**Secret**..miho
*「終わり」の選択
2009年10月05日(月)
今日はブルブル肌寒かったよぅ((>_<))
地元では最高気温が24℃だったみたい。。
台風も近づいてきているみたいだし、
今週は不安定なお天気が続きそうだね…

昨日は、いっぱい寝てしまったため、
案の定、夜、眠れなくなっちゃって、
ベッドの上で考え事とかしていたら、
結局、就寝したのは3時前でした(^_^;)ゞ

おかげで、今日は寝不足でネムネム

これも抗鬱剤の悪い副作用なのかも

でも、懲りずに昨夜も抗鬱剤を飲んで寝て、
やっぱりヘンテコな夢を見ました(−.−)o○

なぜか私がカエルと付き合う事になったの
しかも、キャラクターみたいな可愛らしい
カエルではなくて、本物のアマガエルなの

私、カエルのキャラは嫌いじゃないけど、
本物のカエルは不気味で苦手なのに(>〜<*)

しかも、どれも同じに見えて、
自分が付き合っているカエルを
見分ける事もできなかったり。。

ホント変な夢だよねぇ(+ー+*)ゞ

もう1つは、お仕事の夢だったり…

これも抗鬱剤の副作用なのかなぁ

そろそろ、生理の事も心配だし、
止めようと思っているんだけど、
また不安定になるのが怖いから

今は、抗鬱剤のおかげなのか、
辛い事が気にならなかったり、
深くまで落ち込まなかったり、
何とか元気で居られているから…

もう少し落ち着くまで待ってみよう。。

今日は病院&お仕事コースでした。

前もって土曜日に上司に
今日の遅刻を伝えていたから、
今日は連絡しなくても済んで、
少しは気持ちが楽でした。

今日は早く病院に着きすぎて、
おまけに、今日も鬼主治医の
診察開始時間が30分も遅くて、
合計1時間くらい待ちぼうけ…

鬼主治医って、本当に、
時間にルーズなんだから
マイペースすぎるよ(-.-;)

今日で「終わり」を告げられる事を
解っていたから、今日は大人しく
じっと待合室で待ち続けていました。

患者さんや看護師さんの様子を
ぼぉ〜っと観察していたり…
看護師さんの顔も覚えちゃったよ☆

今日は端っこの席が空いていたので、
壁にもたれてウトウトしていました

9時半からの予約だけど、
10時すぎに呼ばれました。。
今日も2番目だったよ〜

今日は比較的狭い処置室での診察。

そろりと処置室の扉を開けると、
鬼主治医が机に座っていなくて、
あれっ(;・・)?と思ったら、
お隣の診察室から現われて、
「準備して下さいね。」って。

鬼主治医の「準備して下さいね。」の
ジェスチャーって、いつも、何となく
リュックサックを背負う仕草に似てる

鬼主治医は、背が高めで、
けっこうガッチリだから、
密かに体育会系なのかも…
立っている姿を見かけたら、
ドキッとする時があるよ。

さっきまでウロウロしていた
いつもの看護師さんも現われて、
今日も担当して下さりました。

バスタオルを持って来て、
扉の鍵も閉めてくれたよ。
相変わらずバタバタしながら…

お洋服を脱いでベッドに横になり、
いよいよ最後の診察なんだなぁと
ドキドキしみじみしちゃいました。

それで、看護師さんが
処置の準備を始めたので、
「もう塞がった…」と
ボソッと伝えてみたら、
「え?塞がった?」と
聞き返されたので、
「…と思います。。」と言ったら、

すかさず看護師さんが鬼主治医に
「もう塞がったみたいですよ。」と
告げて「え?塞がったって?」と
鬼主治医がガーゼを取って患部を診て、

「うん、塞がったようですね。」
そして、今度は患部を触りながら、
「これは痛いですか?」
「前より違った感じ?」等々、
念入りに色々尋ねられたけど、

よく解らなくて、
う〜ん…と悩んでいたら、
鬼主治医も困った様子で、

「じゃあ、とりあえず、
ガーゼを貼っておきますね。
汚れたりしなくなったら、
取って貰って構いません。」

と言われてガーゼを貼られました。
もう塞いだと言っていたのに(゚-゚;)

この時に、ベッドの上から、
マジマジと私の顔を見られて、
私は動揺しまくっちゃった

こんなに間近で見つめ合ったのは初めてかも(^〜^;)ゞ

いつものビニールテープが見当たらなくて、
看護師さんが「仮だからこれでも良いよね。」
って、普通のテープを貼られちゃいました

そして、鬼主治医は引き続き悩みながら、
「次はどうしようかな…もう終わりか?!」
と、あたふた独り言を言っていました(゚-゚;)

