「つぶる? つぶったらじゃあ、褒めてくれる?」 ←見事に可愛いv

これ、なんで眼をつぶってなん?
光一さん、どっからそんなセリフがでてきたん?
しかも剛さんも一瞬?になったけど、素直につぶって、おまけに乙女になっとるし。
キンキギッズの萌え発想はワタクシの妄想を遥かに越えている気がしてなりません……合掌。

最後は歌ー。
ちょっとキーが高めの「Hey!」は味があって良かったです。
「サマーヌード」は実は知らなかったという……世代のはずなんだすけどね〜。覚えてないだけかなぁ?
このサビは好きなタイプですけどね。CDでちゃんと聴いてみたいかも。

え? ピノ?
ピノがどうした、剛さん!
食べようとしたら溶けてたってこと?
5秒じゃなくてちゃんと流して〜。


さてさて今週からスワンプロモが始まりますねー!
やんややんや☆
もう拍手喝采な情報ばっかりで嬉しいですわ〜。

今週は二人どヤですってね!
スワン、踊るんですってね!
スマスマに出演するんですってね!

いや〜もう楽しみ過ぎて、ちょっとどうしよう!
思いっきり現実逃避できるわぁ(←オイ;)。




2009年10月15日(木)  ゲップはポップ

久々に「剛さんどヤ」を聴きました……。
なんか最後には八乙女くんになってましたけど。
あの〜タイトルのゲップも、あまりに自然だったのでよくわかんなかったっす。自己申告したから「あ、そうなの?」って感じでしたけど。
でもすぐに“ポップ”という単語が出てくるところはさすがですね。
「抱きしめてtonight」の歌詞がポロポロ出てくるところもすごいですね。
スタッフがウケすぎてるところもすごいですね。
……なんかよくわからない感想になってきたんで、この辺で終わります。


それにしても最近は二人じゃないと聴いてないことが多くなりました。
なぜか録り損ねるんです……。
どんだけ気合い入ってないかがわかろうものですね;
先週の光一さんは……録れてるかどうかも確認してない。
あ、違う!
先週はスワンフルオンエアだったから聴いたんだ!
……もう忘れてますね。
新曲のはずなのに、なんかすでに聴きなれてしまってる感があります。
リピしすぎです。ほんまに。

カップリングの「サマルェカ……?」(忘れた;)は、着うたで聴きました。
んーよくわかんなかった。
なんかアラビアンな感じがしましたけど。
やっぱりちゃんとフルで聴かないとね。

テレビ披露はMステとHEY!は出るらしいとか。
歌番組はもちろんだけど、たまにはあちこちの番組に宣伝しに行きませんかね?
で、やっぱり同じ事務所の冠番組とかね。
嵐の番組とかいいんじゃないかなぁと思うんですけど。
「宿題くん」とか「VS嵐」とか。
楽しいと思うんだけどなぁ。
色んな萌えが詰まってそうだv


あと気になるのが「24ちゃんねる」。
ABCは放送してくれるの!?
なんか今のところしなさそうなんですけどーー!
すごく評判が良さそうなので見れなかったら落ち込むなぁ。
もう何週遅れでも文句言わないから放送してほしいです。



2009年10月13日(火)  あの光の球が!?

そんな、どえらいものだとは露知らず。
世界に27個(でしたっけ?)しかないものを、世界初で光一さんが一番最初に全部使ったという、なんだかすんごいシロモノを使ってらっしゃったのですね。
確かに、あの動きはとてもスムーズだったし幻想的で綺麗でした。操作するのが大変なんじゃないかと思いましたもの。
ただ横から見ると、なにがなんやらでしたけどね。
その話題のおかげで、「Falling」の映像が見れたのでよかったです。
あれは光一さん監修のもと、しっかり見てみたいものです(DVD化待ってます!)。
あと、パンちゃんにメロメロな場面も流れて、親バカなのを世間一般にも知らしめてしまいましたね。
いやー立派です(←なんのこっちゃ)。

それにしても、いくつかWSを録ってみたんですが、ますます扱いが悪くなってるなぁと思いました(スッキリやスパモニは放送すらなかった)。
しかも、もれなく“マイケル”と“小泉さんのウルトラマン”も入っていたので、少々うんざりしました……。



2009年10月12日(月)  お知らせが!

