某突起名の人生つぶやき日記

某突起名の独り言。
あくまで独り言ですので・・・まぁ、お気になさらず。

2019年09月08日(日) メディカル・フィットネス其の四。











最近、やっと真面目に行きはじめたフィットネス・クラブ。

目標は−10圈腹主治医の設定。)

一日おきで通いはじめました。





初めての頃は、「皆さん、これくらいからですよ。」と、

インストラクターさんの指示に従っていたものの、

慣れてくると負荷を自由に設定できるので、

ガンガンと厳しい設定に書き換えて、

「うん、エクササイズしてるって感じ!」と、絶好調。

まだ数値には出ないけれど、終わった後の全身が熱くて、

ちょっと汗ばむ程度が心地良い。





母もついてくるというので、何をしに来るのかと思っていたら、

リハビリ室で腰の牽引と首の牽引。

100mを自力で歩けなかったら手術とか言われているから

本人なりに頑張っているらしい。

また母が入院とか嫌だから、某突起名としても頑張ってほしい。





話はフィットネス・クラブに戻ると、

8個あるエクササイズ・マシーンをクルクル回って

色々な筋肉を鍛える方式なので、飽きがこない。

飽き症の某突起名には最高の環境かもしれない。





で、8個のマシーンを回り終わったら、

エクササイズ・サイクルっていうの(?)

要するに、自転車こぎ10分で〆。

まだ負荷も20Wなので、大したこともなく、

回転数を70/mに整える方向に全集中力が向きます。

「あ、65?ちょっと遅いな・・・えええええい!って、

 今度は早すぎたあぁぁぁぁ!」とか、奮闘しているところに

インストラクターさんが「安定しませんね〜」と、

マシーンの画面をのぞき込む。

「今どんな感じ?」「え・・・えーと、スカスカ?」

「スカスカなの?」「気分はハムスターです。」

「あらあら、ダメじゃない。」「ダメなの!?(゚ロ゚ノ)ノ」

「ちょっと負荷を上げましょうか。25W!」

「まだちょっと負荷とか感じないですねぇ。」

「30W!」「あ、ズシッと来た。」「じゃあ、次回からも30Wで。」

「おおおおお、今までと全然違う!(←テンションアップ。)」

「じゃ、頑張って!」

「ありがとうございました・・・って、回転数が落ちるうぅぅぅ!」

というワケで、負荷を上げまくったら全部のマシンが

意義深いものに感じるようになりましたね。

よし、マメに通おう。





明日はI病院なので、行きにマクドナルドのモーニングを買って、

ハムハムしながらI市の奥地に向かいます。

ハムハム。





早めに寝ないとなので、今日も早めにアデュー!






 < 過去  INDEX  未来 >



My追加。
ご感想をば。


某突起名 [MAIL] [HOMEPAGE] [BBS]