鬼主治医ったら、自分で決められないのかな??
いつもだったら、看護師さんが意見するけど、
今日は慌ただしい様子で鬼主治医1人で悩み…

それで、
「一応、金曜日に一度また診てみようかな…」
って…ええぇ('◇';)

もう塞がったのに、
終わりじゃないの

何だか私までパニック

今日の鬼主治医、
妙に慎重すぎるよ

前例があるから油断禁物なのかな…
患部を触診して違和感だったのかな…
まだ私が痛がるから心配なのかな…

鬼主治医の中で、私は、
難治性になっているのかも…

前回だったら、もう穴が塞がって
液も何も出ていない状態だったら、
「おしまいにしましょう。」って、
すんなりと終わりにしていたのに…

てっきり、もう今日で、
最後だと思っていたのに、
何だか調子が狂ったよ

覚悟していたのに…

複雑すぎる心境だ…

呆然とベッドから起き上がったら、
いったん机に向かった鬼主治医が、
切羽詰まったように再び現われて、
また私の顔をマジマジと見ながら、

「一応、金曜日に予約を入れておきましたが、
もし、もう患部が汚れてこないようであれば、
予約をキャンセルしてくれて良いですからね。」

と両手でバッテンの仕草をしながら、
真剣な表情で説明して下さりました。

それで私はコクンと頷いたけど…

あまりにドアップで鬼主治医と
お目めが合ってしまったせいで、
鬼主治医の大きな瞳に目ヤニが
付いているのまで見えてしまい、
思わず吹き出しそうになったよ

いや、真剣に話している時に、
笑ったら失礼だと堪えました

鬼主治医、お寝坊しちゃったのかなぁ

それにしても、よっぽど、
終わりにすべきか悩んだんだなぁ…

前回と同じだったら、
今日で終わりにして、
また何かあったら来て下さいで、
済ませていたと思います(゚-゚;)

それが、今回のケースは、
予め予約を入れておいて、
大丈夫だったらキャンセルって…

ある意味、いつ終わりにするか、
私に選択を委ねられたんだΣ(・д・;)

なんかズルイー(>_<)

前回のパターンの方が、
一般的な気がするのに…

その予約日に再発するとは
必ずしも言い切れないのに…
それなら、
また再発した時に来ますの方が、
気楽で良いのに(>〜<*)

どうしよう〜

また今日から金曜日まで4日間、
モヤモヤ悶々と悩み続けそうだ

いったんキッパリ打ち切られた方が、
精神的にも重荷を感じないで済むよ

何だか爆弾を抱えているみたい…

金曜日までに爆発しなかったら、
自らキャンセルしなくちゃいけない。
鬼主治医の予約をキャンセルなんて、
何だか引け目を感じるよぅ(*>_<*)

せっかく予約を入れて下さったのに、
それを断るなんて申し訳なさすぎる…

そうかと言って大丈夫なのに
受けるわけにもいかないから、
その場合は断るしかないけど…

それも何だか辛すぎるよぅ(≧_≦)

何だか生き地獄みたい…

でも、鬼主治医が決めた事だから、
素直に従うしかないよね(;-_-)=3

はてさて…
4日後は一体どんな判決が下されるかな…

再発して予約通り診察??
何事もなくキャンセル??

再発するかどうかも判らないのにね

でも、患部の痛みや、
患部を見る限りでは、
これで治ったとも言い難い状況で…

再発するのも時間の問題かなって…

でも、金曜日までって、
期限つきなのは困るよぅ
調節できるものでもないし…

何だか思ってもみなかった
複雑な展開になっちゃったよ
本当に一体どうなるんだろう

どうなる事が一番ベストなのかも、
何だか解らなくなってきました(^_^;)ゞ

落ち着けーー

そんな感じで葛藤中です…

診察後、着替え終えた後は、
いつも通り挨拶をして退室…
今日も溜め息混じりで「はーい」と、
何やら疲れ切った様子でした。

厄介な患者ですみません

今日で一段落しなかった事に
違和感を感じながら病院を去り、
お次はお仕事へ向かいました。。

今日は午後にOJTを任されて、
てんてこ舞いだったよぅ(>_<)
久々に脳をいっぱい使いました

寝不足と疲労でグッタリ
今夜は早めに寝ようっと

明日も冷えるみたいだから、
もう半袖は終わりかなぁ(-〜-;)
m a i l



My追加
* HP *  * mail *  * new *  * old *  >>   * menu *  <<