光一さんからのお知らせで早くも「祭りじゃーっ!」状態のキンキファン。
すんばらしい!
振り込め用紙も近々届きますかしらね?

もしかしたらと思ってましたけど、冬コンはツアー(4ヶ所だけど)になりましたね。
大阪がまさかの年明けでビックリです。
でもって年末が東京……ということは、カウコンは単独じゃない、でしょうね〜。
さてさて、どーするかなぁ(悩)。



そして光一さんのアルバム&ソロツアーも確約されたとのこと。
もしや来年は今年以上に、えらいこっちゃ!状態になるのかしら!?
なんかドキドキしてきたぁ!!




2009年10月11日(日)  いいにゃ〜。

楽しそうだなぁ。
あやかしさんin横浜。
鈴鹿のお話がパンちゃん話より楽しそうな感じ。
いいにゃ〜。
「ぐっちゃぐちゃにすんのがオレv」とか楽しそうに語ってる光一さんが見たいっす。
今回のツアーはDVD化されるのかなぁ?
三十路になったのに可愛さに磨きがかかりまくってたので、ぜひとも永久保存したいですね〜。


ところで重大発表って何?
ていうか、13日はWSチェックを忘れないようにしないとね!



2009年10月09日(金)  三つの活動が入り乱れ状態。

明日からBPMツアー、ラストですね。
北海道から三週間ぶりぐらいってことは、トーク内容とか変わったりしますかね〜。
鈴鹿の話とかするかな?
パンちゃんへの愛情は落ち着いたかしら?
……それは、ないか。
半ばコーナーが出来ているようなものだから、エスカレートする可能性のほうが高いかもしれませんね。
なんやかんやと楽しみな三日間ですが、こんなふうに書いておいて参加できないんですから笑うしかないっすな。はっはっは!(空しい;)。
レポを楽しみに待つとします。

剛さんも今月は隔週でエンドリライヴがあるんですよね。
ちょうどスワンプロモーション期間と重なってしまうという。
忙しいですなぁ。
気持ちの切り替えとかは平気なんでしょうけど、行ったり来たりな感じが体力的にしんどくないといいですね。

ていうか、今年って二人ともずーっと忙しいんじゃないかい?
今に始まったことじゃないでしょうけど、インフルには気をつけてね!
関ジャニくんたちの話を聞くたびに心配になっちゃいますよ。
まあこの件に関しては他人事じゃないですから、油断しないようにしませんと。


ところで10月はもう三分の一が経ちました、ね。
そろそろ年末の予定とかアルバムの話とかが出てきてもいいんじゃないかなぁって思うんですけども、ね。
色々と落ち着かなくって困るんですけども、ね(ね。が多いっちゅうの)。
それに、ね!(無視かい!)
新しいスケジュール帳買ったから早く書き込みたいのーーっ!(なんのこっちゃ)。

以上、セルフツッコミでした。

でも手帳って楽しいよね☆



ではでは拍手レスです。

>8日 ちえさん。
こんばんは!
いつもありがとうございます〜。
新曲のイメージ、『今にも誰かが駆け出しそうなメロディー』っていうの、すっごくわかります!
剛さんが歌いだした辺りから、一人二人と駆け出して、Aメロ前の間奏で、鳥が羽ばたくか、花びらが舞うかしてタイトルがどーんっと出る、みたいな。
ファンタジーアニメか恋愛シュミレーションゲームのテーマ曲に、もってこいな曲調だと思います(意外とロボットアニメでもいけるかも)。
色々と妄想が働いて密かに楽しんでおりました。
ただキンキさん二人を登場人物にして想像するのは難しい歌詞なんですけどね。
いやはや共感していただいて嬉しかったです。
おまけに拍手小話の感想まで、ありがとうございました!




2009年10月07日(水)  台風接近中。

どうやら日本を縦断するようですので、みなさま充分警戒なさってくださいまし。
ウチはもう雨戸をびっちり(←こんな表現するかな?)閉めております。
夜中に通過するらしいので、もしかしたら翌朝は晴れてるかもしれませんね。
被害が出ることなく通過してほしいものです。


さてさて昨日は、どヤでフルオンエアされた「スワンソング」を、かなりリピート致しました。
そして疲れました(ぇ)。
いや〜、兄弟で聴いたよりも疾走感が凄まじいですね。
メロディもアレンジも好きなタイプで、「何だかアニメソングになりそう」とか思いながら脳内でオープニング画なんぞ想像してたんですが(PVをいっそアニメにしちゃえば?)、サビの盛り上がり方が、どんどん迫ってくる印象があって、ずっと聴いてるとしんどくなっちゃったんですね(どんだけ聴いたんや;)。
でも、しつこいようですが、好きなタイプの曲調ですよ。
雰囲気が「真冬のパンセ」に似てるなぁと思ったり。その疾走感とかがね(笑)。

え〜歌詞は二番を聴いて、またもや「おっと!」となりましたが、光一さんが「(御大に)お願いした」とか「意味あるものに」とか、おっしゃってたので、「ま、いっかv」と思うことにしました。
まあ私って曲重視に聴く人ですから気にするこたぁない(でもどうしても耳に付いて聴き流せないって言葉もあるものですけどね)。

あとは、何と言っても“踊る”かどうか、ですよね。
これだけ慌ただしい、もとい、賑やかな、それも違う、スピード感のある、んー? ……『疾走感』の他にどうたとえたらええんやろ?
とにもかくにも、このテンポだと突っ立って歌うのは逆にイメージに合わない気がするので(兄弟はステージが小さいから無理だけど)、特にMステなんかは踊ったほうが見栄えがすると思います(決めつけ)。
だってもうカメラワークが想像できちゃう(笑)。
久々に一般の方々にもキンキさんのダンスを見ていただきたいものです。

それにしても改めて思いましたけど、こういう懐かしめのアイドル曲って、もうキンキさんぐらいしか歌えないんじゃないかしら?
断末魔的な声じゃ絶対ないけど(笑)、切なくも優しい声でふわっと歌える人は他にいない気がしますよ。
光一さんの声はやたら綺麗だし、剛さんは乙女全開で甘〜くなってるし、ユニゾンなんてウットリしてしまうわ〜。

こうなるとカップリングの曲たちも気になってきますね。
いつ解禁かなぁ?


拍手レスです。

>5日 つきさん。
いえいえ、こちらこそいつもありがとうございますv
10時間はさすがに疲れますよね。でも幸せ〜な満足感も味わえたかと(笑)。
私も暇さえあればちまちま見ています。
新曲の感想は上にも書いてますけど、私の中でもある意味、賛否両論あるのですよ。好きなんだけどー、あ、なんか引っかかる、みたいな。
それにまた“原点回帰”みたいなことを言っていたので、それはもういいんじゃないかなぁと思ったりしますし。
でも二人の声が似合うタイプの曲に違いないので、惹かれずにいられないっていうのもあるんですね。
色々と思っちゃいますけど、結局二人が歌うなら当然のように受け入れてしまえるオタなのです。



2009年10月05日(月)  新堂本兄弟・・・秋のイケメン★トークバトル

第一の感想は、「生放送じゃなくてもよかったんじゃ……」でした。
つまり生放送の意味があったのかなぁと思ったわけで。
さんまさんがね〜、想像と違う方向にトークが行っちゃったもんで、正直見てて疲れました;;
たとえば、所さんとか志村けんさんとか、みんなが和気あいあいしてる感じを期待してたんですよねー。
なんというか、さんまさんもさっきまで仕事してたりだとか歌があるのにリハができてないとか、ある意味テンパってたから進行無視でしゃべり倒してたのもあるけど、それに巻き込まれてキンキさんもいつものペースを崩されちゃってましたもんね。
剛さんなんて前日のライヴで疲れてないのかなぁってぐらい、片っぱしからツッコミ入れてて、さらに収拾がつかないという。
そんな中へ光一さんが入ろうものなら、遠回りなたとえ話が出てくる始末で、さらにどうすんねん状態……。

う〜ん。
しょっぱなから唸ってしまう内容でした。
リピようとしたんですが、ほとんど早送ってしまいました。ごめんね、キンキさん。


続いて、はんにゃのお二人。

……短くなかった?
あ〜来週に未公開で流すのね。
なんかモヤモヤする構成だなー。
じゃ感想も来週まわしに(え?)。


三組目は、ゆずのお二人。

やっと通常トークに戻った!
一番安心して見られた気がします。
ゆずの二人がまたノリがいいというか、話がうまいですね。
さすがフォークシンガー(でいいんだっけ? ポップス歌ってるけど)、ライヴもMCが楽しいんだろうな。
将来は、さだまさし&南こうせつ?(コンビじゃないから)。
それにしても、歌もそうだけど青春時代の過ごし方とか経験まで、真逆ですね。キンキさんとゆずは。
片や“夏色”、片や“スワンソング”だもん(極端すぎるがな;)。
夏色を演奏してるキンキさんが、ほんのり笑ってて楽しんでるのね〜って思いました。
来週の未公開も楽しみ。


ラストは、小栗旬くんと水嶋ヒロくん。
たまたまなんですが、二人とも他のトーク番組で見ていたので構えることなく見れましたね。
二人とも、おっとりした話し方をするので、キンキさんペースに持ち込めるのがいいですね。
キンキの愛の劇場も勃発しましたし(勝手に命名しました)。
お客さんの反応の良さがあからさまでしたが、イケメン二人がその意味に気付いたのかどうか、ちょっと知りたい気分になりました(意味ないことだけど;)。
このゲストは来週も楽しみにしていたいです。


う〜ん。やっぱり生放送じゃなくて四組とも通常放送のほうが、まとまりよかったんじゃないでしょうかね。
結局、Vが流れてる間、生のキンキさんたちが出ることなかったですからね。意味なーし。


そして、改めて“スワンソング”。
剛さんが珍しく内向きで歌ってましたね。
単純に歌詞が見やすい位置だったんでしょうけど、画的に最高でした。ツーショがフレームにすんなり入りやすいってだけでニヤけます。

で。
キンキさんのイメージに合った、好きなタイプの曲ではあるんですけど。
あるんですけど(二回繰り返した)。
歌詞が色々と引っかかるというか首を傾げたくなる単語が多くて、どうも松本氏は私的に合わないのかもしれません;;(赤いスィートピーは好きなんだけど)。
何というか、昭和テイストなのはもちろん直接的な単語(しかも四文字とか五文字とか字数が多い)だったり、意味が合ってるのかなぁとか(大作家に向かって申し訳ないけど)思ったりして、やっぱり過去の曲と同様な印象になってしまいました。
メロディは作家さんが若い方なのに(V6の“Giluty”聴いたけど、キンキさんだとこうなるのね、と驚き)'70年代歌謡曲っぽくて意外でした。
もしかしたらアレンジのせいなのかな?
今夜、どヤでフルコーラス流れるそうなので、原曲を聴くとまた印象が変わるかもしれませんね(でも建さんってキンキの曲は原曲のイメージを再現するようにアレンジしますもんね。そう変わることないか……)。

ちなみにこの曲、私は“踊れる曲”だと思うんですが。
ガッツリは無理だけど、テンポが速いので全然いけるでしょ。
そもそも硝少が踊る曲になってるんですからね〜。
とはいえ、剛さんが「踊ろか」と言わない限り無理なんですよね……。

あ〜でもお願い! 踊って!
んで年末の歌番組で、ひらひらふわふわ舞ってくださいまし。
そして白衣裳希望! 少しブルー系が入っても可(スワンだからね〜)。
よろしくお願いしたい。



2009年10月04日(日)  やっぱ楽しそうだv

ただいまF1日本GP決勝。
光一さん、OPからご登場でしたね。
生放送の心配までしてもらってます(笑)。
副音声は実況アナと土屋さんと三人で、まったりしゃべってますね。
もう黙ってるのもアリにしようなんて言ってるぐらい、緊張感がまったくないです。
主音声だとこうはいかないだろうから、副でよかったのかも。
て、光一さん! 声が聞こえないよ!
見入っちゃってるのね(笑)。
お、ぼそぼそっと入ってきた。
昨日の予選は主音声の普通の実況で見ましたけど、全然違いますね〜。
ちょっと比べてみたい気がしますわ。
ていうか、ちょっとCM多くない?
放送時間が長いからかな。
レースは続いてるのにね〜。こんなにCM挟まなくても。
けっこうバトったりしてるレース展開ですが、三人がのんびり観賞してる(もちろん真剣に見入ってるんでしょうけど)、あ、ほんまにCMにした! 光一さんが「CM中でしょ(笑)」って言った途端、CMになっちゃったよ〜。どないやねん。
いやぁ、楽しそうで何より。



…………途中、電話をしていたので、レースがどうなったかわかりません(笑)。
嵐コン行こうって誘われました。でも北海道! 行けなーーい!
去年も前後にエンドリライヴとキンキコンがあったからお断りしちゃったし。
なーんで嵐コンに縁がないんだろ……行きたい気持ちはいっぱいあるのにぃ。


さてさて光一さん、しゃべってる?
まま、光一さんのしゃべりは時間がある時に改めて聴きましょうかね。


今夜は兄弟のSP。
OPトークとかでF1の話が飛び出すかな?
剛さんはというと、昨夜はエンドリライヴだったからお疲れでなかったらいいんですけどね。
そういえば今回のツアーはグッズが出てるんですよね。
ピックがほしい……。
サンカクくんらしいじゃないですか。
気になるなぁ。
でも年末まで大人しくしてないといけないし。
我慢するとこはしないと、一番楽しみなところまで逃したくないですからね。


では生放送でまた出てくるかもです〜。

おお〜光一さんがいっぱいしゃべってる(笑)。



兄弟、終了しました〜。
光一さんは、あとちょっとなのに!ってところで鈴鹿とお別れでしたね。あれは相当後ろ髪引かれたことでしょう。
生放送でその辺少しは触れるかなぁと思いきや、すぐさまゲスト呼び込みで、おまけにさんまさんですからね、到底そんな話ができる状況じゃなかったですね。しょーがない。

とりあえず兄弟感想は明日じっくり書くとして、新曲の第一印象は……。

明るい曲、ですかね?(光一さんがライヴでそう言ったらしいとレポを読んだんですが)。
懐かしさとか儚さとかひたむきさとかは、確かにそんな感じですね。疾走感もある、かな?
いやまあ、率直な感想としては、光一さんが作ったような曲調だなぁという印象でした。
キンキらしいっちゃらしい。好きなタイプの曲です。
歌割りが複雑ですねー。どっちがどれって決まってない感じで面白かったです。
掛け合いになりそうな部分もあって、これはきっとスルメソングになる気がしますよ。
早くフルでちゃんと聴き込みたいですね〜。
今からちょっとリピしてみよv




2009年10月02日(金)  DVD観賞。

二周目に突入です。
当分、寝不足は解消されないでしょう。
自業自得です。
でもいいんです。
楽しいからv


感想を書こうと思ってたんですけど、これどう書けばいい、っていうか、ありすぎて困る;;
全部ツボと言っても過言じゃない。
なのに、さらに欲まで出てくる始末(人間の煩悩って際限ないね)。
でも満足です。
ニヤけが止まらない毎日なんて、ほんと幸せだなぁ(それって現実逃避じゃ……)。



では拍手レスでございます。

>1日 つきさん。
こんばんは!
いつもありがとうございます!
今回も情報をくださって嬉しいです〜。助かります(笑)。
新曲! まさか兄弟で初披露とは!
こんなに早く聴けるとは思ってもみませんでした。
私もPのブログを読んで、いつにも増して収録が遅くなってるのね〜と思ってて、何かあるのかと考えていたんですが、なぜか新曲は思いつかなかったです。
楽しみがもう一つ増えましたねv
DVD観賞、つきさんは週末に10時間耐久で臨むんですか!?
朝から観ても夕方になっちゃいますよー。すごいですね!
でも一気に観るのって、めちゃくちゃ楽しいかもしれません。
あ、飲まず食わずはいけませんよ! ちゃんと食べてくださいね〜(笑)。
ではでは思いっきり二人を堪能してメロメロになってくださいませv



2009年10月01日(木)  正直しんどい・・・世界遺産の旅 熊野古道(後)。

いやぁDVD見てるせいで、こっちの印象が薄くなるというか、向こうが楽しすぎて頭の中を占拠されてしまっているというか、ちゃんと見たものの脳内再生ができんのです。
でも、しんどい最後のロケですし、しっかりツボったところもありましたから、きちんと記録しとかないとね(別に義務じゃないんだけども;)。


さて、ドSな剛さんは夕方からビールを浴びまして早々に運転を拒否。
打ちひしがれてる西野くんは、それでもハンドルを握って世界遺産の温泉へ向かいましたよ。
日本最古らしい温泉は、かーなーりあっついらしいです。
そしてラな剛さんに、剛さんの顔がチラホラ。
西野くんにはそんな画が出てこないんですけど……剛さん、あなた隠しとらんのですか? ちゃんと押さえてるようだけども見えちゃう? どんだけ!!!(←アホか;)。
思わず食いついちゃった……光一さんがもし見てたら絶対食いついたと思うよ?(どさくさ妄想)。
その後のいたずらっこ剛さんも可愛かったです(まるでついでだね)。

続いて、お泊りするお宿に向かいましたら(ここ良さげな感じですね〜。行ってみたい)、剛さんってばもう寝てる?
この人って、なんでこーゆー可愛い寝かたするかな?
大の字にデーンとか絶対やらないよね。一体誰に向けて乙女フェロモン出してるの?
その横でせっせと夜御飯の手配をしている西野くんご愁傷さまです。諸々の意味を込めて(え?)。

そしてテレビの力ってすごいね、な感じで閉店後のお寿司屋さんで三時間もくつろぐ方々。放送できない様子をぜひDVDで出しましょう。
剛さんの、あーんな姿や、こーんな姿がいっぱいあるわけでしょ?
お蔵入りはもったいないですよ。お金に換えていこ(コラッ)。
でもジャニのバラエティって絶対そゆことしないですよね。大人の事情がさまざまあるんでしょうけど寂しい限りです。

翌日〜。
いいなー! 那智の滝!
行きたいのよ、ココ!
私と母の念願の旅スポットなのです。あと日光もね。
日本はいいとこいっぱいありますよね〜。

閑話休題。
那智の滝から、かまぼこセンターとやらでラーメンとさんま寿司を食らい、もう名所は回ったからと、C級スポットを探す二人。
まさか日本一短い川があるとは(笑)。
その、ぶつぶつ川までの道程で、ぶつぶつうっさいオッサンに萌え(笑)。
剛さん、一度そういういじめっこな部分を光一さんにもやってみてくれないかしら?
いや〜無理かな? うーん無理かも。やっぱ剛さんにとって光一さんは可愛くてしゃーない存在ですもんね〜。そりゃ無理やなぁ(←全然残念がってないやろ!)。

最後までグダグダに終わったロケでしたね。
それでこそ、しんどいテイストです。
楽しかったーvv



まだ、こちらでは総集編の放送が残ってますけど、このロケでも映っていた林Pの最後のブログを読みました。

泣けた。

みなさんがすごく愛情を持って楽しく真剣に取り組んで制作してきた七年間という期間が、とてつもなく大きな宝物になったんだなぁという思いが伝わってきました。
その七年の間、楽しい作品を見てこられてよかったなぁと心がほっこりしましたよ。
でももう制作には携わらないそうで残念ですが、最後に、そんな番組への思いを知ることができてよかったです。
遠いネットの果てからですが、お疲れ様でした。



ことぶき |HOME

↑エンピツ投票ボタン
My追加